美味しいおにぎりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいおにぎりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいおにぎりは、お弁当の定番です。日本人ならば誰しも一度は食べたことがある食べ物です。握ってラップやアルミホイルで巻けば、弁当箱を用意しなくても持ち運び出来ます。さらに、おにぎりは通常のご飯と違って塩を少々入れて握るので、腐りにくいです。夏場には梅干しを入れるなど工夫すれば、保つ時間が長くなります。ピクニック用のお弁当に握っておけば、家族でワイワイ言いながら食べることが出来ます。子どもの好きな具を入れてあげれば大喜びで食べて手軽に具とご飯が食べられます。おにぎりを作る目的のほとんどは、外出用に持ち運びやすくするためです。自宅で食べるという人もいますが、圧倒的に外出先での利用が多いです。最近では、キャラ弁の影響を受けてラップに動物の顔を描いたり、ラップにすでにキャラクターが印刷されているグッズも販売されています。海苔がしけらないようなコンビニおにぎりのようなシートも市販されています。こういうグッズを活用すれば、パリパリ海苔の美味しいおにぎりが食べられます。子供が海苔を噛み切りやすくする工夫も、自家製ならば簡単に出来ます。おろし金を用意して、そこに海苔をあてがって穴を開けるだけです。これで簡単に海苔が噛み切れるようになります。

美味しいおにぎりを作ることの楽しさ

三角、俵型、丸型、など手作りおにぎりは成型方法もいろいろとアレンジ出来ます。自分で握るのも良いですし、市販品のおにぎり型を使っても良いでしょう。最近では、猫やパンダなど動物型のおにぎりが作れる型も登場しています。目の部分や耳の部分を加工するために、海苔の形が切り取れるパンチもあります。 器用な人ならば自分で動物の形に握って、海苔を切って動物の顔やキャラクターの顔にしてあげると、子どもが大喜びしそうです。 美味しいおにぎりを作るメリットは、見た目の楽しさだけではありません。ご飯にはほとんどの具材が合うので、栄養バランスを考えながら具材を入れることが出来ます。最近魚が足りないと感じたら鮭のほぐし身、ツナマヨ、鰹節、などを入れると良いです。食物繊維が足りないと思ったら、きんぴらごぼう、切り干し大根、など水気の少ないものならばなんでも入れられます。 また、最近流行っているおにぎらずのように、サンドイッチのように加工しても良いです。にぎるのが下手という人でも、おにぎらずならばラップの上の海苔、ご飯、好きな具材をのせて、あとはふんわりと包むだけで作れます。 いろいろアレンジできて楽しく、栄養バランスを整えやすいのがおにぎりのメリットです。

美味しいおにぎりを作るのに用意する物

美味しいおにぎりを作るのは、意外に難しいものです。ただ単にご飯を握ればいいというわけでもなく、コツがあります。ですから、そういったことを知った上でやってみるといいでしょう。 作るにあたって必要になるものがあります。食材としては、お米と水、そして味の決め手になる塩、そして具材を準備する必要があります。具材は好みによるのですが、梅干やおかかなどのほかにもツナや鮭、明太子、たらこなどもあります。少し違った具ではチーズなども女性には人気があります。 ツナはマヨネーズなどとの相性もよいので、一緒に使うのもいいでしょうし、たらこや鮭は瓶詰めもあるのですが、それよりも自分で焼いたりすることで一段と美味しい具材がご飯を引き立てることができるでしょう。 また、調理器具でも準備すべきものとしては、ご飯を炊く炊飯器や少し冷ますためのバットやしゃもじ、ご飯を小分けにするための茶碗などもあるとよいでしょう。あとはその人の腕になります。 俵型などの形もありますが、オーソドックスであるのが三角おにぎりです。この作り方をマスターして、皿に愛情をプラスすることで、上手に美味しいおにぎりをつくっていきたいものです。そして、人の笑顔を見たいものです。



