見守りマップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

見守りマップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高齢化が進む日本においては、子供は日本の将来を担う大事な宝であり、財産です。子供が怖い目に遭う出来事が増えているのは、地域社会のつながりが薄れてきたせいであり、それだけ地域に子供を見守るための大人が減ってきたということでもあると思われます。また、子供だけでなく、高齢者の見守りも早急に対応しなくてはならない課題です。そのため、見守りマップを作る理由としては、高齢者を見守るために用いるものと、子供たちが安全に地域で遊んだり、登下校ができたりするように見守るための両方を作る必要があるでしょう。それができるのは、子供の親はもちろんのこと、サポートを必要とせず、自分がサポートをすることができる、時間に比較的余裕のある、仕事の第一線から引退した人ということになります。子供の親は会社勤めがありますので、なかなかそう簡単にたびたび地域の集まりに参加して、見守りマップの作成に取り組むことはできないと思われますが、それでもこの人たちが主になって作ることによって、地域を守る手作りマップが出来上がり、安全に暮らせる地域が広がり、ひいては安心して住める街が出来上がることになると思うと、頑張って作るだけの理由はあります。

見守りマップを作る事の楽しさ

見守りマップの作り方としては、子供にとってどこが危険なのかを知る事と、高齢者にとってはどこが危険なのかを知る事が大事になってきます。子供と高齢者とで共通するところもあれば、まったく異なる危険さもあると知る事から、見守りマップの作り方を考えるべきといっていいでしょう。どちら側の目線にも立って見ることで、地域の見え方が違って見えることは、作成する人だけが感じる楽しさになるかもしれません。できるだけ簡単にできる作り方が望ましいですから、単純に考えて、さっさっと要因を洗い出し、後でじっくり検討するのがいいのではないでしょうか。そのためには、実際に子供たちの行動範囲をなぞって歩くことになりますが、その際にも視線は下の方、つまり子供目線に立つことが大事です。これによって、今まで見えなかったことが見えてきますし、それは高齢者にも通じるものがあります。腰の曲がったお年寄りなら視線は低くなりますし、背の低い人が圧倒的に多いですから、どの辺りが見えているのだろうと推測しながら作り方を模索していく作業は、これまで気づかなかったことをたくさん教えてくれる、そんな街の見え方になるのではないでしょうか。これにはきっと、意外な発見があると思われます。

見守りマップを作る際に用意する物

そこで、見守りマップを作る際に用意するといい物としては、デジカメやスマートフォンなど、かなり性能のいいカメラ機能を備えたデジタル機器が挙げられます。百聞は一見にしかずということわざの通り、写真があると、誰もが一目瞭然でわかりますし、言葉で表現しなくても見ただけでわかるということで、手作りマップを簡単に作るのにも役立ちます。子供にもお年寄りにもわかってもらうようにするためには、言葉であれこれ説明するよりも、見ただけでここはどこかということがはっきりとわかる、特徴的な建物などを見守りマップの随所に張りつけるといいでしょう。学校や役所、特徴のある建物やほとんどの人が利用しているであろうスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどは、絶好の目印になります。それらの写真を撮り、マップに張りつけるためには、デジカメやスマートフォンのカメラ機能が不可欠であり、大いに役立ってくれることは間違いありません。それをもとに、地図を作り、地域を特定して危険な場所がないかを検討していく作業に入ることができますので、作る側の作業時間も短縮できることは間違いないでしょう。プリントアウトがすぐにできるプリンターも、一緒に用意します。

