付け帯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

付け帯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

初心者が着物を着る際に大きなネックとなるのが帯結びです。たとえ練習してなんとか結べるようになったとしても、いざ着物を着たい日の朝にスムーズに上手く結べるとは限りません。中々うまく結べずに悪戦苦闘しているうちに家を出る時間になってしまう恐れがあります。また、帯結びに自信の無いまま外出した場合、もし外出先で着崩れてしまっても着付け直せないのも困りものです。
しかし、こんな時に付け帯があれば安心です。時間をかけずにきっちりした着付けが簡単にできる付け帯があれば、もっと気軽に着物生活が楽しめます。今では様々なタイプの付け帯が購入できるようになりました。でも手元にあるお気に入りの帯で着物を着たいという方もいるでしょう。そんな方には付け帯の手作り方法をマスターすることをおすすめします。付け帯を作るためには帯にハサミを入れなければいけないので、抵抗を感じるかもしれません。しかし帯は着物に合わせて締めて外出してこそ帯としての価値が出ます。タンスにしまい込んだままにするよりは、思い切ってお気に入りの帯も付け帯にしてしまった方が、結果として着る機会が増えます。自分で付け帯を手づくりすることによって、さらに愛着も増します。

付け帯を作ることの楽しさ

付け帯を作るメリットとしては、もちろん普通に帯を結ぶよりも手軽に着物が着られることが挙げられます。別の大きなメリットとして、何らかの事情で帯が短くて締められない場合でも、付け帯にすれば締められるようになることがあります。レトロブームのためか、最近はリサイクル品の帯もよく出回っています。しかし、昔の人は現代人よりも全体的に小柄でした。着物はほぼフリーサイズであることが魅力の一つですが、限度があります。手に入れた帯と自分の体型にあまりにも違っていて結びにくい時は、諦めずに付け帯にしてみると着られるかもしれません。 また、少し太めの方も付け帯から同様のメリットが得られます。長さとしては通常の着付け方法で締められる帯でも、ぽっちゃりした方だとワンポイント柄のお太鼓部分や前帯の柄がずれてしまうという問題があるのです。こんなとき、付け帯ならこの悩みを解決できます。結ぶ部分が無いため、その分を前帯に持ってこられるのです。 太めの方だけでなく、身長が高めの方にも付け帯はおすすめです。帯の幅がもう少し広い方が良いと思った場合、付け帯ならそのように幅も好みで作れるのです。 手作り方法は意外と簡単なので、一度チャレンジしてみる価値はあります。

付け帯を作るのに用意する物

付け帯にはいろいろなものがあります。三分割作り帯も付け帯の一種です。三分割作り帯はお太鼓結びの形となっている帯を三分割されたもので作ったものです。通常の名古屋帯を三分割したものよりも胴に巻く部分を減らすことができ、使用する布を極力減らして作ることができます。そのためにこの帯は結ぶことにはならないで、身につける帯になっています。付け帯の一種である三分割作り帯は自分の好きな布を使用することができたり、使う布が少なくて良い、ミシンでも簡単にできるので手間がかからないなどの特徴があります。体への負担も少なくなるので、体調が悪いときや介助が必要なときなどにも楽に帯をつけることができて便利です。付け帯を作るときに必要なものは作るための布です。どんなものを作りたいかによって用意する布も変わってきます。自分の好きな柄や模様の布を用意しましょう。ミシンもあると作業が効率的にはかどります。手縫いだと時間がかかってしまう点やしっかりと縫えなかったりとデメリットが多いです。ミシンを使う事で効率よく時間短縮することができますし、しっかりと縫うことができるので便利です。慣れてきたら自分だけの手作り方法を見つけることもできます。

