浴衣着付けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

浴衣着付けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

浴衣の楽しみ方とマナー
夏のイベントに花火やお祭りなどの行事が頭に浮かびます。これらのイベントには普段は和服とは縁のない人でも夏には浴衣が着たくなるものです。最近ではこれらのイベントのときだけでなく夏の暑い時期にカップルで涼しげに浴衣姿を楽しんでいる人もいます。粋におしゃれに浴衣を着こなす楽しみは、洋服を着こなすときとは違うまったく別の楽しみを味わうことが出来ます。日本の気候風土に合った浴衣は着物の中でもとてもカジュアルで気軽に着ることのできる着物です。堅苦しいルールはありませんが、せっかくの浴衣姿を楽しむためにもちょっとしたマナーを知っておくと便利です。浴衣は着ている間にちょっとしたことで着崩れてたもとや裾、胸元などが汚れてしまうこともあります。浴衣を汚してしまう危険があるのが食事のときなども、素敵に見えて汚れから守るためにはナプキンを帯のあたりに軽く挟んだり、膝の上にナプキンを広げるなどして予防します。また椅子に座るとすそが床に擦れてしまうことがありますが、そんなときにはゆかたの後ろの裾をちょっとあげてから腰掛ければ裾を汚してしまう心配がありません。正座して座るときには裾を少しあげてから座れば引っ張られず着崩れを予防することが出来ます。ちょっとした着付けのコツを知ることでゆかた姿が何倍もステキになります

浴衣着付けを作ることの楽しさ

夏といえば浴衣姿が思い浮かぶ理由は? 普段は洋服しか着ないという人でも夏を感じさせてくれる特別な服装として浴衣を思い浮かべる人は少なくありません。ふだん毎日のように顔を合わせている人でも浴衣を着ると何となく別人のように見えたりするのもこの服装ならではの魅力です。新鮮な気分で会いたい人がいるときには、夏のお出かけにちょっとステキなゆかた姿で相手を驚かせるのもステキですね。 最近では個性的なデザインや変わった生地のゆかたなども沢山市販されるようになり、自分だけのおしゃれな着こなし方を楽しむ若い人も増えているようです。初心者のためには比較的リーズナブルな料金で手に入り、簡単に着ることのできる浴衣のセットなどもあるので、着付けに自信がないという人はこうしたものを利用してみるのもいいかもしれません。 もともとは湿気が多く蒸し暑い日本の夏には定番の普段着で、風呂上りに体についた汗などを吸い取ってくれてさっぱりと着ることのできる服装として一般的に広く着られるようになったといわれています。今ではちょっとしたお出かけにも着られるものになっていますが、ゆかたにはもともとはこのような役割があり、どちらかといえばプライベートな場所で着る服装でした。

浴衣着付けを作るのに用意する物

浴衣を着る時には順番に並べて用意してから着付けをするとよいです。必要なものは浴衣、半幅帯、下駄、浴衣用スリップ、前板、伊達締め、コーリングベルト、腰紐、かごバッグなどです。浴衣スリップは吸水性の良いものにします。前板は帯の間に挟むと帯の形が崩れずきれいに見えます。コーリングベルトは衿もとをきれいに整える事ができ、紐で締めるより苦しくなくラクです。腰紐はおはしよりに使います。かごバッグは様々な種類がありますが浴衣にあわせて使いやすいバッグを選ぶとよいです。浴衣着付け用の小物がセットで販売されているので利用すると便利です。帯飾りや帯締め、帯留めをする場合は小物類も慌てないように用意しておきます。浴衣の着付けは最初は時間がかかりますが何回か練習すると簡単に時間も早く着る事ができるようになります。着方を一度覚えておくと出かけた時に着崩れしてもすぐに直す事ができるので便利です。出かける前にマニキュアや化粧はしておきます。髪も着る前にセットしておきます。浴衣の衿にファンデーションがつかないように気を付けます。浴衣にはナチュラルメークが似合います。足袋ははきませんがおしゃれ用にレースの足袋などあわせてもかわいいです。



