メガネケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

メガネケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

メガネケースを手作りする理由とは何なのでしょうか。そもそこれは眼鏡を使っている人にとって必要不可欠なものです。眼鏡を使わないときにそのままバッグの中に入れてしまいますと衝撃があったときに眼鏡が壊れてしまいます。またバッグの中に入っているものと衝突して傷がつくこともあるのです。眼鏡は装飾品ですのでレンズに傷が無くてもボロボロでは見栄えが悪くなります。ですので保護のためにメガネケースが必要です。大体メガネケースは眼鏡を購入したときについてくるものですが、何か事情があって失った時や元々なかった時にはメガネケースを作りましょう。自分で作れば眼鏡の大きさにあったものを作れますので大きな眼鏡を使っている方にはいいでしょう。また、自分の好きな材料で作れますのでお気に入りの品になります。結構少ない材料でできますので普段手芸をする方にとっては布を最大限に生かすチャンスになります。また小学生や中学生でしたら親御さんへの誕生日祝いにすることもできます。自分で作れば喜んでもらえますし、完全オリジナルでできますので名前を入れることも可能です。もらった方も心がこもっていると喜んでくれますし自分の手芸の技術も向上させられます。

メガネケースを作ることの楽しさ

メガネケース作りでは無限の楽しさを味わえるはずです。 基本の作り方をマスターしておけば後は自分で好きなようにアレンジできます。 例えば刺繍の好きな方でしたら布に刺繍を施してよりオリジナル感を強めたり、リボンやレースを入れてかわいらしくアレンジすることもできます。 そして刺繍が苦手な方でしたらワッペンを入れるのもいいでしょう。 自分のお気に入りのものを材料にして作れば最高のものが出来上がります。 あと最近では複数の眼鏡を用途によって使い分けする方が多いと思ますが、手作りであればそれほどお金をかけずに作れるのがいいところです。 工夫をすれば複数の眼鏡が入れられるケースも作れます。市販ではなかなか無いものを自分の好みで作れるのです。 眼鏡ケースは最近では100円でも販売されていますが強度を考えるとやはりそこそこの価格のものが必要になります。 しかし手作りなら100円程度の材料でもかなり質の高いものが出来るのです。 メガネケースは割と簡単にできるものですので時間もかからず作れるところも嬉しい所でしょう。 自分で作ったものをいつも常備していれば毎日の生活がワクワクするはずです。 単純に出来上がりを見た時に感動できますし一度作ってみましょう。

メガネケースを作るのに用意する物

メガネケースというのはメガネを入れるためのケースであり、店頭でなど購入することができます。メガネケースの値段というのはピンからキリまでたくさんあるので、高いブランド物のケースも存在しているのです。 メガネケースは店頭で購入する以外にも手作り方法というものがあり、自分で作ることもできます。自分で作る場合には必要になる道具というものがあり、これはDIY用品や手芸センターなどで購入することができるのです。 必要になるものは、手ぬぐいやキルトの生地など、メガネケースとして使用したい生地と裏の布用に使う裏布のほかに、キルト芯というもの必要になるのです。 また、リボンや紐なども必要になり、ハサミや針などの裁縫道具も必要になる時は用意しておきましょう。生地に関しては自分で用意することもできるので、例えばデニムを使用してデニム製のメガネケースを作ることもできるのです。 基本的に生地は手芸センターで購入することになり、そのさいデコレーション用のビーズなども用意しておくといいしょう。デコレーション用の相手もは見栄えを良くするために必要になりますが、別になくてもいいのでこだわりたいという人は生地を購入するついでに購入するといいです。

メガネケースの作り方の手順

メガネケースの作り方についてですが、これは作る前にどのようなメガネケースを作りたいのかという簡単設計図を作っておくと非常に便利です。設計図には寸法などを記入しておくと、手芸センターで記事を購入するときにどれくらいの大きさの生地を購入するといいのかということを明確に知ることができます。 作りか方に関してまず生地を表布と裏布用意して、裏布の上にキルト芯をのせておきましょう。そして、生地の真ん中辺りにリボンや紐を挟み込んでおきます。 そして生地をキルト芯の側からコの字になるように縫いこんでいき、生地を裏返した時にきれいにメガネが収まるように、角の部分に関しては三角に落としておきましょう。そして生地をひっくり返すのですが、このときに角は目打ちなどを使うことできれいにできます。 リボンのついている部分を上にした状態で、下側を8cm折ってから右端に3cmに切ったリボンを二つ折りにしておいて挟みます。そして左右5mmのところをミシンがけして縫いこんでいきましょう。この時にメガネを合してみてちゃんと入るかどうかを確認しながら作るようにしないと、できてから不備があったら使えなくなってしまいます。 そして、出来上がりになり、メガネを入れることができるケースを作ることができました。

