奈良漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

奈良漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代を生きる人は食べ物が豊富で、食べたいのに食べ物が無くてお腹を空かせるという経験はないでしょう。作るのが面倒だという人は、レストランに行くのも良いですし、コンビニやファストフード店を訪れても簡単に美味しくお腹を満たすことができます。しかし、昔は豊かではない時代もありました。ご飯を進められる最低限のおかずや長期保存できる食材は重宝されました。奈良漬はこれらの条件を満たす食べ物の一つだと言えます。今の若者はあまり食べなくなった奈良漬も身分が高い人しか口にできなかったり、高級品だったという時代もあるようです。時代と共に庶民にも行き渡るようになりましたが、現在では鰻など合う食べ物と出されることはありますが、作り方を知っている人は多くありません。市販品は多く見受けられます。作ると時間がかかる食べ物なので、市販品は現代人には都合がいいのかもしれません。手作りにこだわる人は、市販品に含まれる着色料や保存料、化学調味料などに不安を感じ、自分で作った方が美味しいし、安心して食べられるという考えを持つ人が多いです。また、野菜をたくさん食べられ、美容や健康にも良い効果があると言われているため作る人もいます。

奈良漬を作る事の楽しさ

奈良漬は手作りをすると時間がかかりますが、そのかかった時間の分手間もかかっていると考えると、食べた時に余計美味しく感じられます。また、作った人の愛情もかかった時間や手間の分込められています。多めに作った時には、ご近所や知り合いにお裾分けするのも良いでしょう。食卓の主役になることはない食べ物ですが、あると品数も増えて食卓も華やかになりますし、美味しいのできっと誰もが喜んでくれるはずです。市販品では感じることのできないハンドメイドの温かさが滲み出ています。現代ではインターネットで簡単にレシピ検索はできますが、作り方を知っている人が少ないからこそ、祖父母など作り方を知っている世代の人と一緒に作って交流する機会を作ることもできます。また、自分で作り方を覚えたなら、子どもと一緒に作ってみるのも楽しみの一つです。子どもは手作業は好きですし、良い体験にもなります。日常生活において、親子間で奈良漬の話題などについて会話が増えることもあります。出来上がるまで毎日が楽しみになるでしょう。子どもが嫌いな野菜を一緒に漬けてみると、嫌いだったはずの野菜を子どもが食べるようになったという場合もあるかもしれません。

奈良漬を作る際に用意する物

簡単にインターネットで検索してみるとすぐにわかることですが、奈良漬を作る時に準備する物は多くはありませんが、人によって多少違いがあります。違いが生じるのには、家庭によって代々受け継がれてきた方法が異なることが原因かもしれませんし、たまたま習った人の作り方を踏襲している人がいるからもしれません。何回か作っているうちに自分の好みに合う味を作り出せる材料や量がわかり、要領が掴めてくるでしょう。一般的な準備物は、白瓜、酒粕、砂糖、塩です。白瓜は、旬の時期を見計らうのが良いでしょう。時期が異なれば探しても手に入らなかったり、鮮度が落ちている場合があります。酒粕は、奈良漬用の酒粕も販売されているようです。探してみると良いでしょう。砂糖は三温糖やザラメ、黒糖など人それぞれです。塩は粗塩を使う人が多いようです。他にも、ホワイトリカーやみりんを加えたり焼酎を使用する人もいます。漬ける用の樽や容器、落し蓋や重石も用意しなければなりません。簡単に済ませるならば、発砲スチロールも代用できます。自分が作りたい重さによって重石などの重さも変わってくるので、レシピなどを調べて目安を知った上で準備するのが良いでしょう。

