ヘアアレンジ子供の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヘアアレンジ子供の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供のヘアアレンジは大人同様、様々な方法があります。近年ではアニメのキャラクターなどもとてもおしゃれで個性的なヘアアレンジをしているものもあり 、更なる広がりを見せています。子供の場合影響を受け、憧れのアニメキャラクターの髪型にしたいと言い出すことがあります。その様な場合も自宅で同じようにヘアスタイルを作れるようになれば、幼稚園や学校への登校もご機嫌で行ってくれます。またその様なヘアスタイルは幼稚園や保育園、学校などでお友達からも好評です。子供の学校生活に少し華を添えることが可能です。また学校生活を送る中で、髪の毛は下ろしていると非常に邪魔になります。子供においては、なおさら顔にかかってくると邪魔に感じます。髪をアップにしている方が快適に過ごすことが出来ます。また子供は暑い季節、非常に汗をかきます。首もとなどは汗をかくと汗疹になったり、かゆがったりします。ヘアアレンジでささっと髪を結うことが出来れば、夏でも涼しく過ごすことが出来ます。結婚式やちょっとドレスアップしてお出かけするときなど、子供を美容室に連れていき、じっとさせて置くのは大変なことです。お母さんが自宅でヘアアレンジすることが出来れば、その様な心配もいらなくなります。

ヘアアレンジ子供を作ることの楽しさ

子供のヘアアレンジは出来るようになると子はもちろん、親がとても楽しいです。 大人だとちょっと恥ずかしいという様なヘアアレンジも、子供がするととても可愛らしくなります。 自分には出来ない様なアレンジや、オリジナルのアレンジなども自分の子供なら、すぐ行うことが出来ます。 また子供自身も、お母さんに髪の毛を結んでもらうということが大好きです。 それも自分の大好きなキャラクターの髪型であったりすると、喜びは倍増します。 七五三前で髪をのばしているという子供など、ヘアアレンジが出来るようになれば、伸ばしている髪の毛が邪魔になることはありません。 また朝、寝癖などがひどいときにも効果的です。 寝癖を一生懸命濡らして乾かして真っ直ぐにするよりも、ささっとアレンジなどで隠した方がよっぽど楽に出来ます。 子供のヘアアレンジにかかせないのが、可愛いヘアゴムやヘアバンド、ピンなどの小物です。 もちろんなくても髪型を作ることは出来ますが、ちょっとプラスするだけでグッと見た目のクオリティが上がります。 幼い子はまだ襟足や生え際の髪の毛が生え揃っておらず、長さがバラバラです。 その様な毛を全部結うのはなかなか難しいです。 そのときちょっと可愛らしいピンなどで止めてあげると、後ろ姿まで可愛いヘアスタイルをつくることが可能です。

ヘアアレンジ子供を作るのに用意する物

同じヘアアレンジでも、大人と子供では根本的に考え方が異なります。 年齢にもよりますが、子供の髪は未熟で柔らかく、抜けやすい髪質です。 大人のヘアアレンジと同じ感覚できつく縛ったり、結んだり、ハードワックス等を用いると髪への負担だけでなく、頭皮の負担や傷みにも繋がります。敏感肌なので、炎症を起こすケースも考えられます。 これらを考慮した上で、子供のヘアアレンジに用意する物は、クシ、ヘア飾り数点、大き目のバンダナ、パッチンと留めるタイプのヘアピンです。 大人同様のヘアピンは頭皮への負担が大きいので、ワンタッチで留めるタイプで固定するのがポイントです。 また、大人が使用するワックスやコテ、ドライヤーは使わずに仕上げます。 華やかさを演出するのではなく、可愛らしさ、子供らしさをアピールするにはガチガチに固める必要はありません。柔らかい髪質を活かしたヘアアレンジが理想です。 男の子の場合も考え方は同じで、使用するものはクシ、トリートメント効果のあるワックスの2点で十分です。 小学校高学年の男の子がバンダナを使用すると、ストリートダンサー風のアクティブな雰囲気に仕上がります。 バンダナは頭皮全体を覆うので、未就学児等は気になって取ってしまうので、あまりお勧めしません。



