メンマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

メンマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメンの具材には欠かせないメンマは、たけのこが食材になっている料理で、独特の食感が人気です。たけのこが在れば、炒めてあげれば簡単に作れる、手作り方法を覚えれば作ることが出来る料理なのです。家でラーメンを作った時など、市販のものでは無く自家製のメンマを添えてあげれば美味しいラーメンを食べる事も出来るわけです。尚、たけのこには真竹、淡竹、孟宗竹などの種類が有り、一般的に出回っているものであり、入手が出来ることが出来るのもこの3つです。但し、たけのこの種類と言うのは非常に多く在ると言われているのです。自宅の庭などに生えている竹が在る場合も、必ず春になるとたけのこが出て来るわけですので、大きさに関係なくメンマを作るチャンスが在ると言う事でもあるわけです。尚、たけのこは掘ったばかりであれば灰汁も無くそのまま調理が出来ますが、時間が経過するとともにえぐみが強くなるので調理をする前には必ず灰汁抜きが必要です。灰汁抜きは主に3つの方法で行うことが出来ますが、米ぬかを使う方法や米のとぎ汁を使う方法が上手に灰汁抜きをする方法として有効です。また、重曹を使っても灰汁抜きする事が出来ますが、お勧めは米ぬかや米のとぎ汁です。

メンマを作ることの楽しさ

淡竹と言うたけのこは地下茎が深いため、地面を掘って採るたけのこです。 地面から出てしまうと、えぐみが強くなり始めるので、掘りたてでも灰汁抜きが必要ですし、あまり長く伸びてしまうと食べる事は出来なくなります。 これに対して孟宗だけの場合は、頭が少し伸びた段階で掘ることが出来ますので、見つけやすいと言うメリットが有ります。 淡竹は僅かに土が盛り上がった段階で掘ると言う特徴が在るのに対し、孟宗だけは伸びている物を見つけて掘るというたけのこ堀の醍醐味を味わえると言う事です。 春にはると山里などではたけのこ堀を行っている農家が多く在りますが、たけのこは灰汁抜きをしておけばいつでも食べることが出来ます。 自分でたけのこ堀に行った時や、友達などがたけのこを堀に行っておみやげで貰った時など、直ぐに灰汁抜きをすれば美味しいたけのこ料理を作ることが出来ますし、メンマは日持ちする料理方法となるので、冷蔵庫の中で保存しておけば数日間は食べ続けること出来ます。 煮物やたけのこご飯などのレシピだけではなく、メンマをレシピとして考えてあげれば、色々な料理にメンマを使う事も出来ますし、さつま揚げとメンマを和えたレシピなども簡単に作れるのでお勧めです。

メンマを作るのに用意する物

メンマは、ほとんどの人が市販品しか食べたことがないと思います。ラーメンに入っているのはよく見かけますが、それ以外ではあまりお目にかかりません。 何で作られているのかというと、中国原産の麻竹(まちく)というイネ科の大型の竹です。麻竹の竹の子の部分を使って作ります。もともとは麻竹の竹の子の部分を茹でて、発酵させただけのシンプルなものがメンマです。 家庭では発酵させるのは難しいですし、発酵させなくても簡単に作ることが出来ます。 用意するのは、竹の子300g、中華だしの素5g、チューブにんにく7g、ごま油大さじ3、塩5g、です。お好みでラー油や鷹の爪を入れると本格的な味になります。 竹の子で簡単にできるので、旬の竹の子が余っている時や、1週間くらい保存できる竹の子レシピが作りたいときに作ると良いです。 竹の子を食べるときには柔らかい部分を食べるのが普通なので、固い部分は余りがちです。メンマはその固い部分を使うレシピなので、竹の子の全ての部分無駄なく美味しく食べられます。 もっと本格的にしたいという人は、紹興酒やみりん、オイスターソースなどを入れるとさらに本格中華の味に近づきます。 竹になり始めの部分を使うと見た目がいかにもメンマになります。



