カツ丼の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カツ丼の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カツ丼を作る理由には、たまにはガッツリとした肉料理を食べたいことが第一にあります。野菜ばかりを食べていると、気力や体力が湧いてこないものです。自分へのご褒美として、カツ丼を食べることで明日への活力を養うことができます。肉を噛み締めたときの独特な歯ごたえと、豊富な肉汁による旨味によって、至福の瞬間を満喫できることも有意義です。栄養的な目的としては、豚肉のタンパク質を豊富に摂取できることが重要です。卵とじのカツ丼であれば、栄養価は総合的に高くなります。カロリーは高くなってしまいますが、たまに食べる分には気にすることもありません。豚肉のビタミンB1を摂取することで、ご飯の炭水化物を効率よくエネルギーに変えられます。そのため、夏バテ予防のためには鰻丼だけでなく、カツ丼を食べることもおすすめできます。鰻丼と比べても引けをとらない栄養の高さがあり、絶対的な人気がある料理です。カツ丼を作る目的として、子供を喜ばせることも重要となります。子供が好きな料理の一つとして、昔から親しまれていることは確かです。おふくろの味の一つとして、日本の食卓に欠かせないものです。親子が揃って食べることで、家族愛を身近に感じることができます。

カツ丼を作ることの楽しさ

カツ丼を作ることで、和食の奥深さを実感できることもメリットです。この料理の原型は西洋料理のカツレツですが、日本の丼料理と融合して新たな逸品となりました。洋食で人気のトンカツがカツ丼となり、味噌汁や香の物との相性までも抜群によくなります。手作りをすると豚肉と卵の本当の美味しさが分かることも見逃せません。トンカツは豚肉の旨味を極限まで引き出した料理ですが、卵でからめてカツ丼にすると相乗効果でさらに美味しくなります。すき焼きの牛肉と生卵がよく合う例と同じで、半熟の卵は豚肉の旨味も際立たせてくれます。トンカツだけであればウスターソースなどで食べますが、カツ丼にすると純和風の味付けにします。鰹節のダシを使うことになり、独特な風味が生まれることも分かります。蕎麦屋のカツ丼が美味しいのは、つゆの味がトンカツと絶妙に合うからです。家庭では麺つゆを使って作ることで、蕎麦屋の味を再現できるメリットもあります。材料のトンカツを作る時間がない場合には、市販のお惣菜を購入して使うこともできます。基本的な材料があれば短時間で作れますから、忙しい人にも作りやすいメリットがあります。揚げや煮込みなどの作業があるカツ丼を作れば、料理の腕前が上がりやすいことも重要です。

カツ丼を作るのに用意する物

カツ丼の簡単な手作り方法を行う場合には、取っ手が垂直の専用鍋があると便利です。フタ付きの丼も用意して、鮮やかな盛り付けができるようにします。米は炊きたてを使うことが重要ですから、最後の仕上げ段階で熱々の状態で盛り付けるための準備をしておきます。カツ丼の主役の材料となるトンカツは、豚のロース肉を使って作ります。衣としてパン粉と小麦粉に加えて、糊の役割をする卵も必要になります。卵も豚肉も鮮度がよいものを選ぶことで、本格的な美味しさにすることができます。素材がよければ簡単な手作り方法でも、プロ並みの品質にすることができます。野菜で必要なものは玉ねぎと三つ葉ですが、緑色が美しいエンドウ豆を加えることもあります。トンカツを揚げるためには、良質な油が必要です。本格的な作り方では豚のラードを使うことが多く、家庭ではサラダ油を使うことが一般的です。トンカツを揚げるための鍋も別に用意して、万全の準備を整えておきます。調味料として必要になるのは、麺つゆ、砂糖、日本酒、みりんとなります。家庭ではダシ汁から作るよりも、麺つゆをベースにしたほうが簡単で楽です。最後に大切なことは、鶏肉と野菜を切る包丁とまな板は別々にして使うことです。



