にんにく酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにく酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくは、ユリ科ネギ属の香味野菜で、日本には2000年ほど前に中国から伝えられたといわれています。疲労回復などの薬用の効果もある上に食欲をそそる香味を付与するということで、中国料理やイタリア料理では欠かすことが出来ない貴重な存在として重宝されています。にんにく酒は、健康酒として使用できると共に料理への調味料としても利用できる便利な一品です。ただし、難しい作り方が求められるということはないので、誰でも簡単に出来ます。特別な知識や高度なテクニックなどは不要であり、料理の経験がほとんどない人であっても不安を感じる必要はありません。にんにくの有効成分や旨味がしみ出しているので、健康のために有効な上に普段の料理を本格的なものに変えてしまう効果も期待できます。保存もある程度できるので、作っておけば非常に便利となります。肉や魚の料理の下味としてやサラダドレッシングの隠し味にも利用できます。通常の薬用酒よりもバラエティーに富んだ利用が可能であり、普段の食生活に彩りを加える効果があります。また、自分で作るということで味付けも自由に出来るので、甘いのが好きな人や辛口が好みの人それぞれが納得することができます。

にんにく酒を作ることの楽しさ

にんにくは、ビタミンB1の吸収効率を高める物質を含有しており、疲労回復に非常に有効です。また、細胞組織自体を若返らせるという作用もあるので、新陳代謝を活性化させます。このために、健康を維持するだけではなく美容に対しても効果を期待できます。 さらに、非常に強い殺菌効果を持っているということも特徴で、外部から入ってくる細菌やウィルスに対抗します。このために、にんにくを食べていると風邪をひきにくいということになります。にんにく酒には、これらのにんにくの有効成分が全て含まれているので、美しく健やかに生きていきたいという人におすすめできる内容です。 また、にんにくといえば強烈な臭いが広く知られていますが、にんにく酒の場合は長く漬けこむごとに徐々に和らいでいきます。このために、臭いを気にすることなく健康への効果を体感することができます。料理に使う程度であれば、ほとんど気にならないレベルで済みます。 このように、様々なメリットが得られるにんにく酒は、経済的にも非常に良心的です。特別な材料を購入する必要はないので、余裕がない状態でも心配することはありません。にんにく酒は、お金をかけずにできる健康対策と言えます。

にんにく酒を作るのに用意する物

にんにくには多くの効能があり、昔から滋養強壮に好んで食べられてきました。にんにくの有効成分は、アルコールに溶け出しやすいため、にんにく酒にすると、少し飲むだけで十分な効果が現れます。ストレートで飲むほか、料理の下味やドレッシングの隠し味にも使えます。にんにく酒は作り方がとても簡単で、用意するものもシンプルです。 使うのは、にんにく100~300g、ホワイトリカー1.8リットル、氷砂糖200g、広口瓶ですが、料理に使うなら氷砂糖は省きます。また、ホワイトリカーの代わりに日本酒、氷砂糖の代わりにグラニュー糖や黒砂糖を用いると、味や風味が変わって楽しめます。沖縄のにんにくと泡盛で作るにんにく酒は、「ヒル酒」と呼ばれ、風邪によく効き健康によい薬用酒として、沖縄の多くの家庭で作られています。ヒル酒は昔から、風邪をひいたら飲んで寝るだけで効果がある、風邪の特効薬とされてきました。 にんにく酒は、健康維持のため、また疲労回復や冷え性対策として効果的です。その他、精力増強、神経痛、不眠症、食欲不振などにも効果があります。簡単に作ることができ、長期保存も可能ですので、手作りにチャレンジしてはいかがでしょうか。

