チキンナゲットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チキンナゲットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チキンナゲットの生みの親には2つ説があります。一つは某ファストフードでチキンナゲットが販売されるようになったのが1980年のことでした。そこが初めて作り出したという説と、コーネル大学の教授だったロバート・ベイカー氏が1963年頃にチキンナゲットの原型をすでに作っていたという説です。当時チキンナゲットを完成させるには2つの問題がありました。一つは挽肉を丸めてもすぐに崩れてしまうことで、これをベイカー氏は塩と酢を肉に混ぜ込んで水分をとり、さらに粉ミルクとパン粉をつなぎに使って解決しました。もう一つは揚げると身が縮んでせっかくつけた衣がはがれてしまいやすかったということです。これはナゲットの形を作ってから一度凍らせて、後で卵と衣を付け、さらにマイナス10度でもう一度凍結させて解決することができました。このような方法を思いつくまでにはいろいろ試行錯誤されたのですから、決して簡単に生み出されたものではなかったといえるでしょう。しかしベイカー氏は特許などの申請を行なうこともなかった上に無償で方法を公開していました。そのおかげで現在においておいしいチキンナゲットが安い価格で食べられるようになったのです。

チキンナゲットを作ることの楽しさ

チキンナゲットはそのままソースをつけて食べるのもおいしいですし、ソース自体もいろいろ選ぶことができますが、実はいろんなアレンジをすることもできます。例えば揚げた後にすぐ甘酢ダレにつけてからタルタルソースをかければチキン南蛮風にすることができますし、ケチャップや酢、塩、砂糖で味付けをして水溶き片栗粉でとろみをつけたものにからませれば、なんと洋風のチキンナゲットが中華の酢豚風に早変わりです。和風を楽しみたければ親子丼にすることもできますし、とろけるチーズをかければチーズナゲット、ピザソースをかけてピザ風にもできます。チキンナゲットをトルティーヤに巻いて野菜なども一緒に乗せればお手軽なサラダラップにすることができます。チキンナゲットは胸肉を使っていればナイアシンが特に多く含まれているので皮膚の免疫力を高めます。揚げているとはいえ、チキンが低カロリーですからダイエット中のタンパク質摂取にはオススメです。挽肉をまとめて形を作っているものなので年配の方やお子様でも食べやすいのが良いところです。またチキンには不飽和脂肪酸が多く含まれていて血中のコレステロールを低下させるので動脈硬化や肥満防止に役立ちます。

チキンナゲットを作るのに用意する物

チキンナゲットは、鶏肉を塊にしてパン粉やバターをまぶして調理する料理であり、18世紀から19世紀にかけてアメリカで考え出されたとする説があります。なお、ナゲットとは英語で天然の金塊という意味の言葉です。 チキンナゲットの魅力は、他の鶏肉の料理では味わうことが出来ないフワフワとした食感です。また、食事としてだけではなく、お酒のつまみとしてや小腹がすいた時の間食としてなど、様々な利用が可能ということも特徴として挙げることができます。 こんな便利なチキンナゲットは、実は自宅でも簡単に作ることができます。自分で作れば納得のいく材料を使用できるので、市販のものとは違い安心して食べることができます。実は、チキンナゲットには明確な取り決めが行われてはいないので、鶏肉の割合が50パーセントに満たない物であってもペナルティーが課せられることはないのです。 そこで、安全でおいしいチキンナゲットを食べるためには、自作するのが最も適当な方法となります。用意するものは、鶏肉、調味料、片栗粉、油だけです。それほど火力を必要とする料理ではないので、家庭用のコンロで十分対応できます。特別な調理器具などを用意する必要もありません。

