鮎の塩焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎の塩焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎はアユ科アユ属の川の魚、別名「香魚」や「年魚」とも呼ばれており、川と海を回遊すると言った特徴を持ちます。また、川と海を回遊する性質が在る事からも、鮎はサケ目に分類されていています。但し、鮎はサケ目もしくはキュウリ魚目の何れかに分類される魚なのです。鮎の別名として「香魚」が在りますが、鮎と言う川魚は独特の芳香が在るのが特徴で、これにより「香魚」と言った呼び名が付けられているわけです。更に、水が綺麗な川に生息する鮎と言うのは、スイカの香りがするのですが、水質があまり良くない川に生息する鮎と言うのはキュウリのような香りがすると言います。水質があまり良くないと言っても、極端に水質が悪い場所には生息していない魚でもあり、綺麗な水の場所でのみ生息する日本を代表する川魚なのです。鮎の塩焼きは、こうした綺麗な川で育った川魚の代表的な料理で、手作り方法を覚えることで簡単に鮎の塩焼きを作ることが出来るのです。尚、鮎というのは資源保護の目的で、11月より5月までは禁漁時期となります。そのため、お店などで旬を迎えた鮎を見ることが出来るのは、禁漁が終わった6月より10月までの僅か5か月間のみと言う事になるのです。

鮎の塩焼きを作ることの楽しさ

鮎を獲る事が出来るのは、毎年6月から10月までとなるわけですが、鮎の旬と言うのは、6月から8月にかけてであり、9月から10月と言うのは落ち鮎と言います。 また、旬を迎えた中でも7月の鮎と言うのは若い鮎の骨が柔らかくて美味しい事からも、骨酒を楽しむ人が多く、一年の中でも1か月の中だけの楽しみと言う人も居ます。 また、鮎の産卵前となる9月から10月の落ち鮎は子持ちであることからも、これに魅力を感じる人も多くいます。 尚、鮎の塩焼きは鮎漁が行われる6月より10月までの期間の楽しみと言う事になるわけです。 期間限定でしか鮎を食べることが出来ない事、そして鮎の塩焼きは頭から尻尾まですべてを食べることが出来ると言ったメリットを持ちます。 また、自宅の台所でも鮎の塩焼きを作ることが出来るため、手作り方法を覚えておけば時期が訪れた時にはいつでも作って食べることが出来ると言う醍醐味を味わえるのです。 更に、キャンプなどでの焚火でも遠火での鮎の塩焼きを楽しめると言うメリットが有ります。 遠火で焼くことで鮎を乾かすように、且つ、いぶすように焼くことが出来るため、鮎本来の味や風味、そして食感などを楽しむことが出来ると言われているのです。

鮎の塩焼きを作るのに用意する物

鮎の塩焼きの材料(4人分)として、鮎4尾、塩適量、棒ショウガ4本から8本、串4本を用意します。棒ショウガはなくてもOKです。串もなくても可能ですが、形良く焼きたい時には用意した方がよいでしょう。 鮎は香魚、年魚とも呼ばれ、日本では代表的な川魚です。香魚という名が表すように、独特の芳香をそなえています。これは鮎が川藻を食べるためです。水質が良い河川の鮎はスイカの香りがするとも言われ、また、水質が落ちてくるとキュウリの香りに変わるとも言われています。その香りを引き立てるため、プロの料理人は焼き塩にこだわります。 鮎は友釣りの対象魚として知られ、天然物だけではなく、毎年各地の河川に稚魚が放流されています。それぞれの河川で遊漁解禁日が定められており、その期間だけしか釣ることはできないルールになっています。毎年解禁日は初夏で、河川ごとに日は決められていますが、年々早まっています。早い所では5月1日頃です。旬は禁漁明けの6月から8月頃までで、特に7月の若鮎は骨が柔らかく美味とされています。おいしい鮎の塩焼きをつくるには、下準備がポイントで、特に塩は大切です。おすすめなのは「あら塩」です。 鮎の塩焼きを美味しく仕上げるには、下準備が何より大切です。これをきちんとしているかどうかで、出来栄えがほぼ決まると言っても過言ではありません。但し下準備は簡単で、手順さえ覚れば誰でもできます。

