天丼のタレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

天丼のタレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

超・簡単手作り方法の天丼のタレ!決め手はごま油を1滴たらすだけ。せっかくカラリと揚がった天ぷらを贅沢に天丼にしたとき、何か一味足りないことはありませんか。プロが揚げる天ぷら専門店で出されるような、丼物のタレは継ぎ足し継ぎ足ししてコクやテリが出てくるものなのですが、これは非常に年数がかかって熟成されるものなので、ご家庭で直ぐに実現できません。あのコクやテリを再現するのは難しいのですが、そういう時には天丼のタレにごま油をすこし垂らすと、天ぷら専門店のような味に深みのある仕上がりとなり、コクが増しておいしくなります。さらに面倒なタレの作り方の簡単な手作り方法を紹介します。面倒なダシ作りからはせずに、市販の粉末ダシや液体だしを使って短時間で簡単でおいしいタレづくりを目指します。ご家庭で手の込んだプロの味を再現するのは至難の業ではありますが、ポイントを押さえて作ると本格的天ぷら専門店の味がすぐに実現することが可能です。プロがするような下ごしらえや仕込みなどの面倒な方法をとらずに、簡単な作り方を何種類か紹介します。冷蔵庫にあるものやストッカーにあるもので風味アップして一味違う天丼を作ってみましょう。

天丼のタレを作ることの楽しさ

通常、天丼のタレは甘辛く独特のテリやコクがあって、カラリと揚がった天ぷらを惜しげもなくドボンと丼つゆにつけるのは至極の贅沢と思います。天ぷら専門店では代々何十年も続く秘伝のタレを毎日毎日継ぎ足し継ぎ足して、熟成を重ねて作られてくるものですが、これは一朝一夕でご家庭で実現することはできません。それは毎日揚がった油とつぎたされる返しがうまい具合に混ざり合い、かどのとれた深みのある熟成された味わいになっていくわけであります。あつく熱せられた油が程よく混ざり合うことで、余分なくどさが抜けて風味良い香りが混ざり濃く甘いしょうゆ味を引き立てるようになります。これをご家庭で実現するにはそのままプロがする仕込みを真似するとすごく手間暇かかるわけでありますが、これを次にあげる簡単な方法で実現することにします。 しょうゆ、みりん、酒はすべて1:1:1の割合で混ぜあわす。これが基本ベースとなります。このベースに濃度調整をしたり、うまみやコクやテリを加えていきます。濃度を調整するのは同じ比率で水を1加えます。量をたくさん作るとコクを出しやすいのですが、少ない量では難しいです。こんな時には、ベース1(カップ1)に対して1から2滴のごま油を垂らします。そして甘味のみりんや酒は、加える前に煮きりするなどしてアルコール分を飛ばします。

天丼のタレを作るのに用意する物

ご家庭で美味しい天丼を食べたいというときに欠かせないのが、味のいい天丼のタレであると言えます。市販のものにも美味しい天丼のタレは存在していますが、手作りの天丼のタレを使えば市販のものより天丼がさらに美味しくなるため、是非天丼のタレの作り方をマスターしてみてください。 天丼のタレを作る際に用意するものとしては、丼汁のベースとなる調味料であるしょうゆ、みりん、めんつゆ、砂糖、和風の粉末だしが挙げられます。しょうゆ、みりん、めんつゆは高級な商品を用意せずとも、価格の安い一般的な商品を購入して構いません。和風の粉末だしは大量に使うわけではないため、使いきりタイプの商品を買ってもいいと言えます。何度も天丼のタレを作りそうなら、しかしお徳用の大容量商品を選ぶようにしてください。 またしょうゆやめんつゆを薄めるためのお水も用意しなければなりませんが、こちらは水道水で事足りるためミネラルウォーターを買いにいく必要は無いと考えておいてください。 調理器具としては天丼のタレを火にかけるためのお鍋と、調味料をはかるための計量カップか計量スプーンが必要になります。あとは灰汁を取ったり火にかけた天丼のタレをかき混ぜるためのおたまがあれば準備完了だと言えるでしょう。