奈良漬の作り方の手順

材料の下ごしらえをしっかりしなければなりません。まずは白瓜を洗ってから切り、中にある種を取り除きましょう。全て種が取り除かれた瓜は、乾燥している布やキッチンペーパーなどで水分を拭き取ります。切り口に塩を被せて容器にいれます。容器の底と上部にも多めの塩を盛っておきます。重石をのせた状態で時間を置きます。半日程度という人から数日間という人もいます。白瓜に含まれている水分が出てきます。水が出たら白瓜を洗い、ザルなどに載せて数時間裏返しながら乾かします。乾いたら、容器に酒粕など残りの材料を混ぜた物と白瓜を交互で入れていきます。底には数センチメートル酒粕を敷き詰めるのが良いです。白瓜と白瓜の隙間も酒粕で埋めましょう。終わったら、ビニール袋で密封して重石を置き、しばらく放置します。一ヶ月から二ヶ月程度が目安です。この期間が過ぎたら一度開けて酒粕を取り除きます。もう一度酒粕などの材料を混ぜて作り、上記と同じ工程で漬け、放置します。この作業をしてから一ヶ月ほどした時に取り出して食べる人もいますし、半年が経つくらいまで数カ月に一回というペースでこの作業を繰り返し、十分味も色も成熟させてから食べ始める人もいます。

奈良漬の作り方のまとめ

奈良漬は、時間はかかるものの比較的手作りが簡単だと言える食材ですが、中には失敗することもあります。水分を取り除く作業が不十分だったためにカビが生えていたという人もいるでしょう。また、密封が不完全だったために虫が集ることもあります。知らない間に空気が入り込んでしまい、漬けている白瓜が腐っていたということもあります。数回作っている人でも失敗することはありますが、その都度原因を探り、その問題点を意識して注意しながら挑戦すると上手にいくはずです。数回同じ方法を繰り返してまずは奈良漬の基本的な作り方に慣れると、他の人のちょっと自分とは異なるレシピに挑戦してみるのも面白いでしょう。段々と自分が好きな味が発掘できます。また、食べる時には食べる分だけ取り出すのが良いでしょう。何でも自分で作ると一際美味しく感じられるものですが、奈良漬に関しては、健康や美容に良いと言われる一方で、食べすぎると健康を維持するために理想的だとされている摂取塩分量よりも多くなってしまう危険性が指摘されているようです。どんなにおいしいとはいえ、奈良漬が副食材であるということを忘れず、主食などバランスの良い食事を心掛け、食べ過ぎには注意しましょう。

折り紙バラの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙封筒というのは作り方を知っていると利用性が高く、意外と使う機会が多かったりします。例えばちょっとしたメモを渡す時に...

y001-0883

ユーチューブアカウントの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

ユーチューブは世界最大級の無料動画投稿サイトですが、アカウントなしでも動画を見ることができます。にも関わらずなぜ多くの方...

y001-1395

お守りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お守りは神社で販売している物。そんな固定概念を覆して、近年は心のこもった手作りのお守りが人気です。例えば野球チームの試合...

y001-1364

カバンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

目的の場所へ向かう時に、手ぶらで向かう人というのはまずいません。男性であれば、ポケットに財布やハンカチを入れるだけで済み...

y001-1357

かまぼこ飾り切りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かまぼこは一個当たりの単価が100円~250円くらいと比較的安価な食材のため、お弁当や普段の食事でも気軽に使われる食材で...

y001-1358

かまぼこの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かまぼこは一見作るのがとても難しそうに見える加工食品ですが、実は意外と簡単に手作りすることができます。白身魚を用意し、フ...

y001-0661

紫蘇ジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紫蘇ジュースは濃縮したシロップを作っておけばかなり長い期間保存していくことができます。もちろん冷蔵庫などでの保存が必須で...

y001-0078

黒板消しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒板消しは100円均一のショップなどでも販売されているので、買って取得するのは可能です。多少費用はかかる短所はありますが...

y001-0097

蛇腹カードケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

蛇腹カードケースを作る理由としては、収納面で優れていることが挙げられます。現代社会において、カードを使う機会は昔に比べて...

y001-1359

カホンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カホンは誰でも簡単に作れて楽しめる面白い楽器ですので、1台持っておけばちょっとした趣味として楽しめるものです。制作に必要...

y001-1151

面白い実験の簡単な手...

子供達から理科離れが問題となっている現代において、それを...

y001-0299

野菜サラダの簡単な手...

年齢を問わず人気がある「野菜サラダ」。彩りが良く、手軽に...

y001-0734

結婚式ガーランドの簡...

結婚式に欠かせないものと言えば装飾になります。花を沢山セ...

記念誌の簡単な手作り...

記念誌にもいろいろありますが、これはどうしても自分にとっ...