蒸しおこわの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

蒸しおこわの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

蒸しおこわというのは、外食をした際にお店にあったりすると、ついつい注文してしまいたくなったり、デパートの地下などでおこわ専門店を見つけると、季節の味を見つけては買って帰ったりと、何かと魅力的なものと言っても過言ではないかもしれません。しかし、和食ということもあり、なんだかとても複雑な感じがしてしまったり、難しいテクニックがないと出来ないのではないかと嫌煙してしまったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしながら、自分で手作りの蒸しおこわを作ることが出来れば、女子力もアップして友達やボーイフレンドなどに自慢出来てしまうかもしれません。また出来合いの蒸しおこわとは違って、自分のキッチンで出来上がりのものを頂ける喜びは、まさに蒸しおこわを家庭で作る目的と言っても良いでしょう。蒸し上がってすぐの出来たてほやほやのおこわは、何にも代えがたい美味しさがありますし、多めに作ったものは小分けにして冷凍しておけば、いつでもすぐに食べられる為に、体調が悪くてご飯づくりが出来ないというような場合、また残業などで忙しくて、ゆっくりとお料理が出来ないというようなときにも助かる存在となってくれるのです。

蒸しおこわを作ることの楽しさ

蒸しおこわを作る楽しさは、やはり中に入れる具を変えて様々な味に挑戦してみることにあるのではないでしょうか。春には、タケノコやワラビなどの山菜などをメインとした、旬の味覚を味わえる蒸しおこわがお勧めですし、夏の暑い時期には、夏バテをしないような体力をつけるためにも、ウナギなどを入れたパワーのつく蒸しおこわにチャレンジするのも良いかもしれません。秋はやっぱり、栗がゴロゴロと贅沢に入っているもの、サツマイモなどを入れてボリュームたっぷりのものを作れば、秋の行楽のお供にもぴったりです。そして冬には、体が温まるようにちょっとしょうがを効かせた、中華風の蒸しおこわというのはいかがでしょうか。このように、季節ごとに中の具を変えることによって、体のためにも良いおこわを作ることが出来るというメリットがあるのです。自分で試行錯誤しながら作ってみるのも楽しいですし、お店やレストランなどで提供されている蒸しおこわからヒントを得たり、参考にしてみたりするのも良いでしょう。他にも、インターネットのサイトの中には、家庭の主婦たちがレシピを投稿するようなサイトもあるので、簡単な手作り方法なども見付けられるかと思います。

蒸しおこわを作るのに用意する物

蒸しおこわは、自宅で簡単に作ることができます。おこわにはいろんな種類があり、和風の山菜おこわや栗おこわ、黒豆おこわなど具材を変えるだけでアレンジが可能です。素材によって季節感を感じる蒸しおこわを作ることができますので、季節のお祝いにおこわは欠かせません。蒸すことで米粒の中に水分が含まれてモチモチとした食感と噛めば噛むほど口の中に広がる甘みと旨味は、小さなお子様からお年寄りまで愛されている秘訣です。温かいときはもちろん、冷めてもおいしいですから、お弁当やおにぎりにも最適です。具材によっては米に色がついて見た目も美しいですから、ちょっとしたパーティーやお祝いの日にも重宝します。蒸しおこわを作る際に必要なものは、もち米と塩、そしてお好みの具材と、それに合わせただしになります。蒸しおこわは炊飯器や圧力鍋を使ってもおいしくできますが、本格的なものを作りたいときは、蒸し器を用意しましょう。蒸し器を使うことで米がベチャッとならずに、ちょうど良い歯ごたえ作ることができます。蒸し器がなくて、炊飯器を使って蒸しおこわを作りたいときは、もち米の3分の1程度を白米に変えることで、多少固めに炊くことができます。