天丼のタレの作り方の手順

美味しい天丼のタレの簡単手作り方法としては、最初に大さじ6のみりんを鍋に入れて強火でみりんを沸騰させることから始めます。みりんからプクプクとした小さな泡が出るまでしっかりと煮詰めるようにしてください。 みりんに火が通ったら、みりんのアルコールをとばすために、フランベのように火をつけてください。一瞬だけ大きくみりんの上で火が踊りますが、すぐに消えるので安心してください。 その後みりんを入れたままにしている鍋に計量スプーンではかるところの大さじ2のしょうゆと大さじ1のめんつゆ、大さじ2の砂糖と小さじ1から小さじ1と2分の1程度の和風の粉末だしを入れます。調味料があわさり過熱されることで生じる灰汁を丁寧におたまで取り除いていき、全体的にとろみがつくまで強火か中火で煮立ててください。一度味見をして味が濃いと感じるようなら、その段階で適量の水を入れます。天丼のタレの濃さに不満がないようなら水は無理に入れなくても構いません。そして味が調えば完成となります。 天丼のタレは強火でサッサと作ってしまうのが上手に作るためのコツだと言えますので、調理は弱火ではなく強火で手早く済ませてしまうことを意識しておいてください。

天丼のタレの作り方のまとめ

作り方のまとめ。先ほど紹介したベース作りからですが、カップ1を基本にします。アルコール分を飛ばしたみりん・酒としょうゆを一気に混ぜます。次にコクを更に出すのに、ザラメ砂糖を半カップほど投入します。次にうまみ調味料や粉末ダシを適宜混ぜ合わせます。ベースをグラグラ煮たてさせないようして、ザラメ砂糖を溶かす感じで熱していきます。十分に熱がいきわたり、ザラメ砂糖がとけたら、なべの周りがふつふつとあわがでるような温度を一定に保ち煮詰めていきます。木べらをつかって鍋の底から、混ぜていきます。少しとろっと光沢ができてたらごま油を1から2滴ほど入れて、1分程に立ててからしばらくして火からおろします。粗熱をとってから小さなツボに入れて冷蔵庫で寝かせます。これでタレの出来上がりですが時間のない方には次の方法があります。甘味のザラメを半分にして大さじ2~3杯の水あめを使うと、独特のテリがすぐに実現します。さらに簡単な方法としては市販のウナギのタレを買ってきます。これをベースにします。ウナギのタレ100ccに対して、みりん大さじ2、酒大さじ2、三温糖大さじ1を加えて小鍋に入れて熱します。最後にゴマ油を1滴入れて出来上がり。これは冷まさずにそのままかけることができます。手間いらずで簡単な方法でプロの味に近づけることができます。

y001-0365

美味しい冷やし中華の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しい冷やし中華は、体が火照って夏バテしやすい時期にも最適です。上にのせる具材を変えれば日替わりで食べられます。冷やし...

y001-0126

栗ごはんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

主に食欲の秋に嬉しいひと品として、栗ごはんを挙げる事ができますが、大きな粒の国産の栗を使った栗ごはんはとても美味しい献立...

y001-0517

折り紙ぽち袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お正月に子供が待ち望んでいるものといえば、お年玉です。豪華な料理や、正月ならではの遊びを楽しみにしている子供もいるでしょ...

y001-1070

のし袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冠婚葬祭で贈るお祝いの現金を包むのし袋は、一般的な雑貨店を初めとして様々な店舗で売られています。そのため市販の商品を購入...

y001-0340

米麹甘酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

砂糖の精製方法が完成し、価格が安くなる前は、甘い味は非常に貴重でした。料理には果物や野菜の甘みを利用したり、甘酒を利用し...

しめ縄の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しめ縄とは、そもそも邪気を払ったり、穢れを断つために、作られるものです。その具体的な用途は、家庭の玄関であったり、床の間...

y001-1363

かば焼きのたれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

どこからともなく漂ってくる香ばしさにそそられる食欲、かば焼きは味と香りで人々の胃袋を掴んで離しません、かば焼きといえば穴...

y001-0536

青しそジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

青しそは、茎・葉ともに緑色をしたもので、味と香りが良いために食用として使用されます。また、栄養面においても非常に優れてお...

y001-0351

葡萄酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お酒類の製造に関してはDIY等でも行うことのできるレシピの数々が用意されていますが、梅のような一般的な果実以外の場合では...

y001-0915

ミサンガ編み方3本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

過去、空前のサッカーブームとセットになって、ミサンガも若者を中心に大流行して、その当時に作るのにはまったという方も多いは...

y001-0355

布ナプキンの簡単な手...

布ナプキンを手作りするのは、自分にあった物が作れるからで...

y001-0734

結婚式ガーランドの簡...

結婚式に欠かせないものと言えば装飾になります。花を沢山セ...

y001-0877

ラー油の簡単な手作り...

ラー油は色々な調理に利用できる調味料として、どの家庭でも...

y001-0260

冷凍こんにゃくの簡単...

冷凍こんにゃくとは、こんにゃくを一度冷凍してからもどした...