きゅうりの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゅうりの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お祭り気分で食べられるきゅうりの漬物は、簡単に作れて見た目も良いです。2時間~半日で漬けられるので、即席漬物としても使えます。きゅうりのトゲトゲや苦味が苦手な子どももいますが、漬物にすると苦味がとれますし、塩分で水気が抜けるのでトゲも感じにくくなります。お祭りの屋台では、最近よく串に刺したきゅうりの漬物が売られています。お祭りには綿あめや焼きそばが定番でしたが、最近の夏の定番として徐々に勢力を増しつつあります。串きゅうりの漬物は、見た目はフランクフルトのようでボリューム満点ですし、特別な感じがします。塩分と水分がとれるので、熱中症予防にもなります。きゅうりは世界一栄養価の低い食材と言われていますが、東洋医学では体を冷やす作用がある食材と言われており、体の火照りを冷ます作用があります。夏に食欲がない時にも食べやすいですし、火を使わないので涼しく調理出来ます。手作り方法も、材料と時間さえあれば作れるというシンプルなものなので、料理が苦手な人でも作れます。夏の定番漬物として串きゅうりの漬物を作れば、夏の思い出料理として活躍してくれます。冷蔵庫で保存しておけば日毎に味のしみ具合が変わっていく面白さも味わえます。

きゅうりの漬物を作ることの楽しさ

串きゅうりの漬物は、フランクフルトのようにきゅうりを串に刺すので、子どもが大喜びします。子どもは大抵串料理が好きですが、カロリーが気になるという時にはきゅうりの漬物を作れば、とてもヘルシーです。 きゅうりの食感はサクサクしていて、他の野菜にはない歯ごたえがあります。皮をむく手間がいらないので、調理の手間がかかりません。 夏場の調理は暑く、なるべく火を使いたくない時が多くなりますが、漬物料理は火を使う必要がないのがメリットです。 おもてなし用として大量に作るのも簡単です。きゅうりを切って材料を入れておけば、時間さえあれば誰でも漬けられます。時間がない時にはきゅうりに切れ込みを入れると早く漬けることが出来ます。 串を刺す時には、家族に手伝ってもらうのも楽しいでしょう。一緒に作れば楽しさも美味しさも倍増します。 串に刺さなくてももちろん食べられますが、刺すことで自宅で簡単にお祭り気分を演出できるというのがメリットです。 漬け方はいろいろありますから、毎回違う味付けにしてみるのも良いでしょう。さっぱり系、おつまみ系、甘い系、こってり系、など様々なアレンジが可能です。 簡単に手作りできるので、いろいろアレンジして楽しめます。

きゅうりの漬物を作るのに用意する物

きゅうりの漬物を簡単に作る方法としては、スーパーに売られている市販の浅漬けの素を利用すると一番手間が省けます。スーパーでは、混ぜて数分程度で簡単な漬物ができあがるものがたくさん開発されており、販売されています。また、市販の素を使用しなくても、和食でよく使う酒や醤油、みりん、白だし、酢と塩があれば十分家庭でも簡単にきゅうりの漬物が短時間で作れます。市販のぬか漬けのパックであれば、そのパックにきゅうりやなすなどの野菜をそのまま漬け込むだけでぬか漬けを作ることができます。調理道具はまな板と包丁、漬け込むときの密閉容器を用意します。密閉容器がなければ、ビニール袋でも代用が可能です。洗う手間などを考えれば、ビニール袋の方が便利です。塩は、できれば食塩ではなく上質の塩を用意したほうがより美味しい漬物ができあがります。中華風の味つけにしたい場合は、ごま油と鶏がらの素を用意するとよいです。辛みのある漬物を希望する場合は、唐辛子や一味を用意しておきます。洋風の味づけにしたい場合は、ビネガー酢やバルサミコ酢とワインを用意しておきます。きゅうりと一緒にゴマや大葉などの薬味も用意しておくと、漬物のバラエティーが増えます。