メガネケースの作り方のまとめ

メガネケースを簡単に手作りしたいならオススメはフェルトのケースです。これなら縫いしろなどを考えずに作れます。一般的な眼鏡のサイズを想定した材料は18×18のフェルト二枚とスナップボタンです。 まずは表布のボタンを取り付けたい場所にスナップの上の部分を取り付けます。 今度は売ら布のボタンを受ける場所にスナップの下の部分を取り付けましょう。 裏と表を合わせて下から四センチくらいを折り返してアイロンをしてください。そのあと脇をボタンホールステッチで縫っていきます。これで眼鏡をポケットの部分に入れてスナップを閉じれば完成です。 これは無地の一番シンプルなメガネケースの手作り方法ですのでもっと凝ったものにしたければフェルトに刺繍を施すのもいいでしょう。その場合は裏と表を縫い合わせる前に刺繍しておくようにしてください。 他にもワッペンを付けても構いません。 自分の名前を入れるのもいいですしその人のセンスに任せられます。 丈夫なものにしたければフェルトの表と裏を合わせるときに間に接着心を入れるといいでしょう。 かなり硬くなるので眼鏡が圧力で潰される心配も減ります。フェルトですので眼鏡に傷もつきません、丈夫で長持ちします。

y001-1176

チャーシューの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チャーシューをなぜ作るかと聞かれて、多くの人は手作りならではのおいしさを理由としてあげるのではないでしょうか。市販のもの...

モッツァレラチーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

モッツァレラチーズは日本でもおなじみで人気があるチーズの一つです。フレッシュタイプで水牛や牛のお乳から作られます。原産は...

y001-1036

パペットの作り方!簡単に可愛い手作り人形が作れる

『パペット』は、人形劇などで使用される操り人形のことで、人形の操り方との組み合わせで使われることが多いです。同じ人形と呼...

y001-1323

きゅうりの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お祭り気分で食べられるきゅうりの漬物は、簡単に作れて見た目も良いです。2時間~半日で漬けられるので、即席漬物としても使え...

y001-0384

肥後ずいきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肥後ずいきは、ハスイモの茎の部分を干したものです。ハスイモとは、サトイモ科サトイモ属の常緑性多年草であり、東南アジアを中...

y001-1276

サツマイモのつるの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

戦時中の食糧難だった頃の話などでは登場することもあるサツマイモのつる、今ではほとんど食べる機会はありません、そもそもあま...

バーベキューレンガの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近は家族の絆ということが、東北の大震災をきっかけに話題になっていますが、そのような家族の絆も、ただ一緒に住んでいるだけ...

y001-1284

ゴム付き三角巾の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ゴム付き三角巾を作る理由の1つは、誰でも簡単に着脱できるという点にあります。いちいち布の端を結ぶ必要がありませんので、被...

y001-0882

ゆかたの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の日本人は、着物やゆかたが一般的な服装でしたが、現在では動きやすい、洋服を着る人が殆どを占めています。衣料品売り場に向...

y001-0703

黒豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昨今、世界中で日本がブームになっていて、和食もヘルシーで美味しいと人気となっています。最近ではユネスコの無形文化遺産に登...

y001-0551

炊き込みご飯レシピの...

炊き込みご飯というのは、白いごはんとは異なり、いろいろな...

y001-0613

手作り提灯の簡単な手...

夏の季節の風物詩のように使用されることの多いアイテムには...

y001-1154

テレビボードの簡単な...

テレビボードを作る目的は何でしょうか。テレビを見る上で絶...

y001-1001

ヒラメの昆布締めの簡...

ヒラメは、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種で、...