大根の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根の漬物を作る理由としては、簡単に作れて美味しいために、常備菜として便利なことが挙げられます。根の部分だけでなく、葉の部分も一緒に使うことで多彩な味にすることができます。沢庵漬けにすることで、脚気を予防する目的もありました。脚気が大流行していた江戸時代では、白米を食べる習慣が江戸を中心にして定着しました。米糠にあったビタミンB1が白米にすると激減するため、おかずが貧しいと脚気の原因を招くことになります。そこで考えられたのが、大根の漬物の代表となる沢庵漬けです。大根は水分が多い野菜ですが、米糠で漬けるとビタミンB1の量が大幅に増えます。そのため、香の物として2切れから3切れの大根の漬物が料理に添えられることが習慣となりました。現在でも大根の沢庵漬けが2切れの場合が多いわけは、武士の町の江戸では3切れにすると切腹を連想させたからです。大根の漬物は、冬場には不足しやすい栄養の供給源でもありました。冷蔵庫もビニールハウスもない時代には、冬場に食べられる野菜の種類は激減してしまいました。ところが、漬物にしておけば夏から秋にかけて収穫した大根を正月に食べることもできます。厳しい冬を乗り越えるために庶民が考えた知恵によって、大根の漬物の種類も増えました。

大根の漬物を作ることの楽しさ

大根の漬物は、作ること自体が大きな楽しみとなります。沢庵の場合であれば、天日干しから本漬けの作業までが季節の風物詩にもなります。収穫したばかりの大根を見れば、最初に大地への感謝の気持ちが生まれます。さらに、大根の漬物とすることで乳酸菌の有り難さも知ることができます。糠漬けにするときには、毎日のかき混ぜ作業が楽しくなります。最初のうちは味が乏しいものですが、活動する乳酸菌が増えるごとに旨味が増していくことが分かります。糠床は自分の子供のように大切にするものですから、愛着までも湧いてきます。大根の漬物を日頃から食べていて得られるメリットとして、食物繊維の摂取量を大幅に増やせることも重要です。冷蔵庫がない時代に培われた方法によって作られますが、栄養が豊富なために現代人にとっても有益な料理です。糠味噌で漬けると余計な水分が抜けて、素材が持っている以上に栄養が豊富になります。これは発酵の恩恵によるもので、目には見えないほどに小さい乳酸菌が活躍するおかげです。簡単な浅漬けにする場合でも、大根の美味しさや栄養も増えます。大根の漬物が体に良い理由として、歯ごたえがあることも見逃せません。独特な歯ごたえによって脳を刺激して、気分をすっきりとさせられるメリットまでもあります。

大根の漬物を作るのに用意する物

漬物は野菜を火を通さずにそのまま調味料に漬け込むので、野菜に含まれている栄養素を損なうことなく丸ごと食べられるという魅力があります。漬物には塩漬けやぬか漬け、甘酢漬け、麹を使用したものなど色々な漬け方の種類があるので違った味を楽しむことができます。漬物にすることで野菜本来の栄養素以外にも、アミノ酸や食物繊維を取り入れることができ、旨味が増えます。野菜を水で塩抜きすることで、長期保存をすることもできるのが漬物の魅力です。自宅でも簡単に漬物を作ることができますが、特に一年中手に入れやすい、大根の漬物は簡単に作れるのでおすすめです。大根の漬物を作る際に用意するものは、浅漬けの場合は、大根とお酢、砂糖と塩です。お酢や一般的な酢がおすすめですが、酸っぱいものが苦手で甘めの漬物がお好きな方はりんご酢を代用すればピクルスのような漬物になってサラダ感覚で食べられます。ピリ辛の大根の漬物が食べたいときは、調味料として鷹の爪を少々加えるといいでしょう。甘めの大根の漬物が苦手な場合は、砂糖を入れずに、鶏がらスープの素や麺つゆ、白だしを加えると、さっぱりした大根の漬物を作ることができます。健康のために減塩したい場合は、塩を少なめにしてだしで味付けをするといいでしょう。その場合は、塩分が少ないことで傷みやすくなりますので、早めに食べるようにしましょう。

