かまぼこ飾り切りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かまぼこ飾り切りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かまぼこは一個当たりの単価が100円~250円くらいと比較的安価な食材のため、お弁当や普段の食事でも気軽に使われる食材です。またお正月のおせち料理では、少し高価なかまぼこが使われたりします。かまぼこといえば一昔前までは、白いかまぼこと、白にピンクの縁取りがついたかまぼこが、定番中の定番でした。最近では種類がどんどんと増えてきていて、金太郎飴のように切っても切ってもキャラクターが出てくるかまぼこは、小さな子供に非常に人気があります。キャラクターかまぼこは彩りのアクセントにもなり、お弁当が華やかに見えるなどのメリットがありますが、一般的なかまぼこと比べて値段が高いのが主婦にとっては問題です。そこで役立つのがかまぼこ飾り切りです。かまぼこ飾り切りというと、不器用な人には敷居が高く感じられるかもしれません。確かに料亭などで使われるプロの技は、素人には難しいものです。しかし包丁を握ったことのある人なら、誰にでも簡単にできる飾り切りの方法もあるので、心配はいりません。一種類でも飾り切りをマスターしてしまえば、普段の食事やお弁当・おせち料理など、あらゆるシーンで大活躍すること間違いなしです。覚えておいて損はないので、自信のない人も試しに挑戦してみましょう。

かまぼこ飾り切りを作ることの楽しさ

かまぼこ飾り切りには、いろいろな手法があります。ほんの少し切込みを入れたり、ねじったり差し込んだりするだけでも、美しい飾り切りができます。最初は苦手意識を持っていた人でも、いざ挑戦してみると意外と簡単だったということも多いです。コツさえつかんでしまえば簡単ですし、慣れてくれば高度な技に挑戦するのも楽しいものです。ハイレベルな飾り切りをマスターすれば、おせち料理やおもてなし料理を作る際にも大活躍してくれます。飾り切りには見る人の目を楽しませる効果があり、食事の時間をより豊かな時間へと変えてくれます。また話題の種にもなるので、食事の時間がより楽しいものになることでしょう。その他にもメリットはたくさんあります。まず作っている本人が楽しめることです。飾り切りは料理というより、工作に近い行為です。そのため食事を作るというよりは、一つの作品を作り上げるという感覚なのです。集中して一つの作品を作り上げることは、非常に楽しいことです。イメージ通りに出来上がった時の達成感は、何とも言えず、充実感も感じることができます。またそれを見た人が驚いたり、喜んだり、褒めてくれたりすることが、さらなる向上心につながり、家事のやる気にもつながっていくのです。

かまぼこ飾り切りを作るのに用意する物

家庭ではかまぼこを食べるのはおせち料理のときだけと言う家も少なくありません。それでもおせちの重箱の中に紅白のかまぼこが入っていると、なんだかとてもめでたく華やいだ新年のお重になるものです。 かまぼこは日の出を象徴するものとして元旦には欠かせないものです。紅白のかまぼこの意味は紅は喜びと新年のめでたさを表すもので、白は神聖を表すといわれています。また、おせちのお重の中だけでなく、お雑煮の中にかまぼこ飾り切りをあしらったり、茶碗蒸しの中やおそばの上に華やかなかまぼこ飾り切りの姿を見かける機会もあります。新しい年の初めを家族揃っておせち料理で祝うというすばらしい習慣が日本にはあります。かまぼこは新鮮な白身魚を使って作られるので、そのまま切ってお刺身のようにわさび醤油で食べるのが基本ですが、お正月料理だけでなく、和食、洋食、中華料理にと色々な料理にとてもよく合います。 そしてちょっとしたきり方の工夫をすることで、料理を見た目にもおいしく、おいしさをさらに引き立てる役目をします。包丁裁きのプロである料理職人だけがなせる業と言うイメージもありますが、実はちょっとしたこつを覚えれば、家庭でも割合簡単にできるかまぼこ飾り切りの手作り方法が沢山あります。

