堆肥スペースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

堆肥スペースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

堆肥スペースを作る理由としては、自宅で堆肥を作る事があるでしょう。家庭菜園をしたりガーデニングをするときには植物などに与える肥料などが必要になります。通常はありませんから園芸店などで購入することになります。それほど高くありませんから手軽に購入することはできますが、それなりにお金がかかります。そもそも堆肥はどのように作られるかの作り方を知っていれば、自分で作る事ができるかもしれないと考えるかもしれません。堆肥に関しては植物由来の有機物が堆積して発酵した土のことになります。人が食べた残りや料理などを作る過程に出る野菜の切れ端などがあるかもしれません。これらについては土などに入れているとバクテリアが分解をして、発酵することになります。これによって堆肥が作られます。ただしただ適当に食べ残りのかすなどをその辺りにおいて置いてもただ単ににおいがするだけで近所迷惑になります。そこで必要になるのが堆肥スペースになります。堆肥を作るための場所を専用に作っておき、さらにはにおいなどについてもあまり出ないようにして置くためのところになります。スペースを作ること自体は簡単にできるでしょうが、きちんと発酵などが進むかどうかになります。

堆肥スペースを作る事の楽しさ

堆肥スペースを作る事の楽しさとしては、植物などを作る楽しさとの関連になるでしょう。植物や農作物を育てる人は、一から育てる楽しみを持っているでしょう。種をまいて、芽が出て、花が咲いたり実がなったりします。花が咲けばそれで終ることもありますが、実がなるものは収穫をして食べて楽しむことができます。このときには肥料が必要ですが、通常は化学肥料を用いたり、市販の肥料を使います。堆肥スペースを作っておくことで、肥料に関しても自分で作る事ができます。化学肥料に関しては科学的な物質を加えて成長しやすくしていますが、堆肥であれば成長はゆっくりですが自然に近い状態で作る事ができます。自分で堆肥を用意することができれば、多くの部分において自分で作る事ができるようになるので、その部分の楽しみがあります。食事をするときには料理を作りますが、そのときには野菜屑などのごみが出ます。通常は生ごみとして捨てますが、堆肥の作り方としてはそれを利用することができます。捨てるものを堆肥にする事ができれば、簡単にエコな活動をする事ができることにもなるでしょう。電気を使わないなどでもエコなことはできますが、堆肥を作ることでもできます。

堆肥スペースを作る際に用意する物

堆肥スペースを作る際に用意する物としては、基本的には一戸建ての住宅などの庭になるでしょう。スペースがあればよいわけではありません。それならマンションのベランダにもできそうですがさすがにそれでは隣などににおいが行くことがあります。ですから、一戸建ての住宅の庭で、隣近所などとあまり近くない距離のスペースを用意するようにします。塀などがあればそれによってにおいがさえぎられるので調度いいこともあります。スペース以外においては、発酵が進みやすくするための枠であったり、密閉する状態にする道具が必要になってきます。周りの温度などが一定の温度になってくるとバクテリアの活動も活発になりやすいです。広いところで十分なスペースが取れるのであればよいですが、一般の住宅だとそれほど広い場所もとることができません。そのときには木製の枠やプラスチックの枠などが必要になります。作り方としてはそれらで覆うようにするのが簡単とされています。最も簡単なのは専用のプラスチックの枠を購入して設置することですが、それだと手作りとはいえないでしょう。自宅にあるものを上手く活用するようにします。ダンボールなども使うことができるようです。

堆肥スペースの作り方の手順

堆肥スペースの作り方の手順としては、まずは堆肥スペースを設置する部分の土を掘り起こすようにします。表面よりも土の中などのほうが発酵が進みやすくなります。夏だけでなく冬などにも使いたいでしょうから、冬でも安定した温度で発酵を進めることができるようになります。穴を掘ったら防水シートなどを敷くことがあります。堆肥スペースにおいては、堆肥ができるだけでなく、場合によってはあまりよくない成分ができてしまうことがあります。そうなったとき、地面にしみこんでしまうとよくありません。通常は堆肥ができるので土にはよい状態になるはずですが、一応念のために防水シートを敷いておくとよいでしょう。後はその上に枠を設置します。木枠を設置してもよいですし、ダンボールを乗せて動かないようにすることでもよいです。風が吹いて動いてしまったら意味がなくなりますから固定できるようにしておきます。完全に密閉することができなくてもよいですが、それなりに中のにおいなどが出て行かないようにする必要があります。ダンボールなどでは簡単ににおいが出てしまうことがあるので、その上からビニールをかぶせるなどしておけばにおいも出にくく、発酵も進みやすいようになるでしょう。