蒸しおこわの作り方の手順

蒸しおこわの手作り方法は、もち米を水がきれいになるまでよく洗うことから始めます。新米のもち米であれば、8時間程度水に浸し、古米のもち米であれば12時間程度水に浸してから、ザルにあげて水を切っておきましょう。次は蒸しおこわに入れる具材の下ごしらえをします。山菜などは水でさっと洗うだけでいいでしょう。油揚げは熱湯をかけて油抜きをしておきましょう。根菜類や栗などは沸騰したお湯に入れてさっと茹でておきましょう。鶏肉や貝類もお湯にくぐらせて火を通しておくと、臭みが抜けていいでしょう。具材の下ごしらえが終わったら、蒸し器の上に水で濡らして絞った蒸し布を広げ、そこにもち米を入れます。蒸し布でもち米を包むようにくるんだら、水をたっぷり入れた鍋の上に蒸し器をセットします。強火で15分程度蒸したら、もち米をボウルに取り出して、具材とだしを加えてよく混ぜます。もち米はまだ固くてかたまりになっている部分がありますから、しっかりほぐしましょう。混ぜ方は、もち米をつぶさないように、切るように混ぜるのがコツです。混ぜ合わせたら、新しい蒸し布を敷いた蒸し器に入れて包み、強火で30分程度蒸します。蒸し終わったら、ボウルに移しかえて余分な蒸気を逃すように混ぜながら、塩で味を調えると、おいしい蒸しおこわの出来上がりです。具材をアレンジすることでいろんな味の蒸しおこわを楽しむことができます。

蒸しおこわの作り方のまとめ

蒸しおこわの作り方についてのまとめとしては、やはり新鮮な素材を手に入れること、時間に余裕をもってお料理をするということになります。具によって、全く違う印象の蒸しおこわを作ることが出来るため、全ては具材の新鮮さにかかっているとも言えるからです。そして、蒸しおこわにはもち米を使うので、それをしっかりと浸水させてあげることにより、冷めてからも炊き立てのようなもちもち感を味わうことの出来るおこわになるのです。また作る際に、本格的なせいろを持っていないとか、竹の皮を買いたいけれど、ちょっと値が張るのでと躊躇しているような方も多いかもしれませんが、ご心配無用です。蒸し器など本格的なものがなくても、自宅にある大き目のお鍋やフライパンで代用をすることが出来ます。水を少し入れたら、割り箸を数本しき、その上にお皿を置けば立派に蒸し器の作用になります。そして、蒸すときにはしっかりと蓋をし、その際にふきんを一枚ふたの内側に挟むと、蒸気がおこわに落ちていかないので美味しく出来上がります。竹の皮に包む代わりに、ケーキを焼く際などに使うクッキングシートを代用すれば、そのまま女子会などに持って行く際にも便利に頂けます。

y001-1131

アイスクリームの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アイスクリームと言えば夏の暑い時期の食べ物だと思われがちですが、実は寒い季節に暖房の効いた部屋で食べるアイスクリームは格...

y001-0258

冷凍庫霜取りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一般的な家庭用として利用されている冷蔵庫には、冷凍庫の部分が設置されていることになります。冷凍庫だけの機能を持っているも...

y001-0476

短冊の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

短冊といえば日本ではだいたいにおいて七月七日の七夕の日に願い事を書く紙として使われることが多く、その由来を知らなくとも、...

y001-0375

美味しいぬか床の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぬか漬けというのは、日本の伝統的な漬物の一つです。ぬか漬けにはビタミンやカルシウム、タンパク質などさまざまな栄養素が豊富...

y001-0874

ラッキョウ酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラッキョウ酢を作っておけば、ラッキョウ漬けだけでなくいつでも簡単に時短レシピを作ることができます。作り方もとても簡単です...

マニュアルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マニュアルを作る理由は、いくつかあります。ひとつは、手順を明確にするということでしょう。複雑なものやよくわからないもの、...

y001-1101

梅干しの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干し作りは1年に1回だけの楽しみであり、年中行事の一つとしても重要です。土用干しは夏の季語としても親しまれ、暑い時期の...

y001-0202

新聞紙エコバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

買い物に行くとき、会計の際レジ袋をもらうと思われます。このレジ袋というのはもらうのにも有料になる場合がありますし、また大...

y001-0341

米ぬか肥料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の庭を利用したり、貸し出しを行っている土地を活用して家庭菜園などを行う方が増えている傾向にあります。その目的としては...

y001-0729

胡瓜キムチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

韓国のキムチの歴史は古く、7世紀から塩漬けの野菜として食べられるようになりました。12世紀ごろには香辛料を加わり、18世...

y001-1416

おいしい肉団子の簡単...

おいしい肉団子は、日常的な食事のおかずにも作られますし、...

y001-0574

神輿の簡単な手作り方...

お祭りごとなどのイベントが開催される場所では、その内容に...

y001-0659

歯車の簡単な手作り方...

工業製品として販売されている商品の中には、歯車を利用して...

y001-1249

シュークリームの簡単...

おやつの定番と言えばケーキやプリンなど簡単に手に入る物が...