土嚢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

土嚢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では台風によって毎年多くの被害が出てしまっていることが特徴になり、近年では特にゲリラ豪雨と呼ばれている雨も降る地域が存在しています。水害などの対策アイテムとして利用されているものには、土嚢というものがあり、一般的に広く認知されている内容としては袋に土を入れた状態に施して、水が建造物の中に入り込んでしまうことを避けることを目的にしていることが一般的になります。使い道は意外と広く、駐車場などの前にも設置することもでき、一戸建て住宅に居住されている方のケースでは、庭の土が雨で流れ出てしまうことを防ぐために利用することもできます。土嚢はDIYとしても誰でも簡単に作る方法が用意されており、インターネット上でも数々の手作り方法が紹介されています。通常では土を利用して製作するものになりますが、使う場所によっては水を活用したものも紹介されており、必要に応じて作り上げることができます。土嚢は普段の生活上ではあまり利用するような場面が少ないものになりますが、特に一戸建て住宅にお住まいの方や、集合住宅などを管理されている方のケースでは、ある程度の個数を持っておくことによって、万が一の災害時に活躍することもでき、被害を抑制することに役立ちます。

土嚢を作ることの楽しさ

土嚢作りに関しては比較的簡単に作ることができ、その使い道が住宅や自動車などを守ることにあるために、安全対策として作り甲斐のあるアイテムとして利用することができます。数々の作り方が用意されていますが、中には力仕事に分類されるような作業も含まれていることもあり、体力作りに関しても貢献できる一面を持っています。性質上としてある程度の重さが必要になるものとしても考えられていることもあり、移動させることが困難になってしまう方も存在しています。このケースでは対策アイテムを合わせて作ることも可能になり、アイデアによって楽しみながら水害対策を行うことができます。完成後には保管する場所が必要になりますが、例えば車庫内や物置、住宅の裏側などを利用することもでき、一般的な雨降りの日であっても屋外に放置していても問題の無いように仕上げることによって、多くのメリットを感じることもできます。特に水害の多く発生してしまうような地域では、事前に準備しておくことが推奨されているアイテムになるために、実用性を十分に持ったアイテムとして活用することができます。材料に関しても比較的簡単に入手することができ、短時間で製作できることもメリットになります。

土嚢を作るのに用意する物

土嚢は、袋に土を詰め込んだものです。運びやすく、土嚢を積み重ねることで簡単な壁を作ることができます。主に土木の現場などで使われており、簡易な土留として使われていますし、一般でも浸水時に屋内に水が入り込まないようにするために作るケースがあります。土嚢を作るさいには耐久力および一定の通気性のある袋を用意する必要があります。 かつての土嚢作りには、米を入れる俵や穀物を入れる麻布などが使われていましたが、現在ではポリエステル繊維など化学繊維で作られた土嚢袋が売られています。土嚢袋はビニール袋などと異なり一部が敗れても耐久性に優れるため、先の尖ったものなどを入れておくのに使われています。 なお、土嚢そのものはあくまでも土などを詰め込んだものであるため、土嚢袋でなくてもよく一定の耐久性のある袋に土を詰めることで作ることができます。また多くの場合には短期間、その役割を果たせば良いので長期間の使用は前提とされていないことに留意する必要があります。 特に市販品の安価な土嚢袋はその傾向が強く、業務用に比べて耐候性で劣ります。しかし、それでも通常のビニール袋に比べると耐候性は優れており、2、3年程度は屋外に放置してもその能力を維持することができます。



