スピーカー自作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スピーカー自作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

音楽を聴く時になくてはならないものは、音源と音の出口です。音源は、CD、MD、レコードプレーヤー、ラジオなど色々な物が在ります。これ等の音源をアンプを使って音を増幅して、出口となるスピーカーから音を出すと言うのがオーディオ機器の基本です。音源となるものを自作する人もいますが、アンプやスピーカーなどを自作する人は音源を自ら作り出す人よりも多く、好みの音を出すアンプやスピーカーを作りたいと言う人が多くいます。スピーカーはユニットと呼ばれる部分と、エンクロージャー、ネットワーク、吸音材などを利用する事で自作が出来ます。また、キット品を購入すれば簡単に作る事も出来るようになっているのです。既成品を利用して音楽を楽しむ事も出来るわけですが、手作り方法を知ることで作る楽しみが膨らみますし、自分が作ったスピーカーを使って音楽を楽しめると言うメリットは大きいと言えます。尚、キット品と言うのは木材をカットしたりする手間が省けるため、ノコギリを持っていない人でも簡単に作ることが出来ます。説明書が同封してあるので、説明書となる設計図を見ながら組み立てて行けば、作る楽しみを味わえ、自作のスピーカーで音楽を楽しむ事が出来ます。

スピーカー自作を作ることの楽しさ

スピーカーを一から作りたい場合に必要なパーツは、スピーカーユニット、箱状にするためのエンクロージャーのパーツ、ユニットを高音、中音、低音の領域に振り分けるネットワーク、そしてエンクロージャー内部に入れてあげて、音をユニットから取り出すために利用する吸音材、ユニットに接続した配線を外部端子に接続するための部品などになります。 エンクロージャーを設計する場合は、どのような構造にすれば良いのかを決めなければなりません。 これは自分で設計図を作り出して、木材を購入して組み立てる必要が有ります。 木材には色々な種類が有りますが、スピーカーにはどのようなタイプの木材が適しているのか、そして板の厚みはどれくらいあれば良いのかなど、調べておく必要が有ります。 スピーカーのユニットは、高音部用のツイーター、中音部用のスコーカー、そして低音部用のウーファーと言った3つのユニットを使う方法もあれば、ツイーターとウーファーの2つのユニットを使う方法も在りますし、4つ以上のユニットを使う方法も在ります。 2つのユニットを使う方法の事をツーウェイシステム、3つのユニットを使う方法をスリーウェイシステムなどと呼んでおり、どのようなシステムにしていけば良いのかも考えておく必要が有ります。

スピーカー自作を作るのに用意する物

スピーカーは、音が出る部分のユニットと筐体となるキャビネットという二つの部品で構成されているシンプルな装置です。音の大きさや音質などは、ユニットとキャビネットの質によって変わってくるのです。市販のスピーカーは最高級品では1千万を超える価格が付けられているものがあり、安いスピーカーは100円ショップでも販売されています。この価格の違いは、ユニットとキャビネットの違いなのです。 そして、スピーカーは自作することも可能です。ユニットとキャビネットは部品として多くの種類が販売されています。一般的な量販店で目にする機会は少ないですが、専門店では豊富に取り扱っています。多くの専門店はインターネット通販も行っているので、自宅に居ながらにして部品を入手することが出来るのです。 作る際に用意するものは、スピーカーを構成するユニットとキャビネット、そして音楽を再生する機器と接続するためのターミナルとケーブルです。これらの部品に加え、キャビネットを加工するための道具が必要になりますが、それは素材によって変わります。 簡単に自作する方法として、ユニットは購入し、キャビネットは好みの材料で製作するとオリジナリティが出るでしょう。



