メガネケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

メガネケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

メガネケースを手作りする理由とは何なのでしょうか。そもそこれは眼鏡を使っている人にとって必要不可欠なものです。眼鏡を使わないときにそのままバッグの中に入れてしまいますと衝撃があったときに眼鏡が壊れてしまいます。またバッグの中に入っているものと衝突して傷がつくこともあるのです。眼鏡は装飾品ですのでレンズに傷が無くてもボロボロでは見栄えが悪くなります。ですので保護のためにメガネケースが必要です。大体メガネケースは眼鏡を購入したときについてくるものですが、何か事情があって失った時や元々なかった時にはメガネケースを作りましょう。自分で作れば眼鏡の大きさにあったものを作れますので大きな眼鏡を使っている方にはいいでしょう。また、自分の好きな材料で作れますのでお気に入りの品になります。結構少ない材料でできますので普段手芸をする方にとっては布を最大限に生かすチャンスになります。また小学生や中学生でしたら親御さんへの誕生日祝いにすることもできます。自分で作れば喜んでもらえますし、完全オリジナルでできますので名前を入れることも可能です。もらった方も心がこもっていると喜んでくれますし自分の手芸の技術も向上させられます。

メガネケースを作ることの楽しさ

メガネケース作りでは無限の楽しさを味わえるはずです。 基本の作り方をマスターしておけば後は自分で好きなようにアレンジできます。 例えば刺繍の好きな方でしたら布に刺繍を施してよりオリジナル感を強めたり、リボンやレースを入れてかわいらしくアレンジすることもできます。 そして刺繍が苦手な方でしたらワッペンを入れるのもいいでしょう。 自分のお気に入りのものを材料にして作れば最高のものが出来上がります。 あと最近では複数の眼鏡を用途によって使い分けする方が多いと思ますが、手作りであればそれほどお金をかけずに作れるのがいいところです。 工夫をすれば複数の眼鏡が入れられるケースも作れます。市販ではなかなか無いものを自分の好みで作れるのです。 眼鏡ケースは最近では100円でも販売されていますが強度を考えるとやはりそこそこの価格のものが必要になります。 しかし手作りなら100円程度の材料でもかなり質の高いものが出来るのです。 メガネケースは割と簡単にできるものですので時間もかからず作れるところも嬉しい所でしょう。 自分で作ったものをいつも常備していれば毎日の生活がワクワクするはずです。 単純に出来上がりを見た時に感動できますし一度作ってみましょう。

メガネケースを作るのに用意する物

メガネケースというのはメガネを入れるためのケースであり、店頭でなど購入することができます。メガネケースの値段というのはピンからキリまでたくさんあるので、高いブランド物のケースも存在しているのです。 メガネケースは店頭で購入する以外にも手作り方法というものがあり、自分で作ることもできます。自分で作る場合には必要になる道具というものがあり、これはDIY用品や手芸センターなどで購入することができるのです。 必要になるものは、手ぬぐいやキルトの生地など、メガネケースとして使用したい生地と裏の布用に使う裏布のほかに、キルト芯というもの必要になるのです。 また、リボンや紐なども必要になり、ハサミや針などの裁縫道具も必要になる時は用意しておきましょう。生地に関しては自分で用意することもできるので、例えばデニムを使用してデニム製のメガネケースを作ることもできるのです。 基本的に生地は手芸センターで購入することになり、そのさいデコレーション用のビーズなども用意しておくといいしょう。デコレーション用の相手もは見栄えを良くするために必要になりますが、別になくてもいいのでこだわりたいという人は生地を購入するついでに購入するといいです。



