梅干しきょうの料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しきょうの料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から梅干しにはさまざまな効能があり薬膳としても使われていました。歴史は古く平安時代の日本最古の医学書に効能が書かれています。鎌倉時代には縁起物として珍重され兵士の出陣の時には食事に添えられました。禅宗の僧侶は茶菓子用に使いました。江戸時代になると今まで一部の人にしか食べられなかった梅ぼしも一般庶民の楽しみとして用いられるようになりました。古来より大切にされてきた梅干しは抗菌作用が強いため食べものを長持ちさせる事や食中毒防止にも効果があります。お弁当に梅干しを入れるのはお弁当が悪くならないようにする昔からの知恵です。梅干しは疲労回復にも効果がありますから夏バテ予防にも最適です。2日酔いにも良い効果があります。胃腸の粘膜を修復する作用があります。お酒を飲み過ぎた時には梅干しを1つ食べると体調が回復します。梅干しは長い年月保存が可能です。疲労回復効果だけでなく便通を整え腸を整える効果があります。頭痛の時にこめかみに貼ると痛みが和らぎます。初期の風邪にはきざんだねぎと一緒に梅を熱湯に入れて飲むと効果があります。梅干しは昔から人々の生活に馴染み深いものです。手作りの梅ぼしは無添加なので安心です。

梅干しきょうの料理を作ることの楽しさ

梅干し作りはむずかしそうですが毎年漬けていると簡単に作れるようになります。きょうの料理などでも紹介されており簡単レシピがたくさん紹介されています。6月に入ると梅ぼし作りが始まります。年に1度しか作れない貴重な時間です。毎年手作りでつけているとうっとうしい梅雨空もいやでなくなります。少量なら時間もかからずに簡単にできる手作り方法がいろいろあります。きょうの料理を参考にして作るとよいです。梅干し作りを覚えると6月も楽しい月にかわります。保存のできる梅ぼしは疲労回復や夏バテ防止に良いだけでなく、さまざまな料理に活用できます。梅干し活用法はいろいろなレシピがありますから利用するとよいです。鶏むね肉やきゅうりとあえるとさっぱりしているので食欲のない夏にも食欲が増します。サラダにあえても夏バテ解消に効果があります。魚を煮る時に使うと魚の骨まで柔らかくなりくさみもなくなります。料理のかくし味に使うのも効果的で料理の幅が広がります。梅にくを利用して梅はちみつ漬けを作っておくと作り置きができてはし休めにもなり重宝です。新たな利用法で梅レシピが増えると楽しみも増えます。そのままで使ったり煮物や和え物に利用するなどきょうの料理に使うことができます。

梅干しきょうの料理を作るのに用意する物

梅干しは日本人にとっては特別な食材です。梅の取れる地域では昔から自宅で作ることもある梅干しは、作り方を知らないと中々上手くいかないのが特徴ですが、レシピを入手してその通りに作るようにすればあまり失敗をすることも無く美味しく作ることが出来るのも特徴であると言えます。そんな梅干しは簡単な手作り方法が公表されていますので、季節になったら自分で漬けてみるのも楽しいと言えるでしょう。きょうの料理をどうしようかと悩んだ際の一品にすることも出来ますし、お弁当などの彩りとしても非常に活躍する素材です。 梅干しを作るために必要になるものは何と言っても梅の実であると言えます。完熟の梅の実を必要な量用意して、そこに重量に対して決められた割合の塩を用意しましょう。どのような塩と梅を用意するかで風味に違いが出ますので工夫のしどころであると言えるでしょう。これに加えて適量の焼酎を用意して漬け込むのが一つの方法であると言えます。きょうの料理をどうしようかと考えてすぐに作れるようなものではないのです。十分な時間をかけて熟成する必要がある梅干しは先々のために漬けこんで用意しておくと言う種類の食べ物ですので、非常に手間がかかっているのです。

