アルミ缶クラフトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アルミ缶クラフトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アルミ缶を使って実用品や美術性の高い作品を生み出していくアルミ缶クラフトは、本来捨てられてしまうものを再利用する意味でエコの精神につながっています。物を再利用して遊び道具を作ることは、どんなクラフトを作ろうかと頭を巡らせ、実際に自分の手や道具を使ってアルミ缶を切ったり曲げていく作業は頭の体操にもなります。子供と一緒にアルミ缶クラフト製作を行えば、親子でリサイクルに関する意識が高まりますし、何も考えずに物を捨ててしまう大量消費社会について考える良い機会にもなります。また、自らの手で作品を作り出すことは、何かを作り出していく楽しみを身をもって知ることができます。アルミ缶を使って折り鶴、昆虫や動物など色々な物を作っていくと、同じモチーフでも缶の柄や色合いによって表情も変化します。作る本人の発想によって楽しみ方も無限に広がっているので、上手にできるようになると、次はもっと面白い作品を作ろうという意欲も湧いてきて美的センスも磨いていくことができます。子供たちがクラフト作りを体験すると、どんな風に作ったら上手に仕上がるのか、対象物をじっくり観察する力を養うことができますので、良い刺激にもなります。

アルミ缶クラフトを作ることの楽しさ

アルミ缶クラフトを作る魅力は、大人も子供も作品作りに夢中になることができる点です。どんな作品を作るのかモチーフのアイディアを練るところから始めて、試行錯誤を繰り返しながら手順に従ってクラフト作りをしていると、最初は失敗することもあるかもしれませんが、回数を重ねる度に道具を使うコツやアルミ缶の扱いにも慣れてきて、作業自体が楽しく感じられるようになってきます。子供がクラフト作りに取り組めば、感性も養われますし、自分の思い描いた通りの作品ができ上がった時の喜びや、達成感も味わうことができます。アルミ缶という身近な素材を使って簡単にクラフト作りができることを知ると、他にも新しい物を作ってみようという意欲を育てることにつながります。友人の作った作品と自分の作品を比べ、違いや良さを認識すると、「次はもっとこうしてみよう」といったアイディアが次々と浮かんできて楽しいものです。手作りクラフトは色々なモチーフを作ることができるので、部屋のインテリアとして飾って眺めることもできます。個人で楽しむだけでなく、イベントなどで大勢の人数で大作に挑むこともできますから連帯感が生まれ、皆で作り上げていく面白みもあります。

アルミ缶クラフトを作るのに用意する物

子供の遊びや趣味として工作をするということは多くありますが、夏休みの宿題で工作の課題が出るということも珍しくありません。 夏休みは普段とは違い、時間に余裕があるため、この機会に大作にチャレンジするというのも悪くないものです。 こうした工作に使用する材料に、不要になったものやゴミになるものをリサイクルして使用するのも良い方法です。 身近なもので工作に活用することが出来るものは様々な物がありますが、その中でもアルミ缶クラフトは材料も手に入りやすく、また色や形にも様々な種類のものがあるため、多様な工作に対応することが出来るのが利点です。 アルミ缶クラフトをするにあたり、まず用意しなければならないのは当然材料となるアルミ缶ですが、出来るだけ大きい物を使用すると、広い面積の板を切り出すことが出来るので、接着や結合の手間を省くことにつながります。 また、アルミ缶クラフトは材料となるアルミ缶を切断したり、接着するという作業が必要になるので、薄手の金属をカットすることが出来るハサミを用意しておくと安心です。 一般的なハサミでもカットすることは可能ですが、缶の端の固い部分を切るには大きい力が必要になりますし、切れ味が落ちる事もあるので出来るだけ金属用のハサミを用意する方がよいでしょう。



