ヒラメの昆布締めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヒラメの昆布締めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヒラメは、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種で、太平洋の西部に分布しています。刺身や寿司ネタに用いられる高級食材であり、ヒラメやカレイ類の中では最も高値で取引されます。白身魚の中でも淡泊で繊細な味わいは際立っており、日本料理やフランス料理で重宝されています。このヒラメの旨味をさらに引き出すのが、昆布締めという料理です。昆布締めは富山県の郷土料理の一つであり、刺身を昆布で挟んで冷蔵庫で一晩程度置くという内容です。ヒラメ以外には、ブリやタイ、イカ、甘エビなどでも応用出来ます。富山県は江戸時代から北海道から送られた昆布を大量に消費するという歴史を積み重ねており、その利用法の代表例が昆布締めです。ヒラメの昆布締めは、前述したように作り方は非常に簡単であり、高度なテクニックも専門的な知識も必要がありません。このために、調理の経験がそれほどない様な人でも美味しいヒラメの昆布締めを作ることは十分可能です。お寿司屋さんで提供されている味を自宅でも楽しめるようになるので、食生活を充実した内容にするという効果を期待できます。また、傷みが早い刺身が数日程度待つようになるので、保存の方法としても優れた内容です。

ヒラメの昆布締めを作ることの楽しさ

昆布は、ビタミンやミネラル、食物繊維といった豊富な栄養素を含んでいる健康食品です。ヒラメの昆布締めを食べることにより、これらの栄養素を効率的に補給できます。これに、ヒラメと酢の栄養素が加えられることになるので、栄養バランスが整うことになります。 特に、効果的なのが昆布のネバネバ部分を構成している特別な食物繊維です。この成分は、外敵から身を守るために分泌されているもので、免疫力を向上させる効果を発揮します。また、動脈硬化や糖尿病などの年齢を重ねるにつれて発症する確率が高くなる疾患を予防する効果もあるので、アンチエイジングの理念にも合致しています。 このように、ヒラメの昆布締めは単に美味しいというだけではなく、健康状態をキープするために多様なメリットを得られる内容を備えています。特に、食欲が落ちて体力に不安を感じている様な場合は、健康状態を改善するための有効な料理として適当です。免疫力が向上することによりストレスにも強くなるので、身体だけではなく心の状態も良化します。古くより工夫されてきた調理法であり、先人の持つ知恵や知識が受け継がれています。食生活を魅力的にするだけではなく健康面にもメリットが得られるのが、ヒラメの昆布締めを作る上での長所です。

ヒラメの昆布締めを作るのに用意する物

お刺身というのは簡単に用意ができて、しかも豪華なものでありますが、基本的には素材の味そのものを味わうので、毎回だとマンネリ化してしまうこともあります。そんな時には目先を変えて、昆布締めというのがいいかと思います。特にヒラメの昆布締めは比較的作りやすくなっていて、それでいて魚本来の味と昆布のうまみが合わさって、美味しさが増すのです。また食卓に並べると見た目も鮮やかになりますし、ツマなどを利用することによってゴージャス感も出てくるのでおすすめとなっています。 それではヒラメの昆布締めを作るにあたって用意するものですが、ヒラメ、昆布、塩、酒になります。調理器具は包丁とまな板、バット、クッキングペーパー、ラップなどになります。ヒラメは自分で下すのが難しい場合は魚屋で下してもらうのがよく、すべてを自分でやろうと無理をすることはないです。見た目の美しさもおいしさに繋がってきますので、プロに下ろしてもらうのが一番なのです。また素材の味がそのまま伝わってきますので、できるだけ鮮度の良いものを選ぶようにするのがよく、自分で目利きする自信がない場合はスタッフに選んでもらうなどして、少しずつ学ぶようにするのがいいのです。



