きゅうりの支柱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゅうりの支柱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゅうりは家庭菜園でも作られる、代表的な夏野菜です。比較的簡単に育てることができるため、人気も高いです。きゅうりは蔓が伸びる野菜で、株が最低でも150cm以上になると言われています。そのため株が成長して大きくなっていくと、支えきれなくなって倒れてしまったり、途中からポッキリと折れてしまうこともあります。そのような事態を避けるために、事前に支柱を立てるのです。またきゅうりは風にゆすられるとストレスがかかるため、きっちりと支柱を立てたりネットを張る必要があります。その他にも支柱を使う理由はいくつかあります。まず葉っぱ同士が当たらなくなるため、病害虫被害が減ること。次に葉っぱや茎にも万遍なく日が当たるようになり、光合成が活発に行われるようになること。最後に葉っぱや茎が収穫の際に邪魔になるのを防ぐ目的もあります。最近では鉢と支柱が始めからセットになって販売されているものも、ホームセンターなどで売っています。初心者や何を選んだらいいか分からないという人には、専用セットが安心です。きゅうりの支柱を立てる際には、安定させるためしっかりと土の奥まで差し込みます。プランターで栽培するときには、転倒防止のためにも、鉢底に石をしっかりと入れておきましょう。

きゅうりの支柱を作ることの楽しさ

きゅうりの手作り方法は、非常に簡単です。自家受粉するので、かぼちゃやズッキーニなどと違い、面倒な受粉の手間がありません。水分を好むので、毎日たっぷりのお水さえあげれば、あとはきゅうりの支柱を立てることくらいしか大変な作業はありません。しかも成長すると一株のきゅうりからでも、毎日食べきれないほどのきゅうりが収穫できます。きゅうりは成長が非常に早い植物なので、実ができ始めるとあっという間に大きくなっていきます。その成長を観察するのも楽しみの一つです。また家庭菜園で作るきゅうりは、新鮮でシャキシャキしていて本当に美味しいです。スーパーなどで売られているきゅうりとは全く別物と思えるほど、鋭いとげがたくさんあります。収穫の際はとげには十分注意する必要があります。きゅうりのとげは、板ずりという方法で取り除きます。水洗いしたきゅうりに塩をたっぷりと振りかけて、まな板の上でこすります。そうするととげがなくなり、表面についている汚れも取れて、美味しく食べることができます。きゅうりのいいところは、調理しなくても取れたてを洗ってそのまま食べられるところです。冷たい氷水で冷やして食べるのも、また格別です。食べきれない分は、漬物などすると保存がききます。

きゅうりの支柱を作るのに用意する物

きゅうりは主成分の内、約90%以上が水分と言われている夏を代表する野菜ですが、きゅうり100グラム当たりの栄養素はカリウムが210mg、食物繊維が0.4g、カロチンが150μg、ビタミンCが13mg含まれています。 また、ビタミンについてはビタミンAやBなども含まれていますし、カルシウム、・カリウム、鉄と言ったミネラル成分が含まれている健康野菜でもあるのです。 ビタミンAはβカロチンでもあり、βカロチンと言うのは活性酸素の働きを抑制する性質が在るため、がん予防にも効果が在ると言われているのです。 ビタミンCは肌、皮膚と言った部位の老化を防いでくれる効果を持つ栄養素であり、むくみの改善、利尿作用を促す効果などを期待出来、身体の中に蓄積されたナトリウムとなる塩分の排泄を促してくれるので、高血圧を予防する働きも期待出来るのです。 尚、家庭菜園できゅうりを栽培する人も多いのですが、きゅうりは短期間で成長をして沢山の野菜をつけてくれる比較的簡単に栽培出来る野菜でもあり、手作り方法を覚えることで採りたての新鮮なきゅうりを食卓に並べることが出来ると言うメリットが有ります。 また、きゅうりの支柱を立ててあげることで沢山の実を付けると言ったメリットも在ります。

