棟札の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

棟札の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

持ち家として特に木造の一戸建て住宅に居住されている方の場合では、棟札と呼ばれるものをDIYとして製作することができます。古い時代では住宅を新しく建築する際には、棟札を作って住宅内の高所に設置することが行われていた背景があります。棟札として成立しているものは、基本としては住宅の記念用として設置されていたものが多く、例えば建築した年月日や大工の氏名、住宅の所有者の氏名、構造等の住宅に関連する情報を多く記載された内容を持っているものがメインとして利用されてきました。現在では用いられる場面が減少している傾向にありますが、既存の住宅であっても後から簡単にできる作り方も用意されています。作ることの理由や目的に関しては、住宅に設置することによって、将来的な部分としてタイムカプセルに似たようなニュアンスを持っていることになり、例えば一定の年月が経過した後にリフォームなどを行う際にも目にすることができる可能性が高まることになり、その結果として古い時代を懐かしむことができます。大切にしている住宅ならば、より一層感慨深いものとして活用することもでき、手作り方法の数々も用意されている状態にあって、材料等も簡単に入手することができることもあり、DIYには向いている内容を持っています。

棟札を作ることの楽しさ

住宅に対して棟札を製作することに関しては、一般的にはかなりの年月にわたって使い続けることができるものになるために、製作段階で力を入れることが十分に可能になります。一見するとシンプルなアイテムに属していることもあって、工夫を凝らすことが難しい一面を持っているのですが、その反面アイデア次第で完成度の高いものを作り上げることもでき、その結果としてある程度の時間をかけて作り上げることのできるアイテムとして集中した作業を行うことに向いているメリットを持っています。住宅にとっては歴史的なアイテムとして用いることになり、例えば後世に遺すための一品としても貴重なアイテムとして考えることのできるメリットも持っています。作り方は非常に簡単になりますが、工夫によって形状や文字のスタイル、他に付随するデザインなども基本を守りながらも自由な発想で施工することもでき、製作する過程においても楽しみながらアイデアを出し合うことにも向いています。家族全員で署名などを行う方法も用意されており、家族揃って楽しめるアイテムとして利用することができます。長期的に保管できるように施すことも必要になり、一定の知識を持って製作に挑むことがおすすめになります。

棟札を作るのに用意する物

棟札は建物を作ったさいに、その建物の建築や修築の記録や記念として棟木や梁などの建物内の高所に取付ける札のことです。一般家屋などではあまり馴染みのないものですが、古くは大規模な建物には必ず取り付けられるもので、現在でも新築した場合や古い建物を改修したさいに設置されます。 棟札の素材としては基本的には木の板が使われます。板の形としては、単なる板のものもあれば、上辺を三角に切ったもの、また縦長の五角形などがあります。また銅板が使われるケースもあります。 なお、木が素材の場合には古くは墨などで書き記していましたが、現在では油性塗料やマジックペンなどで代用されます。基本的には記録や記念として設置するものであり、特に大規模な建物などに取り付けられているのが一般的です。 棟札を取付けるタイミングとしては建物が完成したあとになり、多くは屋根裏に入って棟木や梁などに取付けるものですが、一部は分かりやすいように柱に取付けるケースもあります。大きさに関してもまちまちですが、大規模な建物になればなるほど大型なものになります。一般的な建物の場合であれば、1メートル程度のものですが、大型の建物の場合には2メートルを超える場合もあります。

棟札の作り方の手順

棟札の手作り方法としては、棟札のもとになる板と書くための道具があれば誰でも作ることができます。板に関しては一定の耐久力があるものが好まれますが、屋根裏など比較的条件の良い場所に設置されるので劣化しにくいメリットがあります。板の大きさは設置する場所か書き込む内容によって異なってきます。小さなものとしても30センチ程度の板が使われ、大型のものになると2メートル程度のものあります。またサイズも長方形のものから四角形のものまでさまざまです。筆記具に関しては古くは墨が使われますが、油性塗料やマジックペンなどでも代用することができます。 書かれる内容としては、築造や修理の目的を記した意趣文や、それらを行った年月日、建築主や大工の名や、工事の目的などですが、基本的に何を書いても構いませんし、簡単に一筆記したものだけのものあります。また古い棟札には絵柄を記したものもあります。 棟札を取付けるタイミングは完成後が基本ですが、屋根裏に入れない仕組みの家の場合には、建築途中に取付ける場合もあります。 なお、棟札と異なり直接、柱や壁に記念や記録として何かを書き記す場合もありますし、缶箱などにその当時の写真や新聞など記念品を入れておき、屋根裏においておきその記念や記録とする場合もあります。

