ぬか漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぬか漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぬか漬けを長年、守って来ているという人もおり、それぞれの家庭の味を継承し続けています。このぬか漬けを作るという理由は、塩分を控えめであり発酵食品であり、健康の維持を目的としています。たとえば、きゅうりの塩漬けであればぬか漬けに比べると塩をどうしても多く使わざるを得ません。しかし、ぬか漬けには、ぬか、とうがらし、山椒の実などを入れて作っているので味わい深い素朴な漬物を食べることが出来るので、愛好家の方々は、糠床をとても大事に管理していると言われています。さらに、発酵食品であり植物性乳酸菌も含まれているので、腸内環境が良くなり免疫力をあげるためにも効果的であり、特に、暑い夏には重宝する漬物として親しまれています。古くから歴史のあるぬか漬けは、今もなお、日本の食卓で守り続けられていると言えるでしょう。毎日、糠床を混ぜなければならないために手間はかかりますが、それ以上に美味しさもあり健康面にも優れており、宝物として愛用している方もたくさんいます。そのため、夏野菜のある時期だけに糠床を使い、冬場は冷蔵庫など涼しい場所で大切に保管をするようにしている方もいますし、年間を通じて漬けている方もいます。

ぬか漬けを作ることの楽しさ

ぬか漬けの糠床の作り方は、ぬかとビール、塩を入れて出来るので比較的簡単に出来ます。 毎日のぬか漬けの手作り方法は、たとえば、朝、きゅうりを糠床に入れて、夕方ぐらいに完成するので、ちょっとした手間だと感じる人もいるでしょうが、慣れてくれば、毎回、美味しい漬物を食べられるようになるという楽しさがあります。 また、野菜の種類によって、きゅうりや大根、なす、にんじん、みょうがなどいろいろな味わいを楽しめます。 漬ける時間は、野菜によって加減をします。 得られるメリットは、ぬか漬けは出来たての美味しさを食卓で家族で囲むことが出来て、しかも、健康を維持することに役立つことです。 糠床に漬けておく時間の加減によって、それぞれの味わいが変化をするのもぬか漬けならではの醍醐味だといえます。 このようなメリットがあるので、古くから糠床を大切に守り続けている人にとっては、宝物のような存在になっているわけです。 混ぜることでよりおいしさが増すといわれているので、愛情を持って糠床を混ぜています。 そのため、混ぜるという行為も一見、大変そうに思えるでしょうが、糠床への愛着があるので手間がかかるという感覚ではなくなっているともいえます。

ぬか漬けを作るのに用意する物

ぬか漬けは昔からご飯のお供として食べられてきました。程よい酸味と塩味でご飯が進みます。 漬けたものがスーパーに売られていたりもしますが、家庭での手作り方法をマスターすると、簡単に毎日ぬか漬けをおかずに出来るので楽しみが増えます。 ぬか漬けには乳酸菌が含まれており、酸味がその証拠です。便秘解消にも役立つかもしれません。 ぬか漬けにして食べるお野菜には、きゅうり、茄子、大根、人参などがあります。 日常的に手に入りやすい野菜でできる所が魅力的です。 変わった所ではオクラ、ピーマン、しいたけ、ゆで卵などを漬けても美味しいようです。 自分で色々な食材を試してみると、意外と合うものが見つかるかもしれません。 ただ、水分が多くでるものなどは腐りやすくなるかもしれないので、注意が必要です。 ぬか漬けを作る際に一番必要なのは、ぬか床を毎日かき混ぜる事です。 ぬか床は生きているので、毎日ちゃんとお手入れをしてあげないと美味しいぬか漬けにはなりません。 最近は市販のぬか床も売られており、パックにそのまま野菜を漬ければいいだけになっている商品もあるのでそれを利用するのもいいかもしれません。 ただその場合でも、毎日のかき混ぜ作業は必要となります。



