いかだの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いかだの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一見、昔の冒険小説や冒険漫画にしか連想しないいかだですが、わりと全国的に手作りでいかだレースが開催されるなどの人気を見せています。理由は特に昭和の子供の冒険魂に常に海や川を見て思いをはせたことの思い出や自然と一体となる体験学習の一環や歴史上のいかだ下りを再現したい、手作りしたもので釣りをしたいといった理由はさまざまです。いかだレースにいたっては速さを競うだけではなく、その何かの仮装行列の川下り版というべき、いろいろなキャラクターや自作のオブジェをのせてコスチュームを自分で作り、一つのお祭りのような騒ぎで楽しまれています。いかだの手作り方法は材質や大きさは川や海のどの辺に行くのかなど目的で変わります。多少、ヨットの構造のような知識が多少必要です。人が乗り浮かせるには浮力の計算が必須となります。中には一人でかなりの大きさがないもので沖に出てしまう方がいますが、漫画のようにあまりに無謀な挑戦は危険すぎるのでさすがにありません。浮くことができても前進させたり、早く進むには水の抵抗をかなり計算します。またライフジャケットを身につけるなど安全面の対策を考えます。もちろんいかだはがっしりしていかねば何もできないことになります。

いかだを作ることの楽しさ

いかだを作るにはやはり冒険心を強く刺激し非常にワクワクする作業です。大まかな構造は裏面をイメージに考慮されれば簡単ですが、人数や全体の重さ以上の浮力を計算します。材質にはいわゆる人が乗る平面部分にはイメージ通りの木材や竹、発泡スチロールやベニヤ板を敷くなどの方法がとられます。床下のような裏面には浮力を考えドラム缶やトラックのタイヤチューブや商品搬入クラスの量のペットボトルが使われます。丸太を縛るロープの縛り方にも入念な知識を持って作業を進めます。流木などをそのまま利用することや大きさをそろえる作業など要所を気をつければ大人の監督下にある子供たちだけでも授業やイベントの題材で可能になっています。いかだレース用には特にその趣向が強く、速さよりもいかだのおもしろデザインのような部門があり、それを目的とした飾りや動物を形づくったものなどちょっとした水面の山車のようなおもしろさで、その作業も大勢で楽しいでしょう。レース中もいろいろな演出やパフォーマンスをしながら川を進むことになります。いずれも乗る人数や目的地までいかだを運ぶ方法を考えると大きさはだいたい決まってきます。夏の水の事故防止の注意や考えなければならない部分はあります。

いかだを作るのに用意する物

最近ではいかだを使ったレースなどが行われているのでいかだを作る機会も増えてきています。いかだは見た目よりも簡単に作ることができるので、手作り方法でいかだを作って楽しむこともできます。夏場などにはいかだを作って川や湖などで楽しむこともできるので人気があります。いかだを作るときに必要なものはいくつもあります。まず最初に必要なものは土台となる部分の素材です。この素材はどういういかだを作りたいかによって変わってきます。木材で土台を作る場合は木材が必要になってきます。重量があり安定感は高くなりますが、加工に少し手間がかかります。発泡スチロールなどを使うこともできます。発泡スチロールは加工もしやすく、軽いので水に浮きやすいですが強度が弱いというデメリットがあります。どういったいかだを作りたいかを考えた上で素材を選ぶと良いです。木材のいかだを作る場合は木材だけだと浮力が弱いので発泡スチロールを繋げると良いです。ロープなどで縛るとしっかりと固定されるのでロープも必要な道具です。釘や接着剤などはいかだを漕いでいるうちに緩んできたり剥がれてしまう場合があります。そうならないためにもロープでしっかり固定する必要があります。

