水筒ベルトカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

水筒ベルトカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年、夏に猛暑を記録する地域が非常に多くなってきており、それに伴い熱中症などの被害を受ける人も増加しています。特に高齢者や子供がこうした症状を発症しやすいため、日頃から熱中症にならないための対策をとっておくことが大切です。熱中症の予防としてこまめな水分補給は非常に有効で、外出時にペットボトルや水筒などの飲み物を携帯している人も多くいます。しかし、容量の大きい水筒は、長時間持ち歩いているとベルト部分が肩に食い込み、持っているのが辛くなってしまうことがあります。子供に限らず、大人でもこの痛みは不快なものですので、ベルトにかかる圧力を分散するのに水筒ベルトカバーを自作するのは非常に有効です。キルト生地などのクッション性の高い素材で作られた水筒ベルトカバーはベルトが体に食い込むのを防ぐことができますし、ベルトより幅広にすることで重量を分散することができます。また、自作の水筒ベルトカバーならオリジナルのデザインにしたり、名前を刺繍することで他の人の水筒と間違えてしまう事を防ぐことにもつながります。特に固い素材のベルトや、細い幅のベルトを使用している場合、人によってはその箇所が擦りむけてしまうこともあるため、そうした種類のベルトの水筒ではその効果を更に実感する事ができます。

水筒ベルトカバーを作ることの楽しさ

水筒ベルトカバーを作れば、水筒のベルトによって体が痛くなることを防ぐことが出来るだけでなく、オリジナルのデザインで他の人と違うものを作ることが出来る点もメリットです。 特に子供が持ち歩くときには他の人のものと間違えやすいため、目印としてベルトカバーを作っておくのも非常に有効です。 ベルトカバーの作り方や構造自体は非常に簡単なため、子どもと一緒に裁縫の練習として自作するというのも良い方法です。 ミシンを使用すればもちろん早く、楽に作ることはできますが、手縫いでも十分に作ることの出来る大きさなので、夏休みの工作や自由研究のテーマとしてDIYにチャレンジしてみるのもよいでしょう。 ベルトカバーを作る際には使用する生地を選んだり、構造を理解するという事も必要になるので、論理的な考え方を養成するという意味でも最適です。 また、家族でお揃いの物を作ったり、友達同士でそれぞれのオリジナルの作品を見せ合うなどコミュニケーションのタネになるのも利点です。 構造を理解してから作るので、使用している内に壊れてしまったり、外れてしまった時にも自分で対処できる力を身につけることができますし、物を大切に扱うということを理解させる上でも有効です。

水筒ベルトカバーを作るのに用意する物

水筒ベルトカバーは、水筒のベルトに取り付ける肩パッドのことです。水筒カバーを肩から掛けた場合には、ベルトの重みが肩にのしかかってしまいますが、水筒ベルトカバーをすることで、のしかかりを軽減することができ、長時間肩からさげていても苦にならないメリットがあります。通常の水筒には肩パッドはないため、既成品を購入するか自作することになりますが、仕組みは簡単ですので自作するのが一般的です。特に自作した場合には使用する人のサイズに合わせて作ることができるメリットがあります。 水筒ベルトカバーの素材としては布と中に入れるクッション材です。クッション材はキルティング地やキルト芯などが使われます。なお、水筒ベルトカバーはその性質上、ベルトへの取り外しを出来るようにするのが一般的で、このほかにも接着するためのボタンまたはマジックテープなどが必要になります。また縫製するさいにミシンがあれば便利ですが、それほど大きくないものですので、手縫いでも比較的、簡単に作ることができます。 なお、布に関してはどのような布でも良く、古着などから代用しても構いません。またクッション性をあげるのであれば中身に詰める綿を多くすることで可能です。

