彼岸団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

彼岸団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

彼岸団子を作る理由としてもっとも大きいのが、ご先祖さまの供養のために作る場合が一般的で、お彼岸は毎年2回あり、春のお彼岸は春分の日の祝日を中心に、秋のお彼岸は秋分の日の祝日を中心にした前後7日間であり、その時期にはお墓参りをしたりお仏壇へお供え物をして、ご先祖さまの供養を行います。彼岸団子の作り方は各家庭や地域によって味わい・形・材料も異なりますが、団子には餡を入れるのが一般的で、小豆の赤い色は魔除けの効果があるとされ、邪気を払うことからご先祖さまへの供養として用いられており、大切なお彼岸時期に小豆の言い伝えと高価な砂糖を使った団子をお供えすることで供養することができるため、彼岸団子が各家庭で作られるようになっています。おはぎやぼた餅を作る地域がある中、お彼岸入りの入り団子やお彼岸明けの明け団子を作る地域もあり、家庭によってシンプルな餅粉のみの作り方でお仏壇へのお供え物とする家庭や、季節をご先祖さまにも感じてもらうためにお月見団子や草団子などの、春と秋にちなんだ彼岸団子に仕上げる家庭もあり、供養が作る理由としているものの、伝統的な和の菓子を伝承するためや季節を感じるために作る家庭も増えています。

彼岸団子を作る事の楽しさ

彼岸団子を作る事でご先祖さまをお迎えする段取りを整えるなど、気持ちから入る楽しさも挙げることができます。さらに簡単に作れる方法であれば、小さなお子さまも団子を丸めたり、混ぜたりなどの作業も一緒に行えるため、家族のコミュニケーションに自ずと結び付けることができます。また彼岸団子作りは各家庭や地域によっても様々であり、嫁いだ先で異なる作業行程を体験するなどの楽しみ方もあり、また形も丸い団子状のものから、串に刺した形状・平たい小判状など、作る人によって異なる形に仕上げられるのも作る事の楽しさと言えます。小さなお子さまからご年配の方までが簡単に作業が行える行程であり、子供の成長を促すことをはじめ、高齢者の手先を使う運動機能向上、また伝統的な彼岸団子の由来や味の継承など、作りながら語りあうことができるのも彼岸団子の特徴です。またご先祖さまをお迎えするために作るだけではなく、お彼岸の最後の日にはお土産のお団子として配る風習も地域によってあるため、気持ちを込めた手作り団子が注目されています。また、春のお彼岸には春を感じることのできるヨモギを加えたり、つぶ餡やこし餡、黄身餡など、団子の中身を変えて作る楽しさもあります。

彼岸団子を作る際に用意する物

彼岸団子を手作りする場合に準備しておきたい物としては調理器具を挙げることができ、上新粉を蒸す場合には蒸し器が必要となり、また蒸し器にセットするための布巾も用意します。簡単な作り方としては蒸し器以外にも電子レンジでの調理も可能なので、レンジ専用となるシリコンボウルや耐熱性の容器が必要で、白玉粉で作る場合には茹でる行程があるために鍋も用意しておきます。さらに上新粉をかき混ぜるための菜箸や、茹でた団子をすくうためのお玉、材料を混ぜ合わせる道具としてボウルも準備しておきます。その他、材料を計るための計量カップやはかり、蒸す時間を計測するためのキッチンタイマーも用意しておくと便利です。さらに上新粉での作り方の場合、蒸した生地を熱いうちに捏ねる作業行程があり、通常は濡れ布巾を用いて捏ねるのですが、生地がくっついたりしない簡単な道具としてシリコンペーパーが最適となります。シリコン製であるため、柔らかく、捏ねる作業もラクにでき、生地がペーパーにくっつく心配もないのが特徴で、さらに耐熱性もあるため、用意しておくと便利です。濡れ布巾では熱さとの勝負となるため、軍手など手を保護できるグローブも準備しておきます。



