ぬいぐるみの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぬいぐるみの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供たちが大好きなぬいぐるみは、一緒に遊んで楽しめるだけでなく、眺めていると大人もほっこりとした優しい気持ちになります。ぬいぐるみを手作りすると、子供たちにとって世界中でも一つしかない大切な遊び相手になりますし、大人にとっても心を癒してくれる存在になったり、インテリアの一つとしてオシャレに飾って楽しむことができます。特に、子供にとっては、長い時間一緒に過ごしていると、自分だけの思い出の沢山詰まった相棒になることでしょう。また、上手に作れる技術をマスターしたら、友人に贈ったりしても素敵なギフトになります。市販のぬいぐるみにも可愛らしいものが沢山ありますが、表情が好みのものではなかったり、イメージしていたよりもサイズが大きすぎたり小さすぎたりすることがあります。その点、手作りぬいぐるみの良さは、好きな動物や人物を好きなテイストに合わせて作ることができます。ユーモラスな表情が好きな方は、とぼけたような表情にしてみたり、柔らかい感触が好きな方はふわふわした感じにしてみたり、好きなようにアレンジしていける点も魅力です。市販のものの中にはなかなか好みに合うぬいぐるみが探せない方にも、手作りは向いています。

ぬいぐるみを作ることの楽しさ

ぬいぐるみ作りは、シンプルな作りであったとしても、ぬいぐるみが持っている独特の風合いやそれぞれの表情など、一つ一つ個性が異なるという魅力があります。特に、手作りのぬいぐるみには、作り手の愛情が込められているので、例え上手くできなかったとしても、どこか味わいのあるものになります。日々慌ただしい雑事に追われている方なら、ぬいぐるみの素材を決めたり、ちくちくとパーツを縫ったり生地を貼ったりしていくことは、そうした細かい作業の一つ一つが気分転換につながります。暇な時間を見つけて一人で集中して作り上げることもできますし、同じ趣味の仲間を見つけて相談し合いながら作っても楽しいものです。また、ぬいぐるみ自体を作ることに留まらず、さらに可愛らしい洋服を作ってぬいぐるみに着せるのも面白みが生まれます。フェルトであったり、もこもこした素材であったり、材料が異なれば色々なバリエーションで作ることができるので、楽しみ方の幅も広がっていきます。縫わないで作れるものから、非常に細かい作業が必要な凝ったデザインのものまで、作り方も大変豊富です。アイディア次第で色々な種類のものが作れるので、次はどんなものを作ろうかと考える時間もワクワクします。

ぬいぐるみを作るのに用意する物

犬やウサギ、猫などの動物のぬいぐるみは見ているだけでも可愛らしいものです。人気アニメのキャラクターのものもおもちゃ屋さんで販売を見かけますが、どれも人気があるので子供にねだられて困ってしまったという事もあるかもしれません。値段も割と高いので、一度自分で作ってみたいと思う事もあるかもしれません。手作り方法もきちんと確認しながらであれば、それほど難しく考えなくても製作を進めていけますので、気楽に作ってみて下さい。 材料はぬいぐるみに使う生地を用意しましょう。自分で作るものですから、色は好きなものを選んで下さい。それらしい色を選んでもいいですし、カラフルなものでも大丈夫です。キャラクター物を作るのであれば、それに合わせて布選びをしましょう。中に詰める麺やペレットも揃えておきましょう。後は刺繍用の糸や手縫いならそのための糸、またはミシンなどもあると作業が格段になります。 手作りすれば、自分の思うようなサイズやさわり心地でぬいぐるみを作っていくことが出来ます。慣れるまでは簡単に作業していくのも少し難しく思うかもしれませんが、ゆっくり丁寧に一針ずつ作業を進めていけば、必ず完成させられますので頑張りましょう。

