夏の料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は暑さのため食欲が減退しやすく、食べないことによって体力が落ち、さらに夏バテを招くといった悪循環に陥りがちです。暑い日に火の前に立つのは億劫になりがちですし、なるべく簡単な調理で栄養価のある食べ物を摂りたいと思うものです。夏の料理レシピには色々ありますが、中でも栄養価が高く、食べても美味しい夏の料理レシピの代表に、「ひつまぶし」があります。ひつまぶしとは、ウナギの蒲焼きを短冊に切り、お櫃に入れたご飯の上にまぶした名古屋の名物料理です。ウナギは万葉集にその記載があるように、その高い栄養価から、古来より薬として用いられてきました。ウナギは特にビタミンAを多く含み、その含有量は蒲焼き1人分で1日に必要なビタミンAの摂取量の3倍をまかなうほどです。その他にも、タンパク質や脂質、ビタミンB群、ビタミンD、E,カルシウムや鉄といった栄養素を豊富に含んでいます。特にビタミンは体内で合成することがほとんどできない栄養素なので、主に食べ物から摂らなければなりませんが、ウナギを食べることによって効率よく摂取することができます。ひつまぶしは最初はそのままで、次に薬味を入れて、最後はお茶漬けにして、とひとつの料理で三通りの食べ方ができるので蒲焼き丼よりもしつこさが少なく、暑い日でもさっぱりと食べることができます。

夏の料理レシピを作ることの楽しさ

ひつまぶしのメリットは、少量のウナギでも細かく刻んでご飯の混ぜ込むことで、大人数に提供することができることです。市販のウナギの蒲焼き一尾で、3人分~4人分のひつまぶしを作ることができるので経済的です。また、市販のウナギの蒲焼きを使うので調理が簡単です。ひつまぶし自体がメインの料理となるので、他に色々おかずを作る必要もありません。 ひつまぶしは3段階の食べ方があり、1杯目はウナギをまぶしたそのままで、2杯目は刻みネギや海苔などの薬味を加えて、3杯目はお茶や出汁をかけてお茶漬けにして食べます。お茶の代わりにコンソメスープにして薬味をパセリに替えて洋風にしたり、かけるお茶をウーロン茶にしてみたりと、手作り方法で色々アレンジできるのも魅力です。栄養価も高く、少量でも大人数に提供が可能、薬味もかける出汁もアレンジ次第で色々な味が楽しめるので、パーティー料理にも向いています。ほとんど火を使わない料理なので、暑い夏でもガスの前に立つのが短時間で済みます。 何といってもウナギはスタミナ食の代表と言える食べ物なので、ひつまぶしは夏バテを防ぐ代表的な夏の料理レシピなのです。大人から子供まで、自分の好みに合った食べ方で味の変化を楽しみながら食べることができるのも大きな魅力です。

夏の料理レシピを作るのに用意する物

暑い夏は冷たい料理やおやつを食べたくなり、熱い料理は食べただけで汗もかき避けたくなる傾向があります。 冷たい料理を作るのはいいですが、冷たい料理のレシピを分からない人も多いです。 しかし作った料理を冷ましただけでも冷たい料理と言えますが、麺類だと伸びてしまいただ冷ますだけではおいしくないものもあります。 麺類は冷たい料理はうどん、そば、ラーメンを一般的に思い浮かぶでしょうがパスタの夏の料理レシピはあまりなじみがないものです。 しかしパスタの夏の料理レシピは簡単な手作り方法があります。 用意するものはロングまたはショートパスタ、そしてソースを作る材料です。 冷製パスタと聞くと使われるパスタはカッペリーニなどの細いパスタが多いと思われがちですが、太いパスタでもマカロニやペンネなどのショートパスタでも十分おいしいものができます。 使うパスタの種類は自分の好みとソースに合わせて選びましょう。 ソースの材料ですが温製パスタでも使用するもので十分です。 ペペロンチーノなどのオイル系のソースでもトマトソース系でもクリームソース系でも自分の好きなものを選びます。 具材も夏野菜などみずみずしいものが手に入りやすいので、夏野菜をメインに使うと安くもなります。

