カーテンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カーテンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カーテンというのは室内の印象を大きく変えるアイテムで、インテリアコーディネートにこだわっている人にとっては重要で、そうでなくともお気に入りのものを使っていると居心地の良さを感じるはずです。カーテンは閉めれば室内でもっとも大きなウエイトを占めているので、これが自分の好みでない色、デザインの場合、視覚から入ってきて無意識にストレスがかかってしまうのです。それゆえ反対に自分好みのものを選ぶのがリラックス効果があって、さらにカラーイメージを使って安らぎや落ち着きを感じる色を選ぶと、それだけで十分にホッとでくる空間に早変わりするのです。そういったことからカーテンというのは日常生活に重要な意味を持っていて、他にも実用的な意味で陽射しを遮る、人目を隠すなど活躍しているのです。しかし困ったことにお気に入りのものを探すとなると、市販品ではどうしても高価になってしまい、簡単に手に入らなくなってしまうのです。しかも窓によっては既製品のサイズ外のものがあって、オーダーメイドはかなり高価となってしまうのです。そんな時におすすめなのが手作りで、大きさはありますが制作は単純なので意外と簡単に作ることができるのです。

カーテンを作ることの楽しさ

カーテンを手作りするメリットは多くあって、自分好みの布やデザインを選ぶことができる、サイズ調整ができる、しかも既製品に比べてリーズナブルな価格になるといいこと尽くめなのです。おまけに基本的な形は長方形で、ミシンさえあれば簡単に縫えることもあって、大きさゆえに躊躇してしまう人もいますが、チャレンジしてみれば案外簡単にできることを知るはずです。しかも自分で手作りすれば、ベッドカバーなどともコーディネートすることができますので、室内のイメージをまとめることができるのです。これによってまとまりができて、居心地の良さにも繋がっていくのです。 また自分で作るというのもポイントが高く、基本は真っ直ぐに縫っていくわけですから、不器用な人にもできますし、一度自分で作ってみるとハンドメイドの楽しさを知ることができますし、達成感も得られますので、試してみることをおすすめします。最初はシンプルなものしかできないでしょうが、少しずつ上達していきますので、そうなってくるとバリエーションも広がってきます。それゆえまずは行動してみる、作ってみることからはじめるのが大切で、悩んでいるよりも行動したほうが早いこともあるのです。

カーテンを作るのに用意する物

" お部屋の雰囲気や家具の色調に合わせてカーテンをオーダーできればいいですが、オーダーカーテンはとても高価なものです。でも市販のものでは気に入ったものが見つからないし、そんな時にはカーテンを手作りしてみませんか。  カーテンの作り方は意外に簡単です。用意する物はカーテンにする布、これは好みやお部屋の雰囲気にに合わせて、それこそ自由に好きなものを選んでください。これこそが手作りカーテンの良さですし、この布選びができあがりを決める第一のポイント、と言ってもいいでしょう。初心者の方は薄くて柔らかい布よりも、若干硬めの布の方が縫いやすいかと思います。それからプリーツテープ、カーテンレールとフック、ミシン、糸、針、糸は仕付け糸もあるといいでしょう。針も待ち針を必ず用意しましょう。メジャー、ハサミです。  布の大きさですが、目安としてはだいたい長さは窓の長さに合わせるとして、幅はカーテンレールの長さの2倍から3倍ほどと言ったところです。安い布でしたら、きっと驚くほどリーズナブルにカーテンが作れてしまいます。  部屋の用途や雰囲気に合わせて手作りのカーテンで窓を彩る、あるいは間仕切りにする、それだけでインテリアが一段も二段もグレードアップすることでしょう。

