カツ丼の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カツ丼の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カツ丼を作る理由には、たまにはガッツリとした肉料理を食べたいことが第一にあります。野菜ばかりを食べていると、気力や体力が湧いてこないものです。自分へのご褒美として、カツ丼を食べることで明日への活力を養うことができます。肉を噛み締めたときの独特な歯ごたえと、豊富な肉汁による旨味によって、至福の瞬間を満喫できることも有意義です。栄養的な目的としては、豚肉のタンパク質を豊富に摂取できることが重要です。卵とじのカツ丼であれば、栄養価は総合的に高くなります。カロリーは高くなってしまいますが、たまに食べる分には気にすることもありません。豚肉のビタミンB1を摂取することで、ご飯の炭水化物を効率よくエネルギーに変えられます。そのため、夏バテ予防のためには鰻丼だけでなく、カツ丼を食べることもおすすめできます。鰻丼と比べても引けをとらない栄養の高さがあり、絶対的な人気がある料理です。カツ丼を作る目的として、子供を喜ばせることも重要となります。子供が好きな料理の一つとして、昔から親しまれていることは確かです。おふくろの味の一つとして、日本の食卓に欠かせないものです。親子が揃って食べることで、家族愛を身近に感じることができます。

カツ丼を作ることの楽しさ

カツ丼を作ることで、和食の奥深さを実感できることもメリットです。この料理の原型は西洋料理のカツレツですが、日本の丼料理と融合して新たな逸品となりました。洋食で人気のトンカツがカツ丼となり、味噌汁や香の物との相性までも抜群によくなります。手作りをすると豚肉と卵の本当の美味しさが分かることも見逃せません。トンカツは豚肉の旨味を極限まで引き出した料理ですが、卵でからめてカツ丼にすると相乗効果でさらに美味しくなります。すき焼きの牛肉と生卵がよく合う例と同じで、半熟の卵は豚肉の旨味も際立たせてくれます。トンカツだけであればウスターソースなどで食べますが、カツ丼にすると純和風の味付けにします。鰹節のダシを使うことになり、独特な風味が生まれることも分かります。蕎麦屋のカツ丼が美味しいのは、つゆの味がトンカツと絶妙に合うからです。家庭では麺つゆを使って作ることで、蕎麦屋の味を再現できるメリットもあります。材料のトンカツを作る時間がない場合には、市販のお惣菜を購入して使うこともできます。基本的な材料があれば短時間で作れますから、忙しい人にも作りやすいメリットがあります。揚げや煮込みなどの作業があるカツ丼を作れば、料理の腕前が上がりやすいことも重要です。

カツ丼を作るのに用意する物

カツ丼の簡単な手作り方法を行う場合には、取っ手が垂直の専用鍋があると便利です。フタ付きの丼も用意して、鮮やかな盛り付けができるようにします。米は炊きたてを使うことが重要ですから、最後の仕上げ段階で熱々の状態で盛り付けるための準備をしておきます。カツ丼の主役の材料となるトンカツは、豚のロース肉を使って作ります。衣としてパン粉と小麦粉に加えて、糊の役割をする卵も必要になります。卵も豚肉も鮮度がよいものを選ぶことで、本格的な美味しさにすることができます。素材がよければ簡単な手作り方法でも、プロ並みの品質にすることができます。野菜で必要なものは玉ねぎと三つ葉ですが、緑色が美しいエンドウ豆を加えることもあります。トンカツを揚げるためには、良質な油が必要です。本格的な作り方では豚のラードを使うことが多く、家庭ではサラダ油を使うことが一般的です。トンカツを揚げるための鍋も別に用意して、万全の準備を整えておきます。調味料として必要になるのは、麺つゆ、砂糖、日本酒、みりんとなります。家庭ではダシ汁から作るよりも、麺つゆをベースにしたほうが簡単で楽です。最後に大切なことは、鶏肉と野菜を切る包丁とまな板は別々にして使うことです。