アルミ缶クラフトの作り方の手順

アルミ缶クラフトの手作り方法としては、まずどういったものを作るか、展開図を描いて出来上がった形をイメージすることが大切です。 複雑な形になると想像だけで展開図を描くのが難しくなるため、紙などでサンプルになるものを作ってみるのも良い方法です。 作りたい形の展開図が描けたら、アルミ缶を切り開いて材料を切り出していく作業になりますが、切断面は鋭利になるため、手を切ることがないように注意をしなければなりません。 軍手などの手袋を使用するのもケガの予防に有効です。 切断した材料を直角に折り曲げるという時は、尖った金属の棒などで折り曲げるラインをなぞっておき、表面にキズを付けておくと簡単に曲げることができます。 しかし、何度も折り曲げや伸ばすのを繰り返すとその部分で切れてしまうことがあるので、折り曲げはなるべく一度の作業を終わるようにすることが大切です。 材料を組み合わせたり結合するには、接着剤や両面テープを使用すると簡単です。 直線部分などは両面テープを使ったほうが綺麗にいきますし、乾燥時間も不要になるので作業をスムーズに進めることができます。 また、強度が必要になる時には小さく切った板を重ねるなど、強度を増しておくと安心です。

アルミ缶クラフトの作り方のまとめ

アルミ缶クラフトでできる提灯型の風車の手作り方法は、アルミ缶クラフトの中でも比較的簡単です。まず、アルミ缶のタブがある部分の中央部をキリを使って穴を開け、マジックで缶の側面に1cm程度の間隔で線を引きます。この時、胴体を膨らませられるように直線ではなく、弧を描く要領で曲線で描いていきます。線に沿ってカッターで切れ込みを入れ、缶を軽く潰しながら切れ目に従ってパカッと割ります。手を切らないように注意して、線の端の部分まできちんと割って、風車の羽の部分を作ります。次に、切れ目を付けた両端部分に折り込みを付けるために、ラジオペンチで斜め45度から軽いタッチで折り曲げていきます。こうすると、胴体部分が洋ナシに似た形になりますが、羽部分の付け根にもペンチで90度程度折り込みを入れると、提灯のような綺麗な形になります。タブを元通りの位置に戻して、胴体の完成です。この時、底の部分を支えて、上部の穴に棒などを入れて息を吹いてみて、きちんと回るか確認します。風車の外枠部分を針金で作っていきまうが、ランプ型になるような形にしても良いですし、風車として回るならば自由なデザインに針金を曲げて作って大丈夫です。外枠に胴体を固定したら、風車のアルミ缶クラフトのでき上がりです。



y001-0318

味付きゆで卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメン屋で食べるラーメンには、煮卵のような茶色く色づいた味付きゆで卵が載っていたりして、とてもおいしいのですが、作るの...

y001-0806

可愛いリボンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りで可愛いリボンを作りたいという時には、市販品にはない良さを引き出すことができるので、ハンドメイドにしたりするのでし...

y001-0068

ライスミルクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ライスミルクは、少しずつ人気が出ている飲み物です。玄米を中心とした原料で作られた植物性のミルクです。多くの人が飲む牛乳や...

包装紙包み方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

相手に心のこもった品を贈る場合、「包装」はとても重要な意味を持ちます。包装する主な目的は、保護性・利便性・快適性・経済性...

y001-0544

生クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生クリームはケーキやお菓子などを作る時には欠かせないものとしてよく知られていますが、実は生クリームではなく、ただのクリー...

y001-0889

もんじゃの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もんじゃ焼きはよく大阪のお好み焼きと比較対照となる、東京下町の味です。もんじゃ焼きの歴史は古く、江戸時代末期から明治にか...

y001-0703

黒豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昨今、世界中で日本がブームになっていて、和食もヘルシーで美味しいと人気となっています。最近ではユネスコの無形文化遺産に登...

y001-0803

夏休み工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏休みは子供達にとって楽しみの1つでもあります。遊園地やプール、海水浴とやりたいことがたくさんあるのではないでしょうか。...

y001-0354

布花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

花に関連する手作り品としては、古くから用いられているドライフラワーなどがありますが、現在ではプリザーブドフラワーやペーパ...

Gパンでリメイクバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

長年履いたGパン。愛着があり捨てるのはもったいなく何か利用できないか、考えたとき、ふとリメイクバッグが頭に浮かびました。...

y001-0680

子供カチューシャの簡...

女性の場合、おしゃれに敏感な人が大勢いますが、おしゃれに...

y001-1100

髪の毛のくくり方の簡...

髪の毛のくくり方は改めて教えてもらう必要はない、そう思っ...

フローチャートの簡単...

自分以外の人に手順や作業を教えるときに一番簡単な方法は手...

y001-1209

ソミュール液の簡単な...

燻製作りの工程の中で、塩水による塩漬け作業があります。こ...