犬の洋服の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

犬の洋服の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近はペットブームの影響もあり、多くの人がペットを飼っています。特に犬を飼っている人が多く、家族の一員として可愛がられています。以前は犬は家の前などで飼われていましたが、最近では家の中で飼うことが多くなっています。家の中で飼うことでさらに家族の一員として親近感が湧いてきます。そういった経緯もあり、犬に洋服を着せる人も多くなっています。犬の洋服もいろいろなものがあります。上着のようなものはもちろんですが、犬の靴下なども販売されています。犬の洋服はいろいろ種類もあり欲しくなってしまいますが、市販されているものは値段が高いものが多いです。人間が着る洋服と比べても同じくらいの値段がします。犬の洋服を欲しいと思ったら、自分で作ってしまうという方法もあります。思っているよりも簡単な手作り方法があるので、時間に余裕がある人や、犬のためにオリジナルの洋服を作ってあげたいと考えている人は是非挑戦してほしいです。自分が作った洋服を自分が飼っている犬が着てくれるのはとても嬉しいことです。犬のために何着も作ってあげたくなってしまいます。最近は犬の帽子やメガネなども販売されているので、そういった小物も作ることで犬におしゃれをさせることもできます。

犬の洋服を作ることの楽しさ

犬を飼っている人にとって犬は自分の子供や孫などと同じような存在です。子供や孫などに洋服を作ってあげるように犬にも洋服を作ってあげようと考えるのは自然な流れです。自分で寸法を測って作ることで犬の体にピッタリな洋服を作ってあげることができます。人間と同じように犬もそれぞれ体の特徴があります。市販されている服を大雑把に分類されている程度なので、体にジャストフィットする洋服というのが少なくなっています。自分で洋服を作ることでそういった問題も解消されるので便利です。自分で布から選んで作成することができるのも楽しみのひとつです。犬は見た目だと男の子か女の子かわかりづらいですが、洋服を着せておくことで判別しやすくなるというメリットもあります。男の子だったら青色や緑などといった布を使って洋服を作ることで男の子らしさをアピールすることができます。女の子だったら赤やピンクなどといった色を使う事で女の子らしくなります。今までは犬の洋服というと雨の日の散歩用にレインコートのようなものが一般的でしたが、これからは飼い主と一緒にファッションを楽しむ事ができる洋服に人気が集まると考えられています。これからますます需要が高くなると思います。

犬の洋服を作るのに用意する物

最近では、子供服のように可愛らしい犬の洋服が、沢山販売されています。 チワワ、トイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンドなど人気の小型犬から、柴犬のような中型犬、レトリーバーのような大型犬までが、犬の洋服を着て散歩をしている姿を頻繁に見かけるようになりました。 価格帯もいろいろで、お手頃な商品から、驚くような高額の商品まで販売されています。 また、洋服に加え、アクセサリーや帽子やリュックサックのような小物も販売されています。 犬の洋服を着てお散歩している姿はとても可愛らしく、思わず微笑んでしまう方もいる事でしょう。 そこで、暑い夏でも可愛くお洒落してお散歩が出来る、ひんやり快適保冷剤入りバンダナの簡単な作り方をご紹介します。 用意するものは、ケーキなどを購入した際などに付いてきた、小さ目の保冷剤を1個から2個。 大きさにもよりますが、1個あたり30分程度の保冷力でしょう。 それから、お好きな柄の布を、犬の大きさによって用意して下さい。 小型犬は、縦30cm×横30cm程度、中型犬は、縦40cm×横40cm程度、大型犬は、縦50cm×横50cm程度です。 お好みで、ワッペンなどのワンポイントになるような物を付けてみても可愛いです。