メガネケースの作り方の手順

メガネケースの作り方についてですが、これは作る前にどのようなメガネケースを作りたいのかという簡単設計図を作っておくと非常に便利です。設計図には寸法などを記入しておくと、手芸センターで記事を購入するときにどれくらいの大きさの生地を購入するといいのかということを明確に知ることができます。 作りか方に関してまず生地を表布と裏布用意して、裏布の上にキルト芯をのせておきましょう。そして、生地の真ん中辺りにリボンや紐を挟み込んでおきます。 そして生地をキルト芯の側からコの字になるように縫いこんでいき、生地を裏返した時にきれいにメガネが収まるように、角の部分に関しては三角に落としておきましょう。そして生地をひっくり返すのですが、このときに角は目打ちなどを使うことできれいにできます。 リボンのついている部分を上にした状態で、下側を8cm折ってから右端に3cmに切ったリボンを二つ折りにしておいて挟みます。そして左右5mmのところをミシンがけして縫いこんでいきましょう。この時にメガネを合してみてちゃんと入るかどうかを確認しながら作るようにしないと、できてから不備があったら使えなくなってしまいます。 そして、出来上がりになり、メガネを入れることができるケースを作ることができました。

メガネケースの作り方のまとめ

メガネケースを簡単に手作りしたいならオススメはフェルトのケースです。これなら縫いしろなどを考えずに作れます。一般的な眼鏡のサイズを想定した材料は18×18のフェルト二枚とスナップボタンです。 まずは表布のボタンを取り付けたい場所にスナップの上の部分を取り付けます。 今度は売ら布のボタンを受ける場所にスナップの下の部分を取り付けましょう。 裏と表を合わせて下から四センチくらいを折り返してアイロンをしてください。そのあと脇をボタンホールステッチで縫っていきます。これで眼鏡をポケットの部分に入れてスナップを閉じれば完成です。 これは無地の一番シンプルなメガネケースの手作り方法ですのでもっと凝ったものにしたければフェルトに刺繍を施すのもいいでしょう。その場合は裏と表を縫い合わせる前に刺繍しておくようにしてください。 他にもワッペンを付けても構いません。 自分の名前を入れるのもいいですしその人のセンスに任せられます。 丈夫なものにしたければフェルトの表と裏を合わせるときに間に接着心を入れるといいでしょう。 かなり硬くなるので眼鏡が圧力で潰される心配も減ります。フェルトですので眼鏡に傷もつきません、丈夫で長持ちします。



y001-0272

流木インテリアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

流木というのは、海や川に流れ込んだ樹木のことを言います。また、それらが海岸や河岸に漂流物として打ち上げられたもののことも...

y001-0850

レジンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジンというのは英語で樹脂のことを指します。最近ではこのレジンを使ったレジンクラフトというものが流行しており、自分でオリ...

丸太テーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

丸太テーブルは自然を肌で感じる事が出来る素晴らしいものです。お部屋やお庭に一つあるだけで、素敵な空間へと変身させてくれる...

鼻うがいやり方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鼻うがいは健康法として雑誌やテレビなどといったメディアに取り上げられる機会も多いですからご存知の方も多いかもしれません。...

y001-0051

単管車庫の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一軒家を持たれている方はたくさんいらっしゃると思われますが、駐車スペースに屋根がなかったり、自動二輪者を持ちたいが、雨ざ...

y001-1457

ウインナー飾り切りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ウインナーの飾り切りを作る目的は、可愛いウインナーを楽しむためです。作る理由は、お弁当の隙間に、ウインナーの飾り切りを入...

電磁石の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お子さんから大人まで幅広い場面で活用することのできる工作の中には、電磁石を活用する方法が用意されています。お子さんの場合...

y001-1432

えびレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

えびを使った料理は子供に人気があります。えびの天ぷらからえびのマヨネーズあえ、チリソース、えびグラタンと、えびという食材...

y001-0357

付け帯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

初心者が着物を着る際に大きなネックとなるのが帯結びです。たとえ練習してなんとか結べるようになったとしても、いざ着物を着た...

y001-1123

ゼリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

明日はお客さんが来るけれど、暑くて何もする気が起きないとき、そもそも夏なのにオーブンで焼いたお菓子などボリューミーなおや...

y001-0839

わらびレシピの簡単な...

わらびは代表的な山菜で、炊き込みご飯やおひたしなどのわら...

y001-1237

スクランブルエッグの...

スクランブルエッグは茹で卵や目玉焼きと並んで卵料理の基本...

y001-0384

肥後ずいきの簡単な手...

肥後ずいきは、ハスイモの茎の部分を干したものです。ハスイ...

y001-0056

ミニチュアソファの簡...

今大人もはまる趣味の中にミニチュアの世界というのがあり、...