鶏ささみレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鶏ささみレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鶏肉の栄養には上質なたんぱく質とコラーゲンそして肝機能を向上させるメオニチンなど美肌効果や体質改善に効果があることに加えて、豚やと牛に比べて鶏肉に含まれているカロリーが少ないためダイエット食としても注目されている食材です。鶏肉の中で最も食べられる部位はもも肉や胸肉が一般ですが、しかし鶏肉の中で最もうまみがある部位というのはももや胸ではなくささみ肉なのです。鶏ささみの部分は人間でいえば心臓や肺を衝撃から守る大胸筋に位置するもので、胸の骨の両側のむね肉に状態で左右一本ずつあります。大胸筋は心臓が鼓動をしても圧迫しないように柔軟性があると同時に守る役割があることから筋肉の繊維が密集しているため、鶏ささみは鶏肉の中でも特に動いていることで鶏肉の健康効果の成分も必然と多くなりうまみも多いのです。そして鶏ささみは胸やもも部分に比べて味が淡いを意味する淡白の部分であり、淡白というのはどの味付けにもあることによって夏場であれば濃い味付けにして食べたり冬であればあっさりとした味付けにしてもおいしく食べれて和洋中と調理法に限らずどんなレシピにも合わせられます。そして鶏肉の中でも多く取ることができることもあり、どの部位よりも安く手に入ることも家庭の味方であることが強みと言えます。

鶏ささみレシピを作ることの楽しさ

鶏ささみのメリットはどの鶏肉の部位の中でも、特に栄養価が高いことです。しかし鶏ささみは鶏肉の中でもおいしい部類に入るはずなのですが、実際に食べる機会というのが少ないのも事実です。それは鶏ささみにはある弱点があり、それが筋肉を動かすために存在する筋が取りにくいことがありますがそれ以上に調理をすると水分が無い状態を意味するパサパサとした食感が原因にあります。水分が無い状態であるパサパサした食感になるのは、鶏ささみは心臓の動きを邪魔せずに衝撃から守るためにあるため筋肉の繊維が密集しているのですが、それが酸素を多く含む代わりに酸素と水分を外に出す機能も強いことから元々水分が少ないことに加えて調理をすると水分が外に出やすいためにパサパサとした食感になってしまうのです。そのため購入するにも安くどんな調理法にもあうことで家庭の味方である鶏ささみが食べる機会が少ない理由なのですが、先に言ったとおりに栄養価が高いためそのデメリットを解消する方法を行うと美味しく食べることができるのです。そのために必要な物が筋であればスプーンを用意し、そしてパサパサとした食感を解消する方法としては水分を失わないようにすることが重要になります。

鶏ささみレシピを作るのに用意する物

お肉を食べたいけれども、ダイエットをしたい時などには鶏ささみはヘルシーなので人気があります。低カロリーで高たんぱくですし、値段も安価なので普段から食卓で活用させていきたい食材です。いろんなレシピがあるので、手作り方法も多彩です。揚げても焼いても煮込んでも、どんな調理方法でも美味しく仕上げられるので、作る側としても使いやすいですし、食べる側にとっても食べ出があります。 定番と言ってもいいほど鶏ささみを使うのは棒々鶏です。これはささみに胡瓜やトマトを用意してサラダ感覚で食べられます。たれはごまダレなどを手作りするといいでしょう。他にもよくあるレシピとしては、ささみを使ったフライです。塩コショウやマヨネーズ、にんにく等を使って下味をつけて揚げればそのままでも十分に美味しいフライになります。野菜やきのこ類とさっと炒めても簡単に作れる手軽な一品となりますし、ささみでいろんな食材を巻いて焼くのも作りやすくて見た目も華やかなおかずになります。ささみそのものはたんぱくな味わいですから、他の食材やソースなどで味わいを変えていけばいろんな料理に変身させられます。上手に鶏ささみを使って、料理のレパートリーを増やしましょう。

鶏ささみレシピの作り方の手順

定番のレシピとも言える棒々鶏ですが、まずはささみを茹でるところから始めていきます。鍋にささみを入れて沸騰したら火を弱めて3分ほどしたら止めて、そのまま冷まします。冷めたら取り出して、細かく裂いていきましょう。そしてトマトは薄切りにし、胡瓜は細い千切りにしておくといいでしょう。たれは手作りするのであれば、醤油や練りごま、砂糖、酢、生姜を加えて混ぜます。ラー油やごま油もあれば混ぜておくと風味豊かになります。後はお皿にトマトや胡瓜、裂いたささみを綺麗に盛り付けて完成です。たれは食べる時にかけましょう。 フライも作りやすいレシピの一つです。肉に下味をつけてからパン粉をつけて、フライパンなどで揚げ焼きにしていくとさらにヘルシーな出来上がりとなります。下味をつけるときには濃い目に味付けをしておくと、ソースなどがなくても食べられます。 ささみを使って食材を巻いていくのであれば、野菜や明太子など、巻くものを準備してからささみを観音開きにします。チーズなどもよく合いますので、好きなものを巻きましょう。焼く時には巻いたところから焼くとばらばらになりにくいです。いろんなレシピがある鶏ささみですから、毎日でも上手に活用して食べたい食材です。

