トマトジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トマトジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏に旬を迎える野菜の特徴としては夏の日差しにある紫外線を浴びることによって内部で発生する活性酸素を除去する成分を作り出す緑黄色野菜が中心になるのですが、その夏を彩る緑黄色野菜の代表としてあるのがトマトです。トマトは全体が赤いことが特徴ですが、その赤い色素の正体というのがリコピンです。トマトの栄養成分であるリコピンには強い抗酸化作用があり、紫外線によって発生した有害物質である活性酸素を除去することで若返り効果や病気への抵抗力を回復させる効果があります。それ以外にもトマトには大量の水分があることで夏の水分補給になり、そして脂肪燃焼効果があるがあるリノール酸や髪や視力そして粘膜や皮膚そして呼吸器系統を守る働きがあるといわれているカロチンを多く含んでいるため食べるだけで健康になれる最高の野菜と言えます。そのトマトですが一個だけ食べるだけでも効果がありますが、実際に体感できる量を取るには大きいトマトでは2個プチトマトでは17個食べる必要があります。その量を毎日とるのは難しいため別の方法を考える必要があり、その方法としてあるのがトマトを使った加工品で摂取することです。そのトマトの加工品の中で、毎日無理なく摂取できるのがトマトをつぶして飲料にしたトマトジュースです。

トマトジュースを作ることの楽しさ

トマトジュースにするメリットは、リコピンといった栄養素を体に即効性で出したいときに大きいトマトでは2個プチトマトでは17個食べる必要があるのをコップ一杯の量でまかなえることです。しかしそれとは別のメリットとしては、トマトに限らず野菜をジュースにするとうまみ成分を抽出して食べやすくすることです。トマトのうまみ成分というのは自身が持つ水分の中に先に言ったカロチンやリコピンのほかにも、疲労回復効果の持つ有機酸の一種であるクエン酸と世界共通語となっている旨みを構成する成分のグルタミン酸です。しかしこういった成分はトマトに限らず細胞膜に包まれており、口に入れたときに噛むことで細胞膜がつぶれ味が出るのですがそのすべての細胞膜を噛むことでつぶせるわけではないのですべての旨み成分を味わうことができないのです。そこでジュースにすると、素材を丸ごと攪拌するかつぶして作るので細胞膜をすべて壊すことになり栄養成分や旨み成分をすべて抽出することができるので結果的にその素材のまま食べるよりも多くの栄養成分と旨み成分を取ることができます。なによりトマトジュースにするときには鮮度のよいものが必須で、近年では自家栽培することが多くなっています。その自家栽培で収穫したトマトをジュースにして、コップ一杯分の量になると収穫した喜びを感じることができます。

トマトジュースを作るのに用意する物

トマトジュースの手作り方法は非常に簡単で時間もかかりません。トマトジュースを作る際に用意するものはトマトのみです。どんなトマトでも大丈夫ですが、完熟トマトを選ぶと、より美味しいトマトジュースにすることができます。普通に食べるのにはあまり適さないほどに熟れたトマトのほうがジュースにする際には適しています。完熟トマトを使ったほうがよい理由は、味が濃縮されていて濃厚なトマトジュースにすることができる点と、栄養価が非常に高いという点が挙げられます。特に、リコピンが普通のトマトよりも多く含まれているため、抗酸化作用が非常に強く血糖値を下げる効果が高いです。トマトだけの味で満足できない場合は、好みに応じて砂糖や塩をひとつまみ分ほど用意しておいてもよいです。爽やかな味付けが好きな方は柑橘系の果汁などを用意しておくことで、すこし酸っぱいトマトジュースを作ることができ、夏バテ防止に効果があります。後はトマトを煮るための鍋と水、ミキサーを用意しておいてください。水はトマトを湯むきするためだけに使うのでトマトが全て浸かる量用意しておけば大丈夫です。必要なら出来上がったトマトジュースを入れるコップを熱湯につけて消毒しておいても良いです。

