手作りろうそくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りろうそくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

炎というのは見ていてリラックス効果があるもので、その効用は昔から広く知られていて、セラピストなどにも利用されています。少し前からこれを自宅で行うリラクゼーションの方法があって、最近では使用するろうそくを手作りすることも多くなっています。一般的にリラクゼーションの時に使用されるろうそくというのは、炎が灯るとリラックス効果のある香りが広がるものが多いのですが、中にはにおいに敏感で、苦手だという方もいます。そんな時に役立ってくれるのが手作りろうそくで、自分で作ることによって好きな香り、落ち着く匂いを付けることができるのです。
しかも手作りろうそくというのは意外と簡単に作ることができますので、自分好みのものを探すのもいいのですが、しっくりとくるものが見つからない場合は作ってしまった方が良いこともあります。また香りだけではなく見た目も自分好みにできますので、リラックス効果がより増してくれるのです。材料も特別なものはいりませんし、場所もそれほど取ることないので、思いついた時に作ることができるのです。また制作している間も集中によってリラックス効果が得られますので、興味のある方は作ってみることをおすすめします。

手作りろうそくを作ることの楽しさ

では手作りろうそくの楽しさやメリットがなにかというと、何よりも大きいのは自分好みのものができるという点にあります。リラクゼーション、癒しのために用いるのなら、自分の好きな色や香り、デザインで作られている方がより安心感が増して、リラックス効果が高められるのです。また手作りしている時間というのも実は大切なもので、一つのものに向かって集中するのは、実は癒しの効果が得られるのです。ただし仕事など、やらなければいけないという使命感などの場合は違っていて、あくまで楽しみとして集中することに意味があるのです。 また作り終える達成感を得られるのも大きく、購入する際に自分好みのものが見つかると高揚感が得られますが、手作りの場合はそれ以上の感情がやってくるのです。これは手作りろうそくだけに言えることではなく、趣味全般に対してのものですが、集中できる作業は必ずしも見付けようと思って見付けられるものではないので、興味のあったものを行うのは理に適っているのです。しかもろうそく作りは色彩も豊かなので、視覚効果として華やかな気持ちになれます。そういった意味で、疲れている女性にとっては無心となって作業できるのでおすすめになっています。

手作りろうそくを作るのに用意する物

簡単な手作りろうそくを作る時の材料として、マグカップ、ロウ、タコ糸、鉛筆もしくは割り箸などの細長いものを揃えます。ほとんどのものを100円ショップで揃えることが可能です。マグカップではなく、小さい鍋や耐熱性の容器でも作ることができますが、手作りろうそくに使ってしまうと他の用途には使うことができないため、専用のものを用意します。シリコン製のかわいい耐熱性の容器を用意すると、ろうそくの形自体をかわいくすることができます。 ロウは、インセンスバーナー用のキャンドルや仏壇用などの市販のロウソクなどを用意します。色をつけたい場合には、白色のロウを用意します。色を付ける場合には、クレヨンも用意します。手作りロウソクでは、色をつけてもクレヨンより淡い発色になります。ただし、べたつくタイプのクレヨンでは匂いがきついので注意が必要です。 また、匂いをつけたい場合には、アロマオイルを用意します。アロマオイルも100円ショップで購入することができますが、高いアロマオイルの方が匂いを楽しむことができます。アロマオイルは、匂いによってリラックス効果が得られたり、ブレンドして楽しむことができます。余った香水などでも香りづけに使うことができます。

手作りろうそくの作り方の手順

手作りろうそくの手作り方法は、まずろうそくの芯を作ります。ろうそくに芯は、タコ糸を利用します。タコ糸を割り箸にはさみます。型を用意している場合には、型に芯を入れておきます。タコ糸がしっかりとロウソクに浸るように用意します。紙コップを型に使う場合には、紙コップの中心に竹串で穴を開け、芯を通します。コップを反対にして芯を割り箸で挟みます。芯が真っすぐになるように、裏の折り曲げた部分を少し引っ張るようにしながらなるべく箸の真ん中で挟むようにします。 湯煎でロウをとかします。沸騰をさせないように80度前後を保つようにします。ろうそくの中にあるひもは取り除きます。取り除くことができない場合には、溶かしたあとで、ピンセットなどを使い取り除きます。色を付ける場合には、この時クレヨンを削って着色します。アロマオイルを入れる場合にも、ここで入れます。ロウが溶けたら、芯をいれた型に注ぎます。途中で色を変える場合には、混ざらないようにするためによく冷やしてから入れるようにします。湯煎でなく、直接鍋で溶かす場合には、煙がでないようにゆっくりと溶かすようにします。 しっかりと冷やしてから芯のひもを適度な長さに切ります。紙コップの場合もよく冷えてから紙コップをはがして、芯の長さを整えます。

