ストレッチ体操の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ストレッチ体操の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

普段の生活を送る上では使われる筋肉はだいたい決まってしまいます。そのために逆に全く動かさない筋肉もあり、日々の生活を送るだけでは筋肉が固まってしまうことも考えられます。また、スポーツをすること自体は健康に良い効果があるのですが、スポーツをしたことで疲労した筋肉をそのままにしておくのではなく、きちんとストレッチ体操をして筋肉の疲れを取り除いておくことは大切です。普段はあまり動かすことのない筋肉をしっかりとストレッチ体操で伸ばすことで、深いリラックス効果を得ることができます。スポーツの後の筋肉をケアすることで、疲労を回復させ、けがの予防にも効果があります。ストレッチというと体の柔軟性を高めるためにすると思われがちですが、実は普段あまり動かさない筋肉に刺激を与えたり、筋肉の疲れを取り除く役割があるのです。そしてストレッチ体操を行うことで筋肉がほぐれると、実は体にとっていいことがたくさん起こります。普段スポーツジムに通ったりウォーキングなどをする時間がなかなか取れず運動不足気味の人でも手軽にできるストレッチで、体の柔軟性を高める努力をすることはとても重要です。毎日続けることで徐々に柔軟性が高まるのであきらめずに根気よく続けることです。

ストレッチ体操を作ることの楽しさ

昨今の健康ブームで簡単にできるストレッチ体操や自分でできるストレッチの手作り方法などを解説した雑誌やサイトなどをよく目にするようになりました。ストレッチを続けることで関節の可動域が広がり、体の柔軟性を高めることができます。柔軟性というのは筋肉と腱などが伸びる能力のことで、体が柔らかいことを柔軟性が高いと表現します。柔軟性を高めるために最も簡単にできるトレーニングがストレッチ体操です。特に器具などが無くても一人でも簡単にできて時間がかからず、広い場所が必要なわけでもありません。柔軟性が高まることで体には様々な変化が現れます。ストレッチ体操を行って柔軟性を高めることは、筋肉をしっかりと動かして代謝の良い体にするだけでなく、筋肉のポンプ機能を利用して血行を改善させる効果があります。そして基礎代謝が向上することで痩せやすい体になる効果も期待できます。日常生活でたまった疲労を取り除いたり、手足などの末端が冷えて辛い冷え性の改善にも効果的です。筋肉の疲労をそのまま放置すると肩こりや腰痛などの原因の一つの筋肉のコリが起こります。柔軟性が低いと関節に負担がかかり痛みが生じます。ストレッチをして筋肉や腱を伸ばして関節の負担を取り除くことは、結果的に肩こりや腰痛を緩和することにつながります。

ストレッチ体操を作るのに用意する物

日々の生活の中であまり使われない部分はだんだんと固くなって動きが悪くなります。 行動で顕著にわかるのはつまずきやすくなることです。 そんな時は足首がかたくなっている証拠です。 そんな足首を簡単な道具で毎日ストレッチ体操できます。 出来上がった装置に毎日乗るだけで足首が動きやすくなります。 テレビを見ながらでもできるので苦にならずに続けられます。 調整式ですから最初はゆるく、慣れて来たらだんだんと角度をあげて負荷を増やすことができます。 無理せず続けられるストレッチ体操です。 まず、厚さ2cmの30cm×30cmの板を2枚用意します。 人が乗る部分になるのでしっかりとしたものを選んでください。 厚さは2cm程度なので2cmを超える分には問題ありません。 それ以下だと変形の恐れがあるのでお勧めしません。 木材以外でも作成可能ですが手軽さがなくなります。 次に蝶番です。 これも人が乗った板を支える役目をするのでステンレス製のしっかりしたものを2つ用意してください。厚さ3mm以上だと安心です。 あとは青竹踏みと板と同じ大きさのゴムシートです。 ゴムシートは100円均一などで売っている滑り止め用のゴムシートで大丈夫です。 青竹踏みはプラスチック製ではなく竹製を選んでください。