かまぼこ飾り切りの作り方の手順

おせち料理以外にも、お祝いの席のお料理やおもてなしにも何かと重宝するのがかまぼこです。おせちのお重に詰める以外にも野菜と合わせてオードブルにしたり、祝い膳の椀物に入れてみたりすることで、料理がぐんとグレードアップしたように見えるものです。比較的簡単で見栄えのするかまぼこの飾り切りのひとつにうさぎがあります。これは紅色のかまぼこを1センチほどの厚さに切り、かまぼこの山の部分を3分の2ほどまで薄く切って、切った山の紅色の部分の真ん中に縦に2センチほど切込みを入れます。薄く切った先の部分を真ん中の切り込みの中に数回くぐらせれば出来上がりです。 もうひとつ簡単な作り方のかまぼこの飾り切りに結びがあります。これはかまぼこを厚さ7ミリほどに切って寝かせ、左右それぞれの方向から横に3分の2ほど切れ目をいれ、その間に真ん中に一本横に切れ目を入れます。そして上の部分を上から、下の部分は下から真ん中の切れ目の部分に端を通すようにすると、出来上がりが結ばれているような見た目になります。また松はかまぼこを2センチほどの厚さに切って、山の部分に細く縦に切れ目を細かく入れてゆきます。約3ミリ幅程度に下の部分を少し残して切れ目を入れたら順番にひとつずつ織り込んでゆけば完成です。 どのかまぼこ飾り切りも、紅白のコントラストが美しく、料理に彩を添えてくれます。

かまぼこ飾り切りの作り方のまとめ

かまぼこ飾り切りは、簡単な物ものから高度なものまで何通りもあります。初心者にオススメの手作り方法として、まず「うさぎ」があります。かまぼこの片方の端を1cmくらい残して、カーブに沿って切込みを入れていきます。それを縦半分に切ります。これが耳になります。切込みを入れた部分をくるっと丸めて切り口に差し込めば完成です。使用するかまぼこはどんなものでも構いませんが、白とピンクのかまぼこを使うと可愛らしいうさぎが出来上がります。ごまで目を、ケチャップでほっぺたを赤くするのと、より一層うさぎらしくなります。続いてバラの作り方です。まず薄く切ったかまぼこを4枚用意します。それを少しずつずらしながら重ねて巻いていきます。そのままだとずれてしまうので、ピックやパスタなどを刺して固定します。葉っぱの形のピックを使うと、より花らしく見えます。その他簡単で見栄えがするのは、かまぼこの真ん中に切込みを入れてねじるだけという飾り切りがあります。これは子供でも簡単に作ることができます。包丁を持つのがまだ早い年齢の子供でも、ねじるだけなどのお手伝いができます。どうしても飾り切りが難しくてできないという人には、型抜きでくり抜いてしまうという裏技もあります。ハートや花の形にくり抜かれたかまぼこは、お弁当を華やかに見せてくれます。上級者はぜひ鶴や孔雀にも挑戦してみてください。

フラッシュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フラッシュはWebアニメーション技術とその技術を使ったソフトウェアの事であり、Webサイトでアニメーション表現やインタラ...

y001-0469

竹細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では古くから伝統的に製造されているアイテムとして、竹細工の技法を利用したものが発表されています。有名なものとしては籠...

y001-0552

水羊羹の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お店に行けばいつでも買える水羊羹ですが、意外と簡単に自分でも作ることが出来ます。餡からつくるのが理想的ですが、そこまで時...

y001-1376

かかしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の古きよき里山の風景の一部となってきた「案山子(かかし)」。田んぼや畑に植えた作物を鳥などの害獣から守るために人間の...

y001-1377

カエル折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カエルの折り紙は、作った後に動かして遊べる楽しいものの1つです。折り方は様々にあり、紙の柔軟性を利用して跳ねさせるおもち...

y001-0974

フリーエネルギーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フリーエネルギーを作る理由は、研究や開発をする方によって様々ですが、その目的は「無限に安価で使えるエネルギーを利用できる...

y001-0868

リカバリディスクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パソコンに万が一のことが発生した場合に、完全の初期化して購入時の状態に戻すことを目的としたツールが存在しています。それを...

y001-1310

グラニーバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

グラニーバッグというのは、ふっくらとした風船のような形をしているショルダーバッグで、ちょっとしたお出かけの時にとても便利...

あんずジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

あんずは中央アジアやヒマラヤ西北部が原産地と言われていて、中国では何千年も前から薬として栽培されてきた歴史ある植物です。...

y001-0577

寝かせ玄米の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

玄米とは、精白していない状態の米のことです。精白とは、糠の部分を取り除くことであり、これにより柔らかく甘みがある白米にな...

y001-1436

エコバッグの簡単な手...

エコバッグの手作り方法は、レジ袋を有料化してから色々な媒...

y001-0393

箱の簡単な手作り方法...

手作り品としてDIYで製作できるアイテムの範囲は非常に広...

y001-0624

手作りプレゼントの簡...

大切な人にプレゼントをあげるなら、気持ちがこもった手作り...

y001-0093

袱紗の簡単な手作り方...

袱紗を作る理由として一番に挙げられているのが、冠婚葬祭時...