エクセルでグラフの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エクセルでグラフの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

仕事で必ず使うといっていい、パソコンのワードとエクセル、パワーポイントといったソフトを使いこなせている人はどれだけいるでしょうか。ほとんどの人が使いこなせていないでしょう。しかし、使いこなせなくても、ある程度使えれば仕事では問題ありません。簡単な操作で立派なグラフや表が作れますので、初心者だから、パソコンが苦手だからと怖がらないで挑戦してみてください。まず表やグラフを作れると、プレゼンテーションなどの自分の考えやアイデアを相手に伝えるときに役立ちます。人は言葉を聞いただけではなかなか理解できないことがあります。しかし、視覚的にわかり易く説明されると納得してしまいます。話すのが苦手な人は、特にグラフなどの視覚的な情報をうまく利用して、仕事を有利にすすめましょう。エクセルはほとんどのパソコンにインストールされていますので、家でも会社でもどこでも使えます。また、最近では大学の卒業論文でもエクセルでグラフを作って利用することが増えています。社会人になる前から、エクセルを使える人材が増えてきているということですから、中高年の方も使えないと競争に勝てなくなります。ぜひ、使えるようになっておきましょう。

エクセルでグラフを作ることの楽しさ

エクセルでグラフが作れると、表現の幅が広がります。ただ数字を並べ、表にしただけでは何を一番伝えたいのか相手に伝わらず、せっかくのプレゼン内容もかすんでしまいます。それがエクセルでグラフ化するとどうでしょう。円グラフである定数に対するある事象が占める割合が一目瞭然になります。棒グラフにすれば数値の大小が分かり約なります。折れ線グラフを組み合わせれば、時間の経過とともに数値がどのように増減しているのかがより視覚的に分かります。他にも色々な種類のグラフを複数組み合わせることによって、オリジナルの資料が完成します。より相手に伝わりやすく、よりわかり易くと自分で試行錯誤し、創意工夫を重ねられるのもエクセルでグラフを作る楽しさではないでしょうか。また、面倒な作業も数値をしっかりそろえて入力するぐらいで、処理は全部エクセルがやってくれますから、数学が苦手だったり、パソコンの操作自体が苦手な人でも、クリック一つで出来るのも良いですね。グラフに色を付けるのも自由にできますから、カラフルな資料の作成もお手の物です。ただし、簡単に作れるといっても、数値自体の信ぴょう性が乏しいものや、データの数が少なすぎると、グラフは良い物になりません。しっかりとデータ収集してからとりかかりましょう。

エクセルでグラフを作るのに用意する物

エクセルでグラフを作成する際に、必ず用意しておかないといけないものとして、 パソコン、エクセルを起動するためのソフトです。 パソコンについて パソコンは、WindowsでもMacintoshでも、どちらでもかまいません。 普段から使い慣れたものを用意しましょう。 エクセルのソフトについて 【エクセル】とはマイクロソフト社から出ているOffice softのなかの一つです。 (Office soft:Excel/Word/PowerPoint) パソコン購入時にインストール済みのものもありますが、 なければCDソフトで購入するか、最近ではクラウドでネットから購入するものが主流になっているようです。 エクセルでは、 表を作成し、データの合計の計算や分析することができる表計算ソフトです。 入力しているデータ数値の合計を自動的に計算したり、表を作成したり、分析してグラフを作成することができます。 (合計のほかには、関数で、average、if、といいった計算もできます。) 他には、 文書作成・住所録・お小遣い帳(家計簿 他) なども簡単に作成することができます。 エクセルでグラフを作成し、資料データを分析することもでき、レイアウトすることができます。



