忍たまジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

忍たまジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

寒い時期はもちろん、暑い時期でも職場や自宅でエアコンを使用するため、1年間を通して冷え性に悩んでいる人が増えています。
ニンたまジャムは、玉ねぎとにんにく、蜂蜜、レモンなどを使って作るジャムのことで、冷え性を改善したり、代謝を上げてダイエット効果を高めたり、疲労回復や美肌効果が期待できます。忍たまジャムの簡単な手作り方法を知っておくと、家事の合間を利用して作ることができます。常温の状態なら一ヶ月、冷蔵や冷凍保存の場合は2ヵ月ぐらい持つので、調味料として使用したり、料理に使うとおいしいメニューが作れます。良質な玉ねぎの見分け方は、なるべく球形に近い形状の商品を選ぶようにして、芽が生えておらず、皮に艶のあるものを選ぶと良いでしょう。良質なにんにくを使用することが大切なので、信頼できる農家が生産している産地直送の商品を選ぶことが大切です。玉ねぎとにんにくを用意しておくようにして、玉ねぎは適当な大きさにカットして、にんにくは皮を剥いておくようにして、水と蜂蜜、レモンを準備しておくようにして、ミキサーを用意しておくようにして下さい。ニンたまジャムを入れる耐熱容器は熱湯消毒をして、水気を切っておくようにして下さい。

忍たまジャムを作ることの楽しさ

ニンたまジャムは、フライパンを使用しなくても、耐熱容器とミキサーがあれば簡単に作ることができます。 忍たまジャムは、嫌な臭いなどはほとんどせず、優しい甘みが特徴になっているので、スクランブルエッグなどの料理の調味料として入れてもおいしいです。 最近は、疲れ気味で夜にぐっすりと眠っても、翌朝に疲れが残っていると感じている人は、豚肉をフライパンで炒めて、忍たまジャムを加えて味付けした料理を食べると、豚肉に含まれているビタミンB群を摂取できます。 にんにくには、アリシンという成分が含まれていますが、疲労を回復したり、滋養強壮効果が期待できるので、夏バテ気味の人にお勧めの料理です。 玉ねぎやにんにくには、体を温める働きがあるため、血流を促進して、冷え性を改善する働きがあります。 ニンたまジャムは、簡単に作れるので手間も掛かりませんし、手作りをする楽しみもあります。 中高年以降の年代の人はもちろん、若い年代の人も家事や育児で忙しい人が増えているので、忍たまジャムを使った料理を作ってみると良いでしょう。 玉ねぎやにんにくは、スーパーマーケットで1年間を通して購入できるので、いつでもニンたまジャムを作ることができます。

忍たまジャムを作るのに用意する物

忍たまジャム?いいえ、ニンたまジャム。 なぜニンたまジャムなのかといえば、主な材料が「ニンニク」と「たまねぎ」だからです。音だけ聞くと「忍たまジャム」かと思ってしまいますね。でも、栄養価が高く健康によいため、ちょっとした毎日の滋養強壮によく、強い味方になってくれるこのジャムは、体の中にこっそり忍ばせて大きく働く「忍たまジャム」かもしれません。一日に大匙一杯~二杯程度を目安に摂取すると、ニンニクとたまねぎの効果により血行がよくなり、冷え性の改善や免疫力の向上などにつながります。そのままニンたまジャムだけを摂取するのは上級者向けですが、ちょっとした料理のスパイスとして非常に汎用性があるため、簡単に毎日の食事に取り入れることができます。 作る際に用意するものは、ニンニク、たまねぎ、砂糖とレモンの絞り汁、そして水です。電子レンジとミキサー、保存容器も用意しましょう。ニンニク1に対してたまねぎは5倍程度の量になるようにしましょう。500ミリリットル入りの保存容器に入る量の目安として、今回はニンニク100g、たまねぎ500g、レモンの絞り汁大匙2杯、砂糖60g、水100mlの分量で作る場合の作り方をご紹介します。

