堆肥スペースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

堆肥スペースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

堆肥スペースを作る理由としては、自宅で堆肥を作る事があるでしょう。家庭菜園をしたりガーデニングをするときには植物などに与える肥料などが必要になります。通常はありませんから園芸店などで購入することになります。それほど高くありませんから手軽に購入することはできますが、それなりにお金がかかります。そもそも堆肥はどのように作られるかの作り方を知っていれば、自分で作る事ができるかもしれないと考えるかもしれません。堆肥に関しては植物由来の有機物が堆積して発酵した土のことになります。人が食べた残りや料理などを作る過程に出る野菜の切れ端などがあるかもしれません。これらについては土などに入れているとバクテリアが分解をして、発酵することになります。これによって堆肥が作られます。ただしただ適当に食べ残りのかすなどをその辺りにおいて置いてもただ単ににおいがするだけで近所迷惑になります。そこで必要になるのが堆肥スペースになります。堆肥を作るための場所を専用に作っておき、さらにはにおいなどについてもあまり出ないようにして置くためのところになります。スペースを作ること自体は簡単にできるでしょうが、きちんと発酵などが進むかどうかになります。

堆肥スペースを作る事の楽しさ

堆肥スペースを作る事の楽しさとしては、植物などを作る楽しさとの関連になるでしょう。植物や農作物を育てる人は、一から育てる楽しみを持っているでしょう。種をまいて、芽が出て、花が咲いたり実がなったりします。花が咲けばそれで終ることもありますが、実がなるものは収穫をして食べて楽しむことができます。このときには肥料が必要ですが、通常は化学肥料を用いたり、市販の肥料を使います。堆肥スペースを作っておくことで、肥料に関しても自分で作る事ができます。化学肥料に関しては科学的な物質を加えて成長しやすくしていますが、堆肥であれば成長はゆっくりですが自然に近い状態で作る事ができます。自分で堆肥を用意することができれば、多くの部分において自分で作る事ができるようになるので、その部分の楽しみがあります。食事をするときには料理を作りますが、そのときには野菜屑などのごみが出ます。通常は生ごみとして捨てますが、堆肥の作り方としてはそれを利用することができます。捨てるものを堆肥にする事ができれば、簡単にエコな活動をする事ができることにもなるでしょう。電気を使わないなどでもエコなことはできますが、堆肥を作ることでもできます。

堆肥スペースを作る際に用意する物

堆肥スペースを作る際に用意する物としては、基本的には一戸建ての住宅などの庭になるでしょう。スペースがあればよいわけではありません。それならマンションのベランダにもできそうですがさすがにそれでは隣などににおいが行くことがあります。ですから、一戸建ての住宅の庭で、隣近所などとあまり近くない距離のスペースを用意するようにします。塀などがあればそれによってにおいがさえぎられるので調度いいこともあります。スペース以外においては、発酵が進みやすくするための枠であったり、密閉する状態にする道具が必要になってきます。周りの温度などが一定の温度になってくるとバクテリアの活動も活発になりやすいです。広いところで十分なスペースが取れるのであればよいですが、一般の住宅だとそれほど広い場所もとることができません。そのときには木製の枠やプラスチックの枠などが必要になります。作り方としてはそれらで覆うようにするのが簡単とされています。最も簡単なのは専用のプラスチックの枠を購入して設置することですが、それだと手作りとはいえないでしょう。自宅にあるものを上手く活用するようにします。ダンボールなども使うことができるようです。