トマトジュースの作り方の手順

トマトジュースの作り方は、まず完熟トマトを数個用意します。そして、トマトについているヘタをしっかりと取り除いておいてください。トマトのヘタを取り除いたら、軽くトマトに切れ目をつけ、鍋に水を入れて沸騰させ、その中にトマトを丸ごと放り込みます。しばらくそのまま放置して、火が通ったら鍋から取り出して皮をむき、適当な大きさに切っておきます。細かくしたトマトをミキサーに入れて身がなくなるまで混ぜていきます。完全に混ぜ終わったらトマトジュースの完成です。少し辛めの味が欲しい場合は塩を、甘めの味が欲しい場合は砂糖をそれぞれ少量入れて自分好みの味にしてください。また、柑橘系の果汁を入れたりレモン汁を入れることで爽やかな味わいにすることができます。このままでも十分美味しいですが、滑らかな喉ごしが欲しい場合は、ミキサーにかけた後のトマトジュースを濾して果肉の残りを取り除くことをおすすめします。ただし、濾してしまうと若干栄養が逃げてしまうことになるので、しっかりとトマトの栄養を取りたい場合は濾さないほうが良いです。トマトの皮にも栄養はありますが、剥かないと喉ごしが悪くなってしまうため、なるべく剥くことをおすすめします。

トマトジュースの作り方のまとめ

トマトをジュースにするにはへた部分とトマトの下部分の硬い部分を切った後に、ミキサーもしくはフードプロセッサーにかけて作ることが一般です。しかしミキサーやフードプロセッサーで作ると簡単ですが、その作った後の洗うなどの手入れが大変なので大量に作るであれば問題ないのですが少量で手作りする場合には手間がかかるといえます。そこで一人でまかなう量や少量ずつ作る手作り方法としては、完熟したトマトを清潔で丈夫なナイロン袋に入れた後に手でつぶして、果肉が気にならない場合には粒のまま袋を切ってコップに注ぎそして滑らかさを出したいときには濾し器で果肉を漉して作ります。。その際にミキサーもしくはフードプロセッサーで作る場合でもそうですが、攪拌や袋でつぶす前にトマトの中に砂糖を入れると砂糖がトマトの強すぎる酸味や青臭さを抑えてくれるのでおいしく飲むことができます。出来上がったトマトジュースはそのまま飲むのもよいですが、攪拌したトマトは細胞膜が壊れているのでさまざまな料理に応用が可能です。トマトジュースの中にきゅうりやたまねぎそしてピーマンとオリーブオイルを加えてミキサーで攪拌して作るスペインの冷製スープガスパッチョや生クリームと混ぜて作るトマトのポタージュ、そして水の代わりに加えてカレーやシチューの味付けに使ったりパスタと絡めるなどのアレンジがあります。

y001-1220

スモックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スモックというと、保育園や幼稚園に行っているくらいの小さな子供が着るものというイメージがあります。通っている施設によって...

y001-0647

写真コラージュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

素敵な被写体があった時に、写真におさめると、画像として保存しておくことができます。そのようなこともあり、写真を愛用する人...

押し花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

公園に咲いているお花や草花、お花屋さんで購入した好きなお花や、プレゼントで頂いた豪華な花束、そんな大切なお花をいつまでも...

y001-0517

折り紙ぽち袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お正月に子供が待ち望んでいるものといえば、お年玉です。豪華な料理や、正月ならではの遊びを楽しみにしている子供もいるでしょ...

y001-1204

たくあん漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちょっとしたご飯のおかずにいいのが「漬物」といった副菜です。お茶漬けやおにぎりのお供など欠かせないといったひとも多いです...

y001-1106

障子の張り替え方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今はとても便利な商品がたくさんあり、障子の張り替え方は自由に選べるようになりました。なるべくお金をかけたくない方は安くで...

y001-0256

裂き織りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

裂き織りは、さかのぼること江戸時代、贅沢が禁止された頃、新しい布地を買えない人々が古い布や着なくなった服を裂いて糸として...

y001-1407

おのくん人形の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おのくん人形は、宮城県東松島市の仮設住宅で生まれたソックモンキー人形です。東日本大震災の被害で多くの人々が家や家族を失い...

y001-0132

レンガ囲炉裏の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レンガ囲炉裏を作る理由としては夏などにバーベキューを庭で楽しむためです。バーベキューをするためには場キャンプ場などに行く...

y001-0898

メンマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメンの具材には欠かせないメンマは、たけのこが食材になっている料理で、独特の食感が人気です。たけのこが在れば、炒めてあ...

y001-0597

小麦粉粘土の簡単な手...

粘土には様々な種類があります。油粘土、樹脂粘土、紙粘土、...

y001-1134

とろろ汁の簡単な手作...

夏の暑さにばててしまって食欲が失われている人も多く、しか...

カレー粉で作るカレー...

カレーは、インド料理の特徴的な調理法を用いた料理に対して...

y001-0589

焼酎梅の簡単な手作り...

体にいいと言われている梅、そのまま食べることはまずなく、...