クッキーの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クッキーの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼き菓子にはマドレーヌ、マフィン、パウンドケーキなど様々な種類のお菓子がありますが、クッキーは比較的簡単に作れるため、初心者にも人気があります。手作りクッキーのレシピの中には、材料も少なく簡単に作れるものもたくさんあります。見た目が可愛く美味しいクッキーは、ちょっとしたプレゼントにも気軽に贈ることができ、老若男女贈る相手を選ばないギフトのため、もらった相手からは非常に喜ばれます。最近では結婚式のプチギフトを自分で手作りする新婦も増えていて、可愛らしくラッピングされたクッキーは、招待客からも好評です。また子どもにも人気のお菓子なので、親子で手作りを楽しむ人も多いです。特に型抜きクッキーは、子どもでも簡単に可愛いクッキーが作れるため人気です。定番のハートや星に加えて、最近ではかなり凝ったものも販売されていて、雑貨屋やバラエティーショップなどで型を選ぶだけでも十分に楽しむことができます。クッキーには種類もいろいろとあります。味もプレーン・ココア・抹茶など様々なバリエーションがあります。またチョコチップ・アーモンド・ミックスゼリーなど、生地に混ぜるトッピングを変えるだけで、全く違う食感や味を楽しむことができます。

クッキーを作ることの楽しさ

手作りクッキーを作るメリットはいくつかありますが、まず一番のメリットは材料が把握できるため、安心だということです。一般的に材料には、小麦粉・バター・砂糖・卵などが使われますが、手作りの場合は材料の賞味期限を自分の目でしっかりと確認することができます。また市販の場合は、保存料や着色料、その他の添加物が使用されていることも多いのですが、手作りなら無添加で体に優しい素材で作ることも可能です。卵や小麦粉のアレルギーを持っている子どもにも、材料が分かっていれば安心して与えられます。その他のメリットとしては、家にある材料で、安く大量に作れることが挙げられます。シンプルなものならば、小麦粉や卵・砂糖など、どの家庭にも常備してあるもので作ることができます。無塩バターがなければ、普通のバターで代用することもできます。美味しいクッキーをお腹いっぱい食べることができるのも、手作りの魅力です。最近ではクッキーにアイシングで模様をつけたり絵を描いたりするのが流行しています。カラフルで可愛らしいアイシングクッキーは、ギフトにも大人気です。またラッピングもオシャレなものがたくさん販売されています。100均にもいろいろな種類が置いてあります。渡す相手のことを考えながら、可愛らしくラッピングするのも、手作りの醍醐味です。

クッキーの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピを作るのに用意する物

手作りクッキーにはいろいろなレシピがあります。しかし基本的な材料は、どのレシピもだいたい同じです。まず小麦粉です。その他にバター・砂糖・卵・バニラエッセンスが必要です。バターは無塩バターを使います。砂糖は上白糖です。プレーン生地は以上の材料で作作ることができます。ココア生地を作りたい時は、これにプラスしてココアの粉が必要です。またアーモンドやチョコチップなどがあると、見た目や味にバリエーションができます。クッキーに色を付けたい時は、食紅を使います。スーパーなどでも、赤・黄・緑・青などの食紅が販売されています。クッキー作りに必要な道具は、ボウル・泡だて器・粉ふるい・ヘラ・綿棒・はかりなどです。それに加えて、焼くときに使うオーブンと天板、ミトンなどが必要です。一般的なサイズの型抜きクッキー20枚分の分量は以下の通りです。小麦粉100g・無塩バター50g・砂糖40g・卵1/2・バニラエッセンス少々です。一度にたくさん作りたい時は、この分量を2倍・3倍にして計算します。クッキーは簡単に作ることができますが、お菓子作りは分量をしっかりと量ることが基本です。美味しいクッキーを作るためにも、分量や手順をきちんと守って作りましょう。