エクセルでグラフの作り方の手順

エクセルでグラフを簡単にできる手作り方法 まず、グラフを作成するのに必要なデータ作成について 1.エクセルを起動 エクセルのアイコンをダブルクリックしてエクセルを起動させます。 2.新規作成 メニューバーの「ファイル」の中の「新規作成」を選択します。 3.入力 グラフを作成するために、数値(データ)を入力します。 4.保存 入力が完了したら必ず「保存」しましょう。 必要なデータを入力し終わると、メニューバーの「ファイル-保存」で入力データを必ず保存します。 入力したデータはこまめに保存するようにしておきましょう。 保存をわすれていて、パソコンのエラーなどで消えてしまう場合があります。 データができれば、グラフ作成をしましょう。 シートの上部のアイコンの並んでいる部分に、グラフアイコンがあります。 グラフアイコンの中から種類を選択します。 棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフ、積み重ねグラフ、ドーナツグラフ などがあります。 種類を選択後、入力したデータを元にグラフを作成していきます。 凡例とつける、目盛りをつける、単位をつけるなども選択できます。 色分けは自動でできます。 棒グラフなら縦につくるか、横に作るかも選ぶことができます。

エクセルでグラフの作り方のまとめ

まず資料の手作り方法は、データの採取から始めましょう。どんな時代の、誰を対象にしたものか。もしくはどんな事象のデータかによりますが、しっかりとした数のデータをそろえ、信ぴょう性を上げましょう。データに信ぴょう性がないと、それから作ったグラフにももちろん説得力はありません。会社でのプレゼンには、説得力やインパクトが重要ですが、何よりもまず信頼性が必要です。うそのデータでは何も意味がありません。そこをしっかりしてからグラフづくりに入りましょう。必要なデータを準備したら、それを効果的にアピールするグラフの種類を選びましょう。円グラフに棒グラフ、折れ線グラフなど色々な種類がありますので、全部試してもいいですが、それぞれのグラフには長所と短所がありますので、そこから最適なグラフを選びましょう。グラフが決まったら、色やレイアウトを考えます。白黒のままでは、項目の数が多いとグラフがごちゃごちゃして見づらくなります。それぞれ色を変えるとカラフルで明るくなりますし、必要な線が見やすくなります。折れ線グラフの場合は、線の種類もあわせて変えるとより効果的です。資料のどのページ、ページのどこに配置するかよく検討して終了です。



y001-0403

梅干しの漬け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しの漬け方は基本的に塩のみで長持ちをさせることを目的に自宅でつくられるものですが、もちろん手間がかかったり時間がない...

y001-0046

便箋封筒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近は連絡をするのにメールを利用する人が多いですが、まだまだ便箋封筒を利用する人も多いです。いつも便箋封筒簡を利用してい...

y001-0394

麦わら帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手芸品等の趣味を持っている方の中には夏の季節に役立つアイテムとして、麦わら帽子をDIYとして製作する方法があります。帽子...

y001-1229

ストロー工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ストロー工作は、身近に存在するストローを使って、様々なオブジェクトやおもちゃを制作するものです。ストローは丈夫なプラスチ...

y001-0655

自由研究6年生の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小学生にとって、夏休みの最大の宿題と言えば「自由研究」ではないでしょうか。研究したいことが見つかっていると取り組みやすい...

y001-1020

ビーズネックレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズネックレスは、ここ数年でまた新たにブームになっているおしゃれアイテムとして知られているものです。キラキラ系のビーズ...

バニティポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

旅行に出かけるときに女性なら化粧品道具が必要となります。バニティポーチがあればきちんと整理をして持っていくことができるの...

y001-1262

しその実塩漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しその実は主に青しその穂先の実のことを言います。花が咲いている時はそのまま天ぷらにして食べたり、お刺身に彩としてそえたり...

y001-0833

鮎の甘露煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎の甘露煮は、鮎を焼いたり干したりして乾燥させたものを、砂糖や水飴で煮しめた料理になります。鮎は海に近い河口で産まれて、...

y001-0622

手作りマスコットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りマスコットは、小学校に入り針と糸が使える様になった女の子がまず作ってみたくなる簡単な手芸です。基本的には2枚のダイ...

ゆず酒の簡単な手作り...

お酒が好きな人は多く、お店で飲むだけではなく自宅で晩酌し...

y001-0568

酢大豆の簡単な手作り...

大豆は、畑の牛肉とも表現されるほど豊富な栄養素を含んでい...

y001-0211

万華鏡の簡単な手作り...

万華鏡を作る理由は人それぞれではありますが、その多くの理...

y001-0031

トン汁の簡単な手作り...

トン汁はとてもおいしくて、子供から大人まで大好きなもので...