忍たまジャムの作り方の手順

ニンたまジャムの手作り方法 まず、ニンニクとたまねぎの皮をきれいにむきます。たまねぎを4等分に切り分け、ニンニクと一緒に耐熱容器に入れて、水を注ぎます。このとき、水を入れ忘れてしまうと、たまねぎやニンニクが焦げてしまう場合がある上、このあとミキサーにかけるときにスムーズに粉砕できなくなるので、忘れずに水100ml全量を入れてください。このたまねぎとニンニクと水の入った耐熱容器にラップをかけ、600Wの電子レンジで14分加熱します。加熱後、たまねぎを確認し、熱が通ってやわらかくなっているようであれば、耐熱容器の中のものをすべてと、レモン汁全量、砂糖全量をミキサーに投入します。すべての材料が砕けて滑らかになるまでミキサーにかけてください。中身がクリームのようになったら、また耐熱容器に移します。今度はラップをかけないで、600Wの電子レンジで8分程度加熱します。加熱が終わればニンたまジャムの完成です。まだ熱いうちに十分に乾燥させて殺菌された保存ビンにつめれば、常温で3日~4日、冷蔵であれば1ヶ月程度保存することができます。上記のレシピで作ったものであれば、大匙25杯程度の分量ですので、毎日使えば一ヶ月間で使い切ることができます。冷凍保存も可能です。

忍たまジャムの作り方のまとめ

ニンたまジャムの作り方は、玉ねぎは適当な大きさに包丁でカットして、にんにくは皮を剥いておきましょう。 耐熱ボールにカットした玉ねぎ、にんにく、水、蜂蜜、レモン汁を加えて、電子レンジで600ワットで12分から14分程度加熱して下さい。 電子レンジから取り出して、水分と一緒にミキサーに耐熱ボールの材料を入れて、なめらかになるまで攪拌すると出来あがりです。 冷めたら、蓋ができる耐熱容器に入れておくことで、長期間保存ができるので大変便利です。 にんにくは胃腸の弱い人は一度に大量を食べると、胃が痛くなる場合があるので、一日に適量を食べるようにすると良いでしょう。 女性はお肌が乾燥すると、敏感肌になりやすく、赤くなったり、痒くなることがあります。 玉ねぎやにんにくには、優れた美肌効果があるため、一日に適量を食べることでお肌の調子が整ってきます。 一ヶ月以内に食べきるのは難しいという人は、冷凍保存をしておくと、すぐに解凍して使えるので大変便利です。 電子レンジを使って作るので、長時間キッチンに立つ必要がありませんし、作る時間を短縮できます。 家族の健康を維持したいと考えている人は、忍たまジャムのレシピを作ってあげて下さい。

y001-0030

生ハムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生ハムは、そのまま食べても良し、ピザの具財やサンドウィッチに挟んでも大変美味しいです。多くの人が愛してやまない食品である...

y001-1357

かまぼこ飾り切りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かまぼこは一個当たりの単価が100円~250円くらいと比較的安価な食材のため、お弁当や普段の食事でも気軽に使われる食材で...

y001-0228

縦フリルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

縦フリルを作る理由としては、洋服にアクセントをつけるためです。スカートなどにおいては何もない状態のことがありますが、それ...

y001-0462

張子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

郷土玩具としても古い時代から用いられているものに、張子と呼ばれているものがあります。張子はそもそもの製法が手作り品に属し...

y001-0707

黒ニンニクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクは、紀元前3000年頃の古代エジプトでは既に栽培されていたと考えられており、食用として長い歴史を積み重ねています...

y001-0922

マルシェバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マルシェバッグはかご形のバッグで、かぎ針やアフガン針で編んで作ることができます。初心者が簡単に作るならば、編み図の豊富さ...

y001-1246

しょうがの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しょうがは、日本では奈良時代には既に栽培されていたと考えられており、古事記にも記載されています。食用や薬用、香辛料、お菓...

y001-1512

DIY引き出しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の中で使用する棚や物入れといった収納グッズは、空いているスペースを利用して使いたいものです。既に様々な種類の家具が設...

y001-0147

名刺入れの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

名刺入れは、ビジネスに利用する場合でも必需品ですが、最近はお手製の名刺入れやカードケースとして趣味として作られています。...

y001-1078

ぬか床の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いつでも簡単に乳酸発酵食品を食べるために、ぬか床を各家庭で作る目的があります。ぬか床が活躍する季節は、夏から秋にかけてが...

y001-0906

メイソンジャーの簡単...

アメリカで大ブームとなって、今日本でも人気が高まっている...

折り紙コスモス折り方...

封筒は手紙を入れて相手に送るときに使うものであり、手紙が...

モッツァレラチーズの...

モッツァレラチーズは日本でもおなじみで人気があるチーズの...

y001-0782

海苔の佃煮の簡単な手...

美味しいご飯が食べられるのが、日本のよさですが、毎日白米...