鮎の塩焼きの作り方の手順

手作り方法の手順は、鮎のぬめりとうろこを取ることから始まります。ぬめりは取ってもすぐに出てくるため、調理の寸前に行うようにします。うろこは、包丁の先で尾から頭に向かって軽くこそぎ落としていきます。 次に肛門のあたりを軽く押さえて、フンを外に出します。出ない時もありますが、その場合は特に気にする必要はありません。ワタ(内臓)はお好みで取っても残してもかまいません。鮎は藻を食べているため、ワタは他の魚に比べればさほど泥臭くなく、美味しくいただけます。 次に水洗いをし、キッチンペーパーなどで水気を抜いた後、串を打ち、化粧塩をします。これは焼くときに焦げないようにするためです。背びれ、腹びれ、尾に塩を付けていきます。ひれを起こしながら付けるのがポイントで、出来栄えに影響します。塩の量はお好みで加減して下さい。 オーブンで焼く場合は、220度ぐらいに設定し、10分から15分程度の予熱をしておきます。グリルの場合は、受け皿に水を張り、網に薄くサラダ油を塗っておきます。 表面(盛り付け時に表になる側)、ひっくり返して裏、再びひっくり返して表の順に火を通していきます。最後の表焼きは皮をパリッとさせるためのもので、1分程度にします。なお、竹串が焼けるようであれば、アルミホイルを巻きます。冷めると串に身がくっつくため、冷める前に串を回して身を離します。 焼き上がったら皿に盛り付け、棒ショウガを添えます。好みの調味料を添えるのもおすすめです。特に、蓼酢は定番となっています。鮎の解禁を迎える頃、河原では蓼も育っていますから、それを摘み取って、1からつくることもできますが、市販の蓼酢も売られているので、それを使うのもよいでしょう。

鮎の塩焼きの作り方のまとめ

"鮎の塩焼きは鮎を串に刺す業と鮎に塩を振りかける作業、そして鮎を焼く作業の3つが必要です。 また、鮎の塩焼きで大切なのは、串刺しと塩振りだと言われており、塩は振りかければ良いというものではないのです。 串に刺す時は、口もしくはえらぶたに差し込み、尾っぽを曲げた状態で中骨を縫う感じで串を通して行き、尾っぽの下部分で貫くと言った感じで挿入をして行きます。 尚、インターネットの中には写真付きで串の刺し方が掲載してあるサイトが多く在るので、初めての時は参考にするのがお勧めです。 また、数匹まとめて焼く時は、この方法で全ての鮎を串に刺してから横打ちと呼ばれる方法でそれぞれの鮎の横から串を刺して1つにまとめる事も出来ます。 塩振りは多すぎても少なくてもいけません。 均等に塩が振りかかるように、尺塩と呼ばれる方法で塩を振りかけていきます。 尺塩と言うのは乾いた塩を使って、一寸の高さから振りかけると言う意味であり、こうする事で鮎の身体の全体に塩振ることが出来るわけです。 そして、焼きの作業ですが、これは強火の遠火を基本にして行う必要が有りますが、鮎の塩焼きは鮎を乾かすように、且つ、煙でいぶすような形で焼き上げて行くのがコツです。

作業台の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYなどを趣味や特技としている方の場合では、自宅で何かを製作する場面が多いことになります。天気の良い日などでは屋外で作...

y001-0278

嵐グッズ手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

嵐のファンはたくさんいますが、なかでも盛り上がっているのが嵐グッズ手作りです。手作りでファングッズを作ることでよりファン...

y001-0480

大人リュックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ファッションアイテムの中にはアウターやボトムスなど洋服類の他にも、バッグや各種アクセサリー類も注目されています。バッグ類...

y001-1163

ティラミスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ティラミスは北イタリア地方で生まれたデザートで、チーズケーキの1種です。日本では1990年代に大手ファミリーレストランで...

y001-0870

ランチョンマットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の中である意味でもっとも活躍している場所は食卓で、だいたいは朝食と夕食は自宅で手料理を、場合によってはテイクアウトし...

y001-0226

道中着の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古い着物や要らなくなった晴れ着などをリサイクルものとして再生利用するためにも、これらを道中着に仕立てたりする事はとても有...

y001-1164

ツリーハウスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ツリーハウスというのは、要するに樹の上に建てる簡易的な家のことです。ただし、人が住むこと、物を置くことを前提に作るわけで...

y001-1255

シャーベットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

暑い夏、冷たいシャーベットというのは子供だけじゃなく、大人にも嬉しいデザートとなっています。購入するのは簡単ですが、時に...

y001-0629

手作りちょうちんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏祭りや飲食店などでよくみかける提灯は、昔から日本で使われ続けているなじみ深い照明器具です。おもに野外で使われることが多...

y001-0338

編み込みやり方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヘアアレンジの中でも、様々なバリエーションが楽しめるアレンジ方法が三つ編みで、その三つ編みを更に引き立てるアレンジが「編...

y001-0266

料理レシピの簡単な手...

現代の日本社会は飽食であるといわれています。街に繰り出せ...

帆布バッグ 作り方の...

カジュアルなシーンやマザーズバッグ等として帆布バッグが流...

エプロンの簡単な手作...

エプロンは非常に様々な用途で使用されており、形や素材など...

y001-0115

しそジュースの簡単な...

夏と言えばしそジュースを想像する人もいるのではないでしょ...