美味しいおにぎりの作り方の手順

美味しいおにぎりを作るには、手作り方法をマスターするといいでしょう。まずはご飯の炊き方からです。おにぎりはべたべたして水分量が多いと、おにぎり自体に空気が含まれないために美味しくなくなります。ですから、少し控えめの水加減にしていきます。 そして、炊けたらすぐにバットなどに広げて冷ましていきます。手で触って握ることができるくらいの温度になったら、具材を入れて握っていきます。その際には、三角になるように右手と左手で押さえながら握るのですが、力を入れすぎないように気をつけましょう。また、中心部を強く押さないように、軽く押さえるようにしていきます。空気が含まれているおにぎりは口の中でほろりとご飯が離れるので、美味しさが広がるのです。力をこめて握ったおにぎりはご飯の粒が密着しすぎているので、美味しく感じられないということもあるのです。 ですから、具の種類や扱いも重要ですが、一番大切であるのがご飯の握り方なのです。コツを知ることで簡単に美味しいおにぎりを作ることができるというわけです。まずはご飯は水加減を少なく、堅めに炊いて軽く握る、まさにおばあちゃんの握るおにぎりをイメージして作ってみるのがいいでしょう。

美味しいおにぎりの作り方のまとめ

美味しいおにぎりの手作り方法のコツは、ご飯を硬めに炊くことです。新米は水分が多いので、通常よりも水を少なめにして炊きます。そして、炊きたてのご飯をアツアツのうちに素早くにぎるのがコツです。炊きたてのご飯には保水膜があるので、ふんわりとにぎることが出来ます。 にぎる前に手のひらに塩をつけて、おにぎりの周りに味をつける感じでにぎります。ご飯に混ぜ込んでしまうよりも、表面に味をつけたほうが食べた時に美味しく感じられます。 カップ1に対して小さじ1の塩を入れて、手水を用意しておくと、数が多くても一気に握れます。 厚みを一定にして三角ににぎるコツは、上側になる指を三角型に尖らせて、支えている下の指に軽く力を入れると良いです。下の支えの指に軽く力を込めることで、おにぎりが移動せずに綺麗な三角型に仕上がります。 おにぎりというとギュッとにぎってしまう人が多いですが、美味しいおにぎりのコツは、にぎらずにふんわり形を整える、です。中まで強くにぎってしまうと、食べた時に硬さを感じます。米と米の間に空間を作るようなイメージで、優しく手のひらを使ってにぎるのがポイントです。 少しずつ回転させながら、形を整えていくようにしましょう。



y001-0015

ブックカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

読書好きの人にとって、本はとても大切なものです。ついうっかり、よく見もせずにテーブルの上に置いたら、水がこぼれていて濡れ...

アイロンビーズ図案の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アイロンビーズ図案は市販されている図案もありますが、自分でオリジナルの図案を考えるととても楽しいです。そして販売されてい...

y001-0066

木の物置の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

荷物というものは時間が経つと部屋の中に増えていきます。これは生活をしていく中で仕方がないことであり、そのような方の中でそ...

y001-0434

豚汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豚汁というのは、誰もが好きである汁物ともいえるでしょう。中には豚肉が入っていてコクがあって味噌汁のほうがいいという人もい...

y001-0010

カードケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カードケースはカード、すなわち薄くて小型の四角形の物を整理しておくためのケースです。紙でできている物がほとんどですが、I...

y001-0947

ペペロンチーノの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいパスタ料理はパスタ専門店に行かないと食べられないと思ってしまいますが、手作り方法さえマスターしてしまえば家庭でも...

y001-1422

おいしいたこ焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たこ焼きといえば、縁日や夏祭り、花火大会といったイベントや、屋台で販売しているものを食べる人が多いと思います。家庭でたこ...

y001-0164

手芸人形の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供には安心できる材質で作られたお人形で遊ばせたいと思うものです。過度に神経なる必要はありませんが、子供の玩具は清潔で無...

y001-1253

じゃがバターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

じゃがいもを加熱調理してバターを添えるじゃがバターは、シンプルなメニューですが、根強い人気を持つ料理でもあります。じゃが...

アクリルたわしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アクリルたわしを作る理由は、アクリル毛糸を使って簡単に編むことが出来るからです。アクリル毛糸の繊維が汚れを落とす作用があ...

y001-0560

水飴の簡単な手作り方...

水飴の歴史は非常に古く、なんと日本書紀の時代つまり720...

y001-0044

誕生日ケーキの簡単な...

誕生日ケーキは買ってくるのが当たり前にはなっています。で...

y001-0238

丸太ほぞの簡単な手作...

DIYでの住宅を手作りで作る際に丸太ほぞを作り上げます。...

カーテンの簡単な手作...

カーテンというのは室内の印象を大きく変えるアイテムで、イ...