北海道いももちの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

北海道いももちの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テレビでも取り上げられることがあるご当地グルメ北海道いももちは、小腹がすいたときのちょっとしたおやつとして重宝します。北海道では道の駅はもちろん、スーパーの食品売り場や回転寿司にもあるという人気の食べ物です。最近は北海道だけでなく全国の居酒屋で出されることもある北海道いももちですが、家でも簡単にできる手作り方法があるのです。現在、冷凍食品としても販売されていますが、じゃがいもと家にあるもので簡単に作れてしまいますので、コストパフォーマンスも非常に良いでしょう。最近話題になることも多い食品添加物の心配をすることもなく、手軽に野菜がとれるので、子どものおやつにももってこいです。一度つくれば、冷凍して保存することができます。また、のりを巻いて食べたり、すいとんに入れたりと、アイディア次第で様々な食べ方もできるのです。もちろん、ビールのおつまみにももってこいなので、子どもから大人までみんなで楽しめます。田舎からじゃがいもがたくさん送られてきて、カレーや肉じゃがは作ったし、他に何が作れるだろう?といった時にも、手軽においしいおやつを作りたいという時にも、ぜひもってこいなのが北海道いももちなのです。

北海道いももちを作ることの楽しさ

いももちは非常に簡単に作ることができます。そのため、もちを丸めるときに、子どもと一緒に楽しむこともできます。簡単に成形できるので、大層な技術は必要ありません。一緒に作ることで、どうやったら上手くできるか、どんな形がおいしいか、など会話もはずむに違いありません。子どもも、自分で作ったおやつを食べることで達成感につながりますし、食育としても良いでしょう。北海道の郷土料理ですから、食文化に対して興味をもつきっかけになるかもしれません。また、いももちはアレンジ次第で様々な料理に生まれ変わります。上に、トマトソース、ピーマン、チーズをのせて焼けばピザ風いももち、上にアイスクリームをのせてデザートいももち、また、お正月におしるこにいれるなど、自分好みの味で楽しめるのも、手作りいももちのメリットと言えるでしょう。一度に大量に作ってしまっても、冷凍保存することができます。冷凍庫にストックしておけば、時間のない朝に子どものお弁当に入れてもいいですし、夜ご飯にもう一品付け足したいときやおつまみとしても非常に重宝するでしょう。コロッケと作り方は似ていますが、ころもを付けて揚げないので、多少カロリーをおさえることができます。

北海道いももちを作るのに用意する物

北海道いももちを作る際に用意するものはまず名前にもある通りじゃがいもです。大きさにも因りますが、じゃがいも4~5個で3人前程の量になります。 種類はお好みで良いです。メークインは煮崩れし難い品種で潰す際少々力が必要です。男爵は煮崩れし易い品種なので、いももちのように潰すのは簡単です。北海道いももちということで、北海道ならではのインカのめざめもおすすめです。 次にもちもち感を際立たせる為に必要なのが片栗粉です。多すぎると粉っぽくなってしまったり、焼いた際にひび割れてしまうので注意が必要です。 基本的には以上が北海道いももちを作るのに必要なものです。 味付けとしては様々なバリエーションがあります。 醤油、砂糖醤油、マヨネーズ、ソース、塩などお好みで変わってきます。 マヨネーズとソースを合わせるとお好み焼き風な味付けになります。マヨネーズとケチャップを合わせるとファーストフード店のメニューにありそうなお子様も好きな味になります。 ちょっとひと手間として油を切ったシーチキンやピザ用チーズなどを用意すると味に広がりが出来ます。 後はボウル、ポテトマッシャー(無ければお玉の背や木べらで代用)、フライパン、フライ返し(菜箸でも可能)が必要です。

