ネギ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ネギ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

味噌は、穀物を発酵させて作られた食品であり、日本では古くより調味料としても使用してきた歴史を持っています。醤油と共に日本の味として、世界中に愛好者が存在しています。ただし、単なる調味料というわけではなく、たんぱく質などの豊富な栄養素を含んでいるので、おかずとしても使用されています。ネギ味噌は、その代表的な料理です。ネギもまた古くより利用されてきた歴史を持っている野菜で、紀元前から栽培されていたと考えられています。独特の香りと辛みを兼ね備えていることが特徴ですが、これは味噌と混ぜることによりマイルドな状態に変化します。そして、お互いの旨味を引き立て合う様な状態になるので、ご飯やパスタとの相性は抜群です。常備しておくと非常に便利であり、毎日の食生活を充実したものにする効果があります。このように魅力的なネギ味噌ですが、実は作り方は非常に簡単です。難しいテクニックや専門的な料理についての知識などは、一切必要がありません。このために、これまで料理の経験があまりないという人でも美味しいネギ味噌を完成させることが出来ます。ネギと味噌が奏でるハーモニーは、一度体験すると病みつきになってしまう魅力を備えています。

ネギ味噌を作ることの楽しさ

味噌は医者いらずという言葉があるほど味噌には豊富な栄養素が含まれており、健康に対しても多様な効果を期待できます。特に、体内で多様な役割を担っている酵素を大量に含有しているということが重要なポイントです。酵素は体内で生産できるのですが、年齢を重ねるにつれて能力は低下してしまうからです。 このために、酵素が足りないという状態となってしまい、身体には様々な不調が生じてしまいます。特に、代謝や消化がスムーズに行えなくなるので、老廃物が蓄積しやすい状況となります。つまり、便秘がちとなり太りやすくなってしまうのです。この様な不調を解消するためには食品から酵素を補給するのが有効であり、味噌はまさにそれにうってつけの存在です。 そして、これにネギを加えることにより、さらに健康食品としての完成度は高くなります。ネギには、ビタミンB1の吸収効率を高める成分を含有しており、良質な睡眠を実現させます。ビタミンB1は大豆製品に多く含まれている栄養素であり、当然味噌も豊富に含有しています。つまり、ネギ味噌はお互いの長所を引き出し合うメリットがあるということです。美味しいというだけではなく健康的な生活をサポートする内容であり、作ることで効果を体感することが出来ます。

ネギ味噌を作るのに用意する物

ネギ味噌は非常に簡単に作ることができる料理で、お酒のおつまみやちょっとした一品におすすめです。作る際に用意するものも非常にシンプルで、ネギ、にんにく、味噌、ごま油のみです。ネギは作りたい分量にもよりますが、2本ほど用意しておいてください。にんにくは3欠片くらい用意します。にんにくの代わりにしょうがを使ってもおいしく仕上げることができるのでおすすめです。味噌はネギ300gに対して、大さじ5杯分ほど用意しておきます。ごま油は食欲をそそる香りをつけることができるので、大さじ2杯分ほど用意しておきます。あとは炒める際に使用するフライパンとネギ味噌を保存しておくための保存容器を用意しておいてください。調理自体はすぐに終わりますが、作り終わったあとに冷蔵庫で4日ほど保存するので、冷蔵庫の中に空きスペースを作っておいてください。ネギ味噌はそのまま食べても美味しいですが、おにぎりにつけて焼けば簡単に焼きおにぎりにすることができます。野菜スティックに付けて食べたり、魚にのせて焼いても美味しいです。どの家庭にもある食材、調味料で簡単に作ることができて、料理のレパートリーも増やすことができるので、ぜひ一度作ってみてください。