堆肥スペースの作り方のまとめ

堆肥スペースの作り方のまとめとしては、土の庭があるような住宅において、堆肥スペースを設置する場所においては周りの住宅との兼ね合いを考えて設置するようにします。あまり隣の家と近い、玄関と近いなどになると迷惑がかかることになります。できる堆肥に関しては基本的には土にいいものができますが、場合によってはよくないものができてしまうことがあります。それが土にしみこんでいかないような対策をしておいたほうが後々のことを考えるとよい場合があります。必ずしもする必要があるわけではないですが、簡単であればしておくようにします。覆うための道具に関しては、木枠などしっかりしたものがよいですが、ダンボールでも行えます。ただし飛ばないように固定をしたりして、きちんと設置をするようにします。堆肥に関してはごみなどを入れるときに混ぜるようにするとよいとされています。ですから、混ぜやすいように蓋を設置することがあります。あまり大きくする必要はありませんが、ごみを入れるときに混ぜることができるようにしておけばいいでしょう。新しいごみが下のほうに行けばにおいとしても出にくくなります。混ぜやすくしておくことも重要なことの一つになるでしょう。

y001-1262

しその実塩漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しその実は主に青しその穂先の実のことを言います。花が咲いている時はそのまま天ぷらにして食べたり、お刺身に彩としてそえたり...

y001-1070

のし袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冠婚葬祭で贈るお祝いの現金を包むのし袋は、一般的な雑貨店を初めとして様々な店舗で売られています。そのため市販の商品を購入...

y001-0990

フォトモザイクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フォトモザイクは、多数の写真を使って一枚の大きな画像を作る手法です。このフォトモザイクを作る楽しさは、一枚一枚の写真は全...

y001-0257

冷凍卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「冷凍卵」という言葉を聞いたことがありますか。冷凍卵とは、生卵を冷凍したものです。解凍してそのまま食べたり、料理の材料と...

y001-1481

アップヘアスタイルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アップヘアスタイルを作る目的は、髪をスッキリさせることと、暑い日には涼しいためです。髪の毛が長いのは良いもの、蒸し暑い時...

バンダナキャップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バンダナキャップを作る理由は、作り方がとても簡単で、おしゃれで、気分を明るくすることができることです。普段かぶっている帽...

y001-0156

提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

提灯を作る理由は、子供の学校行事などで使うことがありますし、夏には、お盆の時期など風情がでてとても良いものです。日本の伝...

ハッカ油虫除けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハッカ油を使って簡単に作れる虫除けは、エコなうえに節約になります。天然のものですから体に優しいですし、安全です。手作り方...

y001-0906

メイソンジャーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アメリカで大ブームとなって、今日本でも人気が高まっているのがメイソンジャーです。メイソンジャーとは、気密性の高いふたのあ...

y001-0132

レンガ囲炉裏の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レンガ囲炉裏を作る理由としては夏などにバーベキューを庭で楽しむためです。バーベキューをするためには場キャンプ場などに行く...

y001-0283

卵の天ぷらの簡単な手...

さぬきうどんのお店の天ぷらのメニューの中に半熟卵の天ぷら...

y001-0824

稲の簡単な手作り方法...

日本人にとってお米は欠かすことができない食料のひとつです...

y001-0032

木のおもちゃの簡単な...

木のおもちゃはとても温かみがあって、手作りするのにも丁度...

y001-1378

ガウチョパンツの簡単...

夏場の暑さと湿度、これは日本に住んでればだいたいは誰でも...