ストレッチ体操の作り方の手順

手作り方法はいたって簡単です。 用意した2枚の板を蝶番で結合します。 蝶番は2枚の板の内側同士に取り付けます。 できるかぎり間隔を広げて板の同じ辺に設置します。 出来上がると2枚の板が本のように閉じたり開いたりできます。 その板の一方の内側にゴムシートを敷きます。 そちらが下の板になります。 ゴムシートの上に青竹踏みを適当に置きます。 これが支点になります。 最後にもう一方の板を閉じて終わりです。 板がくの字の状態になっていると思います。 青竹踏みの位置を調整して好みの角度にします。 蝶番に近くすると角度がきつくなります。 最初のうちは一番離れたところにしてゆるい角度から始めましょう。 角度が決まったら板の上に蝶番側にかかとが来るようにして両足を乗せて立ちます。 そのときに倒れないように注意してください。できれば何かに掴まって立った方が良いでしょう。 その状態で床に対して垂直に立てれば、足首に角度がついた状態になっているはずです。 普段、つま先を上げた状態で立つことはありません。 この装置を使えばその姿勢が簡単に実現できるストレッチ体操になります。 この立ち方によってすね側の筋が緩んで、アキレス腱が伸びる効果があります。 結果として足首の稼動域が広がるので足が動きやすくなります。

ストレッチ体操の作り方のまとめ

ストレッチが体に良い影響を与えることはよくわかるけれど、仕事や家事が忙しくなかなか運動する時間が取れないときにはタオルを使った自宅で無理なくできるストレッチ体操がおすすめです。タオルを使うことで無理なく体を伸ばせて気分もすっきりします。ストレッチをすると凝り固まった体の柔軟性や体の歪みが改善されて肩こりや腰痛解消に影響が期待できます。タオルを使ったストレッチ体操は、タオル以外は必要なものが無く、自宅で自分の好きな時間にできます。 具体的なやり方は、首筋のストレッチにはタオルを両手で持ち頭の後ろに回し、ゆっくりと息を吐きながら両手でタオルを下に向かって引っ張り、気持ちよく伸びた状態でキープします。 二の腕のストレッチでは右手でタオルの端を持ち、ひじを曲げ、左手でできるだけタオルの上の方を持ちキープします。ウエストのストレッチにはタオルを両手で持って腕を頭上に伸ばした状態でゆっくりと左右に体を倒し、ウエスト周りを伸ばしてキープします。 こうしたストレッチ体操は朝に行えば気分良く一日をスタートさせることができるし、夜に行えば一日頑張ってくれた体をゆっくりとほぐし、筋肉をリラックスさせることができます。

ティッシュケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ティッシュケースは自宅の部屋で使うものと小さなポケットティッシュのものとがあり、最近は簡単にハンドメイドで手作りできます...

y001-0292

洋服ワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はデフレ経済からなかなか脱却できずにいます。国の政策も焼け石に水であり、サラリーマン世帯などは非常に厳しい生活...

y001-0639

手芸ふくろうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

簡単に作ることが出来る手芸ふくろうを作る理由や目的はいくつかあります。まず、わずかな布があれば手芸ふくろうが出来るので、...

y001-0432

奈良漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

奈良漬けは歴史の古い食べ物ですが、その最古の記録でわかっているのはなんと1300年ほど前の奈良時代のことでした。当時は可...

y001-1477

アレンジ髪型の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アレンジ髪型の作る理由や目的は、例えば同じポニーテールでも、そこに編みこみが1つあるだけで全然違う印象になったりしたりす...

y001-0559

水引の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「水引」は、お祝いごとやお悔やみごとの際に用いられる飾りを指します。贈答用では、包み紙の上にかける紅白の帯ひもや黒白の帯...

y001-0675

指笛吹き方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

世界中で吹かれている指笛は多くの場合舌の裏側に指をつける吹き方で行われています。口笛よりも大きな音がして盛り上げるときな...

組織図の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

組織図をつくることは会社の経営計画を作るうえで最も重要です。例え社員が数人しかいない会社だとしても組織図を作ることは重要...

y001-0879

よく飛ぶ紙飛行機の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の頃なら誰しもが一度は紙飛行機を作成して飛ばした経験があるはずです。空を優雅に飛ぶことが出来る紙飛行機は、翼がない人...

y001-1320

きゅうりレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゅうりレシピは、箸休めにも作るのに良いですし、おかずの1品としてもつくりやすいメニューです。アルコールを楽しむ時の、お...

y001-1121

トマトの育て方の簡単...

トマトは代表的な野菜のひとつです。さまざまな料理に使われ...

y001-0318

味付きゆで卵の簡単な...

ラーメン屋で食べるラーメンには、煮卵のような茶色く色づい...

y001-0817

運動会弁当の簡単な手...

運動会シーズンになると、だんだんと気が重くなって気分も滅...

y001-1225

スピーカー自作の簡単...

音楽を聴く時になくてはならないものは、音源と音の出口です...