ぬか漬けの作り方の手順

まずぬか漬けを作るには、ぬか床が必要となります。 最近は土間などの冷える場所がない家庭が多いので、冷蔵庫に入れても大丈夫なサイズの容器を使うといいでしょう。 ジップロックで作るというワザもあるようです。 ぬか床の材料は、新鮮なぬか・粗塩・水・唐辛子・昆布が必要です。 これらを混ぜ合わせて、容器に入れます。ぬかの硬さはお味噌くらいがちょうどいいみたいです。 これは水分の量で調節します。 ぬか床が出来ても、最初からぬか漬けができるわけではありません。 最初の数回は捨て漬け、といって捨て野菜を漬けることで乳酸菌などを増やします。 捨て漬けの期間は、通常より多い1日2回くらいぬか床を混ぜてお手入れしてあげましょう。 美味しいぬか漬けが出来る準備だと思ってマメにやりましょう。この期間は1週間くらいです。 そして捨て漬けが終わったら、早速好きな野菜を漬けてみましょう。 だいたい1日くらい漬ければぬか漬けを食べる事ができます。 ぬか床のお手入れは水分が出れば取り除き、塩が弱くなれば塩を追加し、旨み成分が少なくなれば昆布などの旨みを追加するなどの、小まめなケアをすることが必要です。 夏は常温だと発酵が進みすぎる可能性があるので、冷蔵庫に入れたほうがいいかもしれません。 ただ入れっぱなしだとこれも発酵が進まないです。ぬか床の温度管理は難しいです。 ぬか床と対話して、今何が必要なのかを見つけてお世話してあげてください。 きっと美味しいぬか漬けが食べられるようになると思います。

ぬか漬けの作り方のまとめ

ぬか漬けの手作り方法は、まず、糠床から作る必要がありますが、ぬか、塩、ビールを入れて作ります。 市販の糠床セットを用いれば、簡単に出来るので不安な方はそちらを活用しても良いでしょう。 大切なのは、糠床を毎日、手で混ぜることです。 素手で混ぜることで、ぬか漬けがより美味しくなるといわれています。 野菜によって、糠床に漬ける時間が変わって来ます。 それぞれの家庭の糠床によっても味が違ってくるので、概ねの目安として何時間程度で野菜を取り出すかを心得ておく必要があります。 もしも、上げるのを忘れてしまった場合でも辛いからと言って捨ててしまわないようにしてください。 水に浸しておくことで辛さが抜けるので、食べられる程度の味になります。 きゅうりや大根、なす、ニンジン、キャベツなどいろいろな野菜を数時間かけて、ぬか漬けにすることが出来るので、漬物といっても色々な野菜を食べられるようになり、特に、夏の暑い季節には食欲をそそるものです。 健康維持のためにたくさんの野菜を摂ることは重要とされています、ぬか漬けなら塩分を控えた上で植物性乳酸菌を摂ることが出来るので、簡単であり理にかなった漬物が出来るようになるのでお勧めです。



y001-0907

ムニエルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はなかなかデフレ経済から脱却できずにいます。給与や景気の回復が報道されていますが、それは一部のエリートサラリー...

y001-0717

紅茶の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紅茶は中国原産のツバキ科の植物から作られる飲み物で、日本茶やウーロン茶と同じ植物からできていることを知らない人もいます。...

y001-0098

バルーンアートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

人間の社会を生きていく上で必要なものはたくさんありますが、経済力や仕事や人間関係のテクニックなども重要な要素になります。...

y001-0828

椅子カバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

キッチンに設置しているダイニングセットは、テーブルと椅子がセットになっています。椅子が二つのタイプと四つのタイプが一般的...

y001-1396

お煮しめの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お煮しめというのは、日本料理の中でも家庭の味というもので、誰もが小さなころから食べているものの一つということが出来るので...

2WAYワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りする理由としては、1枚で異なるファッションを楽しめると言うことを挙げることができます。2WAYはその名の通りに2通...

y001-0836

鯵のさばき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

新鮮な鯵を手に入れたら、様々な料理にして楽しんでみてはいかがでしょうか。鯵は刺し身やマリネ、フライ、つみれなどで楽しむこ...

y001-0274

立体お面の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYなどとして手作り品を製作して趣味や実用品などを楽しむ方法が紹介されています。その中には非常に数多くのジャンルに分か...

手提げカバンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

外出する時に、必要になるものを常に手に持つという行為は、歩き回ったり、走り回るなどの動作をする時の妨げになってしまいます...

花びらお弁当袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

花びらお弁当袋を作る理由は、とても簡単で、時間も手間も、かからずランチョンマットもかねて弁当袋を手に入れることができるか...

y001-1167

つばめ巣の簡単な手作...

ツバメという鳥は、日本では古来より決まった季節になると家...

y001-1124

なす料理の簡単な手作...

夏が旬の野菜は多いです。トマト、きゅうり、レタス、ゴーヤ...

y001-0426

肉じゃがの簡単な手作...

肉じゃがは、日本の家庭料理の代表的な煮込み料理のため、い...

y001-0149

ふき味噌の簡単な手作...

春に顔を出すふきのとう。このふきのとうから作るふき味噌は...