ぬいぐるみの作り方の手順

ぬいぐるみを作る前には、まず型紙を準備します。無料で公開されているものもありますので、それらを参考にしても作りやすいです。型紙に沿って用意した布を裁断していきます。間違いのないように慎重に切っていきましょう。顔のパーツから作ると頑張ろうという気にもなりますので、顔を縫い合わせていきます。中表に塗ってから裏返して、綿などを詰めて中身が出ないようにしっかりと首元を絞めておきます。胴部分も同じように中表に縫い合わせてからこれも中身を詰め込んで、そこをきっちり閉じておきましょう。それから、顔部分と縫い合わせていきます。腕や手足も同じように縫い合わせてから、今度は胴部分に縫い合わせていきます。どの辺りに縫い合わせるかは自分なりに可愛らしく見える位置を探してみるといいでしょう。動物なら尻尾や耳なども作って付けていきます。目にはボタンをつけたりするととても愛らしいです。中に詰める綿の量なども迷ってしまうかもしれませんが、手触りなども考えて好きな量で構いません。多いか少ないかでかなりぬいぐるみの印象や触ったときの感触も違ってきます。自分ならではの可愛らしいぬいぐるみ制作を楽しんで、頑張って作業していきましょう。

ぬいぐるみの作り方のまとめ

ぬいぐるみの手作り方法は、パペットなら比較的簡単にチャレンジすることができます。基本的な作り方は、型紙と布、ハサミにチャコペン、中に詰める綿、針や糸があれば大丈夫です。まず、動物でも人物でも、作りたいと思うぬいぐるみの形を型紙に起こして、それに沿うように布を切り抜いていきます。初心者の方は、シンプルなデザインから始めると良いでしょう。布をカットする際には、5mmほど縫い代として取るのを忘れないで下さい。布をカットしたら、中表にして、縫い代に沿って塗っていきます。返し口として5cmから7cm程度残しておき、布をそこでひっくり返しましょう。ひっくり返したら、中に綿を詰めていき、詰め口の部分ははしごステッチで縫って閉じます。耳などの細かいパーツやぬいぐるみの表情の装飾を加えたらでき上がりです。他にも、靴下、手袋のように通し口が付いていて、先の部分がふさがっているような既製品を使って作ることもできます。作りたい形に合うような既製品を選ぶと、縫う作業も減るので楽に作れます。靴下や手袋なら、中から手を入れてぬいぐるみの口の部分を動かせるようにしたり、動きを出して遊ぶことができるような仕掛けを加えても楽しくなります。

y001-0158

柚子ジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

柚子ジャムに使用する柚子にはコレステロール値のコントロールをはじめ、血糖上昇を防ぎ、ペクチン成分によって毛細血管の働きを...

帆布バッグ 作り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カジュアルなシーンやマザーズバッグ等として帆布バッグが流行しています。マリン系が流行る初夏や、ピクニックが気持ち良い春の...

y001-1306

グローブの型の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

買ったばかりの新品グローブはカチカチで、すぐに捕球するのは簡単ではありません。そこで、捕り易い捕球面を自分で作ってあげな...

y001-0479

大豆レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大豆にはとても栄養があります。畑の肉とも呼ばれるタンパク質豊富な大豆ですが、様々な料理に合う食材です。例えば豆腐、煮物、...

y001-0640

手芸フェルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分の趣味を持つことは、毎日の生活にも楽しみが増えるので、とても良いことかもしれません。ですが、これまで、特に趣味といえ...

y001-0474

段ボールコンポストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昨今エコロジーの観念からも利用者が増えている段ボールコンポスト。市区町村によって補助金などが出ることもあり、その注目度は...

y001-0555

水槽台の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏になると涼しげな熱帯魚水槽を始める人が増えてきます。近年、アクアリュウムというジャンルも定着してきました。始めるにあた...

y001-0748

玉ねぎ料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

玉ねぎ料理というと、小さな子供にとっては苦手で好きになれないというものも多いかもしれませんが、大人の多くは玉ねぎが大好き...

y001-0993

フェルトスヌーピーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

可愛らしいぬいぐるみがあると、何となく癒されるものです。ぬいぐるみは他の日用品と比べて、特に何か便利な機能を持っている訳...

折り紙ブーケの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

封筒というのはお店にたくさんのデザインのものが売っているのですが、それらのお店で売っている封筒はそれぞれのお店で扱ってい...

y001-0597

小麦粉粘土の簡単な手...

粘土には様々な種類があります。油粘土、樹脂粘土、紙粘土、...

y001-0541

生ゴミ堆肥の簡単な手...

生ゴミ堆肥を作る目的の第一は、副産物として利用することで...

y001-1500

PPバンドかごの簡単...

昔の主婦が食料品を買いに行く際に、手に持っていたのが買い...

y001-1307

クレープの簡単な手作...

「クレープ」は、子供から大人までみんなが大好きなスイーツ...