いかだの作り方の手順

いかだを作る上で重要なポイントが重心をできるだけ低くするということです。重心を低くして作ることで安定して進んでくれます。いかだの横方向の安定性はいかだの浮力の中心と重心点の位置が近いほど良いとされています。乗る人もできるだけ低い位置に座ることが大切です。いかだの人が乗る場所も低い位置に設置することが安定感のあるいかだを作るコツとなっています。さらに重心を低くすることでスピードも速くすることができます。人がひとりまたがれる程度の木材を用意して、その木材の前と後ろに発泡スチロールをくくりつけます。発泡スチロールの部分が水の中に入るようになり、乗っている人は足が水の中に入るような体勢になります。こうすることで重心の位置を低くすることができます。さらに安定感を出すために同じものをもう一つ作り、2つ並べて固定していきます。固定するのに木材を使ってつなぎ合わせると強度が高まります。こうすることによって二人で乗ることもできるようになります。一人で乗る場合でも安定感があるので漕ぎやすくなっています。漕ぐときはパドルを使ったほうがスムーズに進む事ができます。自分の身長に合わせたパドルを作ると疲れにくくなります。

いかだの作り方のまとめ

いかだの手作り方法で楽しみ方はいろいろあります。物語の中には無人島であるものをつかって一人で簡単につくって海に出てしまったりしますが、意外と本格的な知識をふまえなければ完成したり、水面で思い通りに進めないこともあります。いかだの大きさから人数から全員の体重をこえて浮かせられるだけの浮力の計算し、それに見合った対策をつけ、いかだの重心や安定性や水の抵抗やパドリングなどかなり考えることが多くいかだを縛るロープワークが専門的な縛り方で崩れないようにしなくてはいけません。レースで楽しむには速さで勝つのかおもしろさでアピールするのかと分かれます。いかだの種類は平面的な一体となったタイプや丸太組みのようなタイプや二つの物を組み合わせたタイプがあり、それぞれに製作上や実際に使う時の注意すべき点の特性があります。速さではもともと前に進みづらく、そんなにスピードが出ないもので勝負をすることになるのですから、ヨットレースのような知識や工夫がないと速さを競いづらいレースともいえます。スピードを出すために材質から軽量化させるなど、その辺が楽しみの一つになっています。帆を張って風を使ってと、ちょっとした簡素ではありますが大航海時代風の冒険心があおられるでしょう。

y001-0460

朝食メニューの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

朝食メニューというのは、いろいろなジャンルがあるので、その人に嗜好などに合わせたメニューを考えていくといいでしょう。朝食...

y001-0416

俳句の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

街を散歩している時、ふと目に映りこんだ風景や、偶然手にした雑誌に掲載されていた一枚の写真、或いは何気なく眺めていたテレビ...

y001-0022

くす玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

くす玉は町内会の運動会で利用するために作りました。くす玉を使うことによって運動会が盛り上がります。しかしくす玉としては販...

y001-1467

イカの塩辛の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スルメイカ、ヤリイカ、アオリイカ、コウイカ、ホタルイカなど食用とされるイカの種類はとても多く在ります。イカは種類が異なる...

y001-1264

しおりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

読書をしている時に、途中で本を読むのを中断してしまうと、次に読み始める際に読みかけのページを探すのが面倒になってしまうこ...

y001-0096

ブランコの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子どもが外で遊ぶ機会は昔に比べて少なくなっていると言われています。幼い頃から習い事に追われて遊ぶ時間が無いという子どもも...

y001-0885

やまもも酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

やまももは、中国大陸や日本を原産としているヤマモモ目ヤマモモ科の常緑樹になる果実です。20種類ほどの品種があり、やや酸味...

y001-0695

作務衣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「作務衣」は、禅僧の僧侶が日々の雑事(作務)を行う際に着る衣類のことです。この衣類は、現在の形状のものを指すまでは、特に...

y001-1134

とろろ汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑さにばててしまって食欲が失われている人も多く、しかし食べないとエネルギーが補給できず、さらに疲労が蓄積されていって...

y001-0684

四つ目垣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

住宅関連のエクステリア環境に関しては、住宅の持っている風合いに合わせて施工することが良い方法になり、現在ではガーデニング...

y001-0831

案山子の簡単な手作り...

人間の形をした人形を畑に立てておくことで、カラスを初めと...

y001-0307

木製プランターの簡単...

木製プランターを自分で作るのは、やはり、はじめから最後ま...

y001-1220

スモックの簡単な手作...

スモックというと、保育園や幼稚園に行っているくらいの小さ...

y001-0867

リコーダーケースの簡...

リコーダーケースを作る目的はリコーダーを保護することにあ...