土嚢の作り方の手順

土嚢の手作り方法は非常に簡単で、袋に土などを詰めるだけです。土に関しては庭などにある黒土などでも構いませんが粒子が大きい場合には袋の中で隙間が多くできるため壁としての役目を果たさないことが多いため、粒子の細かい砂などを詰め込むのが一般的です。 土嚢は一人でも作ることができますが、袋に入れるさいに袋の口を持っている人か土嚢スタンドがあると効率よく詰めることができます。作り方のコツとしては袋一杯に入れないことがポイントで、口をしっかりと紐で縛れる程度に詰めるのが良いです。また詰めすぎると土嚢が重たくなり運ぶのが困難になります。 使用後は太陽の当たらない場所に保管しておくか、中身をもとの場所に捨てて廃棄するかになりますが、一般的には廃棄されます。廃棄される理由としては一度使用した袋は耐久性が落ちているため、再利用しない方が無難なためです。なお、土嚢袋は可燃物として処分することができます。 なお、近年はポリマー式と呼ばれるものもあり、この場合には袋の中に入った吸水ポリマーが水を吸い取ることで膨れ上がり水を遮るというものです。土木分野では使われていませんが、保管時のサイズが小さく中身の砂を用意する必要がないので都会などで浸水対策に広く使われています。

土嚢の作り方のまとめ

DIYとして土嚢を製作する方法に関しては、まずは土嚢袋を準備することが必要になります。簡単な方法としてはインターネット上の通信販売やホームセンターで販売されている土嚢袋を利用する方法になり、プラスチック素材が使われている袋を用意することによって、長期的に利用することができます。袋に対し土を入れることになりますが、この場面では大きな石などが入ってしまうことが無いように配慮することも必要になります。常に重さを考えながら土を入れることも必要になり、基本としては持ち上げることに無理が生じないような重さに設定することもおすすめになります。土嚢袋として販売されているものの場合では、開口部分に縛るためのロープが設定されていることが多いために、巻き付けて簡単に処理を行うこともできます。大量に製作した場合では、万が一の災害に備えて土嚢を運ぶためのキャリアを作ることもおすすめです。簡単な仕組みでも十分に対応することができ、例えば板の下にゴム製の比較的大きめのタイヤを4隅に取り付けることによって、土嚢を上に置いてから、力をあまり使わずに目的としている場所に移動させることができます。この方法を選択された方のケースでは、保管する際にもキャリアの上に置いておくことが良い方法になります。



y001-1276

サツマイモのつるの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

戦時中の食糧難だった頃の話などでは登場することもあるサツマイモのつる、今ではほとんど食べる機会はありません、そもそもあま...

y001-0474

段ボールコンポストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昨今エコロジーの観念からも利用者が増えている段ボールコンポスト。市区町村によって補助金などが出ることもあり、その注目度は...

y001-0954

ベストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ベストというと、インナーの上に着用できる袖がない形の衣服になるのですが、着ることによって体の中心部を温かく保つことができ...

y001-0929

マイクラ城の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さまざまな建造物を作ることができるマイクラの世界では、多くの人が素晴らしい城を作っています。石造りの西洋の城だったり、戦...

y001-0887

もんぺ型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もんぺというのは、いろいろな作業をするのに便利です。農作業はもちろんのこと、普段の生活で家事をしたりするときにも使うこと...

y001-0467

竹馬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古くから伝わる遊び道具の中には竹馬と呼ばれるものが用意されています。この遊び道具に関しては市販されているものもありますが...

y001-1365

かに玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たっぷりの卵を使うかに玉は、立派なメインディッシュになります。肉や魚がない日でも、卵でメインのおかずになるのも、作る理由...

ハッカ油虫除けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハッカ油を使って簡単に作れる虫除けは、エコなうえに節約になります。天然のものですから体に優しいですし、安全です。手作り方...

y001-0990

フォトモザイクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フォトモザイクは、多数の写真を使って一枚の大きな画像を作る手法です。このフォトモザイクを作る楽しさは、一枚一枚の写真は全...

y001-0071

タイル鍋敷きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

料理をする時、鍋敷きを使う人もいるでしょう。勿論新聞紙でも代用はできますが、見た目として余りウキウキした気分にはなれない...

y001-1348

カレーうどんの簡単な...

うどんは夕飯のメニューにしてもいいですし、主食とは別にサ...

y001-0871

ラッピングの仕方の簡...

「ラッピング」には、慶事や弔辞の贈答品を専用の包装紙で包...

y001-1278

サイコロの簡単な手作...

サイコロというのは1から6までの目が書かれているキューブ...

y001-0686

仕掛けの簡単な手作り...

釣りには海釣り、川釣りが在り、海釣りには堤防、磯、船、海...