浴衣着付けの作り方の手順

着る前に髪をセットしてメークをすませておきます。着てからヘアーメークすると着崩れの原因になったり着物にファンデーションをつけたりする原因になります。最初に下着になるスリップをきます。補正が必要な時にはウエストにタオルを巻きます。浴衣をはおり袖を通し背中に浴衣の中心が来るように調整します。衿先をあわせて20センチ位上をもちくるぶし丈になるように裾を合わせます。下前をいれてから上前を重ねます。上前は下前より3センチから4センチ高くなるように合わせて着るときれいに見えます。腰紐をしっかり結んで締めます。腰紐がゆるいと着崩れしやすいです。身八つ口から手を入れておはしょりを整えます。前後のしわをとりきれいに伸ばします。コーリングベルトを使い衿を整えます。身八つ口からコーリングベルトを入れて背中に回しもう片方の衿にとめます。衣紋の位置と抜き加減を決めます。衣紋の抜き加減はこぶし1つ分が目安です。伊達締めを締めて浴衣の着付け完了です。着物の上に帯をしめますが好みの帯結びをすれば浴衣の着付けは完了です。オーソドックスな文庫結びは基本的な帯結びです。帯が結べたら前側に帯板を入れます。半幅帯は手作り方法で作る事もできますから浴衣にあわせたオリジナル帯を結ぶのも個性的でおしゃれです。

浴衣着付けの作り方のまとめ

浴衣の着こなしの楽しみ方 浴衣のよさが見直され、今ではすっかり夏の特別なお出かけの服装として定着している感のある浴衣ですが、小物を色々と工夫することで様々なコーディネートを楽しむことができるのも魅力のひとつです。簡単な手作り方法で作れる和小物を合わせたり、帯に変わった素材の飾りをプラスしてみたりと、自分だけのオリジナルの小物の作り方や着付け方を紹介したものが雑誌に掲載されていたりします。同じゆかたでも、手作り方法を変えた小物でアレンジして色々な表情を引き出してみるのも楽しいです。 また髪型やメイクをゆかたに合わせて変えてみる楽しみもあります。涼しげなすっきりとした印象のアップでも、かんざしなどの小物を変えることで、やはり着こなしの印象を変えて楽しむことができます。 そして夏のお出かけ着としてゆかたがよく使われるようになってくると、色や柄なども、昼用に適したものとよるように適したものなどが出てきました。夏の明るい日差しに映える昼用のゆかたは、藍色に染められた生地を白抜きで模様がえがかれたものです。また、夜に好んで着られていたのは白地に藍色などを使って柄がかれたものです。見た目にもとても涼しげな印象を与え、蒸し暑い夏の夜にはぴったりです。



y001-0194

奈良漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代を生きる人は食べ物が豊富で、食べたいのに食べ物が無くてお腹を空かせるという経験はないでしょう。作るのが面倒だという人...

子供エプロンフリルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ねんねの赤ちゃんだったお子さんが成長し、歩くようになり、言葉を話せるようになってくると、次第にお母さんのお手伝いをしたが...

y001-0932

マーボナスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マーボナスを作る理由は、自分自身や料理をおもてなす方に合った味付けにアレンジできることです。市販のマーボナスの素で簡単に...

y001-1380

ガーリックオイルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーリックオイルは、にんにくを漬けこんだオイルのことで、いろいろな料理の風味を際立たせる効果があります。また、にんにくの...

y001-0783

介護レクリエーションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

高齢者施設では、度々行事やレクリエーションが行われています。介護レクリエーションを行うことで、高齢者に「笑顔」を増やすこ...

y001-0693

笹舟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

笹舟は誰でも簡単に作れて、工夫次第で楽しさが広がるおもちゃの1つです。水に浮かべると涼しげな雰囲気が出ますので、夏の素朴...

y001-0341

米ぬか肥料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の庭を利用したり、貸し出しを行っている土地を活用して家庭菜園などを行う方が増えている傾向にあります。その目的としては...

人形赤ちゃんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近は少子化になっています。本当は三人、四人と沢山の赤ちゃんを育てたかった方もいらっしゃるでしょう。しかし、経済的な問題...

y001-0588

焼肉もみだれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉というのは日本人にとって欧米でのバーベキューに相当するエンターテイメントを兼ねた食事となっていて、祝いや打ち上げの席...

y001-0195

エプロンポケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エプロンは作業をする時に洋服を汚さずに行う事ができる様になるだけでなく、洋服が作業の邪魔をしてしまう事も防ぐ事ができます...

y001-1303

ケープの簡単な手作り...

気温が下がる冬になると外出する際には厚手のコートを着用し...

y001-1161

テーブルベンチの簡単...

家の中で食事をする時に、昔ながらのちゃぶ台やこたつテーブ...

y001-1050

パソコンでラベルの簡...

パソコンでラベルを作る目的は、例えば、年賀状を大量に出さ...

y001-0766

間違い探しの簡単な手...

間違い探しと言うのは、雑誌のコーナーでお馴染みのゲームで...