チキンナゲットの作り方の手順

チキンナゲットの手作り方法は、まずは鶏肉の皮を取り削ぎ切りにし、包丁でしっかりと叩いてミンチ状にすることからスタートします。フワフワの食感を実現する為に必要な作業であり、手間をかけて丁寧に行うほど柔らかさが引き立つことになります。 これにマヨネーズや塩コショウを加えて、粘り気が出るまで良く混ぜます。なお、この段階で好みにより粉チーズなどを混ぜても構いません。つまり、いろいろな味のバリエーションが楽しめるということです。食べやすいサイズに揃えたら、いよいよ油で揚げる作業となります。 鶏肉のジューシーさが失われずにキープされるので、低めの温度でじっくりと揚げるのがおすすめです。出来あがったものをそのまま食べても構いませんが、特製のソースを作ればさらに本格的になります。このソースも自由であり、辛いものや酸っぱいものとの相性も抜群です。 鶏肉は、たんぱく質を豊富に含む食品であり、健康状態をキープする為に非常に有効です。チキンナゲットの様に手軽に食べられる料理を行うことにより、効率的なたんぱく質の補給ができることになります。また、カロリーが気になるという場合は、鶏肉に豆腐などを混ぜ合わせるという方法もあります。

チキンナゲットの作り方のまとめ

手作り方法を知って、チキンナゲットをいつでも食べられるようにしましょう。チキンナゲットは鶏挽肉を小判型に成形して小麦粉で衣をつけ、170度から180度に熱した油に入れて揚げます。色がついてきたら取り出してしばらく置いておきます。こうすると焦げることなく、余熱で中にしっかりと熱が通るようになるからです。挽肉と豆腐を混ぜてから形を作っても柔らかめのナゲットができます。味付けは塩コショウ、お好みでガーリックパウダーやナツメグ、お酒を少し入れても良いでしょう。鶏挽肉が手に入らなかった場合はフードプロセッサーがあれば、胸肉をぶつ切りにしてから味付け用の材料を加えてフードプロセッサーにかけてもOKです。ポイントはあまり混ぜ合わせすぎないことです。フードプロセッサーにしっかりかけてしまうと生地がかたくなってしまいます。冷凍したい場合は揚げる前のものを冷凍しておくほうが解凍して揚げる時においしいです。油で揚げたくないという方はフライパンに多めの油をひいて弱火でじっくりと火をとおすようにする方法もあります。強火ですと焦げてしまいますので、あくまで弱火で火加減を調整しながら焼きましょう。食感も揚げた時とそれほど変わりません。

y001-1450

うめぼしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うめぼしは、バラ科サクラ属の落葉高木うめの果実を塩漬けした後に日干しにした漬物の一種で、日本では少なくとも平安時代には食...

y001-0515

折り紙手裏剣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙封筒というのは折り紙で作った封筒であり、さまざまなデザインのものがあります。たとえば封筒に手裏剣が付いたデザインの...

y001-0561

水ようかんレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

水ようかんを手作りすることは難しいのではないか、と考える人もいますが、そうでもないといいます。水ようかんはいろいろな種類...

y001-0101

ショルダーバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

出かけるときには、できるだけ両手をあけておくのが望ましいとされています。もしかしたら転ぶかもしれませんし、そんな時に手が...

創作人形ドールアイの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小さい頃、人形で遊んでいたという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そして今もまだ人形が好きでたまらないという...

y001-0424

虹の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏休みの工作や趣味の一つとして何かを製作することを必要としている場面では、一つのアイデアとして虹を利用したアイテムを製作...

y001-0834

鮎の塩焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎はアユ科アユ属の川の魚、別名「香魚」や「年魚」とも呼ばれており、川と海を回遊すると言った特徴を持ちます。また、川と海を...

y001-0939

ぽち袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぽち袋は主に少額のご祝儀やお年玉を入れる袋です。年末年始になるとスーパーやコンビニなどでも販売していますがわざわざ手作り...

y001-0456

漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の風物詩の一つである西瓜。暑い日に買い物に行くと、西瓜が美味しそうに見えて必ず買ってしまうので、毎年かなりの量を消費し...

y001-1079

ぬいぐるみの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供たちが大好きなぬいぐるみは、一緒に遊んで楽しめるだけでなく、眺めていると大人もほっこりとした優しい気持ちになります。...

y001-1451

うなぎ罠の簡単な手作...

うなぎ罠を作る目的は、現代と昔では大きく違っています。昔...

y001-1195

たまご料理の簡単な手...

たまご料理というと、目玉焼きに卵焼き、スクランブルエッグ...

y001-1320

きゅうりレシピの簡単...

きゅうりレシピは、箸休めにも作るのに良いですし、おかずの...

y001-0503

洗濯バサミ猫型紙の簡...

雑貨品に分類されているアイテムの中には洗濯バサミ猫と呼ば...