ミサンガ編み方3本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミサンガ編み方3本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

過去、空前のサッカーブームとセットになって、ミサンガも若者を中心に大流行して、その当時に作るのにはまったという方も多いはずです。最近はだいぶ落ち着いてきていますが、それでもミサンガが完全に忘れ去られたかといえばそうでもなく、最近ではなでしこジャパンの活躍によって、静かにブームがきていたりします。そもそもミサンガとはなにかというと、手芸の組み紐の一種で、色とりどりの刺繍糸を何本もあわせて編んで、模様をつけていきます。またプロミスリングとも呼ばれていて、これを勝利を祈願して手首に巻いて使われていたのですが、その内容が少しずつ変化していって、やがて巻いていたものが自然に切れると願いが叶うというジンクスを持つようになったのです。そのため購入してつけたり、大切な人を思って自分で作ったりなどして、サッカーファンを中心にしてブームとなったのです。特に編み方を考えて自分でオリジナルのものを作って、大切な人にプレゼントすることが多く、市販品よりもむしろ手作りの方が求められるのが特徴だったりします。それゆえ編み方のテキストなどが出版され、それを見ながらオリジナルのものを作っていく、そんな人も多くいたのです。

ミサンガ編み方3本を作ることの楽しさ

そもそもミサンガは勝利や願いを込めて作るものですが、同時にファッションの一部にもなっています。それゆえ手作りのメリットとしては自分に合ったものをデザインできることであり、恋人や友人とおそろいにしたり、名前やイニシャルを織りこんだりと、いろいろなアレンジを加えられるのが魅力なのです。 しかもシンプルなものなら編み方も簡単ですし、手先が不器用な人でも作ることができます。特に女性なら編むといえば自分の髪の毛のセットである程度慣れていますし、それほど難しさを感じないで作ることができるのです。おまけに手首に巻ける長さでいいので、比較的時間をかけずに完成できるのも魅力で、もっとも簡単なのは革紐3本を編んでいくもので、それでもカラーリングや素材などにこだわれば、十分におしゃれなものになりますし、しかも手作りの場合は材料費だけで済むのでリーズナブルとなるのです。 また特に女の子にとって大切な人のことを考えて、勝利を祈って編んでいくという作業は胸を高鳴らせるものがあり、人気が出たのも当然のことかもしれないです。それゆえ密かに続けている人は多く、知っておいて困ることではないので、試しに作ってみるのもいいかと思います。

ミサンガ編み方3本を作るのに用意する物

ミサンガはサッカー選手がつけているものであり、それが人気になりサポーターが応援アクセサリーとして使用するようになりました。このミサンガはコンビニやサッカー洋品店などで購入することができるのですが、それ以外に自分で作ることもできるのです。 自分で作るときには道具が必要になるので、必要な道具をすべて揃える必要があります。ミサンガは編み方がたくさんあり、それぞれの編み方により用意する紐の数が異なります。 初心者でも作りやすいものはミサンガ編み方3本になるので、ヘンプ製の3本の紐を用意しましょう。ヘンプの紐は全て違う色を用意しておくと編みこむ時にどの紐をどういう順番で編みこむといいのかということが明確にわかります。 ヘンプの紐は手芸センターに行くと購入することができるのですが、100円均一ショップで手に入れることもできるのです。また紐を編みこむ時にはボードが必要になり、このボードに紐を引っ掛けることにより、ミサンガ編み方3本を非常に簡単に行うことができるのです。 ボードはクリップボードを購入するといいのですが、コルクボードにピンを付けてそれに引っ掛けても行うことができるので、揃えやすい道具を利用するといいでしょう。

ミサンガ編み方3本の作り方の手順

ミサンガ編み方3本の簡単な手作り方法は、まず編み方のセオリーを学んでおきます。基本的に1本の紐に対して2回結ぶということと、右から編みこむときと左から編みこむときとでは、紐の移動の仕方が反転するということを頭に入れておきましょう。 そして巻きつけた方の紐が表面の色になるということも覚えておくといいです。これを踏まえた上でクリップボードに3本の紐を引っ掛けてから、一番左の紐を中央に持って行き、紐が緩まないようにしっかりと引っ張って調整します。 そして一番右の紐を中央に持ってきて、左右を交互に繰り返して三つ編みにしていきましょう。これを繰り返してどんどん編みこんでいくのですが、この時に腕の長さを確認しておきます。 腕の長さには巻けるくらいの長さになったら、紐を1本に束ねて結玉を作りましょう。これを上下の先端部分に行い、余った部分をはさみで切ります。 切ることができたら、これでミサンガが完成するので、腕に巻いて先端の部分を軽く結ぶとミサンガを身につけることができるのです。ミサンガは、複数を1本として3本の編み方をすることもできるので、そのような編み方をすれば、よりカラフルなミサンガを作るとができます。