堆肥スペースの作り方の手順

堆肥スペースの作り方の手順としては、まずは堆肥スペースを設置する部分の土を掘り起こすようにします。表面よりも土の中などのほうが発酵が進みやすくなります。夏だけでなく冬などにも使いたいでしょうから、冬でも安定した温度で発酵を進めることができるようになります。穴を掘ったら防水シートなどを敷くことがあります。堆肥スペースにおいては、堆肥ができるだけでなく、場合によってはあまりよくない成分ができてしまうことがあります。そうなったとき、地面にしみこんでしまうとよくありません。通常は堆肥ができるので土にはよい状態になるはずですが、一応念のために防水シートを敷いておくとよいでしょう。後はその上に枠を設置します。木枠を設置してもよいですし、ダンボールを乗せて動かないようにすることでもよいです。風が吹いて動いてしまったら意味がなくなりますから固定できるようにしておきます。完全に密閉することができなくてもよいですが、それなりに中のにおいなどが出て行かないようにする必要があります。ダンボールなどでは簡単ににおいが出てしまうことがあるので、その上からビニールをかぶせるなどしておけばにおいも出にくく、発酵も進みやすいようになるでしょう。

堆肥スペースの作り方のまとめ

堆肥スペースの作り方のまとめとしては、土の庭があるような住宅において、堆肥スペースを設置する場所においては周りの住宅との兼ね合いを考えて設置するようにします。あまり隣の家と近い、玄関と近いなどになると迷惑がかかることになります。できる堆肥に関しては基本的には土にいいものができますが、場合によってはよくないものができてしまうことがあります。それが土にしみこんでいかないような対策をしておいたほうが後々のことを考えるとよい場合があります。必ずしもする必要があるわけではないですが、簡単であればしておくようにします。覆うための道具に関しては、木枠などしっかりしたものがよいですが、ダンボールでも行えます。ただし飛ばないように固定をしたりして、きちんと設置をするようにします。堆肥に関してはごみなどを入れるときに混ぜるようにするとよいとされています。ですから、混ぜやすいように蓋を設置することがあります。あまり大きくする必要はありませんが、ごみを入れるときに混ぜることができるようにしておけばいいでしょう。新しいごみが下のほうに行けばにおいとしても出にくくなります。混ぜやすくしておくことも重要なことの一つになるでしょう。

y001-1089

ニンニクの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクは、ユリ科ネギ属の植物で香味野菜の代表的な存在です。紀元前数千年頃には栽培が開始されていたと考えられており、人類...

y001-1329

キャラクター折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙は、日本の文化として世界中に広く知られている動物や植物、生活道具などの形を作るという内容の遊びです。室町時代の頃に...

y001-0866

リボンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

人の脳の機能というのはとても複雑であることが分かる例として、目の前に見えるものに何かを加えるだけで、全く違った印象に見え...

y001-1307

クレープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「クレープ」は、子供から大人までみんなが大好きなスイーツです。専門店かありながらも、自宅で簡単に焼くこともできる手軽なお...

y001-0952

ペットボトルロケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ペットボトルロケットはただの遊びのためのおもちゃにとどまらないものがあります。水と圧縮した空気をペットボトルへと溜めて、...

y001-0707

黒ニンニクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクは、紀元前3000年頃の古代エジプトでは既に栽培されていたと考えられており、食用として長い歴史を積み重ねています...

木箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

木箱を作る人は大勢います。では、どうして作るのでしょうか。その理由の一つが求めているサイズの箱がなかなか見つからないとい...

y001-0394

麦わら帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手芸品等の趣味を持っている方の中には夏の季節に役立つアイテムとして、麦わら帽子をDIYとして製作する方法があります。帽子...

y001-0735

鶏肉料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家庭ではお肉を使った料理を作ることが多いでしょう。育ち盛りのお子さんや働き盛りの大黒柱のためにも、お肉を食べて体力をつけ...

y001-1231

ステテコの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高温多湿になるのが、日本の夏の特徴です。この時期は非常に汗を掻くことが多く、また湿度が高いですから、汗がじっとりと身体に...

y001-0620

手作り楽器の簡単な手...

身の回りにあるものや不用品を利用したりといった風に、環境...

y001-0355

布ナプキンの簡単な手...

布ナプキンを手作りするのは、自分にあった物が作れるからで...

y001-1314

クッキー作りレシピの...

料理を覚えるための手始めとしてクッキー作りをしたという人...

y001-1474

アンクレット手作りの...

アンクレットは、手軽におしゃれを楽しむことができるアイテ...