ヒラメの昆布締めの作り方の手順

それではヒラメの昆布締めの手作り方法ですが、4人分でひらめの刺身を2さく、昆布3~4枚を使います。 下準備としてバットにひらめを置いて軽く塩を振ってしばらく置きます。 昆布は巾の広いものを選んで、酒で湿らせたキッチンペーパーで軽くたたくようにして湿らせておきます。酒は料理用でも、飲食用でもどちらでも問題ないです。 ひらめを昆布2枚の間にはさんでいって、全体をラップで包みます。さらに2ヶ所くらいかるく紐で縛っていき、冷蔵庫に入れて寝かせます。 締め方はお好みで構わなく、数時間、1晩、2~3日など、それぞれおいしくなっています。昆布の味をしっかりとつけたい場合は寝かせる時間を長くすればいいのですが、3日を過ぎると痛みも心配になってくるので、それ以上は注意が必要となってきます。 味を良くするポイントとしては新鮮なヒラメを使うこと、昆布も状態の良いものを選ぶといいです。他にも塩も味に影響しますので、食卓塩ではなく、荒塩など天然のものを使うことをおすすめします。また昆布締めはヒラメだけではなく、他の白身魚でもできますので、合わせて作ってみるのもよいです。 そして注意点としては生ものですので、衛生面に気を付けることが大切です。

ヒラメの昆布締めの作り方のまとめ

ヒラメの昆布締めの手作り方法は、ヒラメに塩を振り20分ほど放置することからスタートします。そして、次にパットにお酢を入れて、塩を振ったことで水分が外に出た状態のヒラメを洗うように漬けて15分ほどおきます。これをヒラメを巻ける程度の固さに戻した昆布の上にのせて、端の部分から丁寧に巻いていきます。 巻いたものをサランラップで包み、冷蔵庫で6時間程度寝かします。食べる時には、柚子胡椒を添えるとさらに爽やかさが引き立ちます。なお、お酢につける時間はもう少し長くても構いません。多少の変化をつけることにより、出来上がりの味や歯ごたえは変わってきます。 この作り方でのレシピは、ヒラメ1さく、昆布適量、酢50cc、塩適量です。ほぼ2人分に相当する量であり、もっちりとした歯ごたえを楽しむことが出来ます。通常のヒラメの刺身よりも日持ちがする様になるので、その日の内に消費しなくても大丈夫です。ご飯のおかずとしてだけではなく、日本酒に合うおつまみとしても適当です。なお、昆布の味が好きな場合は、冷蔵庫に一晩置いておくのがおすすめで、味が染みるとともに有効成分も浸透することになります。つまり、健康へのメリットが大きくなるということです。



種明かしマジックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マジックと言うと、人間の胴体を切断して元に戻したり、瞬間的に離れた場所に移動をしたり、鳩を出すなど、大掛かりなパフォーマ...

y001-1093

にんたまジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんたまジャムは簡単に手作りする方法があります。作る理由や目的は、保存することができるので、すぐに料理の材料として使うこ...

折り紙箱折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代はお金さえ出せば、なんでも手に入る時代です。そういう時代にもかかわらず、手作りを楽しむ人は多くなっています。手作り作...

y001-0553

水筒ベルトカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年、夏に猛暑を記録する地域が非常に多くなってきており、それに伴い熱中症などの被害を受ける人も増加しています。特に高齢者...

y001-1450

うめぼしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うめぼしは、バラ科サクラ属の落葉高木うめの果実を塩漬けした後に日干しにした漬物の一種で、日本では少なくとも平安時代には食...

y001-0886

ヤマモモジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともとは野生の植物として知られているヤマモモは、街路樹として植えられている地域や庭木として栽培する家庭も増えて、都市部...

y001-1202

たけのこご飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

竹の芽の事をたけのこと言いますが、たけのこには色々な種類が有り、その種類の数は約70種と言います。食用としてのたけのこと...

y001-1351

から揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

から揚げは人気おかずです。おかずの定番、お弁当の定番としても不動の地位にあります。から揚げは見た目は簡単そうに見えますが...

イラストレーター波の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

基本的に、イラストレーターは図形がとても書きやすいソフトで、処理にも様々なバリエーションが含まれており、自分で描きたい図...

y001-0066

木の物置の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

荷物というものは時間が経つと部屋の中に増えていきます。これは生活をしていく中で仕方がないことであり、そのような方の中でそ...

折り紙バラ折り方の簡...

手紙を送るときに第三者にわからないようにてがみを入れてお...

y001-0546

正しいおはぎの簡単な...

お彼岸におはぎを供えて、祖先の供養をする風習は、かなり以...

フレンチトーストの簡...

フレンチトーストは、朝食に作ることもできますし、おやつを...

y001-1236

すし酢の簡単な手作り...

お寿司を作ろうと思った時に、必ず必要な物はすし酢になりま...