ミニトマト育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミニトマト育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミニトマトを作る目的を考えてみましょう。ミニトマトを作る理由は、誰がなんと言おうとミニトマトを収穫し食べることではないでしょうか。ミニトマトの収穫時期は、4月上旬から6月下旬までと長めです。この時期は、朝が来るのが楽しみになります。その日どのくらいのミニトマトがなっているのか、よく出来たときのテストの結果発表みたいでドキドキします。ミニトマトにも色々な品種があります。赤い実がなるものだけとは限らず、黄色いもの、形が独特なもの、味に酸味が強いものなどなど、色々ありますから、育てて食べ比べるというのも目的の一つになるでしょう。ミニトマトのような果実は、かならず花が咲いてから実がなるわけですから、そのきれいな花を観賞するというのも、ミニトマトを育てる目的になるのではないでしょうか。トマトは多くの品種がありますが、その品種によって咲く花ももちろん異なってきますから、その変化を満喫するのもいいでしょう。ガーデニングのアイテムの一つに考えるのもいいでしょう。大抵、黄色い小さな花を咲かせますので、その色とのバランスを考えて寄せ植えなどしてもいいでしょう。そのかわいらしい様子は、ストレスフルな人間社会の疲れからあなたを守ってくれるでしょう。

ミニトマト育て方を作ることの楽しさ

ミニトマトを育てる楽しさとメリットを考えてみましょう。楽しさは、やはりなんと言ってもミニトマトを収穫できた時ではないでしょうか。ただ、病気にもなりやすく、コンスタントに収穫を続けるというのは難しいという一面もありますので、レベルの高い楽しみ方としましては、土作りや堆肥の与えかたなども徹底的に研究し、4月上旬の収穫初期から6月下旬の収穫終了期まで、一定に獲り続けられるように手作り方法を研究するというものがあります。ここまでいったらあなたは「町のミニトマト博士」です。トマトはどんどん上に伸びていく性質がありますから、支える支柱を長くしていくという過程もトマト作りの楽しみの一つに数えられるでしょう。心を込めてやさしくしてあげればそれに応えるように甘みのつまったおいしいトマトになってくれます。それから、メリットとしては、収穫したものをご近所さんや友人知人に分けることができるということが挙がられるでしょう。スーパーで300円前後はするミニトマトを、おすそ分けされて嫌がる人はいないでしょう。また、おすそ分けしたお返しに何か他のものが貴方のもとへ舞い込んでくることも考えられます。あまり繋がりがないさみしい社会と言われて久しいですが、ここらで絆を深めてはいかがでしょうか。

ミニトマト育て方を作るのに用意する物

ミニトマトはナス科に属するトマトの中でも、比較的に作りやすい品種です。育て方の基本を守って肥料管理をしっかりとすれば、数ヶ月にわたって収穫できます。最初に大切なのは、土作りを適切に行うことです。土壌の酸度を調整するために、苦土石灰を用意しておきます。草木灰を使う場合もありますが、苦土石灰のほうが入手がしやすくて便利です。元肥となる堆肥は、牛糞などを完熟発酵させたものを使います。あるいは、自宅で手作りした堆肥を使うこともできます。堆肥は落ち葉や枯れ草などを原料として作ることもできます。ミニトマトは支柱立てにして育てるのが基本ですから、篠竹などを用意しておきます。園芸店で手軽に入手できる鉄製の支柱は、繰り返しの使用にも耐えられる強度があります。夏の時期には土の表面の乾燥を防ぐために、マルチが必要になります。昔ながらのワラを使う他には、ビニール製のマルチを使う方法があります。マルチをすると雑草が生えにくくなり、水の管理もしやすくなります。ミニトマトは水が少ないほうが甘くなりやすいですから、アーチ型の支柱にビニールをかけて雨除けをすることもあります。追肥としても堆肥を使いますが、粒状や液体の化成肥料もあると役立ちます。