鶏ささみレシピの作り方のまとめ

鶏ささみを自宅で簡単に出来る手作り方法としては、その食べづらい原因の一つである筋を取ることから始まります。筋は肉に密着しているため包丁で取ろうとするとに包丁の面が邪魔をしてしまい、慣れていない段階で無理にとろうとすると肉の形が崩れてしまう原因になってしまい食感も悪くなります。そこで包丁ではなく大きめのスプーンを使い、筋の部分を少し出るように引っ張って下に当ててつつささみを引っ張るとスプーンが筋を抑えてくれるのできれいにとることができます。そして最大の問題点であるパサパサとした食感をクリアするには、主に2つの方法があります。それはささみがその状態になるのは水分が抜けやすい筋肉繊維になっているためなのですが、それを逆に利用して調理に入る前に鶏ささみに大さじ一杯の水を入れて混ぜた後に水分を吸収させてパサパサとした食感をを防ぐか水から煮出して沸騰直前で火を止めて冷めるまで時間をおくことで水分を中に閉じ込めることで防ぎます。。そしてもう一つの方法としては鶏ささみ肉の中にも十分な水分が入っているので、その水分が外に出ないように小麦粉や片栗粉をまぶしてから調理することでパサパサとした食感を防ぐことができます。この方法で調理した鶏ささみのレシピとしてはハーブや香辛料を混ぜたマリネ液に漬けて作る鶏ハムにすることで保存食にしたり、水分を保持した鶏ささみを筋肉の繊維通りに切って棒々鶏や醤油や香辛料を混ぜてカタクリを振りかけて揚げる唐揚げやパン粉をつけて揚げる鶏カツとったレシピでおいしく食べることができます。

y001-1381

ガーランドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーランドと聞いてもどういうものなのか想像出来ない人も多いことでしょう。アメリカなど欧米では一般的に使われているメジャー...

y001-1248

シュウマイの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「生きる事は、食べる事」という言葉があります。大げさな言葉かもしれませんが実際のところ生きるために食べますし、健康でいる...

折り紙箱折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代はお金さえ出せば、なんでも手に入る時代です。そういう時代にもかかわらず、手作りを楽しむ人は多くなっています。手作り作...

y001-1000

びわジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

びわは初夏の風物詩でもあり、美味ですが、収穫後に追熟することがなく、すぐに変色して悪くなってしまいます。そこでびわを砂糖...

y001-1422

おいしいたこ焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たこ焼きといえば、縁日や夏祭り、花火大会といったイベントや、屋台で販売しているものを食べる人が多いと思います。家庭でたこ...

一発芸の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

多くの人が集まった時、会話に混ざる事に苦労した記憶を持っている人も多いと思います。親しい人達ばかり、古くから親交の有る人...

y001-0366

美味しい味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人の気持ちよい朝のスタートに、美味しい味噌汁は欠かせない食べ物と言えるでしょう。もちろん昼でも夜でも和食には何でも合...

y001-0990

フォトモザイクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フォトモザイクは、多数の写真を使って一枚の大きな画像を作る手法です。このフォトモザイクを作る楽しさは、一枚一枚の写真は全...

y001-1354

カモミールティーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハーブティーには様々な効能があり、美容や健康のためによいので毎日の生活に積極的に摂り入れたいものです。中でもカモミールテ...

y001-1336

キッシュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

キッシュはピザやタルトのような土台に卵と生クリームのソースと好みの具をのせて焼いたもので、フランスとドイツの国境付近のア...

y001-1021

ビーズストラップの簡...

イヤリングやブレスレットなど、ビーズを使って作るアクセサ...

y001-0914

みたらし団子の簡単な...

おいしいみたらし団子、お好きな方も多いと思われます。あま...

y001-0381

飛び出す絵本型紙の簡...

絵本に分類される種類の中には飛び出す絵本と呼ばれるものが...

y001-0452

天然酵母の簡単な手作...

天然酵母とは、市販のドライイーストのことではなく、自然中...