カツ丼の作り方の手順

カツ丼を作るために、豚のロース肉を切ることから始めます。厚さは1センチから2センチほどにして、最初に塩と胡椒で下味をつけます。下味をつけてからは少しだけ時間をおいてから、小麦粉を表面にまぶしていきます。次に溶き卵をからめて、最後にパン粉をつけて油で揚げればトンカツが完成します。温度は最初は中温にして、最後に温度を上げてカラッと仕上げます。最初から強火にすると、中に火が通る前に焦げてしまいます。麺つゆをベースとする煮汁のほうは鍋に入れて火にかけて、薄切りにした玉ねぎを入れます。玉ねぎがしんなりとしたところで、揚げたてのトンカツを切ってから入れます。トンカツを入れるときには火を強火にして、溶き卵を流し入れていきます。これからは時間との勝負ですから、決して目を離してはいけません。同時にご飯の準備もして、丼に入れておきます。卵が半熟になりかけるところで火を止めて、素早くご飯の上にのせます。次に刻んだ三つ葉を上に添えて、フタをして蒸らせば完成します。トンカツを揚げるためには時間がかかりますが、最後の仕上げは3分ほどの時間で終わります。1人で調理と盛り付けを行うのは大変ですが、慣れてくれば誰でも上手に作れます。

カツ丼の作り方のまとめ

カツ丼の手作り方法は簡単ですが、素材の持ち味を活かすことが大切です。豚肉はロース肉を用いて、最初に塩とコショウで下味をつけます。使う部位は好みによって変えられるため、ヒレ肉やバラ肉を使うこともできます。下味が馴染んだ段階で小麦粉をまぶして、余計な粉を払い落として溶き卵をからめます。さらに、パン粉をつけて中温の油で上げていきます。表面がカリッとしてくれば、トンカツが出来上がります。次に浅い鍋に麺つゆを入れて、砂糖やみりん、日本酒も加えて火にかけていきます。野菜として玉ねぎを加えて、食べやすい大きさに切ったトンカツを入れます。この状態で火を強火にして、溶き卵を流し入れます。卵を入れてからは、ムラがないように適度に混ぜておきます。これからの見極めが難しいですが、半熟になりかけた瞬間に火を止めることが大切です。最終的にはご飯の上で蒸らしますから、鍋で煮ている段階で完全に火を通してはいけません。半熟の状態で丼のご飯にのせて、三つ葉も添えてからフタをして出来上がりとなります。食べるころには卵がちょうどいい軟らかさとなり、三つ葉の芳香が広がります。ご飯もトンカツも作りたてを使うことで、プロ並みの美味しさを再現できます。

雑巾手縫いの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

雑巾を手縫いで簡単に手作り方法は、昔は当たり前のようにどこの家庭でも行われていて、珍しいことではありませんでした。現在で...

y001-0225

ブルーベリージャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ブルーベリージャムと言えばパンに塗ったりヨーグルトに混ぜたりと、何かと活躍する機会が多いものです。ブルーベリージャムは、...

y001-1406

おはじき遊び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では古い時代から存在している遊び道具の中には、おはじきと呼ばれているものがあります。かつては子供の間で頻繁に利用され...

y001-1037

パネルシアターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「パネルシアター」は、布を貼った舞台となるパネルに、絵や文字をくっ付けたり外したりすることで、お話を展開していったり、歌...

y001-0908

ミントティーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家庭でも手軽に作ることができるミントティーは、すっきりとした香りや味が特徴的で、飲んで美味しいだけでなく花粉症にも効果的...

かぶら漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かぶら漬物を作る理由や目的ですが、それは、好きなものやおいしいものを自分で作ってみたい、という好奇心です。普段、口にして...

y001-1372

かざぐるまの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏休みになると、小学生の子供たちは休み中に様々な宿題をこなすことになります。そうした宿題の中でも特に時間をかけてじっくり...

y001-1281

コンクリートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

建築物を作る時の基礎などに欠かせない存在のコンクリートと言うのは、セメントを初め、細骨材、粗骨材、混和材料、そして水によ...

y001-1092

ニンニクチップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくの健康効果というのは精力剤の材料に使われるように食欲増進効果に加えて疲労回復効果があることで男性にとってうれしい...

y001-0504

浅漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

食卓に出されると嬉しいメニューの一つが「浅漬け」です。素材そのものの味や食感がしっかり残っているこの漬け物は、毎日の食事...

y001-1055

バザー手作りの簡単な...

バザーには色々なアイテムが出品されるもので、販売で得た利...

y001-0425

肉まん皮の簡単な手作...

肉まんの皮を自宅で作れば、中に入れる具を変えていろいろな...

y001-1189

ダンボールアートの簡...

段ボールは物を運ぶための包装用の箱として開発されました。...

y001-0044

誕生日ケーキの簡単な...

誕生日ケーキは買ってくるのが当たり前にはなっています。で...