にんにく酒の作り方の手順

にんにく酒の手作り方法は、次のようにします。 1.広口瓶はよく洗い、乾燥させておきます。 2.にんにくは1片ずつ皮をむき、大きいものは2つに切ります。 3.水洗いして乾いたら、広口瓶に入れます。 4.氷砂糖とにんにくを交互に入れ、その上からホワイトリカーを注ぎ入れます。 5.瓶を密封して冷暗所に保管します。 6.2~3ヶ月して、あめ色になったら出来上がりです。長くおくほどに味がまろやかになります。 臭いが気になる場合には、4~5分蒸したり、沸騰したお湯に5~10分漬けるとよいでしょう。そのまま漬けても、2~3年経つと臭いが少なくなり、気にならなくなります。 にんにく酒を薬用酒として飲む場合には、1日おちょこ1杯程度を毎日飲みます。お酒が弱い人は、水や牛乳、清涼飲料で薄めるとよいでしょう。健康のためには、長く飲み続けるのが効果的ですので、適量を毎日飲むようにしましょう。就寝前に飲むのがおすすめです。 料理用に甘味を入れずに作った場合には、肉料理や魚料理の下味をつけるのに使うなど、幅広く利用できます。飲むときに蜂蜜など甘味を足せば、薬用酒としても使えます。にんにくの有効成分は、アルコールに長く漬け込むことで、より多く生成・抽出されます。

にんにく酒の作り方のまとめ

にんにく酒の手作り方法は、まずはにんにくの皮を剥くことからスタートします。皮むき器を使用すると驚くほど簡単に出来ますが、ない場合は1日ぬるま湯につけておくだけで同様の効率で作業が進められます。剥き終わったにんにくはガラス瓶に入れて、ホワイトリカーを上から注ぎこみます。これで半年から1年経過すれば、完成となります。 なお、サラダドレッシングの隠し味としてであれば漬けこんでから1カ月程度で使用できます。ただし、味がまろやかになるのは、大体3カ月が経過して以降です。また、甘い味が好きな場合は作る時に氷砂糖を加えたり、飲む時に砂糖を入れるなどの方法があります。調味料としても使用する場合は、後者の方法が適当と言えます。 にんにく酒は健康に効果を期待できますが、飲めば飲むほど良いというわけではありません。一応の目安はペットボトルの蓋1杯分程度であり、これを寝る前に飲めば薬用としての使用となります。ただし、風邪をひいたときなどの場合は朝と晩の2回飲んでも構いません。にんにくの殺菌作用により、自然治癒力が引き出されることにより、正常な状態へと回復することになります。漬けたにんにくはそのままでも構いませんが、取り出せば料理に使用できます。

y001-0092

イノシシの罠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イノシシの罠を作る理由ですが、イノシシの罠の存在理由としては、山村部に住む人にとっては非常に有意義なものとなっています。...

y001-0954

ベストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ベストというと、インナーの上に着用できる袖がない形の衣服になるのですが、着ることによって体の中心部を温かく保つことができ...

y001-0783

介護レクリエーションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

高齢者施設では、度々行事やレクリエーションが行われています。介護レクリエーションを行うことで、高齢者に「笑顔」を増やすこ...

y001-0581

色々なミサンガの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミサンガはブラジル発祥のお守りで、ブラジル出身のJリーガーが身につけたことで日本で話題になります。最近ではお守りという意...

y001-0412

梅エキスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅に含まれる成分を凝縮したのが梅エキスです。梅エキスを積極的に取り入れることで得られる効果は意外にたくさんあります。その...

y001-0095

リースプリザの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リースとは幸せの象徴です。玄関ドアやお部屋のインテリアに飾れば、幸せをもたらしてくれると言われているハッピーアイテムです...

y001-0246

餃子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人が大好きな中華料理といえば、ラーメンにチャーハンに餃子です。その中で家で気軽に作れるのは餃子ではないでしょうか。餃...

y001-1426

おいしいおからの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おからと言うのは卯の花や雪花菜とも言われている食材なのですが、おからは豆腐を製造する時に出来る絞り込んだカスです。豆腐の...

y001-0721

広島風お好み焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お好み焼きには関西風お好み焼きと広島風お好み焼きの2種類が在ります。この二つの大きな違いは焼きそばやうどんの麺を使うかど...

y001-1260

しそ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しそと味噌は、健康食材です。しそは天然の殺菌作用があり、食中毒予防にも使えます。これは、しそが持つ香り成分「ペリルアルデ...

y001-1136

ドレッシングの簡単な...

野菜は過熱することでたくさんの量を食べることができますが...

y001-1110

金魚の飼い方の簡単手...

金魚というのはペットとして非常に優れた生き物と言えます。...

鱧しゃぶの簡単な手作...

鱧には二度の旬があり1度目が産卵を控え6月から7月になっ...

y001-0489

鯛めしレシピの簡単な...

ご自宅の炊飯器で普段よりワンランク上の美味しいお米料理を...