チーズフォンデュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チーズフォンデュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スイス料理として世界的に有名なチーズフォンデュは、お店で食べる特別な料理のような気がしますが実は材料さえ揃えば自宅でも簡単に作ることができます。本場スイスでは家庭料理として広く普及していて、どの家にも必ずチーズフォンデュ用の鍋があり、誕生日やクリスマス、大みそかなどにみんなで集まって食べるのが一般的です。お店で食べるとかなり値段の高い料理ですが手作り方法を覚えてしまえば自宅でいつでも楽しめます。チーズフォンデュは材料の量を調節することで一人分のミニサイズから大人数分まで自由に変えることができるので便利で、食べたい分だけ作ることができます。たくさん作ればメイン料理としてもじゅうぶんボリュームがあり、少しだけ作ってワインのつまみにしたり、夜食や小腹を満たすためにもちょうどよいレシピです。パンを浸すのが一般的ですが、パンだけでなくじゃがいもやブロッコリー、パプリカなどの野菜やソーセージなどの肉類を一緒に浸して食べれば栄養バランスも取れて味も単調でなくなり、食卓が華やかになります。ピクルスやサラダを添えればおいしいだけでなく足りない栄養素を補って健康的にチーズフォンデュを楽しむことができます。

チーズフォンデュを作ることの楽しさ

チーズフォンデュの楽しさは、作りながら食べることにあります。鍋の中でとろけたチーズに好みの具を浸して、アツアツの出来立てを食べられるのでおいしく、イベントになるのでパーティーや親戚の集まりなどに最適です。日本人が家族みんなで鍋料理や焼き肉を楽しむように、スイス人は家族で鍋を囲んでチーズフォンデュを楽しみます。具を選んで一口サイズに切って並べて、チーズをからめる作業は子供でも簡単にできるので、子供と一緒に作る料理としても最適です。チーズは栄養価の高い食材で、カルシウムがたっぷり含まれている健康食品です。緑黄色野菜を具にすればバランスのよい食事をすることができて、体の芯から温まります。作り方は基本の行程以外に決まりがないので好きな具や使うチーズの種類を選んで自分だけのオリジナルレシピができるのも大きなメリットです。残ってしまっても冷めれば固まるので、次の日に温め直せばまたとろけるようなフォンデュを楽しむことができて、冷凍保存にも適しているので一人分ずつ小分けして冷凍したり、ピザやグラタン用のチーズとして再利用することもできて無駄がありません。レンジで温めてもいいので手軽に食べられる本格的な料理です。

チーズフォンデュを作るのに用意する物

ホームパーティーのメニューに一つあると華やかさが増すもの、それがチーズフォンデュになります。最近ではすっかりお馴染みになったものですが、自分の好きな具にチーズをつけて食べる、それもみんなで楽しむことができるのですからパーティーには欠かせないものになります。しかも準備しておいておけばよく、後はそれぞれが好きなように楽しむことができるので、動的な意味合いも加わって、盛り上げ効果も出てくれるのです。 特に子供がいる場には良く、演出的な意味でもあると食べるだけじゃなく、コミュニケーションツールにもなってくれるのです。おまけに用意するものも少なく、準備も簡単、しかも置いておけばゲストが自由に行ってくれるので手間隙がかからなくなります。 ではチーズフォンデュに必要なものはなにかと言うと、メインであるチーズ、固さ調整の白ワイン、具にするパン、ジャガイモやブロッコリー、アスパラガス、ニンジン、タマネギ、ウインナー、他にも好きなものを用意すればよいのです。他に調理道具としてフォンデュ用の鍋、コンロや保温器などの鍋を温める器具、さらには竹串や金串など、具を挿すために使用するものが必要となります。専用のフォンデュ鍋やコンロもありますが、普段仕様のもので問題はありません。