きゅうりの漬物の作り方の手順

きゅうりの漬物の手作り方法としては、下ごしらえとしてまな板の上を利用して、塩でこすりあわせます。その次に、調味料を混ぜたビニール袋にきゅうりを一口サイズぐらいに切って、漬け込みます。きゅうりは、包丁で切るよりも手で切ったほうが、味が染み込みやすくなります。また、短時間で漬けこみたい場合は、きゅうりに隠し包丁で切りこみを少し入れておくとよいです。隠し包丁ではなく、爪楊枝で穴を何か所かきゅうりに空けておく方法でも大丈夫です。お好みで調味料以外の薬味やきゅうり以外の野菜を一緒に漬けこんでオリジナルティのある漬物を作ることもできます。きゅうりを漬け込む時間は、数時間から1日ぐらいが目安になります。きゅうりのぬか漬けを作る場合は、市販のぬか漬けにきゅうりを切らずに一本そのまま漬け込みます。切り分けるのは、漬け込み終わった後にします。ぬか漬けの漬けこむ時間は、きゅうりの場合は半日から1日ぐらいが基準となります。大根や人参の場合は、2日以上漬け込む方が味が染み込みますが、きゅうりはあまり長期間漬け込まないほうがよいです。ぬか漬けは、冬であれば常温でそのまま放置しておけばよいですが、気温が高い夏場は冷蔵庫で漬けこむ方が安全です。

きゅうりの漬物の作り方のまとめ

串きゅうりの漬物は、6本分のレシピで、きゅうり3本、水200cc、昆布5cm×5cm、塩小さじ2、串6本を用意します。 きゅうりをしっかり洗い、皮全体に斜めに切れ込みを入れます。細かく入れると、早く漬けることが出来ます。 きゅうりを真ん中で2等分して、密閉容器に入れます。 上から塩、水、昆布を加えて、全体に材料が行き渡るように軽く揺すります。 蓋をして冷蔵庫で2時間~半日漬け込みます。漬け具合は好みで構いませんが、長く漬け込んだ方がきゅうりがしなびて柔らかくなります。 好きな状態に漬け終わったら、取り出して串に刺します。 味が濃すぎる場合には、流水で洗うと塩気が抜けてちょうどよくなります。 串に刺しても良いですし、小さく切って爪楊枝に刺したり、豪快に割り箸に刺しても良いです。 漬けたタレを再利用したいならば、ご飯にかけてそこに氷と水を入れると夏の冷や飯として食べられます。 串きゅうりの漬物は数日は保存が出来ますが、なるべく早く食べきった方が安心です。きゅうりを大量に消費したい時や、子どもの野菜嫌いを治したい時に作ってみると良いです。見た目が楽しく作り方も簡単なので、子どもと一緒に遊び感覚で手作りするのもおすすめです。

y001-0322

本格的杏仁豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大豆を原料とした加工食品である豆腐は、東アジアから東南アジアにかけての多くの国や地域で古くより日常的に食べられてきた歴史...

y001-0248

筍の茹で方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

筍は鮮度が大切です。近所のスーパーに行けば、筍の水煮が手に入るかもしれません。しかし、採れたての筍のおいしさには到底かな...

y001-0590

焼き飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人ならば、やはり米を食べるのが自然です。米はパンよりも腹持ちが良いですし、地産地消にも貢献しやすいです。焼き飯で使う...

y001-0366

美味しい味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人の気持ちよい朝のスタートに、美味しい味噌汁は欠かせない食べ物と言えるでしょう。もちろん昼でも夜でも和食には何でも合...

y001-1209

ソミュール液の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

燻製作りの工程の中で、塩水による塩漬け作業があります。この塩水をソミュール液と呼び、この液体に漬けることによって、長期保...

y001-1088

ニンニクの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクを使った料理は実に多いですが、栄養を豊富に含んでいるニンニクを食べることで様々な効果が得られます。ニンニクは体に...

y001-0107

ベッドカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

寝室のイメージチェンジをしたいけれど、家具の入れ替えは大変だし、お金もかかってしまいます。イメージチェンジしたいとは思い...

y001-0602

春巻きレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

中国料理の中でも、繊細で皮のパリパリ感を楽しめる一品が春巻きです。食事のおかずはもちろん、お弁当のおかず、行楽シーズンの...

y001-1473

アンケート用紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アンケートと言うのはとても便利なもので、大勢の人たちがどういった考え方をしているのか、と言うことを数字であったり、文章で...

y001-0272

流木インテリアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

流木というのは、海や川に流れ込んだ樹木のことを言います。また、それらが海岸や河岸に漂流物として打ち上げられたもののことも...

y001-0280

卵焼き基本の簡単な手...

お弁当のおとも、数ある日本のおかずの中でポピュラーなもの...

y001-1477

アレンジ髪型の簡単な...

アレンジ髪型の作る理由や目的は、例えば同じポニーテールで...

ジェルキャンドルの簡...

ジェルキャンドルはキャンドル用のジェルを使い、ガラス容器...

y001-0119

洗面ボウルの簡単な手...

お洒落なカフェや、レストランなどに行くと、素敵なトイレの...