手作りろうそくの作り方のまとめ

それではろうそくの手作り方法ですが、まずは必要なものを準備することからはじめていきます。初心者向けの簡単なアロマキャンドルの場合、必要な素材は100円均一などで揃いますので、最初は安いもので試していって、慣れたら高級な素材を使っていくのが良いです。 必要なものはインセンスバーナー用のキャンドル、要するにパラフィンで、着色するなら白色が良いです。そして着色に使うクレヨン、クーピーのペンシルタイプが匂いがソフトでおすすめです。紙コップ、タコ糸、割りばし、竹串、アロマオイル、専用にする小さい鍋、ハサミとカッターなどです。 作り方はキャンドルを金具から外して鍋に入れて、湯煎、もしくは極弱火でパラフィンを煮溶かします。紙コップの高さの倍くらいに切ったタコ糸を入れ、糸から泡が出たら火を止めて糸を取り出して乾かします。 紙コップの中心に穴をあけてタコ糸の芯を通し折り曲げ、コップを反対にして真ん中で割り箸で挟みます。 着色用のクレヨンを切って、煮溶かしたパラフィンに加えてもう一度煮溶かし、溶けたら火を止めアロマオイルを数滴たらします。 用意した紙コップに注いで冷やし固まったら完成です。紙コップを切り取って、キャンドルを取り出します。

y001-1381

ガーランドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーランドと聞いてもどういうものなのか想像出来ない人も多いことでしょう。アメリカなど欧米では一般的に使われているメジャー...

y001-1130

キャラ弁の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本の食文化は危機的状況にあるといわれています。日本の食文化は世界一といわれているにもかかわらず、日本人の栄養バラ...

y001-0465

着ぐるみの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年国内でブームなった全国各地で製作されているキャラクターがありますが、中には全国的に有名なキャラクターも多く存在してい...

y001-0328

豊臣秀吉年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豊臣秀吉年表を作る目的は様々です。大学受験の為に、豊臣秀吉についてまとめたいと考えて作成する人がたくさんいます。また歴史...

y001-1106

障子の張り替え方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今はとても便利な商品がたくさんあり、障子の張り替え方は自由に選べるようになりました。なるべくお金をかけたくない方は安くで...

カマンベールチーズ

自家製チーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自家製チーズを手作りするのは、だれにでも簡単にでき、その上おいしいからです。また安心して子供にも食べさせることができます...

y001-0143

紙垂の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙垂の作り方は非常に簡単なので、大人でなくても子供であってもすぐに作ることができます。しかしながら、紙垂とはどのようなも...

ƒvƒŠƒ“ƒg

花火イラストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の宿題として絵日記の提出を求められているお子さんも少なくありません。また、スケジュール手帳の彩りとしてちょっとしたイラ...

y001-1516

100円ショップ手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

収納棚が欲しい、家に備え付けの靴箱だけでは収納しきれない、という悩みを持った方も多いです。断捨離という言葉が流行していま...

y001-1237

スクランブルエッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スクランブルエッグは茹で卵や目玉焼きと並んで卵料理の基本です。手作り方法は他の卵料理よりも簡単で、家庭科の授業で習う初め...

y001-0199

ビーズ半襟の簡単な手...

ビーズ半襟を作る理由について書いていきます。ビーズ半襟は...

包丁の研ぎ方の簡単な...

毎日の食事を作る際に使用する包丁ですが、長く使っていると...

y001-0736

鶏ささみレシピの簡単...

鶏肉の栄養には上質なたんぱく質とコラーゲンそして肝機能を...

y001-0290

葉脈標本葉の種類の簡...

葉脈標本を作る目的としては手芸や工芸の材料として、さらに...