クッキーの作り方の手順

型抜きクッキーの手作り方法は以下の手順です。まず無塩バターは事前に冷蔵庫から出しておき、常温で柔らかくしておきます。硬い場合はレンジで少しずつ様子を見ながら加熱します。この時液状になるまで加熱しないように注意しましょう。柔らかくなったバターをボウルに入れ、泡だて器で混ぜます。クリーム状になったら、そこに砂糖を少しずつ加えます。泡だて器で混ぜ続けると、だんだんと黄色っぽい色から白っぽい色に変わってきます。色が変わったら、溶き卵を加えてさらに混ぜます。2~3回に分けて加えるようにしましょう。小麦粉はふるいにかけておきます。バター・砂糖・卵を混ぜたものに、小麦粉を加えていきます。こちらも数回に分けて行いましょう。バニラエッセンスもこの時に数滴振りかけます。小麦粉を加えて混ぜる際には、ヘラを使用し、さっくりと切るように混ぜましょう。生地が完成したら、ラップに包み冷蔵庫で寝かせます。3時間~1日程度入れておきましょう。生地が固まったら、綿棒で伸ばし型抜きをします。綿棒や型には小麦粉で打ち粉をしておきましょう。型抜きした生地は天板に並べてオーブンで焼きます。170~180度のオーブンで10~15分ほど焼きましょう。焼きあがったらケーキクーラーなどの上で冷まして完成です。

クッキーの作り方のまとめ

クッキーのレシピはいろいろありますが、その中でも型抜きなどの手間もない、簡単にできるアイスボックスクッキーの手作り方法を紹介します。材料は小麦粉・卵・砂糖・無塩バター・バニラエッセンス、この5つだけです。分量は、小麦粉100gに対し、無塩バター50g・砂糖40g・卵1/2です。バニラエッセンスは風味付けのために使用するので、数滴しか必要ありません。もしもない場合は、わざわざ買いにいかなくても、なしで大丈夫です。手順としては、まず全ての材料の分量を量ります。無塩バターをクリーム状になるまでヘラで混ぜます。そこに砂糖を少しずつ加えていきます。無塩バターと砂糖が白っぽくなってきたら、卵を加えます。滑らかになるまで混ぜたら、ふるいにかけた小麦粉とバニラエッセンス数滴を加えます。ヘラで切るようにさっくりと混ぜ合わせたら、ラップにくるんで細長く(直径3cmくらい)伸ばします。そのまま冷凍庫に入れ、3時間~半日ほど寝かせます。生地が固まったら包丁で5mmくらいの厚さに切り、天板に並べます。170~180℃のオーブンで10~15分焼いたら完成です。生地を混ぜて、凍らせて、切って焼く。単純な作業ばかりでとても簡単です。小麦粉を混ぜるときにココアやアーモンドなどを一緒に混ぜると、いろいろな味も楽しむことができます。



y001-0676

子供ワンピース型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大切なお子さんの洋服を作ってみたい、と考えたとき、作り方は人それぞれだと思います。実に様々な方法があります。代表的には、...

y001-1064

バーベキュー炉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

暖かくなってくると、天気の良い日には家族や親戚、友人などと集まって、バーベキューをやりたくなるものです。バーベキューの語...

y001-0850

レジンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジンというのは英語で樹脂のことを指します。最近ではこのレジンを使ったレジンクラフトというものが流行しており、自分でオリ...

y001-1074

ネギ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

味噌は、穀物を発酵させて作られた食品であり、日本では古くより調味料としても使用してきた歴史を持っています。醤油と共に日本...

y001-1403

オムレツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵料理の中でも人気ランキング上位のひとつが、オムレツです。作る理由は、みんなが好きですし、手軽に卵料理が食べられます。朝...

y001-1314

クッキー作りレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

料理を覚えるための手始めとしてクッキー作りをしたという人も多いようです。クッキーの基本は、バターや油、ショートニングなど...

y001-1005

ピタゴラスイッチ工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

あなたはピタゴラスイッチをご存知でしょうか。人気教育番組「ピタゴラスイッチ」内でエンディングに流れるコーナーで、文房具や...

y001-0492

帯でバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

様々な手作りDIYアイテムがありますが、リサイクルを利用した方法でのDIYとしては、例えば帯でバッグを製作する方法も提案...

y001-1124

なす料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏が旬の野菜は多いです。トマト、きゅうり、レタス、ゴーヤ、トウモロコシといった具合に種類が多く、多くの野菜が採れる季節で...

y001-1081

体力をつける方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

体力は、ある程度持つことで、様々なウイルスや病原菌の攻撃から体を守ることができます。体力の定義として「行動体力」と「防衛...

y001-1187

ダンボール収納ボック...

家具や家電を購入したり、通信販売を利用したりすると、大き...

ジェルキャンドルの簡...

ジェルキャンドルはキャンドル用のジェルを使い、ガラス容器...

人形赤ちゃんの簡単な...

最近は少子化になっています。本当は三人、四人と沢山の赤ち...

y001-0622

手作りマスコットの簡...

手作りマスコットは、小学校に入り針と糸が使える様になった...