きゅうりの支柱の作り方の手順

きゅうりの植え付け時期は地域により異なりますが、4月上旬頃から7月頃で、収穫時期は6月の上旬頃から9月の下旬頃になります。 夏場に多くの黄色の花を咲かせるのが特徴で、きゅうりの支柱をしっかりと立てておくことで、きゅうりの茎などを支えてくれて、大きなきゅうりが成長していく中で、折れてしまう事を防止することが出来ます。 きゅうりの支柱は、茎や葉を守る大切な菜園のアイテムでもあり、茎や葉の組織はとてももろく、風などが吹くことで簡単に折れてしまい、きゅうりの花を咲かせなくしてしまったり、花が咲いても実がならないと言う事にも繋がりますので、きゅうりの茎の中心部分に1本きゅうりの支柱を立ててあげて、数か所を紐を使って結わいてあげれば風が強い時でも安心です。 複数の実を付けるのが特徴のきゅうりは、1つ当たりの重量も多くなります。 そのため、茎や葉の組織が弱いため、重荷に耐えきれず倒れてしまう事もあるのです。 尚、苗木から育てる方法と種から育てる方法が在りますが、苗木から育てる場合は、最初は30㎝ほどの長さの支柱を中心に立てておいて、先端に近い場所を紐を利用して結わいておきます。 ある程度成長して来たら、そこに長めの支柱をさしてきゅうりの成長に合わせて紐を使って茎を固定してあげます。

きゅうりの支柱の作り方のまとめ

きゅうりはホームセンターなどで売っている野菜の土で簡単に育てることができます。根の酸素要求量が比較的多い野菜なので、念のため土の中には腐葉土などを混ぜておきましょう。きゅうりは連作を嫌う野菜です。前年同じウリ科の野菜を植えた場所には、植えつけてはいけません。スペースの都合などでどうしても植えるときは、土を入れ替えるか、土のリサイクル剤を使用して、連作障害から守ってあげましょう。苗を選ぶときは、病気にかかっていない健康そうな接ぎ木苗を選びましょう。目安は茎が太くてしっかりとしているか、葉っぱの色は鮮やかな濃い緑色をしているかなどです。きゅうりはうどんこ病という病気にかかりやすいです。うどんこ病の特徴は、葉っぱに白い斑点が浮かんでくることです。せっかく購入した苗がすぐに枯れてしまっては悲しいので、購入時にしっかりとチェックしましょう。苗を植えたら、しっかりときゅうりの支柱を設置します。後はたっぷりと水やりをし、2週間に1度追肥して栄養を与えます。成長が進んできたら、親蔓の先を摘心します。すると下の蔓がよく育ちます。日当たりや、株の生育を良くするために、不要な葉っぱも取り除きましょう。きゅうりの成長はあっという間です。大きくなりすぎると味も落ちてしまうので、毎日しっかりと観察し、20cm前後の食べごろで収穫できるようにしましょう。

y001-0240

笹刈り刃の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

笹刈り刃とは草刈りを行う際に使われる刃です。メインとして草刈り専用の機械に付けて使われます。言うまでもなく通販サイトで売...

y001-0451

天丼のタレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

超・簡単手作り方法の天丼のタレ!決め手はごま油を1滴たらすだけ。せっかくカラリと揚がった天ぷらを贅沢に天丼にしたとき、何...

y001-0488

台紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現在では多機能型の携帯電話が普及しており、いつでも写真撮影を行うことのできる環境が整っています。写真撮影を行っていても、...

y001-0402

梅干しレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代人の生活は非常に過酷となり、多くの人がそれぞれに毎日の仕事やその他の活動を行っていくうえで疲労を感じながら、過ごして...

y001-0487

大きいシャボン玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シャボン玉遊びといえば、子どもが大好きな遊びのひとつです。ストローでふーっと吹くシャボン玉遊びも楽しいですが、大きいシャ...

y001-1297

ゴーヤ佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜を使った料理のレパートリーを増やしたいという方は、ゴーヤを使ってゴーヤ佃煮を作ってみるといいでしょう。ゴーヤは数あ...

y001-1036

パペットの作り方!簡単に可愛い手作り人形が作れる

『パペット』は、人形劇などで使用される操り人形のことで、人形の操り方との組み合わせで使われることが多いです。同じ人形と呼...

お正月寄せ植えの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お正月寄せ植えは、年末になるとあったらいいなと思うものです。これが玄関先にあると、かなり豪華な印象を与えます。これから新...

y001-0017

昆布巻きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本料理の1つでもある昆布巻きを手作りする家庭は増えており、作る理由として挙げられることの1つが伝統また伝承にあります。...

y001-0921

マンゴー切り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

南国の果物の中でも特に人気のある果物であるマンゴーは、ねっとりした濃厚な甘みとコクのある香りで果物の女王と呼ばれています...

y001-0566

酢豚のタレの簡単な手...

酢豚は中華料理の定番メニューの一つです。サラリーマンなど...

y001-0742

空き缶風車の簡単な手...

空き缶風車は、比較的簡単に作る事ができて、見た目の面白い...

y001-0357

付け帯の簡単な手作り...

初心者が着物を着る際に大きなネックとなるのが帯結びです。...

y001-0231

グローブの簡単な手作...

グローブにはいろいろなタイプがあり、単に手袋を指したり、...