彼岸団子の作り方の手順

彼岸団子の作り方として、材料には餅粉・米粉・白玉粉などがあり、それぞれの好みで作るのが適していますが、お供え物とする場合には上新粉が適しています。作り方の手順としては、まず、ボウルに上新粉を入れて、熱湯を加えて菜箸で手早くかき混ぜ、ザックリまとまったら手で捏ねていきます。生地が水分と混ざるまでしっかり捏ねることが食感に繋がるため、大切な作業行程となります。蒸し器にお湯を沸かして濡れ布巾を敷き、捏ねた生地を一口サイズにちぎって蒸し器に並べ、蓋をして約15分程度蒸します。蒸しあがった生地を濡れ布巾で包むようにしながらまとめ、つぶしながら生地を捏ねていきます。目安としては生地に透明感が出て、触った際に弾力が出てきたら生地のできあがりとなります。生地を団子状に丸めるなどの形を整え、再度蒸し器で5分程度蒸すと彼岸団子が簡単に手作りできます。お供え用であるため、砂糖を加えずに作ることで日持ちもする作り方となっており、家族で頂く場合には上新粉にあらかじめ砂糖を加えて熱湯を加えたり、食紅で着色することも可能です。また団子状に丸める際に餡を加えるなど、家庭によって中身を変えて作れるのも手作りならではです。

彼岸団子の作り方のまとめ

春と秋の年に2回のお彼岸の日にご先祖さまの供養を行う風習があり、お供え物として彼岸団子が作られています。地域や家庭によって作り方や見た目も様々にあり、手作りされることが一般的です。彼岸団子はシンプルな材料を混ぜ合わせて、茹でる・蒸すなどの行程で団子に仕上げるだけなので、お料理を苦手とする方にも簡単に作れるのも特徴です。お彼岸の日となる約7日間の間、お墓やお仏壇にお供えするため、日持ちに向いている上新粉を用いて作るのが最適であり、腐食を遅らせるためには砂糖を省いて作ることがポイントとなります。また、蒸す・茹でる際には火の通りを良くするために団子や生地の中心を少しヘコませることで火の通りを早くさせることができ、上新粉だけではなく、白玉粉や米粉で代用する場合においても肝心なのは捏ねる作業であり、食感をなめらかにし、弾力ある団子に仕上げるためには手に生地が付かなくなるまで良く捏ねることも必要となります。一口大に丸める彼岸団子をはじめ、串に刺したり、餡を団子の中に入れるなど、様々な作り方でご先祖さまを供養することができるのも特徴で、米から粉にしたり、小豆から丹念に餡を仕上げる家庭も増えています。



y001-0938

ホットプレートパエリアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

スペインはフラメンコや闘牛などの文化を持つ情熱の国として世界にその名を知られています。明るく陽気で情熱的なスペインの人々...

ドクダミ化粧水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

特に女性はいつまでも若く見られたいと願っています。肌は、人が見た目で年齢を判断する上で一番参考にする要素かもしれません。...

y001-0151

連絡網の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

連絡網を作るいちばんの理由は、いつでも連絡を取りたい人が複数おり、その人たちと常に連絡を絶やさずにいたいという場合と、必...

梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の昔からの知恵で、毎日一粒の梅は医者いらず、と言われています。日本人は、簡単に食べやすいように昔から梅干にして、日常...

y001-1117

ナンプレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ナンプレを作る理由や目的は、「ただ好きだから」という人もいるでしょう。しかし、問題を作っても解く人がいなければ、なんの理...

y001-1143

トマトソース生トマトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

近年、家庭料理が西洋化してきて、中でもトマトソースが頻繁に使われるようになってきています。その理由として、西洋料理の中で...

y001-0379

美味しいかき揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かき揚げというのは、てんぷらなどを作る際に一緒に作ることが多いでしょう。一つの食材を使うのではなく、いくつかの食材の味や...

y001-1424

おいしいすし飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家族が集まると手巻き寿司をすると言う人は多いものです。手巻き寿司のメリットは、好みのお刺し身を各自選び、自分が好きなよう...

y001-1065

バーベキュー料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アウトドアでのバーベキュー料理は自然がスパイスとなるので、誰が作っても美味しいと言ったメリットが有りますが、バーベキュー...

y001-0482

大根葉漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根は一年を通じてお店で購入することが出来る野菜ですが、お店で大根を見た時、大半の場合が葉の部分はカットされて販売されて...

y001-1119

ナメクジ駆除の簡単な...

雨があがった後のすっきりした気持ちにひんやりと水をさすの...

y001-1061

ハイボールの簡単な手...

ハイボールは、本来、ウイスキーを炭酸で割るだけの簡単な飲...

y001-1135

ドレッシングレシピの...

栄養満点の野菜を簡単に食べるにはやはりサラダがおすすめで...

y001-1303

ケープの簡単な手作り...

気温が下がる冬になると外出する際には厚手のコートを着用し...