バッター液の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バッター液の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYで家の中を思い通りにアレンジするのは楽しいことですが、毎日の食事の支度は手間がかかるものです。ですから出来る限り簡単で、しかも美味しく仕上げたいものです。中でも手間がかかる料理の代表格が、フライといえます。肉や野菜などの素材を下準備し、小麦粉や卵、パン粉を付けた後油で揚げるという工程があり一人では大変面倒なのです。これを解決する方法が、バッター液を作ることなのです。フライに利用するバッター液とは、小麦粉と卵、そして水を混ぜ合わせたものをいいます。これを利用することで衣をつける工程が短縮され、あとはパン粉をつけるだけで油で揚げることができます。バッター液の手作り方法はとても簡単で、目安として卵1個に対して小麦粉50g、そして水を100ml程度加え滑らかで固まりのない状態に混ぜるだけです。状態が固ければ水を入れ、ゆるければ粉を入れて調節し、素材にバッター液をからめていきます。この時液がついてない部分があると、衣が破れたりフライが油っぽくなる原因となってしまいます。バッター液の利点はフライの作り方を簡単にする他にも、衣や素材に密着しやすく
食感が良くなるという点や小麦粉や卵などの材料のロスが少ないという点もあります。

バッター液を作ることの楽しさ

フライの手作り方法を簡単にするバッター液ですが、多くのメリットや楽しさがあります。 第一は、レシピを自分なりに工夫できることです。 材料は小麦粉と水と卵が基本ですが、さらに簡単に卵を使わず水だけでも作れますし、 小麦粉は市販のから揚げ粉を使用しても大丈夫です。 さらにバッター液の粉を米粉にしても変わった食感が楽しめます。 そして最近では卵の代わりにマヨネーズを使う人も多くなっています。 作り方は簡単で小麦粉にお好みの量だけマヨネーズを入れ、 あとは適当に水で固さを調節して混ぜ合わせバッター液を仕上げます。 マヨネーズ入りバッター液の大きな特徴としては、含まれている油分により とてもカリッとした食感のフライができることです。 その上時間がたっても食感が変わらないため、大量に作る場合やおもてなしの時にも役立ちます。 このように材料をいろいろと工夫して楽しめるのは、バッター液の大きな特徴です。 バッター液を利用する第2のメリットとしては、ある程度の調理技術が必要なロールフライや サンドフライが初心者でも上手に仕上がることです。 衣をつける手間が少ない分、フライの形が崩れたり衣がはがれるリスクが少ないからです。 ですから既存のレシピにとらわれず、自分なりのアレンジフライのレシピを生み出すことも可能です。

バッター液を作るのに用意する物

揚げ物をする時、どのような衣を使えばよいのか迷ってしまうことがあります。基本的な揚げ物、特にフライをする時には小麦粉、玉子、パン粉の順につけてから揚げるというレシピがあり、それを実行しても上手くいかなかったこともあるでしょう。 魚のフライを作る場合、小麦粉をつけるところまでは順調でも、溶き卵をつけた時に身が崩れそうになったり、溶き卵にうまくからまないこともあります。溶き卵は弾力がある液体ですから、箸でつけようとしてもうまくいきません。大抵は手で具材に溶き卵をからませます。 それからパン粉をまぶしますが、これも手作業でしっかりとパン粉をつけないと揚げ油の中で衣が分解してしまいます。この力加減がよくわからず、ぎゅっと握ってしまうようにパン粉をつけたことでフライが硬く仕上がってしまうことがあります。優しくパン粉をつければ揚げる前にパン粉が剥がれてしまいます。 うまくパン粉がつくためには、しっかりとした「のり」が必要です。そのために、同じ小麦粉、玉子、それに水を加えたもので作ります。 これを「バッター液」と呼びます。特別な材料はいりませんし、これまでのパン粉を使ったフライを作る時と同じ材料ですから、ぜひ作って試してください。