ネギ味噌の作り方の手順

ネギ味噌は最終的に冷蔵庫で寝かせるので、完成するまでに数日かかりますが、作業自体は非常に簡単で10分程度で終えることができます。手作り方法ですが、まずネギ2本を小口切りにしていきます。ネギの食感を楽しみたい場合は少し大きめに切っておいてください。にんにくはみじん切りにしておきます。食材の準備が整ったら、フライパンにごま油を少し多めに引き、弱火で熱しておきます。フライパンが温まってきたら、まずみじん切りにしたにんにくを入れて香りをたてていきます。しばらく熱したら、小口切りにしたネギを加えて強火にし、炒めていきます。ネギがしんなりとしてきたら、中火に変更してしっかりと焼き色がつくまで炒めていきます。ネギに焼き色が付いてきたら、味噌を加えてしばらく混ぜ合わせていきます。味噌が全体に絡まったらごま油を少しだけ垂らしてもう少しだけ混ぜていきます。混ぜ終わったら火を止めて、保存容器に移します。保存容器を冷蔵庫に入れて4日ほど寝かせたらネギ味噌の完成です。匂いがきついので、しっかりと密閉できる容器に入れて保存するようにしてください。完成したらそのまま食べたり、おにぎりに塗って焼きおにぎりなどにして食べてください。

ネギ味噌の作り方のまとめ

ネギ味噌の手作り方法は、下ごしらえや準備は一切ありません。レシピは、味噌2分の1カップ、ネギ3分の1本、しょうがひとかけらだけです。ネギをみじん切りにしてしょうがをすりおろし、味噌と混ぜ合わせれば完成です。この作り方であれば熱を加えていないので、酵素などの加熱により壊れてしまう栄養素をそのまま補給できます。 このネギ味噌は、ご飯やスティック野菜、肉や魚など何にでも合わすことが出来ます。なお、ネギから水分が出るので、冷蔵庫で保存しなくてはなりません。期間は、せいぜい3日から4日程度が限界で、傷んでしまう前に消費するのが適当です。簡単に出来る料理であり、その都度作ってしまうのがおすすめです。 なお、栄養価はかなり失われてしまいますが、加熱した調理すれば香りは引き立つようになり、日持ちもするようになります。この場合の作り方は、にんにくやお酒なども加えるのがポイントであり、これによりさらに複雑な旨味が加わることになります。酵素やミネラルなどの栄養素は損なわれてしまいますが、常温での保存が可能となるので、何にでも使用できる便利な一品となります。健康よりも便利さや美味しさを求める人には、加熱して作るネギ味噌がおすすめです。

y001-1276

サツマイモのつるの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

戦時中の食糧難だった頃の話などでは登場することもあるサツマイモのつる、今ではほとんど食べる機会はありません、そもそもあま...

y001-0420

猫捕獲器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

動物関連のアイテムとして猫捕獲器というものが用意されています。一般的に市販されているものも目にすることができ、高性能なタ...

せんべいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の子供たちは便利な食生活に浸りきっています。塾や学校の帰りにはコンビニエンスストアやスーパー、ファーストフードなどが...

y001-1405

おむつケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おむつケーキとは、おむつを使ってケーキのようにし、装飾などを行いかわいらしくしたものです。最近人気が出てきて利用する人も...

y001-0323

本しおりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

本しおりはもともと本にはさんであったり、書店でもらえることもありますがごくシンプルなので、しおりを手作りするときにはデザ...

y001-1108

工作の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お店では家具のほかにおもちゃやアクセサリーなどたくさんの商品が売られていますが、すべての商品はすでにデザインなどが決まっ...

y001-0583

織田信長年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

織田信長年表を作る理由や目的は人それぞれです。大学受験生が受験対策の為に作る場合もあれば、歴史ファンが織田信長をもっと詳...

y001-0078

黒板消しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒板消しは100円均一のショップなどでも販売されているので、買って取得するのは可能です。多少費用はかかる短所はありますが...

y001-0952

ペットボトルロケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ペットボトルロケットはただの遊びのためのおもちゃにとどまらないものがあります。水と圧縮した空気をペットボトルへと溜めて、...

y001-0314

名簿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

学生から社会人まで幅広い場面で名簿を必要とすることがあります。2名や3名程度の少人数では必要としないものですが、10名を...

y001-0985

ふきレシピの簡単な手...

春になるとフキノトウが店頭に並びますが、フキノトウはふき...

y001-0253

練り消しゴムの簡単な...

子どもの頃よく目にした練り消しゴム。当時はただこねている...

y001-1432

えびレシピの簡単な手...

えびを使った料理は子供に人気があります。えびの天ぷらから...

y001-1176

チャーシューの簡単な...

チャーシューをなぜ作るかと聞かれて、多くの人は手作りなら...