スピーカー自作の作り方の手順

手作り方法は簡単です。 まずはキャビネットを製作します。素材は木材やアクリル板などが挙げられ、既存のプラスチックケースや段ボールに穴を開けたものでも可能です。素材によって音が変わるので、好みに合った素材を使いましょう。サイズはユニットが入る大きさに加え、多少の余裕を持たせることができるサイズであれば問題ありません。 箱状のキャビネットが準備できたら、ユニットを出す穴を開けます。素材によって、鋸やホットナイフなど最適な道具を選びます。そして、その穴にユニットを配置します。ユニットの多くはネジでキャビネットに固定する仕様になっているので、キャビネットにはネジ穴も開けておきます。この時点ではまだネジ止めはしません。 続いて、キャビネットの裏側にターミナルを付けるためのスペースとネジ穴を開け、ターミナルを固定します。 そしてターミナルとユニットをケーブルで接続します。ケーブルは半田付けするタイプとファストン端子を利用するタイプがありますが、初心者の場合はファストン端子を選んでおきましょう。 最後にユニットをキャビネットにネジ止めすれば自作スピーカーの完成です。 自作スピーカーは、完成した後もユニットを交換したり吸音材を貼り付けたりといったアップグレードが楽しめます。

スピーカー自作の作り方のまとめ

アンプのスピーカー端子から音が出てくるわけですが、この端子はスピーカーユニットの端子に接続する事になります。 ユニット内には低音部用や高音部用のユニットがあるわけですが、アンプから送られて来る音の信号は低音領域、高音領域などが入り混じった状態で送られてくるので、それをそれぞれの領域に振り分けてあげてからユニットに送り込む必要が有ります。 この時利用するのがネットワークであり、ネットワークと言うのは音のフィルターになるものです。 コイルとコンデンサと呼ばれている電子部品を使って回路を作ることで、複数の領域が入り混じるアンプからの信号をそれぞれのユニットに適した領域になるように振り分けてくれます。 コイルやコンデンサは直接スピーカーに半田付けしても良いのですが、後のことを考えた場合、基板を利用して部品を半田付けし、回路を構成させる方が便利です。 エンクロージャーに取り付けたスピーカーユニットは、色々な製品が在り、ユニットだけを交換する事で違った音を楽しむことが出来ます。 この時、基板を使ってネットワークを製作しておけばユニットだけを交換すれば済むと言うメリットが有りますし、逆にネットワークを交換する時にも便利です。



イチゴジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りのイチゴジャムには、何といっても市販のジャムとはまるで違う味わいがあります。生のイチゴを煮詰めて作ったイチゴジャム...

y001-0676

子供ワンピース型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大切なお子さんの洋服を作ってみたい、と考えたとき、作り方は人それぞれだと思います。実に様々な方法があります。代表的には、...

S字の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

S字フックは雑貨屋さんやホームセンターなど色々なところにあり、物を引っ掛けるときに使うとても便利な生活グッズでもあります...

y001-0985

ふきレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春になるとフキノトウが店頭に並びますが、フキノトウはふきの蕾の部分であり、花が開く前に収穫を行う事で酢味噌和えや天ぷらな...

y001-0878

ヨモギ団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヨモギはキク科の多年草で、野や山などの至るところに自生しています。日本や中国では、食用や薬用として古くから使用されてきた...

y001-0729

胡瓜キムチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

韓国のキムチの歴史は古く、7世紀から塩漬けの野菜として食べられるようになりました。12世紀ごろには香辛料を加わり、18世...

y001-0060

ワイアー入ポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポーチを利用していると、口の部分がすぐに閉じてしまって不便だと感じる事が有ります。それを防ぐ事ができるのが、ワイヤーです...

y001-0485

大根の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根の漬物を作る理由としては、簡単に作れて美味しいために、常備菜として便利なことが挙げられます。根の部分だけでなく、葉の...

y001-1000

びわジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

びわは初夏の風物詩でもあり、美味ですが、収穫後に追熟することがなく、すぐに変色して悪くなってしまいます。そこでびわを砂糖...

y001-1416

おいしい肉団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしい肉団子は、日常的な食事のおかずにも作られますし、お弁当のおかず目的で作ることもあります。ジューシーなお肉のかたま...

ニンニクの醤油漬けの...

ニンニクの醤油漬けは優れた保存食品である上、あればとても...

y001-0831

案山子の簡単な手作り...

人間の形をした人形を畑に立てておくことで、カラスを初めと...

y001-0806

可愛いリボンの簡単な...

手作りで可愛いリボンを作りたいという時には、市販品にはな...

y001-1022

ビーズクロッシェの簡...

ビーズクロッシェをご存知でしょうか、これはレース針でビー...