ミサンガ編み方3本の作り方のまとめ

ではミサンガの手作り方法ですが、もっとも簡単なのは3本の紐を編んでいくものとなります。用意するものは基本は刺繍糸で、アクセサリーとして考えるのなら革紐でもいいですが、切れて願いが叶うプロミスリングとするのなら、革は切れにくいので向いてはいません。それゆえ刺繍糸を使うことをおすすめします。他に編んでいる時に糸を止めるものとして、セロハンテープやクリップボードがあると便利です。また刺繍糸は何本かを束ねて使うと、強度が出て作りやすくなります。 基本となる3本糸の編み方ですが、刺繍糸を束ねて端から10センチくらいのところに結び玉を作り、ここをテープで固定します。 束を3等分にして、一番左側の束を中央に持ってきます。糸がゆるまないようにしっかり引っ張り、今度は一番右の束を中央に持ってきます。これを左右交互に繰り替えてしていきます。基本は三つ編みの編み方になります。 そして必要な長さまで編んだら糸を1つに束ねて結び玉を作って、端を切りそろえます。 これで基本となる3本の糸で作るミサンガの完成です。 もっとも難易度が低いのでまずはこれで練習していって、次は6本にチャレンジするのがよく、力の加減などを学ぶのにちょうどよいものとなっています。

y001-1501

PEリーダー結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ルアーフィッシングは、ルアーを小魚に見立てて泳ぎ回るようにすることで、その小魚となるルアーを魚が追いかけて、捕食すると言...

y001-1251

シャボン玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の頃、シャボン玉が飛んでいくのを追いかけて手で割ったり、大きくふくらませようと集中してゆっくりとふいたりして、シャボ...

y001-0839

わらびレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

わらびは代表的な山菜で、炊き込みご飯やおひたしなどのわらびレシピがあります。生のわらびには毒性があるので、必ず重曹や灰で...

y001-0306

木製本棚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYの基本としては木工品を作る方法を挙げることができます。木工品に関しては手直しなどを行いやすいものが多く、比較的簡単...

y001-1158

テッシュカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テッシュカバーを作ってティッシュ箱や袋に被せると、見栄えが良くなり、使うのが楽しくなります。ティッシュ箱に被せれば部屋の...

y001-0036

ゆず味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ゆず味噌は、爽やかなゆずの酸味とまろやかな味噌のコクがどんな食材にもマッチしやすい万能調味料です。一般的にゆずの旬は冬至...

y001-0483

大根葉レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根葉レシピを覚えることで無駄を無くすと言ったメリットが有ります。レシピが解らない、使い道が思い浮かばないから大根葉を捨...

y001-0685

刺し子図案の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

刺し子というのは、日本の伝統的な民芸の一つであり、女性が編み出した刺繍になります。縫い方は単純で、並縫いをしながら進めて...

y001-0414

廃油石けんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

廃油は工場などで発生するばかりでなく、家庭でも割と多く発生するものです。天ぷらやフライなどの揚げ物を作った時に、大量に余...

y001-0985

ふきレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春になるとフキノトウが店頭に並びますが、フキノトウはふきの蕾の部分であり、花が開く前に収穫を行う事で酢味噌和えや天ぷらな...

y001-0241

ガウス加速器の簡単な...

ガウス加速器という言葉はさほど聞き慣れない装置の名前だと...

y001-0054

からくり屏風の簡単な...

からくり屏風を作る理由としては子供のおもちゃを作る感覚で...

y001-0151

連絡網の簡単な手作り...

連絡網を作るいちばんの理由は、いつでも連絡を取りたい人が...

y001-0132

レンガ囲炉裏の簡単な...

レンガ囲炉裏を作る理由としては夏などにバーベキューを庭で...