見守りマップの作り方の手順

まずは、どの程度の地域のマップを作るかを考えて、地域を限定します。地域が決まったら、その場所を実際に歩いて、目印になる建物の写真を撮ります。その際、写真を撮るために地域を歩くことになりますので、ついでにどこか危険なところはないかを考えながら歩くと、写真を撮る作業と共に危険個所を調べることもできて、一石二鳥です。危険な場所が見つかれば、目印になる建物等の写真と共に、その場所の写真も撮影しておくと、後で容易に思い出せます。紙に書いたり、頭で覚えようとするのは大変な作り方になりますが、これならデジカメかスマートフォンのカメラ機能さえあれば、他に何も持たずに歩き回って大丈夫でしょう。その後、地域の地図を大きめに用意します。さらに撮ってきた写真をとりあえずすべてプリントアウトし、歩き回ってきた順番に並べます。そうすることで、どこをどう歩いて目印になる建物を見つけ、その近辺に見つけた危険な場所がどこであったかということが思い出せます。できれば、見守りマップが一人の人の考えに偏らないよう、数人で確認しながら写真を撮っていく方法が望ましいと言えるでしょう。一人だと気づかないことも、数人いればよく気づけます。

見守りマップの作り方のまとめ

最近は、料理のレシピでさえも、細かく写真入りで解説されていることが多くなりましたが、見守りマップもまさにこの写真の力が、大きく物を言うと思われるのは確実です。簡単に作れる上に、誰でも簡単に理解できるからです。せっかく作った見守りマップを有効に使い、そして使ってもらうには、簡単に理解できることはもちろん、作る側にとっても簡単であることが重要なのは言うまでもありません。とにかく忙しい現役世代に作ることが求められる作業ですし、それに加えて元気とはいうものの、現役を引退した方々に手伝ってもらうのですから、ジェネレーションギャップから意見の相違が出るのは避けたいところです。子供からお年寄りまで誰もが見て、容易に理解できることが、見守りマップを作る最大の理由であり、それをもとに安全で安心して暮らせる地域が出来上がることが究極の目的です。そのためには、みんなが等しく理解できるものを作る必要があります。そのための写真ですが、そこにさらに注意してもらいたいことを簡潔に書きこむなどの工夫も必要です。そうすることで、ただ写真を貼ったマップというだけにとどまらず、注意喚起が行える、真の見守りマップとなるからです。

y001-0032

木のおもちゃの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

木のおもちゃはとても温かみがあって、手作りするのにも丁度いい教材です。お子さんが道具を扱えるようでしたら、作り方を見なが...

y001-1472

あんこの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

和菓子には欠かせないあんこは小豆が原料となります。市販の物だと甘すぎる、甘みを抑えてもう少しさっぱりとしたあんこを作りた...

y001-1323

きゅうりの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お祭り気分で食べられるきゅうりの漬物は、簡単に作れて見た目も良いです。2時間~半日で漬けられるので、即席漬物としても使え...

y001-0984

ぶどうの棚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

寒い冬が終わると、植物はそれぞれ葉を出して光合成を行いながら成長をし始めます。落葉樹は秋が終わると全ての葉を落とす植物で...

ダンボール家の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ダンボール家を作られる方の作る理由についてですが、単に住む場所がないから、また、雨や湿気などを防げる場所がないからという...

y001-0208

減塩梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しを一日一粒食べていると体にとても良いと言われています。梅干しに含まれるクエン酸は、疲れた時や運動をして汗を掻いた時...

y001-1513

DIY椅子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYは近年、大型ホームセンターの人気や雑誌に特集が組まれたことなどにより、家庭で多くの人が取り入れています。現在では個...

y001-0257

冷凍卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「冷凍卵」という言葉を聞いたことがありますか。冷凍卵とは、生卵を冷凍したものです。解凍してそのまま食べたり、料理の材料と...

y001-0126

栗ごはんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

主に食欲の秋に嬉しいひと品として、栗ごはんを挙げる事ができますが、大きな粒の国産の栗を使った栗ごはんはとても美味しい献立...

y001-1159

デコパージュ石鹸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

デコパージュを作る理由や目的は、いろいろなものを自分の好みの柄や色にすることができる、ということです。シンプルなものでも...

イラストレーター波の...

基本的に、イラストレーターは図形がとても書きやすいソフト...

y001-1278

サイコロの簡単な手作...

サイコロというのは1から6までの目が書かれているキューブ...

y001-1330

キャベツホイコーロー...

キャベツホイコーローを作る理由は、1皿でバランスの良いお...

y001-1341

かわいい髪型の簡単な...

簡単なのにかわいくて手の込んだアレンジに見えるかわいい髪...