メンマの作り方の手順

メンマの手作り方法です。 まず竹の子の固い部分を1cm×3cmのサイズに薄切りにします。市販品のメンマのサイズをイメージしながら切るとわかりやすいです。 フライパンを加熱して、ごま油、にんにくの順番に入れて香りが立つまで火を通します。 先ほど用意した竹の子を加えて、さらに炒めます。 竹の子が柔らかくなってきたら、塩、中華だし、ラー油の順番に入れてさらに炒めます。 最後に輪切りにカットした鷹の爪を加えて和えれば完成です。 竹の子は火が通るのに時間がかかるので、フライパンで炒める前に電子レンジで加熱しておくと時間短縮が出来ます。 真空パックやタッパーならば1週間、冷凍で1ヶ月ほど保存可能です。ただし、冷凍するとスカスカになってしまう可能性が高いので、なるべく避けたほうが良いです。冷凍したメンマを使う場合には、細かく切ってチャーハンなどに入れると良いです。 ちなみに、竹の子は生のものではなくても水煮になって売っているものを使うと、もっと簡単に作れます。水煮を使う場合には竹の子がすでに柔らかくなっているので、ごま油とにんにくを炒めた後に水をきって入れればすぐに炒めることが出来ます。 ラーメンやおひたしなどに使えます。

メンマの作り方のまとめ

たけのこの皮を3枚ほど剥いてから、根の部分は切り落とし、穂先を斜めにカットしておきます。 穂先の中心から包丁を入れて切込みを作り、多めのお湯に米ぬかを入れてたけのこを200分ほど茹でて行きます。 尚、20分ほど茹でた場合は歯ごたえが在る程度になり、40分ほど茹でると水煮のような柔らかさになりますので、好みの軟らかさになる程度茹でるのがコツです。 メンマは柔らかいながらも食感が在りますので、茹ですぎてしまうとフニャフニャのメンマになってしまいます。 灰汁抜きが終えたらそのまま置いて冷めるのを待って、たけのこの皮を剥いて中身を取り出し、水洗いをしてから食べやすいサイズに切っておきます。 調味料はレシピにより様々ですが、中華料理の出汁を利用すると便利です。 ウェイパーを使う場合はたけのこ500グラムに対して大さじ1と3分の1、砂糖も大さじ1と3分の1、塩は控えめにして小さじ3分の1、オイスターソースを小さじ2、ラー油はお好みで入れます。 また、風味を出すためのごま油は大さじ2、そして水2カップを用意します。 フライパンにごま油を入れてたけのこを炒め、ある程度炒めたら砂糖を入れて混ぜ合わせながら炒めて行きます。 水、ウェイパー、塩を加えて10分ほど煮込んで、汁けが少なくなった段階で醤油、オイスターソースを加えて中火で煮込み、汁けが完全になくなれば完成で、最後にラー油を入れてあげます。



y001-1147

どぶろくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

どぶろくは漢字で濁酒と書く、日本酒の醸造の中途段階のもろみを搾っただけの、白く濁った酒のことです。清酒は澱(おり)という...

y001-0642

車の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

模型製作などを趣味として行っている方が存在しており、主にプラスチック製の模型がメインとして販売されているものを利用するこ...

y001-1263

シソジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古くから日本の食卓を味と香りで彩ってきた「しそ」。葉だけでなく、芽、花穂、実の全てが料理に使える万能食材です。平安時代に...

y001-0743

金魚飼い方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

縁日の夜店で金魚すくいに励む子供のほほえましい姿がよく見られますが、実際には大人も夢中になれる遊びです。名人と呼ばれる人...

y001-1450

うめぼしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うめぼしは、バラ科サクラ属の落葉高木うめの果実を塩漬けした後に日干しにした漬物の一種で、日本では少なくとも平安時代には食...

y001-0377

美味しいすき焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すき焼きには様々な野菜とお肉が入っており、とても栄養価の高い食べ物です。中に入れる具材は白菜、青ネギ、長ネギ、エリンギ、...

カレー粉で作るカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

カレーは、インド料理の特徴的な調理法を用いた料理に対して欧米人が名付けた呼称です。日本には、明治時代にイギリス料理として...

y001-1049

ハチマキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハチマキは運動会やイベントなどで作ることがあります。売られているものをそのまま購入するというケースもありますが、手作り方...

y001-1144

トマトジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏に旬を迎える野菜の特徴としては夏の日差しにある紫外線を浴びることによって内部で発生する活性酸素を除去する成分を作り出す...

y001-0261

冷や汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑い日は食欲も減退しがちですし、火の前に立つのも億劫になってしまいます。ついつい素?や冷麦といった簡単で冷たい食事が...

子供エプロンフリルの...

ねんねの赤ちゃんだったお子さんが成長し、歩くようになり、...

y001-0667

紙粘土マグネットの簡...

手作りの小物を作るのは楽しいものですが、紙粘土マグネット...

y001-0443

当番表の簡単な手作り...

学校生活や社会生活であっても担当することを必要としている...

y001-0140

フリルの簡単な手作り...

フリルが付いている物はなんだかとても可愛く見えるものです...