お好み焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お好み焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お好み焼きは関西が発祥と言われている小麦粉を使った料理です。関西人はお好み焼きをご飯のおかずとして食べる事が出来る、おかずとしての役割が高いと言われていますが、これは他の地域に住む人々の中にもご飯のおかずとして食べたいと言う人も多くいます。冷蔵庫の中に在る食材を使って作ることも出来るなど、手軽で簡単に作れる庶民の味がお好み焼きの特徴でもあり、ありきたりの食材で作るのではなく、言葉通り「お好み」の食材を使って作れるなどのメリットが在るわけです。お好み焼きに無くてはならない食材と言うのは小麦粉なのですが、これは普通の小麦粉を使っても良いですし、お好み焼き専用の粉がスーパーなどで売っていますので、これを利用しても良いのです。また、無くてはならない食材としてキャベツ、卵、海老や豚肉、イカなどが挙げられます。
しかし、手作り方法として言える事は、海老や豚肉、イカの何れかが在れば良い事、全てが揃わなくても美味しいお好み焼きを作れると言う事なのです。豪華なものを作ろうとすると、色々な物を入れてしまいがちですが、あまり多くの食材を入れるよりもシンプルな食材だけで簡単に作ることが出来ると言うメリットがあるのです。

お好み焼きを作ることの楽しさ

お好み焼きを作る時はフライパンで焼くか、それとも鉄板で焼くかと言う選択肢が在ります。 フライパンの場合は1枚ずつしか焼くことが出来ませんので、家族が多い場合など焼くのが面倒になってしまいますし、焼き上がるまでに時間が必要になります。 そこでお勧めなのが鉄板を利用した方法です。 鉄板と言っても、有名なお店の鉄板のようなものではなく、ホットプレートを利用すれば美味しく焼くことが出来ます。 また、ホットプレートなら一度に数枚を同時に焼くことが出来るので、家族4~5人でやれば楽しさも倍増します。 尚、お好み焼きのレシピと言うのは、特別な決まりが在るわけではありませんし、食材についても冷蔵庫の中にある残り物を入れてあげれば良いわけです。 しかし、拘りたい人も多いわけですが、キャベツはなるべく大きめに千切りにする事が美味しいお好み焼きを作るコツです。 キャベツを大きめに千切りをする理由と言うのはしゃきしゃき感を残すことが出来るからで、とんかつなどの付け合せに利用するような千切りにしてしまうと食感が無くなるので注意が必要です。 また、ソースなどは専用のソースを使っても良いですし、とんかつソースやウスターソースなどをブレンドして好みの味のソースを作るのも楽しいものです。

お好み焼きを作るのに用意する物

一人で食べても、家族や仲間と、ワイワイ言いながら食べても美味しいお好み焼きは、関西風、広島風と言った焼き方があります。東京には、お好み焼きによく似たもんじゃ焼きがあります。お好み焼きは、庶民の味として人気が高く、終戦直後の物資の少ない時代から人々に愛され受け入れられてきました。お好み焼きを作る際に用意するものは、フライパンか鉄板または、ホットプレートを用意します。そして、油、小麦粉、山芋、だし汁、卵、キャベツ、が基本です。だし汁の代わりに、牛乳を入れると簡単です。あとは、お好みの具材を用意します。揚げ玉、紅生姜、ネギ、豚肉、牛肉、麺、餅、エビ、カニ、イカ、タコ、ホタテ、チーズ、ソーセージ、もやし、コンニャク、牛スジなど、お好みの色々な具材と混ぜて焼き上げれば色々な味が楽しめるだけでなく、レパートリーが増えます。仕上げに必要なお好み焼きソース、マヨネーズ、青海苔、削り節、ネギなども用意しておきます。ヘラは、大小用意するか、割り箸や、フライパン返しなどで代用することもできます。ヘラは、熱くなりますので火傷に注意しながら召し上がってください。お好み焼きソースは、市販のお好み焼きソースでも、ソースをケチャップと混ぜたり、ソース同士を混ぜ合わせたりして工夫しても良いです。