北海道いももちの作り方の手順

北海道いももちの手作り方法はとっても簡単。 水からじゃがいもを茹でます。沸騰したら弱火にして30分程。 時短する際は皮を剥いて薄く切った状態で茹でると茹で時間が短縮されます。 レンジでも可能ですが、水分が飛び過ぎないよう注意して下さい。 茹だったら皮を剥きますが熱いので火傷に注意して下さい。 冷めてからだと皮が剥き難くなります。 皮を剥いたじゃがいもは熱い内にマッシャーで潰します。じゃがいもの形が崩れてきたら片栗粉を入れます。 手に付かなくなるくらいが理想ですが、おおよそじゃがいも1個に対して大さじ2杯くらいが良いです。 シーチキンを入れる際はここで一緒に混ぜて下さい。 手でまとめられるようになったら一口大の大きさに丸めて平らになるよう少し潰します。 ピザ用チーズを真ん中に入れておくと食べる際にとろっと出てきます。入れ過ぎではみ出さないよう注意が必要ですが。 形成が終わったら焼きます。 フライパンにはバターを薄く敷いて下さい。マーガリンやごま油、何も敷かなくても美味しく仕上がります。 一度茹でてあるので焼き色が付くくらいで良いです。 片面に焼き色がついたらひっくり返して、両面に焼き色がついたら完成です。 後はお好みの味付けでお召し上がり下さい。 和風好みは砂糖醤油とのりがお勧めです。洋風好みはケチャップとマヨネーズを1:1で合わせたものがお勧めです。

北海道いももちの作り方のまとめ

材料は、じゃがいもと家にあるもので足りてしまいます。もちは、大きいじゃがいも1個に対して、片栗粉を大さじ1弱のみでお好みの量を用意してください。また、タレは醤油、日本酒、砂糖を1:1:2の割合で作ります。じゃがいもの皮をむき、鍋に入れます。じゃがいもが浸かるくらいのたっぷりの水を入れ火にかけ、沸騰して15分ほどで柔らかくなります。お湯を全て捨て、熱いうちにマッシャーなどでつぶします。かたまりがなくなり、あら熱がとれたら、片栗粉をいれ粉っぽさがなくなるまで混ぜます。混ぜ終わったら丸めたものを手のひらでつぶして成形します。タレは、材料全てをフライパンで熱しておきます。もちは、多めの油で揚げ焼きにし、両面に焦げ目が付いたらできあがりです。これにタレをからめて、お召し上がりください。ポイントは、じゃがいもの熱がとれてから片栗粉を入れることです。あたたかいうちに片栗粉を入れてしまうと、片栗粉が熱されてしまい、ベタベタになって成形しにくくなってしまいます。成形するときに、中にカマンベールチーズを入れると、熱されたチーズがとろっとしてとてもおいしく出来上がります。また、じゃがいもの代わりにさつまいもで作ってもちょっとしたデザートとして楽しめるでしょう。

y001-0925

マッシュポテトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マッシュポテトは、とても美味しい物です。しかし、茹でて潰して味付けをしてと意外と手間が掛かる物の1つです。作るより買って...

y001-0248

筍の茹で方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

筍は鮮度が大切です。近所のスーパーに行けば、筍の水煮が手に入るかもしれません。しかし、採れたての筍のおいしさには到底かな...

y001-1311

クマのぬいぐるみの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古くからクマのぬいぐるみは、子供から大人まで多くの人々に親しまれています。作る理由は、何と言ってもクマのぬいぐるみの可愛...

y001-0389

八宝菜レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

料理の中には肉や魚などメインとなる食材があり、それに合わせて一緒に入れる具材を選ぶという方法もあります。その時には、メイ...

y001-0237

ペンダント延長コードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ペンダント延長コードを作る理由としては、照明器具をより下に設置したい場合などに延長する必要があるからです。照明器具にはい...

ファスナー付け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バッグは荷物を入れて移動するには、大変便利な道具です。荷物を手に持って移動するには、持つものの数に限りがありますし、手が...

y001-0591

焼き豚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お店で売られているラーメンには必ずといっていいほど入っている焼き豚、それ以外にもチャーハンに入れたり、丼にしたり、おつま...

y001-1462

いちごジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いちごジャムを作る理由や目的につてはさまざまなものがあります。まず、いちごが実る季節になるとたくさんおすそわけをもらうこ...

y001-1088

ニンニクの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクを使った料理は実に多いですが、栄養を豊富に含んでいるニンニクを食べることで様々な効果が得られます。ニンニクは体に...

y001-1013

ひき肉レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ひき肉レシピの魅力は、アレンジ次第で色々な味付けが出来ること、子どもに人気なメニューが多いこと、肉が苦手な人でもおいしく...

y001-0214

藁の鍋敷きの簡単な手...

藁の鍋敷きを作る理由としては、まずは鍋を直接テーブルの上...

ピクルスの簡単な手作...

ピクルスはきゅうりやにんじんなどの好みの野菜をお酢をベー...

フルーツポンチの簡単...

夏のデザートといえばやはり冷たいものが好まれますが、アイ...

y001-0764

基礎代謝を上げる方法...

基礎代謝を上げる方法を生活に取り入れることは健康のために...