カーテンの作り方の手順

手作り方法ですが、まず布の両わきを1.5cmほど2回折りこみ、ミシンをかけます。それから下の部分も同じようにして2回折りこんで、ミシンをかけてください。次に上部にプリーツテープを縫い付けます。このプリーツテープこそが、簡単に手軽にプリーツカーテンを手作りするための切り札なのです。まず、プリーツテープを生地の表地に2cmほど重ねて下部を縫います。この時に決してプリーツポケットの上を縫わないでください。フックが入らなくなります。続いて縫い付けたプリーツテープを裏地方向へ折り返し、同じように下部を縫います。これでカーテンの形になりました。最後にフックをプリーツポケットに押し込んで完成です。あとはカーテンレールにかければ、立派なオリジナルカーテンのできあがりです。  なお、生地にミシンをかける際には、面倒だなと感じてもあらかじめ待ち針でとめ、仕付け糸で縫っておくことをおすすめします。ミシンをかけている間に生地がずれてしまう恐れがあるからです。ことに柔らかい生地の場合には注意しましょう。  いかがですか。暖簾型のつっかい棒を通しただけのカーテンを縫うように、簡単にプリーツ式が作れてしまうと思いませんか。手軽に、そして簡単に、窓辺にオリジナルな彩りを添えてください。

カーテンの作り方のまとめ

ではカーテンの手作り方法ですが、用意するものは生地、そして基本的な裁縫セットとミシン、フックを差し込むための芯地、プリーツテープ、裾に入れることによってプリーツを安定させるカーテンウェイト、さらにはウェイトテープ、アジャスタフックなどさまざまなものが必要となってきます。ただ最も大切なのはメインであるカーテンの生地選びで、素材とデザイン、さらには遮光性も大切になります。 もっとも簡単なものはプリーツカーテンで、必要な布の長さ(幅)はカーテンレールの長さの2倍から3倍になります。布の両脇にロックミシンまたはジグザグミシンをかけ、端は2つ折りにして縫っておきます。 丈夫にフックをつけるためのプリーツテープを取付けます。これは必ず表地の上に重ねること、プリーツテープと生地を約2cmのところで重ねて縫って、生地を折り返してもう一方も縫っていきます。プリーツテープの中に使用法が書いてありますので、それを参考にしてください。 裾を3つ折りにして縫っていきます。カーテンができあがったら、3本足プリーツフックをポケットに挿しこんで完成になります。 真っ直ぐに縫っただけですがこれでプリーツの入ったカーテンの出来上がりです。

y001-0395

白梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

白梅干しを作るための第一の目的は、夏場のスタミナ源を確保するためです。赤紫蘇を入れないで漬ける白梅干しのほうが歴史が古い...

y001-1133

とんちクイズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

とんちクイズは、その気になれば子供でも解くことが出来るようなものになっています。問題によっては、むしろ余計な知識や思い込...

y001-0557

水琴窟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では古い時代に和風庭園などに造られたものとして、水琴窟と呼ばれるものがあります。水源から水鉢へと水を引き込むことにな...

y001-1082

足が速くなる方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

社会人になると運動会や体育祭という行事がなくなるので足が速くなくても特に問題ありませんが、学生、特に小学校や中学校では徒...

y001-0256

裂き織りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

裂き織りは、さかのぼること江戸時代、贅沢が禁止された頃、新しい布地を買えない人々が古い布や着なくなった服を裂いて糸として...

y001-0719

紅ショウガの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紅ショウガを自分で作る理由や目的は、人それぞれで違いますが、自分で作るのが楽しいから作る、手作りをしているのが楽しい、と...

y001-0418

粘土花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

粘土花というものは、樹脂粘土や軽量粘土を使用して作る花のことです。本物の花だと世話をしなければなりませんし、時期が来れば...

y001-0375

美味しいぬか床の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぬか漬けというのは、日本の伝統的な漬物の一つです。ぬか漬けにはビタミンやカルシウム、タンパク質などさまざまな栄養素が豊富...

y001-0057

テトラポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テトラポーチを作る理由は、作成方法が簡単だということが挙げられます。他にも、自分の工夫次第ですごく可愛らしく作ることがで...

y001-0015

ブックカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

読書好きの人にとって、本はとても大切なものです。ついうっかり、よく見もせずにテーブルの上に置いたら、水がこぼれていて濡れ...

y001-0472

地図の簡単な手作り方...

夏休みの宿題などで自由研究を行う必要のある方や、趣味の一...

y001-0791

花かんむりの簡単な手...

最近街を歩いていると小学生や、中学生の女の子達が頭に被っ...

y001-0762

旗の簡単な手作り方法...

旗にも様々な種類がありますが、自分で作る機会があるとすれ...

切り絵の簡単手作り方...

切り絵と聞くと、影絵風のノスタルジックなものや、昔ながら...