卵豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵豆腐は豆腐の名前がついていますが、大豆は含まれていません。主原料は豆腐とだし汁で、貧血を予防する効果があります。卵には、ヘモグロビンの合成を助けるビタミンB12が含まれているので、貧血気味の人におすすめです。しかも、ほとんど糖質を含まないので、低糖質ダイエットをしている人の食事にも適しています。また、血液をサラサラにする作用があるコリンという成分が含まれているので、高血圧の改善にもなります。健康にも良いですし、ビタミンAが含まれているので美肌にも良いです。ビタミンAは粘膜や皮膚を健康に保つ、肌荒れを予防する効果があります。ビタミンEやレシチンは肌のアンチエイジングに効果的です。自宅で卵豆腐を作れば、卵とだし汁だけなので余分なものを入れずに作ることが出来ます。防腐剤などの添加物が気になる人でも食べられます。また、食欲のない時にもさらりと食べられるので、風邪をひいたときや病後の養生食としても適しています。噛まずに食べられるので、口内炎や抜歯後などで口内が痛いときにも食べられるレシピです。基本的には蒸して作りますが、電子レンジで簡単に作れるレシピもあるので、すぐに作りたいときにも便利です。

卵豆腐を作ることの楽しさ

卵豆腐を食べると、健康や美容に良いです。高血圧や貧血予防になりますし、肌を綺麗に保たせることが出来ます。 自宅で作る最大のメリットは、好きな硬さに調整できるということです。卵豆腐と似た味の食べ物に茶碗蒸しがあります。この2つの違いは、卵液に対するだし汁の容量です。卵豆腐は「卵:だし汁=1:1」、茶碗蒸しは「卵:だし汁=1:4」くらいで作ります。なので、卵豆腐の方が出来上がりが固めになります。どちらも蒸し料理という点では同じですし、使う出汁も同じですが、固さが違います。 卵豆腐は基本的には冷やして食べる、茶碗蒸しは温めて食べるという違いもありますが、冷やしても温めてもどちらでも食べられます。 自宅で手作りすれば、使うだし汁の味が変えられます。カツオ出汁以外に鶏ガラスープやコンソメ、牛乳で作るという方法もあります。 アレンジがきくというのが最大のメリットです。さらに、卵豆腐をスープに入れてそこにミツバを添えて食べれば、ミツバの香りの効果で食欲が増進します。 夏バテで何も食べたくないときの食欲増進レシピとして使うことが出来ます。子どもからお年寄りまで安心して食べられるので、手作りしておかずの一品にしてみると良いです。

卵豆腐を作るのに用意する物

栄養たっぷりの卵豆腐をもっとたくさん食べたいと思うのであれば、手作りするのもおすすめです。材料もそれほどたくさん必要ではないので、手作り方法を覚えれば好きなだけいつでも作ることが出来ます。冷やしてそのまま食べても美味しいですし、他の食材と組み合わせたりしてもいろんなバリエーション豊かな食べ方をする事ができるのが魅力です。 用意する食材は、卵です。卵豆腐ですから、なるべく新鮮でいい卵を使うようにすれば味わいもさらに深いものになります。ここにだしを加えてつくりますので、かつおだしなど好みのだしを用意しておいて下さい。簡単に作りたいと思うのであれば、めんつゆなどを使っても作ることが出来ます。出来上がった後にかけるためのさっぱりとしたつゆには、こちらもだしや醤油、みりんを合わせて作るので用意しておくといいでしょう。薬味もあればさらに美味しく食べることができますので、好みでおろし大根やしょうが、そしてわさびなども準備してみて下さい。子供向けに作る場合にはなくても構いません。 道具は蒸し器を用意したいですが、なければ鍋などを使っても出来ます。小分けにするなら容器も幾つか用意しておくと、作業もスムーズに出来ます。