水筒ベルトカバーの作り方の手順

水筒ベルトカバーの手作り方法としては、まずはカバーとなる生地を用意することからはじまります。生地に関しては表生地と裏生地、それにクッション材のキルト芯などの順番で重ねてそれらを縫いつけて用意します。 このさいに生地の大きさは作りたいカバーのサイズに合わせて用意する必要ことになります。なお、生地は通常の布で問題ありません。そのため古着などを代用しても問題ありませんし、またクッション材も新しく購入するほか古着などから取り出したものでも作ることができます。なお柄物を作る場合にはその向きなどに注意する必要があります。 これらを使ってクッション材入りの生地を作り、マジックテープなど接着できるものを付けて巻きつけることで、簡単な水筒ベルトカバーにすることができます。 しかし、この場合には単に布でベルトを包んだ状態であり、仕組みとしては単純で作りやすいもののずれやすいというデメリットがあります。ずれにくい水筒ベルトカバーを作る場合には、内側に外側の布よりも小さい布を取り付けることでズレを防ぐことができます。またサイズも出来る限りベルトに合ったものを作ることでズレを防止することができベルトのクッション材として安定して使うことができます。

水筒ベルトカバーの作り方のまとめ

自作の水筒ベルトカバーの手作り方法としては、まず使用する生地を選ぶことから初めます。 キルト生地など、クッション性の高いものを使用すればより体に馴染むものにすることもできますし、ナイロンやポリエステルといった化学繊維ならば洗濯した時や汗が染みこんでしまった時にも早く乾くので夏場には最適です。 キャラクターがプリントされた生地を使用するのも良い方法ですし、ワッペンや刺繍などで更に装飾を施すのもよいでしょう。 色の濃い生地などでは衣服に擦れた際に色移りをしてしまうこともあるので注意が必要です。 簡単な構造であれば、ベルトループを取り付けてベルトを通すだけで使用できる物を作れば良いですが、使用している内にずれてしまったり、また他の太さのベルトのものには使えないこともあります。 そこで、マジックテープやホックなどで固定したり、太さを調整できるように作っておくと水筒を換えた時にもそのまま使うことができますし、また着脱も容易にすることができます。 肩にかける使い方をするのであれば、肩に当たる部分の大きさの物を作れば良いですが、たすき掛けで使用することが多い人は長めのものにしておくと広い範囲をカバーすることができるので便利です。

y001-0673

紙トンボの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

"から子供の遊びとして伝えられてきた竹とんぼですが、身近に竹が少なくなったことや、刃物を使う危険があるため、近頃ではめっ...

y001-0817

運動会弁当の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

運動会シーズンになると、だんだんと気が重くなって気分も滅入ってしまうというお母さん方もいるそうですが、その理由は何かとい...

y001-0987

ふきの佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきの佃煮は、昔から常備菜としてどこのお宅でも作られていた物です。最近では、作る方が少なくなりスーパーでお総菜として買っ...

y001-1362

カブトムシ人工蛹室の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は様々な生き物が活発に動く時期ですが、それはほかの季節では味わえない様々な生き物と触れ合える機会が増える時期であるとい...

y001-1253

じゃがバターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

じゃがいもを加熱調理してバターを添えるじゃがバターは、シンプルなメニューですが、根強い人気を持つ料理でもあります。じゃが...

y001-0025

すごろくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すごろくはとても簡単に作ることができるおもちゃです。皆で集まったときには、わいわいと楽しみながら手作りで作ることにも意味...

y001-1275

さつまいもの苗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さつまいもは熱帯アメリカが原産であり、日本に伝わったのは1597年と言われているので、418年もの歴史が在る事になります...

y001-0005

塩レモンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

話題になっている塩レモンを手作りで作る理由についてを皆さんにも紹介してみたいと思います。それは、全国の中でも日本一の生産...

y001-0766

間違い探しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

間違い探しと言うのは、雑誌のコーナーでお馴染みのゲームですが、テレビゲームで発売されたこともあるゲームでもあります。 ...

y001-0239

新体操レオタードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

新体操用レオタードを作る理由としてはまずは子供が新体操をしていることがあげられます。中学や高校などある程度成長してからの...

ピザ生地の簡単な手作...

イタリア料理の代名詞として世界中で愛されているピザは、食...

y001-1450

うめぼしの簡単な手作...

うめぼしは、バラ科サクラ属の落葉高木うめの果実を塩漬けし...

ミニチュア陶器の簡単...

ミニチュアの世界に魅了された人は多いことでしょう。それぞ...

y001-1243

ジンジャーエールの簡...

ジンジャーエールのもとになったものができたのはイギリス発...