大豆レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大豆レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大豆にはとても栄養があります。畑の肉とも呼ばれるタンパク質豊富な大豆ですが、様々な料理に合う食材です。例えば豆腐、煮物、カレー、ポークビーンズ、おから、豆ご飯など、あっさりした味覚の大豆なので和洋中どんな味にも合う点が魅力です。お肉や脂質を控えている人にも優しいタンパク源です。また筋肉を作ってくれるプロテインの代わりにもなるので、鍛えあげられた体を作りたい人は是非どんどん食べましょう。大豆の歴史を知っているでしょうか。大豆は紀元前2000年以前から中国で栽培されていた植物で、日本に伝わってきたのは弥生時代。原産地である中国から、朝鮮半島経由で伝わってきたと言われています。現在では味噌や醤油、豆腐などといった大豆の加工品がおなじみですが、これらが伝わったのは奈良時代です。この頃に中国との交流が盛んになりその加工方法が伝わってきたといいます。当時は大豆は特別な食べ物だったようで、一般には普及していなかったようです。日本最古の古事記にも「豆」という字が記されているようです。日本で本格的に広まり、広く栽培が始まったのは、鎌倉時代以降と言うことです。長い間日本人の生活に馴染んできた大豆は栄養たっぷりなので、毎日摂りたい食べ物です。今回の大豆レシピはポークビーンズの手作り方法を紹介します。給食で食べて大好きだったという人は多いのではないでしょうか。

大豆レシピを作ることの楽しさ

大豆製品は、今や様々なものが市販されています。大豆にも種類は色々あります。例えば煮豆用、豆腐用、味噌用、納豆用といった分類です。知っている人は、かなりの大豆通なのではないでしょうか。ポークビーンズには、煮豆用の物を使います。現在ではパウチに包まれた大豆水煮もあるので、時間がない人はそれを使うと簡単でしょう。一人分の大豆レシピの分量です。用意するのは煮豆20gと、ベーコン1枚、豚肉の細切れ25g、人参1/4本、じゃがいも中半分、玉ねぎ1/4個、にんにく1欠、トマトか、カットトマト4/1缶です。それぞれを食べやすい大きさに切っておきます。大豆に合わせたさいの目切りくらいです。鍋に油を入れて、みじん切りにんにくを炒め、香りが出たら玉ねぎと人参、豚肉、じゃがいも、ベーコンを炒めます。玉ねぎがしんなりしたら、トマトと水を加えましょう。大豆と、スープ顆粒(コンソメなど)小さじ1/4、胡椒適量、塩適量、ケチャップ大1/4、砂糖少々(はちみつでも可)を入れて、具材が柔らかくなるまで、ゆっくりと煮たら完成です。食べる数時間前に作っておくと味がしみて美味しくなります。砂糖の代わりに蜂蜜などにするとまろやかな甘味が素材の味を引き立てて一層美味しさアップです。

大豆レシピを作るのに用意する物

大豆を使った料理というのはたくさんあり、スーパーやコンビニなどで売られているのですが、自分で作ることもできるので、大豆レシピを覚えて作ってみるといいでしょう。大豆レシピはたくさんあり、どのような料理を作るかにより、用意する材料が異なるのです。 例えば大豆の煮物では、水煮大豆のほかに人参や、昆布のほか水、みりん、砂糖やお酒、醤油などを購入しましょう。どれくらいの量を購入すればいいのかというとこれは、どれくらい作るのかで量が変化するので作りたい人数分の量を揃えておくといいです。 購入することができるのはスーパーの食材コーナーや調味料コーナーなどにあるので、スーパーに行きまとめて購入しましょう。この他にイタリアン風大豆焼きなどもあり、これは水煮大豆の他に玉ねぎ、オリーブオイル、ケチャップ、赤ワイン、砂糖、塩、水、コンソメ、ピザ用のチーズ、パン粉、パセリなどを揃えるといいです。 これらのものも、スーパーで購入するといいでしょう。自宅でこのような料理を作るとお店に売っていないオリジナルの料理を作ることもできるうえに料理もうまくなるだけでなく、お金の節約をすることもできるので、是非自分で作ってみるといいです。