ヘアアレンジ子供の作り方の手順

子供のヘアアレンジの手作り方法は出来るだけ簡単に行います。 なぜなら、長らく座っている事自体が苦手だからです。 髪に付けるアクセサリーや飾り等も、事前に作っておき、当日はワンタッチで付けるだけにしておくと良いでしょう。 ヘアアレンジ女の子版は、髪質や長さにもよりますが、カチューシャやヘアバンドに飾りをあしらって、頭に乗せて固定する(帽子の感覚でかぶるイメージです)。長い髪を何ヶ所かで軽く結んでリボンを結ぶ、これで十分可愛く演出出来ます。 年齢が低い程、付けている感があると気になって取ってしまいます。 自意識が芽生えた年齢の子には、少しピンで留めるコサージュを付けても喜んでいい子して付けていられます。 男の子の場合は、七三に分けて、トリートメント効果のある軽いワックスで整えるだけで、普段とは全く違って大人なお洒落の雰囲気を演出出来ます。 少し大きな男の子にはバンダナを頭全体に巻く、若しくはヘアバンド風にして頭の上で固く結びます。 子供なので、カジュアルにまとめても、着る洋服によってきちんと感が出せます。 注意点は痛い程締め付けない、結ばない事です。 無理は禁物、子供らしい髪を大切に特別な日を楽しませましょう。

ヘアアレンジ子供の作り方のまとめ

様々な方法のはある子供のヘアアレンジの中でも、最近アニメキャラクターなどもしていることから人気のある、ダッチブレイドの手作り方法を記します。 ダッチブレイドとは裏編みこみのヘアスタイルのことをいいます。 ダッチブレイドは子供のみならず大人にもとても人気があります。 七五三前などで伸ばしている、中途半端な長さの前髪などにも使えるので、出来るようになるととても重宝します。一見複雑そうに見えるヘアアレンジですが、覚えてしまえばとても簡単に作ることが出来ます。 1、編み始めの部分の髪の毛を3つに分ける。 2、右端の毛束を真ん中の毛束に下から重ねて、ぐっと締める。 3、続いて左端の毛束を真ん中の毛束に下から重ねて、ぐっと締める。 4、右端の毛束と、その外側から毛束を拾い、一緒に持つ。 5、同様に真ん中の毛束に下から重ねる。 6、左側も同様に行う。 7、これを交互に繰り返し行い、編みこんでいく。編みこめなくなったら、そのまま毛束を拾わず裏編みで三つ編みをしていく。 8、最後をゴムで結ぶ。完成です。 頭頂部から始めれば後ろに三つ編みが、サイドから始めれば片サイドに三つ編みが出来ます。 編み目が浮き出るので、ガーリーで華やかな印象になります。



y001-0574

神輿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お祭りごとなどのイベントが開催される場所では、その内容によっては神輿が登場する場面を目にすることができます。一般的には神...

y001-0837

ワンピース型紙無料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自作のワンピースを作る目的としては、好みの生地を使って作成でき、着やすい服ができるからです。そして、肌が敏感な人には、肌...

y001-0702

黒豆煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒豆は、お正月料理に欠かせない食材です。これは、江戸時代、丹波国を中心に栽培されていた黒豆が宮中に献上され、お正月に食べ...

酢玉ねぎの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

酢玉ねぎを作る理由は、ダイエットや健康のためです。血液がサラサラになるということで、自分のみならず家族にも薦めしたいレシ...

y001-0022

くす玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

くす玉は町内会の運動会で利用するために作りました。くす玉を使うことによって運動会が盛り上がります。しかしくす玉としては販...

y001-1087

にんにく酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくは、ユリ科ネギ属の香味野菜で、日本には2000年ほど前に中国から伝えられたといわれています。疲労回復などの薬用の...

y001-0950

ベビースタイの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

離乳食を食べるようになった赤ちゃんにとって必要なもの、それがベビースタイです。あまり聞き覚えがないものかもしれませんが、...

y001-0082

カリカリ梅の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しは梅雨の時期が終わる頃から、最盛期を迎えます。多くの家庭で長年梅干し作りは行われ、常に食卓にある食材でした。しかし...

y001-0095

リースプリザの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リースとは幸せの象徴です。玄関ドアやお部屋のインテリアに飾れば、幸せをもたらしてくれると言われているハッピーアイテムです...

y001-1451

うなぎ罠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うなぎ罠を作る目的は、現代と昔では大きく違っています。昔であれば、うなぎは全国の河川や用水路に生息していたため、日常的に...

y001-0816

雲の簡単な手作り方法...

青い空をふわふわと漂っている雲をみて、綿菓子みたいで柔ら...

y001-0099

ルームバンドの簡単な...

ルームバンド、別名ファンルームを作る理由は二つです。一つ...

y001-1077

ぬか漬けの簡単な手作...

ぬか漬けを長年、守って来ているという人もおり、それぞれの...

y001-0521

折り紙の箱の簡単な手...

折り紙封筒の箱を作るのは、趣味と実用を兼ねた面白さがあり...