ミニトマト育て方の作り方の手順

ミニトマトの育て方は簡単ですが、連作障害には十分に注意します。土壌には元肥や苦土石灰を混ぜて、馴染むまで寝かせておきます。ナス科の他の植物を育てた場所は避けて、苗を植えていきます。種から育てるには時間と手間がかかりますが、4月下旬から5月にかけて苗を植えると管理が楽です。最初の苗は弱々しいですから、支柱でしっかりと支えるようにします。根元にはマルチをして、日照りによる乾燥も防ぎます。ミニトマトの成長は早いですから、毎日のように管理しなければなりません。枝別れの部分に発生する脇芽を丹念に摘み取り、主枝がまっすぐに伸びるように育てていきます。脇芽かきは金属のハサミでは行わずに、必ず素手で行わないと病害が発生する可能性があります。タバコを触った手で作業をしてもいけません。ある程度は大きくなると、追肥の必要も出てきます。肥料の与えすぎには注意して、梅雨の時期には湿りすぎにも配慮します。畝は高めにしておけば、水はけがよくなります。梅雨が終わる時期になれば、本格的に収穫できるようになります。手作り方法の基本や育て方は、手間をかけることで技術に磨きをかけることができます。夏場には除草作業も欠かさずに行いながら、害虫対策も進める必要があります。収穫を長く続けるために、葉や花の状態で生育状況を確かめることも重要になります。

ミニトマト育て方の作り方のまとめ

ここからはミニトマトの育て方をまとめていきます。簡単な育て方をまとめてみました。まずは苗を選ぶところから始まります。スーパーなどでも売っていますが、できれば園芸店で購入したほうがいいでしょう。園芸店で接ぎ木してあるものを求めてください。トマトは病気にかかりやすいので、病気に強い接ぎ木してあるものを選びましょう。ミニトマトは土づくりと排水性の高い用土で育てるのがポイントになります。株と株の間は 40cm以上は離して植えてください。土の配合としては、赤玉土6.5に対して腐葉土が2.5、それにバーミキュライト1を配合するとよいでしょう。そこに石灰を混ぜます。さらに植えつける1週間前に元肥を施します。次はいよいよ植え付けです。園芸店で購入した苗を植え付けますが、必ず盛り土をするようにしてください。排水性が全然違います。定植してから2週間くらいしてから支柱を立てますが、必ずつぼみの反対側に立てるようにしてください。育て方の基本としては水やりは少なめにしましょう。元々南アンデスの高地が原産のトマトですから、水はあまり必要ではありません。それに水が少ないと甘さを増すという特性もあります。ある程度育ってきたら、必要な芽だけを残してわき芽を摘んでいきます。この作業をすることによって、栄養が実に集まり、実のつき方がよくなります。以上が簡単なミニトマトの育て方です。

おいしいおかゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいおかゆを作るのは、いろいろな理由があることでしょう。例えば、乳児のいる家庭では、乳汁栄養からの移行食として離乳食...

y001-1080

腹筋を鍛える方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

年齢を重ねると男性も女性も体型が崩れやすくなります。これは体の中で代謝が低下していることも関係していますが、やはり日頃の...

y001-0185

カリン酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

良く昔から風邪をひいた時や喉に痛みがある際はカリン酒を飲むと良いと言われていますが、カリンはとても体に良いものです。昔か...

y001-0089

ちゃぶ台の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折りたたみ式のちゃぶ台は畳の生活が一般的だった昭和の頃によく使われていた座卓の一種です。ちゃぶ台は円形の小さなテーブルで...

黒酢ニンニクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒酢ニンニクを自家製で作る理由として挙げられる事柄には、健康食であること・長期保存が可能であることを挙げることができます...

y001-1255

シャーベットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

暑い夏、冷たいシャーベットというのは子供だけじゃなく、大人にも嬉しいデザートとなっています。購入するのは簡単ですが、時に...

y001-0544

生クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生クリームはケーキやお菓子などを作る時には欠かせないものとしてよく知られていますが、実は生クリームではなく、ただのクリー...

y001-0951

ペットボトル風車の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ペットボトル風車は、手作り方法で誰でも簡単に作れるものです。作り方も簡単で、身近に手に入る材料と道具とで作る事ができます...

押し花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

公園に咲いているお花や草花、お花屋さんで購入した好きなお花や、プレゼントで頂いた豪華な花束、そんな大切なお花をいつまでも...

y001-0633

手作りケーキレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

簡単な手作りケーキレシピのストックがあると、いろいろなお菓子作りに応用出来ます。お菓子作りは、ある程度のレベルまでいくと...

折り紙花火の簡単な手...

花火には、打ち上げ花火は言うまでもなく、棒のような形をし...

工作の簡単な手作り方...

店頭では靴箱や本棚、ペン立て等非常に多くの商品が販売され...

y001-0095

リースプリザの簡単な...

リースとは幸せの象徴です。玄関ドアやお部屋のインテリアに...

y001-1347

カレーのおいしいの簡...

国民の定番食にもなっているカレーは、なくてはならないレシ...