お好み焼きの作り方の手順

関西風のお好み焼きの手作り方法は、まず生地を焼くためのホットプレートなどを適温に熱するため電源を入れて、スイッチを入れます。適温になるまでの間に、山芋をすりおろして、卵をわりいれます。山芋のすりおろした量が多ければ小麦粉の量は少なめで大丈夫です。山芋の量に合わせて、小麦粉を多くしたり少なくしたりと調整が必要です。山芋がふっくらほろ甘いお好み焼きに仕上げてくれます。牛乳を入れて、キャベツを千切りして混ぜ合わせやすい大きさに切ったものを入れて、揚げ玉や、紅生姜、エビなどの具材同士混ぜ合わせ、適温になっているホットプレートなどに油をひいて、油に火が通ったら流し入れて、スプーンなどで形を整えます。豚バラを入れる時には、この上に、豚バラを並べ焼きます。流し入れたばかりの時には、みずみずしかった生地に火が通ると、生地全体のみずみずしさが消えます。そうなったらひっくり返します。ひっくり返した面が焼けたら出来上がりです。心配なら竹ぐしをさしてみればわかります。両面が焼きあがったら、お好み焼きソース、マヨネーズをかけて、青のりと削り節をかけて出来上がりです。中身もトッピングも変えてお好みで食べられる良さがあります。

お好み焼きの作り方のまとめ

"お好み焼きは決まりが無いのが特徴の料理と言えます。 キャベツと小麦粉もしくは薄力粉、そして卵と言う3つの食材がベースとなり、これに色々な食材を加える事でそれぞれの食材の味や風味を楽しめる料理が作れます。 焼く時にはフライパンで焼くよりもホットプレートを利用して行えば、一度に数枚を焼くことが出来ますし、家族で楽しむ時になどお勧めです。 尚、お好み焼きの作り方と言うのは簡単に出来ますし、食材も在るもので構いません。 キャベツは大きめに千切りにすること、小麦粉は混ぜすぎてしまうと粘り気が出てしまい、焼いた時にふんわり感を出すことが出来ないので、菜箸などを使って上から叩くような感じで混ぜて行くのがコツです。 また、豚肉やエビなどを入れる場合は、最初に在る程度焼いておいてからお好み焼きと混ぜれば焼き上がりも早くなるのでお勧めです。 紅ショウガや鰹節、青のりと言ったトッピングを用意しておいて、最後にマヨネーズとソースをかけて熱いうちに食べるのが美味しく食べるコツです。 また、お好み焼きはふんわり感を出すのが美味しく食べる事が出来る秘訣でもあり、焼いている時に頻繁に上から押し付けるようにしないのがふんわり感を出す秘訣でもあるのです。

y001-1276

サツマイモのつるの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

戦時中の食糧難だった頃の話などでは登場することもあるサツマイモのつる、今ではほとんど食べる機会はありません、そもそもあま...

y001-0613

手作り提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の季節の風物詩のように使用されることの多いアイテムには提灯があります。古くから用いられている道具になり、本来では明るさ...

y001-0999

ピンクッションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピンクッションというのは、裁縫をする際に縫い針や待ち針を刺しておくためのもので、裁縫道具の中には必ず入っているものです。...

y001-0761

牛乳からバターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

牛乳からバターが作られたという歴史はかなり古く、一番古いものでは紀元前4000年のイスラエルの遺跡からそのための道具が見...

y001-0597

小麦粉粘土の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

粘土には様々な種類があります。油粘土、樹脂粘土、紙粘土、プラスチック粘土、小麦粉粘土と各種あります。これらの粘土のうち、...

y001-1202

たけのこご飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

竹の芽の事をたけのこと言いますが、たけのこには色々な種類が有り、その種類の数は約70種と言います。食用としてのたけのこと...

自分未来年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分の人生を振り返るということでは、より自分の人生を簡単に把握して、これからの人生を有意義にしたり、何かを後世に残したり...

y001-0461

朝顔折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「朝顔」は私たち日本人にとって、大変身近な植物です。古くは江戸時代の朝顔市に始まり、小学生の頃、夏休みの宿題として観察日...

シュシュ手縫いの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リーズナブルでとてもかわいらしいものが沢山売っているシュシュは、何個でも欲しくなってしまって気に入ったものがあるとつい衝...

C

ドライカーボンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ここでいうドライカーボンとは、簡潔に説明すると、シート状のカーボンを型に貼り付けた後で全体を袋に入れて真空ポンプで引いて...

y001-0690

三角バッグの簡単な手...

少し前から地球環境のことを考えて、エコロジーに関心を持つ...

かごの簡単な手作り方...

真っ平らなテーブルの上に道具を置くだけでは、テーブルに衝...

y001-0829

囲炉裏の簡単な手作り...

囲炉裏を作るための目的は、昔と今では大きく違います。昔は...

y001-0224

自治会広報誌の簡単な...

自治会広報誌を作る理由としては、まずはそれぞれの自治会に...