付け帯の作り方の手順

まずは手の部分を作っていきます。長さ40センチに布を切断していきます。中表に合わせて上下左右を縫っていきます。ミシンを使ったほうが早く綺麗に縫うことができると思います。左側には20センチほど返し口をつけて開けておきます。右の上下の角は裏返しをしやすいように斜めに縫っておくようにします。帯の芯を置いていきます。芯の幅や30センチ、長さは34センチです。芯を置いて上下と右を縫いとめていきます。この時に下の生地を縫ってしまわないように注意しましょう。縫い終えたら返し口から手を入れて表に返します。アイロンを当てて形を整えてから、返し口を縫って閉じていきます。これで手の部分が完成しました。お太鼓の部分と胴に巻く部分もこの手の部分の作り方と基本は同じです。手の部分と違う箇所は、胴に巻く部分だけ紐を二ヶ所取り付けなければいけないというところです。できあがったものを装っていきます。胴の部分は胴に巻きつけて、紐を前にもってきて結んでいきます。胴帯の背中にハンドタオルをたたんで差し込みます。手先の部分を半分にしてお太鼓を差し入れていきます。帯締めを通して前でしっかりと締めてから仮紐をとります。左右を確かめて着装です。

付け帯の作り方のまとめ

手作り方法としては二部式の簡単なものがあります。帯をお太鼓部分と胴部分と手先の三分割に裁断します。裁断する前に十分確認してください。胴部分は180センチから200センチほど、手先の長さは大体50センチです。 お太鼓の三角部分に手先をミシンで縫い付けます。紐も左右に縫い付けます。次にお太鼓を作りますが、まずはクリップで仮止めし、着用時のイメージを確認しておきます。確認できたらお太鼓の状態で縫いますが、角張らないように注意します。手先を左に倒して表に返すとお太鼓部分ができあがっています。 次に胴に巻く部分を作ります。身体の前側で見せたい部分を決めます。自分のサイズに合わせて、表と裏にマジックテープを縫い付けます。実際に胴に一巻きしながら決めてみて、マジックテープをつけるとしっかり付けられます。マジックテープ部分は着用時はお太鼓で隠れるので、多少ボコボコしてしまっても大丈夫です。 お太鼓は通常の着付けと同じように帯枕等で形を整えてから、背負うようにして装着します。帯揚げと帯締めでしっかり固定すれば、自作付け帯による着付けの完成です。 慣れてくれば帯でなく反物からでも作ることができます。しまいこんでいる帯があるならおすすめです。

y001-1047

はちみつ梅の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はちみつ梅ははちみつを加えることで梅の酸っぱさが抑えられるので、酸味が苦手な方や子供向けのおやつにぴったりです。梅干しは...

y001-0826

移動ポケット型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

移動ポケットは、パンツやスカートのウエスト部分にクリップやピンで留めることができ、付け替え式のポケット型ポーチです。就学...

y001-0920

ミートソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミートソースを手作りする理由として安全面と経済的な面、健康面があげられます。缶やレトルトパックで簡単に食べる事の出来るミ...

y001-0377

美味しいすき焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すき焼きには様々な野菜とお肉が入っており、とても栄養価の高い食べ物です。中に入れる具材は白菜、青ネギ、長ネギ、エリンギ、...

y001-0421

猫ちぐらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

猫ちぐらとは藁でできた猫ベッドのことで、猫を飼っている人の間で大人気の商品です。通気性が良く、保湿性にも優れていますので...

y001-1010

ピザの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピザはイタリアを中心に今では世界中で親しまれている人気の食べ物です。冷凍や宅配、チェーン店のピザなどは手軽ですぐに食べら...

y001-0613

手作り提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の季節の風物詩のように使用されることの多いアイテムには提灯があります。古くから用いられている道具になり、本来では明るさ...

y001-1116

ナンプレ無料問題の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

電車に乗っている時など、隣に座っている人や正面に座っている人などが鉛筆を片手に手帳程のサイズの本を真剣に読みながら、鉛筆...

y001-0083

門松の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

知っている通り、お正月のシーズンに飾るために使われる道具です。ただ、松という字が使われていますが、竹が使われているのがメ...

y001-0332

抱っこひも手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

赤ちゃんが生まれると、いつまでもあやしていたいほど、いとおしい存在ですが、生活をする上で、いつまでもあやしている訳にはい...

お守りフェルト手作り...

これだけデジタルな物に囲まれて生活している現代人にも、お...

y001-0966

ブロック塀DIYの簡...

一戸建て住宅にお住まいの方や購入した土地に住宅を建築して...

y001-0251

和紙の簡単な手作り方...

和紙というと、高級なイメージを持っている人も多いかもしれ...

y001-1095

ニョッキの簡単な手作...

じゃがいもと小麦粉で作ったお団子のような料理であるニョッ...