犬の洋服の作り方の手順

ひんやり快適保冷剤入りバンダナの手作り方法。 ①それぞれの犬の大きさによって用意した正方形の布を、表側と表側を合わせて、二等辺三角形に折ります。 ②二等辺三角形になった布のまわりを、5mmの縫いしろを取って縫っていきます。 二等辺三角形の山を下にした状態で、右側の辺の上から2cm下のところをA、上から5cm下のところをBとすると、BからAに向かって一周縫っていきます。 輪になっているところも同じように縫いしろ5mmとって縫っておきます。 ③BからAまで縫い終わったら、生地を裏返します。 この時に、3つの角はきれいに出しておくようにして下さい。 ④きれいに裏返したら、AとBの間の3cmを表にひびかないように小さく縫います。 ⑤山を下にして上から4cmの幅で下に向かって折り曲げます。 ⑥折り曲げた部分の中央に保冷剤を横にして挟みます。 ⑦挟んだ保冷剤に沿って、縦に折り曲げた部分を縫って、ポケットを作ります。 ⑧⑤で折り曲げた、ポケットの穴の両端をそれぞれ端まで縫い押さえます。 ⑨保冷剤をポケットに入れて、2回程下に巻きながら包み完成です。 出来たものを犬の首に巻いて、ふんわりとリボンのように結んであげましょう。 これで暑い日も可愛くお散歩が出来ますね。

犬の洋服の作り方のまとめ

犬の洋服を作るときには、まず布を用意しなければいけません。作りたい洋服の布を購入し、犬の洋服の型紙に合わせて布をカットしていきます。犬は動きが激しいことも多いので、ミシンなどを使ってしっかりと縫い付けることが重要となります。しっかりと縫い付けていないと散歩しているときなどにほつれてしまったり、破けてしまったりします。そういったことがないように少し強めに縫い付けても構いません。布を使って一から作り上げるという方法もありますが、人の洋服を利用して犬の洋服を作るという方法もあります。犬は外で動き回ったりすることも多いので、洋服もすぐに汚れてしまいます。そういう時のために汚れてもいい洋服を何着か用意しておくと便利です。人が着なくなったTシャツなどを利用する方法があります。Tシャツの前の部分を上下に切り裂いていきます。糸がほつれたりしないように切り裂いた部分をミシンで縫います。切り裂いた部分にボタンを取り付けていきます。簡単にはめることができるボタンの方が洋服を着せるときに便利です。作り方は以上で完成です。これを犬の背中からかけてTシャツの手の部分に犬の足を入れ、犬のお腹の前でボタンを留めていきます。こうすることによって簡単に洋服を着せることができます。

y001-1351

から揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

から揚げは人気おかずです。おかずの定番、お弁当の定番としても不動の地位にあります。から揚げは見た目は簡単そうに見えますが...

y001-0726

勾玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

勾玉とは古代日本や朝鮮で使われた装飾具の一つで、Cの字型やコの字型の石の一端に穴を開けて紐を通して垂れ飾りとされたものを...

y001-0950

ベビースタイの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

離乳食を食べるようになった赤ちゃんにとって必要なもの、それがベビースタイです。あまり聞き覚えがないものかもしれませんが、...

y001-1463

イカ釣り仕掛けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカには色々な種類が有りますが、一般的に釣りの対象となるイカというのは、スルメイカ、アオリイカ、コウイカ、ヤリイカと言っ...

y001-1412

おきあがりこぼしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おきあがりこぼしを作る理由は様々です、小学生でしたら夏休みの自由研究や工作のために作るのもいいでしょう。また、日本独特の...

y001-0654

自由研究中学生の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

中学生といえば、学校から宿題を与えられることがよくあるでしょうが、普段の宿題よりも、長期の休みになった時に、多くの宿題が...

犬浴衣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

犬用の浴衣を作る理由としては、可愛らしさを演出することにあります。自分の飼っている犬に素敵な浴衣を着せることによって、周...

y001-0675

指笛吹き方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

世界中で吹かれている指笛は多くの場合舌の裏側に指をつける吹き方で行われています。口笛よりも大きな音がして盛り上げるときな...

y001-0262

冷やし汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冷やし汁というのは九州地方の郷土料理ともいわれていますが、じつは東北や関東でも郷土料理として食べられています。冷やし汁は...

y001-0012

ロウソクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イベントやパーティーなどであるとムードを盛り上げてくれるのがロウソク、いわゆるキャンドルです。キャンドルのゆらめく炎はそ...

y001-1493

アイホンケースの簡単...

今やガラケーに取って代わって圧倒的シェアを誇るスマートフ...

アームカバーの簡単な...

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないように...

y001-1151

面白い実験の簡単な手...

子供達から理科離れが問題となっている現代において、それを...

y001-0964

ぶんぶんごまの簡単な...

ぶんぶんごまは昔ながらのおもちゃです。ぶんぶんごまの遊び...