大根の漬物の作り方の手順

大根の漬物の手作り方法は、材料を揃えれば混ぜ合わせるだけなのでとても簡単です。ただ漬物は食べやすい大きさ、味が染みやすい大きさにするのがいいでしょう。見た目にもきれいなイチョウ型に切ったり、短冊形に切るのがおすすめです。細い大根の場合は、皮をむいて輪切りや半月切りがおすすめです。切った大根に塩を砂糖、酢を入れて馴染ませます。大根1本1kgの量に対して、塩分は3%くらいの30gくらいがいいでしょう。塩分が2%以下になると傷みやすくなってしまうので保存ができなくなります。砂糖は175g程度がおすすめです。砂糖が少なすぎると味がぼやけてしまいます。酢は50ccくらい入れましょう。大根に調味料を加えたら、大根から水が沢山出てきますので、そのまま冷蔵庫に保管して3日ほど立つと食べごろになります。塩と酢が履いているので保存がききますが、鷹の爪を加えるとさらに保存期間が長くできます。重石を乗せると大根に味がしみ込みやすくなって、早く大根の漬物が出来上がります。漬物の糖分が気になる場合は、砂糖を増やす変わりに焼酎を少し加えると、甘みのある大根の漬物が出来上がります。またゆずの皮を加えて、さっぱりしたゆず大根の漬物にするなど、アレンジが簡単にできるのも大根の漬物の魅力です。

大根の漬物の作り方のまとめ

大根の漬物の中でも特に人気な沢庵を漬けるには、干し大根に米糠やザラメ、塩などの材料を混ぜて熟成させる必要があります。大根は秋の涼しい風で干してから漬けると、甘みが増して香りも良くなります。沢庵には、昆布や唐辛子、干した柿の皮も加えると風味が格段に良くなります。ピリ辛の大根の漬物を作るためには、浅漬けにしておいた大根にキムチのタレを混ぜて作ることがおすすめです。このときにはニラやニンジンなども加えることで、複雑な旨味が生まれます。作ってからはすぐに食べられますが、数日間は寝かせて乳酸発酵させると本格的なカクテキになります。忙しいときに簡単な手作り方法を実践するために、市販の浅漬けの素を使うと便利です。短い時間ですぐに味を馴染ませるためには、短冊切りにした大根を電子レンジにかけてから味付けする方法が有効です。歯ごたえが残る程度に加熱してからは、浅漬けの素で揉み込むだけで熟成した味の大根の漬物になります。大根の漬物を簡単に作る場合でも、沢庵と同じように干せば美味しさが倍増します。切り干し大根を作るように、刻んだ大根を一夜干しにしてから浅漬けにすると、風味も旨味も明らかに良くなります。逆に言えば、切り干し大根を水で戻してから味付けをして、大根の漬物にすることもできます。

y001-0046

便箋封筒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近は連絡をするのにメールを利用する人が多いですが、まだまだ便箋封筒を利用する人も多いです。いつも便箋封筒簡を利用してい...

y001-0416

俳句の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

街を散歩している時、ふと目に映りこんだ風景や、偶然手にした雑誌に掲載されていた一枚の写真、或いは何気なく眺めていたテレビ...

y001-0023

出勤簿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

出勤簿はなぜ必要なのでしょうか?言わずと知れた従業員の就業状況を把握するため、毎月の出勤状況を管理するためには必要です。...

y001-1209

ソミュール液の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

燻製作りの工程の中で、塩水による塩漬け作業があります。この塩水をソミュール液と呼び、この液体に漬けることによって、長期保...

y001-0393

箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作り品としてDIYで製作できるアイテムの範囲は非常に広いものがありますが、その中には箱を作る方法も用意されていて、実用...

y001-0527

折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙は、紙1枚から誰でも始められる手軽な創作活動です。普段、絵や音楽等の芸術や創作の活動をしていない方でも、紙があれば...

y001-0077

ドアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

インテリアを重視してDIYでドアをリフォームをする場合や、破損や傷んだ物と交換する為にドアを作る場合など、部屋の間仕切り...

y001-0043

シュシュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シュシュは買う物と思っていたのですが、案外簡単に手作り出来ます。作り方のもそんなに難しいものではないです。家にある端切れ...

y001-0926

マジパンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マジパンは1407年のドイツで生まれたといわれています。当時深刻な食料難に陥ったため、大量にあったアーモンドと砂糖を使っ...

カレー粉で作るカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

カレーは、インド料理の特徴的な調理法を用いた料理に対して欧米人が名付けた呼称です。日本には、明治時代にイギリス料理として...

y001-0178

精肉焼き鳥の簡単な手...

夏になってくると、冷えたビールと一緒に焼き鳥を食べたくな...

ピザ生地の簡単な手作...

イタリア料理の代名詞として世界中で愛されているピザは、食...

y001-1325

きゅうりのキュウちゃ...

きゅうりのキュウちゃんと聞くと、だいたいの人は有名メーカ...

y001-1363

かば焼きのたれの簡単...

どこからともなく漂ってくる香ばしさにそそられる食欲、かば...