棟札の作り方のまとめ

棟札を住宅用としてDIYによって完成させる作り方に関しては、インターネットなどを利用した場合では、数々の事例を目にすることができます。伝統を継承することも良い方法になり、用いる材料としては耐久性に優れた木材を活用することが最適になります。板をカットする作業から始めることになりますが、形状に関しては札として成立させるデザインに施すことになり、一般的には縦長の板に仕上げることになります。最上部の辺に関しては三角屋根のように斜めにカットすることによって、良い雰囲気を出すこともできます。板が完成したならば、文字を書き記すことになりますが、一般的な墨を用いる方法の他に、耐久性を考慮した場合では、例えば模型用として販売されている液体塗料を利用する方法も用意されています。凝ったスタイルに仕上げる場面では、別途木材などを加工した上で木製印鑑などを作成して、朱色で捺印することもおすすめになります。他には従来の形式に縛られない方法も用意されていて、例えば家族の似顔絵や各種イラストなどを書き記すことによって、面白い記念品として成立させることもできます。建立年月日や氏名などの基本的な項目は忘れずに書き記すことがおすすめになります。耐久性に関して不安を持っている方のケースでは、つや消しのクリアラッカーなどを吹き掛けることによって木材全体の保護を行うこともできます。

y001-0411

梅サワーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏場など、食欲がなくなるような季節になると飲み物もあっさりとしたものが欲しくなります。とはいっても、市販されているジュー...

y001-0830

杏ジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

杏は中国が原産で、ヨーロッパでも古代から栽培され万能に効く薬として重宝されてきた果物です。生の果実やドライフルーツも有名...

y001-1272

サラダうどんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑い時期は料理もおっくうです。火を使うとコンロの前は蒸し風呂のようになって、蒸し暑いキッチンで長時間料理をしようとい...

包装紙包み方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

相手に心のこもった品を贈る場合、「包装」はとても重要な意味を持ちます。包装する主な目的は、保護性・利便性・快適性・経済性...

卵サンドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵サンドは持ち運びにも便利で、ピクニックや運動会にも大活躍の食べ物です。工夫次第でいくらでもバリエーションが広がります。...

y001-0559

水引の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「水引」は、お祝いごとやお悔やみごとの際に用いられる飾りを指します。贈答用では、包み紙の上にかける紅白の帯ひもや黒白の帯...

y001-0243

棚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分で棚を作ることはとても楽しいものです。こんな棚が欲しいと思っていても、なかなか良い商品に出会えないという人も多いので...

y001-0224

自治会広報誌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自治会広報誌を作る理由としては、まずはそれぞれの自治会においての取り決めがあるからでしょう。何らかの自治会に所属をすると...

y001-0942

ポケットポシェットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポケットポシェットとは、小学生などの子どもが普段着ている洋服にポケットがない場合などに、本来ポケットに入れるべき必要最低...

y001-1177

ちまきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「ちまき」は、うるち米やもち米、米粉などを用いて作った餅やお米そのものを笹などで三角形に包み、イグサなどで縛り、そのまま...

y001-0554

水筒カバーの簡単な手...

外出先で何かをしたくなった時に備えて、自宅で用意したもの...

y001-0317

味付け卵の簡単な手作...

卵は多くの人が大好きな食材です。焼いてもおいしいですし生...

y001-0582

織姫彦星折り紙の簡単...

七夕をするときには七夕飾りというものを使い笹の葉に飾るこ...

y001-0280

卵焼き基本の簡単な手...

お弁当のおとも、数ある日本のおかずの中でポピュラーなもの...