バッター液の作り方の手順

バッター液の手作り方法は、とても簡単です。 用意をするものは、小麦粉、玉子と水ですが、混ぜ合わせる時に粘り気が出ないように注意をしてください。泡だて器を使って混ぜてもよいですが、こねるような混ぜ方ではなく、さっくりと合わせましょう。バッター液の4割ほどは小麦粉が残っていたり、ダマになっていても大丈夫です。 玉子がもつ油分が小麦粉を包んでいるので、しっかりとした膜ができます。これにパン粉をつけると、しっかりとつきますから油で揚げても分解することがありません。また、具材の表面にバッター液が均一につきますから、小麦粉と玉子を別々につけた時のようにムラになりません。 バッター液には、マヨネーズを少量いれることもあります。マヨネーズの成分は玉子と油ですが、バッター液に入れることで、より強い膜を作ることができます。具材の水分を適度に含んだまま、衣はからりと揚がります。 フライにバッター液を使うだけでなく、鶏のから揚げにもバッター液を使います。下味をつけた鶏肉に、小麦粉と玉子を入れて揉みこみます。鶏肉がバッター液を吸い込んでふっくらしてきたら、よく絡めながら油で揚げていきます。表面はカリカリ、中はジューシーでふっくらとしたから揚げができます。

バッター液の作り方のまとめ

このように便利でアレンジ自在のバッター液ですが作り方を簡単にまとめると、 小麦粉に卵と水を混ぜるだけというシンプルなものです。 これを素材にからめてパン粉をまぶせば、あとは揚げるだけですから、 家族に喜ばれるメニューのフライがぐっと簡単で作りやすいものになります。 バッター液の粘度はお好みで調整して使用しますが、この時さらりとした状態だと 衣が薄めのフライができます。 逆に粉が多めのドロリとした状態であれば、食べ応え満点のボリュームあるフライに 仕上がりますからご家族の好みで作り分けると良いでしょう。 さらに液を作る際に粉末やチューブのにんにくを加えたり、パセリのみじん切りなどを 少量加えることで風味豊かなフライも楽しめます。 お子さま向けには粉チーズを少量加えても、非常に喜ばれ楽しい食卓となります。 このようにバッター液を上手に利用することで、フライを料理する楽しみがぐっと広がります。 DIYを楽しみながら、少しでも簡単に豪華な食卓を実現するためには、 欠かせないアイテムといえます。 バッター液を作る最大の目的は調理の手順が簡略できることにありますが、 それ以外にもメニューが広がったり食感が向上したりとメリットが多くあり、 ぜひ家庭でも利用したいレシピといえます。



y001-0875

らっきょうワイン漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

らっきょうには、さまざまな効能があります。疲労回復、夏バテ防止の他に、らっきょうに含まれている硫化アリルが血液をサラサラ...

y001-0083

門松の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

知っている通り、お正月のシーズンに飾るために使われる道具です。ただ、松という字が使われていますが、竹が使われているのがメ...

y001-1421

おいしいチャーハンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

簡単でおいしいチャーハンの手作り方法を知っておけば、時短レシピとして活用出来ます。チャーハンを作るシーンとして、余った野...

y001-0435

豚骨スープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメン屋の豚骨スープはとてもおいしいですが、自宅で作るのは大変で試したことがないという方が多いと思います。実は豚骨スー...

y001-0948

ベビーベッドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もうすぐ赤ちゃんが誕生するというご家庭では、赤ちゃんを迎えるための準備を進めているでしょう。ベビー用の肌着をはじめ、よだ...

y001-0946

ペン回しやり方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ペン回しをする理由を考えてみます。まず、第一に考えられるのは勉強をしている合間の息抜きということが言えるかと思います。学...

y001-0017

昆布巻きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本料理の1つでもある昆布巻きを手作りする家庭は増えており、作る理由として挙げられることの1つが伝統また伝承にあります。...

y001-0214

藁の鍋敷きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

藁の鍋敷きを作る理由としては、まずは鍋を直接テーブルの上などに置くことは良くないからです。テーブルは木製のものもあれば、...

y001-1048

はちみつレモンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はちみつレモンは家に置いておくと何かと活用できます。また、とても簡単に作れる上、レモンが余ってしまったときに非常に重宝し...

y001-0643

煮玉子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

多くの人から愛される煮玉子は、主役級のメニューではないものの、その人気は不動のものです。ほんのりと色付いた煮玉子を口にし...

y001-0091

栗甘露煮の簡単な手作...

栗甘露煮はお正月のお節料理としても活躍するひと品ですが、...

y001-0841

わらじの簡単な手作り...

わらじは軽くて履きやすく、健康にも良いとされる、日本古来...

y001-1397

お好み焼きの簡単な手...

お好み焼きは関西が発祥と言われている小麦粉を使った料理で...

y001-0948

ベビーベッドの簡単な...

もうすぐ赤ちゃんが誕生するというご家庭では、赤ちゃんを迎...