卵豆腐の作り方の手順

卵豆腐のベースとなる卵液は、大体イメージとして卵の量に対して1.5倍を目安にだし汁を用意して作ります。先にだしを用意するのですが、かつおだしなどを用意したら醤油と塩でお吸い物を作るよりはやや濃い目かなと思うぐらいの味を付けておきます。ボウルなどに割り入れた卵にそのだしを入れて、泡だて器などを使ってしっかりと良く混ぜていきます。裏ごしするかしないかは好みなのですが、もっと丁寧な口当たりのものを食べたいならひと手間かけることで滑らかな食感になるのでおすすめです。できるだけ目が細かいもので漉しましょう。 蒸し器を用意して、そこに小さな容器などに入れた卵豆腐の元を並べて蒸します。水滴が落ちると台無しになってしまいますので、固く絞ったふきんなどを用意しておいて蒸し器にかけておくといいでしょう。強火で蒸すとすが入りやすいので弱火で蒸していきます。大体8~10分ほどを目安に蒸しますが、竹串を刺してみてまだのようであれば蓋をして火を止めて余熱で5分ほど置いて下さい。透明な液が出てくればそれで完成です。出来立てを味わうもよし、冷やしてから食べるのもよし、薬味も揃えて出せば市販のものに負けない手作りの卵豆腐が楽しめます。

卵豆腐の作り方のまとめ

卵豆腐は基本的には卵液とだし汁さえあれば作れます。ここでは、少し甘さを加えたレシピを紹介します。 3人分のレシピで、卵3個、だし汁200cc、みりん大さじ1、塩小さじ1、です。 だし汁にみりんと塩を加えて冷まします。これに溶き卵を折れて卵液を作り、茶こしで濾します。漉すのが手作り方法のコツです。2回ほど漉すことで、白身が入らずに滑らかな仕上がりになります。白身が気にならない人は濾さなくても良いですが、スが入りやすくなってしまうので漉すのが推奨です。耐熱容器に3等分して卵液を入れます。 大きめのフライパンを用意して、6分目くらいまで水と先ほどの卵液入り耐熱容器を入れます。それぞれの容器をアルミホイルで密閉して、水が入らないようにします。あとはフライパンにふたをして、弱火で様子を見ながら蒸せばOKです。一気に熱くするとスが入ってしまうので、弱火でじっくり蒸すのがポイントです。固まってきたら竹串を刺してみて、卵液がついてこないようであれば取り出して冷やします。固まってきたら火を止めて余熱で蒸してもOKです。 型をしっかり取りたいときには、卵の分量をだし汁に対して多めにすると綺麗な形で抜けやすいです。

ミニトマト

ミニトマト育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミニトマトを作る目的を考えてみましょう。ミニトマトを作る理由は、誰がなんと言おうとミニトマトを収穫し食べることではないで...

y001-1454

うどレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどは山菜の一つであり、漢字で書くと「独活」になります。「独活」と書いて有っても、これを「うど」と読める人は少ないと言え...

y001-0649

七夕折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

七夕をするときに必要になるものといえば、笹でありこの笹に長居を叶えることができるかもしれない短冊をつけたりして、七夕を満...

y001-0110

ファスナー付きトートバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY...

バックは生きていく上で欠かせない持ち物ですが、意外とこれとても良いという品に出逢うことは少ないです。人それぞれ持ち方や使...

y001-1088

ニンニクの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクを使った料理は実に多いですが、栄養を豊富に含んでいるニンニクを食べることで様々な効果が得られます。ニンニクは体に...

y001-0209

レザーコインケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レザーのコインケースを作る理由はいろいろなものがあると思います。既製品の販売されているものでは満足できない方や、手作りの...

y001-1171

チラシカゴの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チラシカゴを作る理由は、簡単に作れて便利に活用できる利点があるからです。新聞には毎日多くのチラシが入ってくるものですが、...

y001-0895

もてなし料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お客さんを招いた時に作る料理のことを、もてなし料理などと言いますが、もてなし料理は訪れたお客さんの口に合うものを選ぶ事が...

y001-1085

にんにく料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくは、紀元前3000年前のエジプトでは既に栽培されていたと考えられており、食用や薬用として利用され続けてきた長い歴...

y001-0101

ショルダーバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

出かけるときには、できるだけ両手をあけておくのが望ましいとされています。もしかしたら転ぶかもしれませんし、そんな時に手が...

y001-1273

さばの味噌煮の簡単な...

さばの味噌煮は日本人にとっては、和食の魚メニューの定番で...

y001-0652

七夕飾りの簡単な手作...

七夕というのは1年に一回だけあるイベントであり、このとき...

y001-0201

塩麹の簡単な手作り方...

塩麹は日本に昔からある伝統の調味料です。料理にもマッチし...

y001-0900

メンチカツの簡単な手...

食卓のメインとなるおかずは、栄養が十分にあってボリューム...