夏の料理レシピの作り方の手順

パスタのゆで方ですが、パスタ100gに対して水1000mlと言われますがこれは最低でも1000mlは必要と言うことなので大目に用意します。 そして塩を入れても入れなくてもいいのですが、入れるとパスタに塩味がつき味の調整がしやすくなります。 塩は水の量に対し1パーセントと言われたり、2パーセントと言われたりしますが濃すぎると調整ができなくなるので慣れていない人は1パーセントでゆでる方が失敗は少ないです。 温製パスタを作る時はソースと混ぜる時に熱が加わるため記載されているゆで時間より1分ほど短くゆでますが、冷製の場合は記載されている時間ゆでてすぐに冷水にさらし、冷めたら水けを切ります。 ソースの作り方ですが、温製のソースをそのまま冷ましてもおいしく食べれます。 トマトソースは事前に作って冷蔵庫で冷ましておき、生で食べれる野菜と混ぜて作ると楽になります。 しかし夏などは暑くて夏バテ気味で食欲がわかないという時は、酢とオリーブオイルでドレッシング風のソースを作ることでさっぱりとして夏バテ気味でも食べやすくなります。 このようなパスタの夏の料理レシピですが、普段作っているパスタソースに少し手を加えることで簡単に作ることができます。

夏の料理レシピの作り方のまとめ

ひつまぶしを作るにあたって準備するものは、市販のウナギの蒲焼き(1尾で3~4人分になります)、ご飯、細ネギ、刻み海苔、わさび、卵、和風出汁です。和風出汁以外にも緑茶、昆布茶、ウーロン茶、コンソメスープなど、色々なアレンジが可能です。 ①人数分のご飯を炊いておきます。 ②薬味を作ります。塩、少々を加えて溶いた卵を熱したフライパンで薄焼きにし、千切りにして錦糸卵を作って皿に入れます。細ネギは小口切りにし、市販の刻み海苔もそれぞれ皿に入れておきます。 ③ひつまぶしにかける出汁を作ります。カツオ出汁1カップに、みりん小さじ2分の1、醤油小さじ2分の1弱、塩ひとつまみを加えて温めておきます。これは1人前の出汁の分量なので、作る人数に合わせて加減してください。 ④市販のウナギの蒲焼きをトレイから出し、フライパンで表面を軽くあぶってから料理酒を回しかけ、中火で蒸し焼きにします。時間が無い場合は電子レンジで温めだけでもよいですが、蒸し焼きにすることでウナギの身がふっくら仕上がります。フライパンから取り出したウナギは1㎝幅の短冊に刻んでおきます。 ⑤炊きあがったご飯に市販のウナギについているウナギのタレを混ぜ、茶碗に移し、上に④をのせ完成です。 まず1杯目はそのまま食し、2杯目は好みの薬味とわさびを加えてから混ぜ合わせて食べ、3杯目はその上に出汁か緑茶をかけてお茶漬けのようにしていただきます。

y001-0821

飲むヨーグルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

飲むヨーグルトは年齢に関係なく飲むことができて、さらにアレンジすることができるので、おやつや朝食などにも食卓に出すことが...

y001-1001

ヒラメの昆布締めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヒラメは、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種で、太平洋の西部に分布しています。刺身や寿司ネタに用いられる高級食材...

y001-1239

スープカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一般的なカレーはご飯の上にカレーをかけて食べますが、スープカレーはサラサラとしたスープ状のカレーにご飯を少しずつ付けて食...

y001-0326

防災マップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

東日本大震災が起こってから日本列島における火山活動なども活発化しています。また、日本は大地震が起きる可能性のある地域が多...

y001-0494

多肉植物寄せ植えの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現在は癒しの効果があるなどといって部屋で観葉植物を育てている人が多いようです。そんな中で、植物を育てたことがないという人...

折り紙花火の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

花火には、打ち上げ花火は言うまでもなく、棒のような形をした製品、線香花火、ねずみ花火などいろいろタイプが実在しています。...

y001-1461

イチゴの苗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イチゴの苗を作る理由は、やはりなんと言ってもイチゴの収穫ですよね。これにつきると思います。イチゴの収穫期は、主に4月から...

y001-1223

スペアリブレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スペアリブはいつもの食事メニューに作ることもありますし、ご馳走メニューを目的に作ることもあります。スペア恥部は骨付きのお...

ハッカ油虫除けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハッカ油を使って簡単に作れる虫除けは、エコなうえに節約になります。天然のものですから体に優しいですし、安全です。手作り方...

y001-1217

スライドショーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

写真を撮ったら現像をしなければどんな写真が撮れているのかがわからなかった時代と異なり、今や写真は撮ってすぐに見ることので...

y001-0107

ベッドカバーの簡単な...

寝室のイメージチェンジをしたいけれど、家具の入れ替えは大...

木箱の簡単な手作り方...

木箱を作る人は大勢います。では、どうして作るのでしょうか...

y001-1513

DIY椅子の簡単な手...

DIYは近年、大型ホームセンターの人気や雑誌に特集が組ま...

y001-1076

ネイルシールの簡単な...

ネイルアートが苦手な方が手軽にネイルを楽しむときに使うも...