大豆レシピの作り方の手順

大豆レシピの簡単な手作り方法は、料理によって異なります。まず、水煮大豆の煮物を作りたいというのであれば、人参の皮をむいてから、サイコロのように細く切ります。そして、昆布をキッチンで使っているハサミを使い1センチ程度の形に切っていきましょう。 鍋の中に水と昆布の他に人参や水に大豆を入れてから火にかけます。そして沸騰してきたら落し蓋をして5分くらい煮ます。 この後に醤油を入れてから3分ほど煮ることにより、水煮大豆の煮物が完成するのです。 また、イタリアン風大豆焼きをするときには、玉ねぎをスライスしてから、オリーブオイルを使いフライパンで炒めましょう。そしてケチャップや赤ワインのほか砂糖、塩、水、コンソメを加えてから更に炒めます。 そして大豆の水気をとったなら、煮汁がなくなるまで煮詰めてグラタンのお皿にオリーブオイルを塗って、大豆を入れましょう。ここにピザ用のチーズとパン粉を入れてオーブントースターで焼くことにより完成します。 できたなら、この上にパセリをふって完成になるのです。これはお弁当のおかずに使うこともできるので、お弁当を作りたいときには、カップの中に入れてお弁当の中に盛りつけるといいでしょう。

大豆レシピの作り方のまとめ

ポークビーンズは豚肉と豆、野菜が味を引き立てあう美味しい料理です。野菜嫌いな子も喜んで食べる、甘めの味なので、栄養を摂らせたいという、偏食な子のいる家庭にはピッタリなのではないでしょうか。また、大豆以外にも、色々な嬉しい栄養素があります。豚肉には「疲労回復ビタミン」とも呼ばれるビタミンB1や、血を作るビタミンとして知られている、タミンB12などが含まれているので、仕事で疲れて帰ってくる大人にも食べて欲しい料理です。アルコールの分解にも良いので、仕事の疲れを癒しつつ、ビールなどのおつまみにいかがでしょうか。豚肉の脂身は、コレステロールを低下させる脂肪酸もあるので、アンチエイジングを気にしている女性にも嬉しい料理です。トマトは老化予防や美肌効果、トマトの力が凝縮されたケチャップも、美容に最適です。トマトに含まれているリコピンは、油で壊れる事もないのでこういった料理で採るのが良いでしょう。にんじんは野菜の万能選手とも呼ばれているほど栄養が豊富で、特に肌を綺麗にする効果が嬉しい所です。とくに、がん予防の力もあると言われています。ポークビーンズはこのように栄養がたっぷりな料理です。煮込んであるので、たっぷりと野菜が採れるのも長所です。健康のためには毎日こうした大豆レシピで料理を作って、楽しく食べましょう。



減塩梅干しの漬け方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅はバラ科サクラ属の落葉高木で、その果実は強い酸味を持っているのが特徴で薬用や食用として古くより使用されてきた歴史を持っ...

y001-0169

豆腐クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆腐クリームは女性の間で流行りを見せており、家庭でも簡単に手作りできるレシピでもあります。このクリームを作る理由として一...

y001-1026

ハンギングバスケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ハンギングバスケットとは、バスケットに花を寄せ植えして、壁やベランダなどに吊るしたり引っかけたりして、楽しむものです。イ...

y001-0131

ロケットストーブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ロケットストーブを作る理由としては、エコに暖房設備を得るためです。冷房においては電気を使うことが多くなりますが、暖房に関...

y001-0961

ヘアアレンジボブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ボブは近年、幅広い世代の様々な方から人気のある、定番の髪型となっています。ボブにもショートボブ、ミディアムボブとあり、ロ...

y001-1362

カブトムシ人工蛹室の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は様々な生き物が活発に動く時期ですが、それはほかの季節では味わえない様々な生き物と触れ合える機会が増える時期であるとい...

y001-0774

乾電池の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

乾電池を作ると乾電池の仕組みといったものがわかりますし、電気といったものがどういったものかがわかるようになります。今では...

y001-0054

からくり屏風の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

からくり屏風を作る理由としては子供のおもちゃを作る感覚で作ることができるところがあるでしょう。絵本などにおいて飛び出す絵...

y001-0610

手紙の折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手紙は一般的に封筒に入れて送ります。ビジネス文書や公的な書類の場合は手紙を三つ折りか四つ折りにし、そのまま封筒に入れる一...

y001-0952

ペットボトルロケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ペットボトルロケットはただの遊びのためのおもちゃにとどまらないものがあります。水と圧縮した空気をペットボトルへと溜めて、...

y001-0987

ふきの佃煮の簡単な手...

ふきの佃煮は、昔から常備菜としてどこのお宅でも作られてい...

y001-1376

かかしの簡単な手作り...

日本の古きよき里山の風景の一部となってきた「案山子(かか...

y001-0407

梅びしおの簡単な手作...

夏バテ防止には、梅びしおを作ると良いです。江戸時代から作...

y001-1167

つばめ巣の簡単な手作...

ツバメという鳥は、日本では古来より決まった季節になると家...