梅干しきょうの料理の作り方の手順

梅干しの作り方は地域によって違いがありますが、どの作り方であっても味わいに違いがあるもののおいしく作ることが出来ます。失敗しないためにはレシピに忠実に作るということを大切にすることが求められます。まずは完熟の梅のヘタを取って綺麗に洗います。そして水分をしっかりと拭き取っておきましょう。それらの梅の実は焼酎で洗い、塩をまぶしていくことになります。梅を塩でまぶしたら、梅と塩が交互に沿うになるように容器に積み上げていき、上から重石をかけるようにしましょう。重しについても地域によって様々な方法の違いがありますので、自分の選んだレシピに忠実に行いましょう。 その状態でおいておくと徐々に水分が出てきますので、十分に水分が出てきたら重しを半分程度に軽くしましょう。梅が空気に触れないようにするのがポイントになります。その後梅雨明けくらいの時期になったら天気の良い日に3日間ほど連続して干す事になります。昼は外で星、夜は室内に入れましょう。梅酢も同じように日光に当てると良いでしょう。この様にして作った梅干しは半年以上寝かせるとさらにおいしくなります。赤紫蘇を使って色付けをすると良く見なれた赤い梅干しになって行きます。きょうの料理に使いたいと思った時に使えるのはこの頃になってからです。

梅干しきょうの料理の作り方のまとめ

梅干し作りは梅選びが大切です。丸くて表面にきずがないものを選ぶようにします。肉が厚く黄色く熟している梅、良い香りのする梅が適しています。完熟梅をよく洗い水切りしてからなり口のほしを竹串などを利用して傷つけないように丁寧にとり除き下準備をします。ひと手間ですが梅を一粒ずつホワイトリカーで消毒してからつけるとカビがつきにくくなります。良く消毒した保存容器に梅と塩を交互に入れていきます。塩は粗塩を使い梅1キログラムに対して180グラムから200グラム位が目安です。梅をすべて容器にいれたら最後に残りの塩を全部いれます。その上に重石を載せます。重石の代わりにビニールに水をいれて代用する事も出来ます。ビニールの口から水が漏れないようにしっかりと結ぶ必要があります。1日から2日すると梅酢が上がってきます。2日から3日すると完全に梅酢があがるので重石を調整して軽くします。梅雨あけまで大事に保管します。梅雨があけたら天気の良い日を選び天日干しをします。梅をざるに並べて干しますが梅と梅がつかないように適度に間隔をあけて並べます。風通しの良い場所に干しますがザルの下にも風が通るようにします。梅は2日位で干しあがるので冷暗所で保存します。赤じそ漬けにする時は途中で赤じそをいれます。

y001-0153

自家製焼肉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉のたれは購入することが多いですが、焼肉以外で使うことがほとんどなく、消費期限が過ぎて結局捨ててしまうことがあります。...

y001-0819

瓜の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

作る理由は手作りをしてみたいから、というシンプルなものから、普段食べているものがどのように作られているのか、また、自分で...

y001-0176

美味しい黒糖梅酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分で梅酒を作ることになったきっかけは、梅をたくさんいただいたからでした。その時住んでいた地域では、多くの家が農作物を手...

ぶどうピアスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

耳の所でゆらゆらと揺れるアクセサリーはとても魅力的です。お店で買う事もできますが、勿論自分で作る事も可能です。今、手作り...

ブーメランの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ブーメランは意外と知的な面白味のある道具で、作るにも飛ばすにも、知識や技術が必要なものです。ただ単純におもちゃとして作っ...

y001-0949

ベビードレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生まれて間もない赤ちゃんが初めて本格的に外出するのがお宮参りでしょう。お宮参りは誕生してから一か月を目安にして行くことが...

y001-1290

こどもワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

こどもワンピースを作る理由は、まずは自分の好きなデザインの布を使って好きなように作ることができることです。フリルの付け方...

y001-0011

パールネックレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パールネックレスは、最近とてもはやっています。パールネックレスを、作る理由はとても簡単に、自分の手作りを楽しむことができ...

木箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

木箱を作る人は大勢います。では、どうして作るのでしょうか。その理由の一つが求めているサイズの箱がなかなか見つからないとい...

y001-1194

たまねぎ氷の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たまねぎは血液をサラサラにし若返らせてくれる効果があります。しかし刺激の強いものですので苦手な方も多く、摂取するのは困難...

y001-1100

髪の毛のくくり方の簡...

髪の毛のくくり方は改めて教えてもらう必要はない、そう思っ...

y001-0134

書斎の簡単な手作り方...

日常生活では、安らげる場所が必要です。特に社会生活をして...

y001-0651

七夕飾り手作りの簡単...

毎年7月7日になると、それぞれの家の軒先などに七夕飾りを...

y001-1276

サツマイモのつるの簡...

戦時中の食糧難だった頃の話などでは登場することもあるサツ...