チーズフォンデュの作り方の手順

ではチーズフォンデュの手作り方法になりますが、まずはチーズこれは特にきまっているわけではありませんが、慣れていない方が多いなら、癖の少ないものを選ぶ方が良いです。青カビ系はにおいがきついので、不得意な人にとっては鍋から漂ってくるだけで辛い場合があります。それゆえカマンベールやグリュイエールチーズ、エメンタールなどの癖の少ないものをブレンドしてつかうといいです。 任意のチーズを細かくカットして、鍋にいれます。弱火でチーズを煮とかし、様子を見ながら白ワインで固さを調節していきます。具の準備をしていきます。フランスパンやクロワッサンを一口大にカットし、ジャガイモやブロッコリー、アスパラガスなどを下茹でして、パンと同じように一口大にカットします。ウインナーも茹でておき、余裕があれば串類を刺しておきます。 食べる前にチーズが完全に溶けるようにしておき、皿に準備した具をのせておきます。具は好きなものでよく、いろいろなもので試して、お好みのものを見つけ出すのも楽しいものです。子供から大人まで誰でも楽しむことができますし、盛り上がりますので、気になっている方は一度チャレンジしてみるのがよいかと思われます。

チーズフォンデュの作り方のまとめ

チーズフォンデュの作り方は、使うチーズの種類を間違えないことと、最初にコーンスターチや片栗粉をまぶす手順を忘れなければ失敗することはありません。ハード系のナチュラルチーズ以外のチーズを選んでしまうと溶けなかったり味がおかしくなるので注意しましょう。ナチュラルチーズはクセのある味のものも多いので、選ぶときはできれば試食して好みの味と香りかどうか確かめましょう。子供が食べる場合は白ワインではなく牛乳や水を使って作ることができます。コショウやナツメグなどの調味料やガーリックは好みで量を調節します。溶かしている間は絶えずかき混ぜて分離したり焦げたりしないように注意をします。具は、チーズに塩味があるので味付けをせず、薄味のフランスパンや茹でただけの野菜を使いましょう。パンは表面が少し乾燥しているほうがチーズが絡みやすいので古いものでも構いません。基本の手作り方法を覚えたら、チーズに粉末パプリカやカレー粉などを混ぜたり、トマトピューレを混ぜた赤いチーズフォンデュなどアイデア次第で様々なレシピに応用することができます。鍋の中のチーズが少なくなってきたら、わざと鍋底を焦がせば香ばしいチーズチップスを作ることもできます。

y001-0878

ヨモギ団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヨモギはキク科の多年草で、野や山などの至るところに自生しています。日本や中国では、食用や薬用として古くから使用されてきた...

y001-0875

らっきょうワイン漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

らっきょうには、さまざまな効能があります。疲労回復、夏バテ防止の他に、らっきょうに含まれている硫化アリルが血液をサラサラ...

y001-1169

チンゲン菜レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チンゲン菜は、油との相性が良いので、炒める料理にも適しています。茹でると綺麗な緑色に変わります。炒めたり茹でることによっ...

y001-0870

ランチョンマットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の中である意味でもっとも活躍している場所は食卓で、だいたいは朝食と夕食は自宅で手料理を、場合によってはテイクアウトし...

y001-0388

半襟つけ方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

半襟は着物を着る時に長じゅばんの衿につけて使います。半襟は汚れ防止の役割の他におしゃれとして楽しむ事もできます。着物の種...

y001-0666

紙粘土工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

身近な材料を使って造形を楽しむということを趣味にする人は非常に多くいます。本格的な材料を使用して、大作を製作するというの...

y001-1339

かんぴょうの煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かんぴょうには食物繊維が豊富に含まれている言われています。100グラム当たりに含まれる食物繊維料は30.1グラムです。こ...

y001-0152

天然石ビーズリングの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

天然石の魅力は色や素材感にあります。天然石にはさまざまな種類がありますが、マットな物、透明、または半透明な物とそれぞれ雰...

y001-0134

書斎の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日常生活では、安らげる場所が必要です。特に社会生活をしている場合には、ストレスを如何にやり過ごすことが出来るのか、発散す...

y001-0506

千羽鶴折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

千羽鶴は病気がよくなったり長寿になれるという願い事を叶えてくれるという願掛けで作られます。自分自身で作ることもありますが...

y001-0567

酢豚の簡単な手作り方...

味をつけた豚肉を揚げて、甘酢あんをからめた酢豚は、中華料...

y001-0769

甘い梅干しの簡単な手...

梅干しは、元々は古代中国で漢方薬として使用されていたと考...

y001-0938

ホットプレートパエリ...

スペインはフラメンコや闘牛などの文化を持つ情熱の国として...

y001-0960

ヘアアレンジ子供の簡...

子供のヘアアレンジは大人同様、様々な方法があります。近年...