カツ丼の作り方の手順

カツ丼を作るために、豚のロース肉を切ることから始めます。厚さは1センチから2センチほどにして、最初に塩と胡椒で下味をつけます。下味をつけてからは少しだけ時間をおいてから、小麦粉を表面にまぶしていきます。次に溶き卵をからめて、最後にパン粉をつけて油で揚げればトンカツが完成します。温度は最初は中温にして、最後に温度を上げてカラッと仕上げます。最初から強火にすると、中に火が通る前に焦げてしまいます。麺つゆをベースとする煮汁のほうは鍋に入れて火にかけて、薄切りにした玉ねぎを入れます。玉ねぎがしんなりとしたところで、揚げたてのトンカツを切ってから入れます。トンカツを入れるときには火を強火にして、溶き卵を流し入れていきます。これからは時間との勝負ですから、決して目を離してはいけません。同時にご飯の準備もして、丼に入れておきます。卵が半熟になりかけるところで火を止めて、素早くご飯の上にのせます。次に刻んだ三つ葉を上に添えて、フタをして蒸らせば完成します。トンカツを揚げるためには時間がかかりますが、最後の仕上げは3分ほどの時間で終わります。1人で調理と盛り付けを行うのは大変ですが、慣れてくれば誰でも上手に作れます。

カツ丼の作り方のまとめ

カツ丼の手作り方法は簡単ですが、素材の持ち味を活かすことが大切です。豚肉はロース肉を用いて、最初に塩とコショウで下味をつけます。使う部位は好みによって変えられるため、ヒレ肉やバラ肉を使うこともできます。下味が馴染んだ段階で小麦粉をまぶして、余計な粉を払い落として溶き卵をからめます。さらに、パン粉をつけて中温の油で上げていきます。表面がカリッとしてくれば、トンカツが出来上がります。次に浅い鍋に麺つゆを入れて、砂糖やみりん、日本酒も加えて火にかけていきます。野菜として玉ねぎを加えて、食べやすい大きさに切ったトンカツを入れます。この状態で火を強火にして、溶き卵を流し入れます。卵を入れてからは、ムラがないように適度に混ぜておきます。これからの見極めが難しいですが、半熟になりかけた瞬間に火を止めることが大切です。最終的にはご飯の上で蒸らしますから、鍋で煮ている段階で完全に火を通してはいけません。半熟の状態で丼のご飯にのせて、三つ葉も添えてからフタをして出来上がりとなります。食べるころには卵がちょうどいい軟らかさとなり、三つ葉の芳香が広がります。ご飯もトンカツも作りたてを使うことで、プロ並みの美味しさを再現できます。



y001-0792

果実酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

体に良いもの、美容に効果的なものは積極的に取り入れたいもので、そのために努力をしている人も多いです。しかしながら世の中に...

y001-0056

ミニチュアソファの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今大人もはまる趣味の中にミニチュアの世界というのがあり、子供の頃に好きだった人形遊びなどでも使っていたミニチュアを作った...

y001-0795

果実酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

果実酒というのは一般的に、果汁から作られた醸造酒であり、原料の果実の酸味や風味を持っているのが特色になっています。それと...

y001-0804

夏の料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は暑さのため食欲が減退しやすく、食べないことによって体力が落ち、さらに夏バテを招くといった悪循環に陥りがちです。暑い日...

y001-1487

あさりの味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

あさりの味噌汁の具材は潮干狩りでも獲ることが出来るあさりですが、あさりと言うのはカルシウム、カリウム、亜鉛と言ったミネラ...

C

ドライカーボンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ここでいうドライカーボンとは、簡潔に説明すると、シート状のカーボンを型に貼り付けた後で全体を袋に入れて真空ポンプで引いて...

y001-1450

うめぼしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うめぼしは、バラ科サクラ属の落葉高木うめの果実を塩漬けした後に日干しにした漬物の一種で、日本では少なくとも平安時代には食...

y001-1172

チョコバナナの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チョコバナナは、バナナにチョコや様々なトッピングを施したお菓子のことです。お祭りなどの屋台や出店で販売されることが多く、...

酢玉ねぎの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

酢玉ねぎを作る理由は、ダイエットや健康のためです。血液がサラサラになるということで、自分のみならず家族にも薦めしたいレシ...

y001-1190

ダンボールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ダンボールは誰もが知っている身近な道具ですが、同時に、誰もが使いやすい工作の素材でもあります。小中高校と文化祭の出し物作...

y001-0048

天然石アクセの簡単な...

天然石アクセは市販の物も多く出回っています。やはり天然石...

y001-0277

嵐ハンドメイドの簡単...

今や、日本の顔であるアイドルグループの嵐。街中には、嵐の...

y001-0404

梅干しのつけ方の簡単...

梅干しは防腐作用もあり、夏のお弁当作りにも大活躍します。...

y001-0399

梅焼酎の簡単な手作り...

自家製の梅焼酎を手作りしている人はとても多いといいます。...